こんにちわ。どうにも腑に落ちないので皆様の意見を聞かせて下さい。

以前、Y!BBで、しかもリーチDSL+BBフォンを使用していました。500kbpsくらいしか出ていませんでしたが、
満足していました。
しかし、先月マンションに転居したのですが、転居先が光収容地域でした。Y!BBには「光収容でもあきらめ
ないぞ!」を申し込んだのですが、メタルの空きがないとのことで解約させられました。
マンションの方には光ファイバーが用意されているので(実は最高50MbpsのVDSLで不満はありますが...)
接続はできるのですが、加入電話も含めた月の通信費用は以前の倍近くになりそうです。
(もちろん、IP電話は利用予定です)

私としては、速度よりコストを重視したいのでADSLにしたいのに、NTTの策略(?)で、よりコストの
かかる光を選ばざるを得ない... これって個人の利益の侵害とかにはあたらないのでしょうか。
あるいは実際に訴訟ざたになっている例はありませんか?

ADSLの予定すら立たない地域もある中で、非常にぜいたくな悩みであることは承知していますが、
通信費用が倍にならざるを得ないことを思うと、何だか怒りさえ覚えてしまいます。

長々と書きましたが、皆様どのように思われるかお聞かせいただけますでしょうか。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

Q/FTTH化は電々公社時代に偉いさんが決めたことなのではないのですか?



A/FTTHの事業は90年代に正式に普及目標を定めた事業です。しかも、NTTには義務として2005年から2010年までに過半数の世帯で導入できるようにすることが目標として定められています。

元々の計画は数十年前ですね。電電公社が決めた訳ではなく、技術的な面で、将来光化が必要になると技術者の誰もが考えたのです。それを実行しただけ、例え電電の幹部ももちろんそう考えたでしょう。それを、検討してきたとしても、悪いことではない。むしろ、そのままDSLが登場せず計画が進んでいれば低価格でより高速なサービスをもっと早い時期に多くのユーザーが体感していたかも知れません。過去などそれだけに過ぎない。
電電の人間が考えたから、どうしなければならないということではない。むしろ、電電に限らず第二電電やその後に登場した業者も、DSLが世に知れる前までは、FTTH化したときに、どのうなサービスをという目標を持っていたのですよ。

さらに、今でも、光化が必要であるとされますけど、今より早い時期に光化するはずだった。まあ、当時はまだDSLも考えられてませんでしたしね。アナログ符号化技術にデジタル信号を載せるなどは、技術的に欠損が多く難しかったですしね。

NTTだけが目指した物ではない以上、必ずしもNTTを批判する理由にはならない。

ちなみに、何度も言いますがNTTを擁護してはいません。批判するならNTTだけではなくむしろ新電電と電電平等に文句を言うべきであると言いたいのです。それが最もユーザーにとって最適な行動なのです。どちらも問題があるのですからね。(ただ、今回の場合はNTTばかりが中心の批判だったのでNTT以外の業者はどうなのかと書いただけです)

Q/「そんなNTTはかわいそうだから、少々高くても光にするかぁ」と我慢しなきゃならないんでしょうか?


A/高くて嫌なら、CATVなども地域によって受けられますね。私の書き方が不味かったのでしょうが、先にも書いたようにNTTが可哀想と擁護しているわけではない。
ただ、ADSLが出来ないのは、NTTが悪い、良いという考え方だと後ろ向きになってしまうのですよ。光やVDSLが安くなれば、ADSLなどどうでも良いはずです。

それなら、VDSLが安くなるように、他社がもっと参入し競争をしてくれれば良いわけです。それをしないで未だにADSLを中心事業としこれらの上位サービスの値下げの足を引っ張る事業者(Yahooなどがそうですよね。ADSLが安いがVDSLなど普及が始まりつつある事業には参入しない)を批判した方が、どうせADSLがどうあがいても利用できないなら良いのではないですかということが言いたいのです。同じ値段ならVDSLでしょう。それが出来ないのは、NTTの責務が足りないというより、安い業者が参入しないことと、未だにADSLなどのレガシー回線を使うためです。ADSLが待てば使えるような地域なら、NTTを批判してもいいでしょうが、それが無理、もしくは極めて困難ならNTTを批判するより、NTTの先端技術導入を評価し、逆に他社の未だに使われるADSLやメタルケーブルの利用を批判すべきなのです。(多くの人がADSL事業を展開する企業を批判したりすれば、NTTだけを批判するより、早くVDSLが安くなる。)

