今年4月半ばからパートの仕事をはじめ、月給は15万円くらいです。このまま皆勤で仕事をすると12月までの今年の年収は、116万円くらいになる見込みです。この仕事ももし病気や仕事上のトラブルで今年の年収103万円に達しないうちに辞めることもありうると思い、今現在はサラリーマンの主人の扶養に入ったままで、このままこの仕事を続けられるようであれば来年度から主人の扶養からはずれる手続きをしようと思っていますが、何か支障はありますか?また今年2月~3月分で雇用保険を24万円受け取っているので、この保険料を今年の年収見込みに合わせると年収140万円になります。来年度から自分で国民健康保険と国民年金を支払う手続きをしようと思っているのですが、何か支障はありますか?雇用保険を受け取っていなければ今年の年収130万円以下で納まるのですが、雇用保険を受け取っている事は自己申告しなければわからないのでしょうか?私のような場合、どのようにするのが一番ベストなのでしょうか?専門的な知識が何もないので、年収をいくらまでに押さえた方が賢明だとか、手続き上の事等何でもいいので教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

扶養には所得税の扶養と社会保険の扶養とあります。



所得税。
その年の1月から12月までの年収が103万円以下であれば、夫の扶養(控除対象配偶者)になれます。
失業給付は所得税が非課税ですから、収入として計算しません。
116万円であれば、今年の年末調整の時に夫の扶養から外れる必要があります。

社会保険。
社会保険の扶養になれるのは、年収の実績ではなく、今後12ケ月間の収入見込額が130万円(月収で約108千円)を超える場合は、夫の扶養になれません。
この場合の収入には失業給付も含まれますから、失業給付が日額3612円以上であれば、年収に換算して130万円を超えますから(3612×30×12=130万円超)、その時点で夫の扶養にはなれなかったのです。
更に、失業給付の受給が終わって、パートを初めて時からも扶養からも外れる必要がありました。

従って、勤務先で社会保険に加入できない場合は、今から、夫の扶養を外れて、ご自分で市の国保に加入して、年金も国民年金に切り替える必要があります。

国保の保険料は前年の所得を基に計算され、国民年金は月額13300円です。

手続きは、夫の会社の扶養から外れた証明書と印鑑、年金手帳を市役所に持参して手続きを行ないます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

もうすでに主人の扶養から外れて、自分で国保に加入し、国民年金に切り替えないといけなかったのですね。
とてもわかりやすいアドバイス、有難うございました!

お礼日時:2003/09/23 21:17

所得税に関しては、今年2月~3月にもらった失業給付は年収に入れません。

(雇用保険は、失業した時にそなえて?お金を払うものなので、もらったのでしたら保険ではありません。雇用保険に加入していた結果、もらえることになった給付です)
また、12月31日現在の年収で考えるので、ご主人が配偶者控除を利用するかどうかは、今年12月の年末調整または来年になってから確定申告をする形で、(配偶者控除を使うという意味で)扶養に残っている・はずれる、を考えて大丈夫です。

社会保険については、税金関係と違い、失業給付の金額を入れます。
また、これは「今年の年収がどうなるか」ではなく、「これから先1年間の収入見込み」なので、今年の年収がこうだったから来年は……ということはありません。
極端な話ですが、失業給付を受け取っている段階でも、その金額によっては、日額レベルで基準を超えてしまうため、扶養をはずれなければいけない場合もあります。、

とりあえず、今からでも、社会保険関係は扶養からはずれるのが良いかもしれませんね。
パート先で社会保険に加入させてもらえそうなら、そこに入るのも手です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とり急ぎ、社会保険関係は扶養からはずれないといけませんね。パート先には保険は何もないので、できるだけ早く自分で手続きをしに行こうと思います。丁寧なご回答、有難うございました!!