ADSLなど日本では既に先は短いでしょう。私はそう考えています。今からもDSLが続くと言い続ければ、ADSLを使えないユーザーにはマイナスですしね。


ついでに、NTTの策略ですが、他の業者には策略がないと・・・おもいますか?見かけは安くて良い企業も、どうかなという点は・・・。

NTTより型破りも・・・▽などは・・・Fの敷設に×使用説もあり(よく考えると実際にそう□える)NTTより凄い△×があるようですね。×を使ってというのがね。そこまでするのはどうかな?本○はF事業ではなく、☆■事○で、なかなか◎×しています。だから、○○と言われる。


あれ、行方不明な文字が(笑)あえて、だれにも分からないように書いています。しかも、○の同じ部分は同じ文字が入るわけでもないので、たぶん解読は無理。お好きなら、勝手に想像してください。(ほとんどの人は知らないはず)これは、補足されても答えることはない。

書くべきではないかなとも思ったのですが、穴埋めネタとして面白いので書いてみました。(暇があれば適当に入れてみても良いかも)

この回答への補足

> FTTHの事業は90年代に正式に普及目標を定めた事業です。...
> 元々の計画は数十年前ですね。電電公社が決めた訳ではなく、.....
つまり、FTTH化は直接「我々国民の大多数が望んだ結果の延長線上」とは言えないという
ことですね。「正式に普及目標を定めた事業」のレベルを知らないので(国会で承認された
のか、NTT(電電公社?)という一企業のトップ決議なのか)間違っているかも知れませんが。

> 高くて嫌なら、CATVなども地域によって受けられますね。
はい、受けられます。でも、光よりもさらに高いです。需要があまりない地域なのかな?

> 光やVDSLが安くなれば、ADSLなどどうでも良いはずです。
> ADSLなど日本では既に先は短いでしょう。私はそう考えています。
確かにおっしゃる通りですが、今現在はADSLが最安値なのは事実ですし、ADSLも普及の一途で
衰退の気配を見せませんよね。その間はADSLを使いたかったなぁ、と。1Mbpsで十分なので。

確かにADSLの普及は従来のNTTの構想にはなかったことかも知れませんが、それならばADSLには
手を出さず光の普及に集中すればよかったのでは? 放っといても事業者からは回線使用料を
踏んだくれる、もとい回収できるんだし。すみません、たわ言でした。

補足日時:2003/09/25 10:30
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい解説を有難うございます。少しはADSLへの固執を和らげることができそうです。
でも、インターネットのために電話代が高くなる、なんてバレたら、小遣い減らされそうです...

お礼日時:2003/09/25 10:30

技術的な誤解も多いので解答です。



まず、光をADSLに変換することはできません。
ADSLとは非対称通信のメタルケーブル通信のことで、光をADSL相当のメタルに変換する技術を用いた通信をVDSLと言います。これは、下り速度が最大50Mbpsオーバーで通信できます。上りはそれに比べ遅いですが・・・


Q/速度よりコストを重視したいのでADSLにしたいのに、NTTの策略(?)で、よりコストのかかる光を選ばざるを得ない... これって個人の利益の侵害とかにはあたらないのでしょうか。

A/これは、我々国民の大多数が望んだ結果の延長線上ですし、NTTが悪いと勝手に決めるのも問題でしょう。
最近気が付いたことも含めて述べると、

元々、国策会社であるNTT(旧電信電話)は、元が官営企業ですから他の通信業者より大きく、収益性が悪いのが特徴。そのため、批判が多く値段が高い、サポートが悪いなどの苦情も多いですが、元々ここは公共性を大事にしなければならない企業で、民間の企業でもある、板挟み企業といえます。

利益を出すためには、収益性の高いサービスを重視し無駄な重荷となる回線を出来る限り排除するのが企業としての鉄則となります。

ADSL専属の普通の業者とは違い、農村部も都市部も全体に回線を敷設しサポートしなければならないNTTの場合はどうあがいても、他の利益だけの出る場所で利益の上がる事業だけを展開する業者に比べ利益率が低くなりやすいのが特徴。そのため、利益効率や維持コストがかかり、尚かつ将来性が薄いと考えられる回線は排除しています。

これは、NTTだけに言えることではないですけどね。常にラインを確保しなければならない公営事業は目先の競争や利益だけでやると、後々が続かない場合や不都合もあるということで、民間からすれば利益が出にくく、公共的な面では下手に収益の悪い地域から撤退できないという欠点がある。(私はNTTの回し者でも公務員でも、議員でもありません)

まあ、電話関連全体(自社回線を持たない他業者も含む)の料金を底上げしても、自分の利のためにというのであれば、文句をいっても良いかも知れませんが・・・

ただ、NTTを批判するように考えるひとが多いですが、考え方の問題でNTTの回線がメタルを持たないのが悪いというよりは、他の事業者がオールメタル回線より上位のVDSLやFTTHのサービスに参入せず未だにADSLを重視し、次のサービスにステップアップしないのはどうなのでしょうかね。

YahooBBがADSLに参入しなければ、これほどの低価格なADSLが爆発的に浸透することもなかったといえますが、逆に言えば低価格でNTTと競争しようとする業者がFTTHやVDSLにないということも問題なのですよ。もっと言えば、未だにYahooなどがADSLを宣伝し、NTTは既に光ファイバーを中心とした次世代サービスを宣伝する状況。NTTは、もっと光を浸透させ低価格化できるならしたいはずですが、他の業者が未だにメタルを使うことで、メタルの維持費が削減できず両方を使いコスト高になっている点もあるわけです。

NTTのFTTHの方が新しく高速な事業ですからね。多くの業者が参入し競争が始まれば、メタルケーブルを排除するNTTが悪いとは言えないでしょう。

むしろ、私が思うのは、低価格を売りにする業者のNTT批判ばかりが大きく、NTTの先端技術導入と低価格化をむしろ阻害するレガシーサービスを未だ継続しNTTをのうのうと批判する業者が評価されているのもおかしいと思いますけどね。NTTの問題はもともと言われていることですし、需要の問題もありますが、重要な魅力的なサービスに全体が移行すれば変わること。むしろFTTHを早く普及させてくれるようにし向けた方が良いと思いますが・・・
もし、メタルを全排除し光だけを残せば、FTTHの単価は結構な度合いで下がりますからね。NTTが悪いなどと言える物ではない。

また、Yahooも光やVDSLにあのADSL価格帯に見合った料金で参入すれば、昨日までADSLを受けていて、無理をいってまでメタルを引いた人間が、「光はまだ」「光を引け」「怠慢だ」というのです。

いかがでしょう。法律を考えても良いでしょうが、法律はあまり出さない方が良いです。法律や判例などがあっても、裁判というのは元々はよほど常軌を逸した行為などを除きそれぞれの意見を述べ合って、妥協したり話し合い解決する場所ですからね。(解決にお金などが伴う場合もありますが、双方が譲らないで結果として払う立場になるとひどい関係になりますしね。)

まあ、最近は某法律番組などでは簡単に犯罪、無罪を決める番組がありますが、弁護の仕方、そのときの状況などで逆転することもあります。訴訟するなら、判例などを見るより、よほど共感してくれる人間(訴訟代理人、弁護士)を付けて戦うのが妥当でしょう。

いかがでしょう。
この場合は、怒るのはNTTより他の業者がまともに未だ参入しないことを怒った方が良いですよ。どうせ、いつかはFTTHやVDSLになるのをNTTは見越してサービスをしているわけで、むしろ未だにDSLで顧客を囲い込もうとする業者はこれらのサービスを高くする要因ですからね。

この回答への補足

> 技術的な誤解も多いので解答です。
> ... 用いた通信をVDSLと言います。これは、下り速度が最大50Mbpsオーバーで....
NTTのVDSLは、ベストエフォート値が最高で50Mbpsとのことでした。多分10Mbpsくらい
出ればいい方なのだと思います。でも、他の事業者では50Mbpsを超える可能性もあるんですね。

NTTの事業上の事情については、
http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=550631
も参考に読んでみました。確かにあのような大企業が利益を確保していくためには
いろいろと誤解されるところもあるとは思います。
(でも公社時代から引きずっている、まだまだ減らせるムダってあると思うんですけどね。
(この点に関しては、6+1社に分割された某大企業も同じですが。話がそれました。

でも一般ユーザーが「そんなNTTはかわいそうだから、少々高くても光にするかぁ」と
我慢しなきゃならないんでしょうか?まぁ、現実には我慢しなきゃならないワケですが、
安い料金で十分なサービスを享受しているADSLユーザーを見ると、前はもっと安かったのに...
と財布の心配をしちゃうワケです。

(私も含めて)ユーザーなんて勝手なもので、ちょっと様子が変わっただけでぎゃーぎゃー言うものです。テレビも同じですが、新旧二つの方法を平行運用してどちらがいいか選べるようにできればいいんですけど、ね。
現状では「光が高い」のは事実なので、それしか選択肢のないところへ引っ越した私が悪いのは分かってるんです。でもちょっとだけ納得いかなくて。ADSLも過渡的とは言いながらこの先数年はもちそうですし、ね。

あ、自分から訴訟する気なんて全然ないです。そんな時間もお金も度胸もないし。半年後にはこの質問も忘れてVDSL
サービスの恩恵を享受していると思いますので。

補足日時:2003/09/23 14:32
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答有難うございます。参考になりました。ただ、
> これは、我々国民の大多数が望んだ結果の延長線上ですし、
というのは納得いかないです。FTTH化は電々公社時代に偉いさんが決めたことなのではないのですか?
間違っていたらゴメンなさい。

お礼日時:2003/09/23 15:07

光ケーブルでも、技術的にはADSLが出来るのです。


ADSL→デジタル変換器機を付ければいいのですから。
ISDNや一般電話は同じような機器を付けて、デジタル変換しています。

何故付けないのか?・・・個人的見解
電話回線はNTTのものです。
NTTは収益率が高くyahooなどが当分進出してこない、光ケーブルを最終目的にしています。
ADSLで敵?に十分塩を送りました。ごちそうまで送ることはないと思います。

NTTの策略通り光ケーブルを使ってください。 (汗
ただ、心配なのはマンション型FTTHは使用者が増えるとADSLより遅くなる場合もあります。
その時は、そういう物だとあきらめてください。

光にすると優越感味わえるのかなぁ?
まぁ、そうでも思わなければあんな高い料金払えないかも。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。

> NTTの策略通り光ケーブルを使ってください。 (汗
はい、そうしなきゃならないようなので... でもなんか悔しいなぁ、と。
速度低下に関しては問題ないと思います。
会社で混雑期と閑散期の差は体験済ですので。

> まぁ、そうでも思わなければあんな高い料金払えないかも。
別に優越感なんかなくてもいいから安くしてくれぇ!
という人は私だけじゃないと思うんですけど、ねぇ。

興味深いコメント、有難うございました。

お礼日時:2003/09/23 10:21

友人が同様に、マンション全体が光化しているため


ADSLが使えない状態でした。
仕方ないのでフレッツISDNを勧めました。
いまさらISDNという気もしますが、満足している
ようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

御回答ありがとうございます。
どの速度で満足するかは人それぞれですよね。
でも私は今さらISDNはムリかも。
有難うございました。

お礼日時:2003/09/23 10:16

私は光です。


光は高いですが、ADSLなどに比べ優越感を味わえますよ。
Yahoo!BBのうざったいパラソルが話しかけてきても、「光に入っている」と言って撃退できます。

ADSLは過渡的な技術です。絶対切れない、光は最高ですよ。早く光の世界に来てください。

この回答への補足

> 光は高いですが、
その「高い」がネックなんですよね。私のような凡人には。

> Yahoo!BBのうざったいパラソルが話しかけてきても、...
これには「もう入ってます」と笑みを返してあげてます。

> ADSLは過渡的な技術です。
「過渡的な」うちはできるだけコストを抑えたいのです。
これが貧乏人の偽らざる本心です。
ネットで仕事してるわけではないので、1Mbpsも出たら御の字なんです。

補足日時:2003/09/23 09:43
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の御回答ありがとうございます。
既に光の世界に行かれた方は優越感があるのでしょうね。
雲の上から見下ろすような... (←言い過ぎ?)
有難うございました。

お礼日時:2003/09/23 09:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報