お礼日時:2003/09/24 17:53

平たく言うと、



1.税金の扶養は、今年の年末になり実際に収入がいくらであったかで判断します。
それまでは扶養のままでかまわないと言うことです。
最後にご主人の「年末調整」で精算されます。たとえば今年の末でご質問者の収入が103万円を越えていたとします。
するとご主人の年末調整で「配偶者控除」が使えなくなり、今まで毎月引かれていた税金では足りなくなり、通常還付の多い年末調整ですが逆に追徴されるという形になります。(追徴になるのは極端な場合で、還付が少ないだけという場合もあります)
ただ、実際には「配偶者特別控除」がありますので、年収が141万円まではきちんと収入を申告して下さい。(税金が安くなります)
雇用保険は非課税なので含めなくて良いです。

2.年金と健康保険
「今後12ヶ月の見込みが130万円を越える時には扶養からはずれる。」

ご質問者の場合は、
 ・今年2月~3月の失業給付受給期間中
 ・今年4月からの月給15万円の仕事に就いたとき
  (15万円×12ヶ月=180万円ですから大きくオーバー)
にいずれもはずれる必要がありました。
過去のことは仕方ないので、今からはずれる手続をして下さい。
これは、ご質問にある「仕事ももし病気や仕事上のトラブル」等で退職された場合や、あるいは月給が減給となり月給×12ヶ月が130万円を下回るようになれば、その時点で直ちにまた扶養に戻せます。(過去の収入は関係ありません)

つまりリアルタイムに扶養と自分での加入を繰り返します。

年収をいくらに抑えた方がよいのかという話ですが、

 a)ご主人の会社よりもらう家族扶養手当の収入基準
 b)社会保険の扶養基準である130万円
 c)お住まいの所の国民健康保険料

がポイントです。
税金は収入に比例して課税される仕組みで、配偶者の場合は扶養控除もなだらかですから気にする必要はありません。

aの基準を上回るとまず家族手当分がマイナスとなり収入が多い方が実入りが少なくなる。
bの基準についても同様で社会保険の負担は結構大きいので実入りが少なくなる
で、それに打ち勝って更に収入が多くなるポイントはa,cで決まる減額を上回る収入が合った場合です。
具体的な数字は残念ながらa,cが特定できませんので断定できませんが、年180万円以上稼ぐのであれば、年130万円以下に押さえるよりは実入りは多くなると思われます。(つまり稼ぐだけお得)

では。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変詳しく適確にご回答頂き、よくわかりました。これから手続きをして、頑張ってできるだけ沢山稼ごうと思います。本当に有難うございました!

お礼日時:2003/09/23 21:28

 雇用保険は非課税所得ですから申告不要です。


今後も勤め収入が増えてくるようなら別にしたほうが良い、というより別になります。
 所得税の扶養と社会保険の扶養とは違うので夫の会社の社会保険の係りの方に確認したらよいでしょう。
 国民健康保険の金額もばかにならないので、ぎりぎりまで夫の社会保険の扶養になっていた方が有利でしょう。また、夫の会社で扶養手当などがあればそれらも含めて計算し、確認されたら良いと思います。
 パートでも継続して勤務すると社会保険へ加入してくれる会社もあるようなので、勤務先への確認もしておいたら良い。
 でも、働いて収入を増やすことが一番だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、わからない事は、係りの方に確認するのが一番いいですね。早々に、アドバイスを頂きまして、有難うございました。

お礼日時:2003/09/23 21:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q夫は国保です。扶養内か正社員か

5歳3歳のこどもあり 30代前半の夫婦です。
こどもは幼稚園にいっています。

夫 毎日夜勤 国保 29万
妻 パート  5.6万ほど  9時半~14時半まで

このたび保育園に2人とも入所できることになり
扶養内でいくか正社員になるかでまよっております。
夜勤の夫は送迎は頼れないし、今までと生活ががらっと変わるので不安は尽きませんが。。。

主人のお給料のこともあり正社員でもっと収入を増やした方がいいと思っておりますが
いろいろひかれて結局扶養内の方がよかったなんてことはあるのでしょうか?


正社員の詳細です
月給 216,000円 昇給 賞与あり 残業なし 
です。

これだけの情報でいいのかわかりませんが
どうかおわかりになる方教えていただきたいです。

Aベストアンサー

皆さん、国民健康保険に加入されていると
いうことですよね?
●ここが一番のポイントです。
そうすると現状では全員分の健康保険料を
払っていることになります。

奥さんが正社員となり、社会保険に加入
できれば、お二人のお子さんをあなたの
扶養家族として社会保険に加入することで
健康保険料はタダになります。

下記の表と給与収入から、おそらく18等級
健康保険料は10956円、
厚生年金保険料は19610円
http://www.kyoukaikenpo.or.jp/~/media/Files/shared/hokenryouritu/h28/ippan/13tokyo.pdf
となります。

これでお子さん2人健康保険料もまかなえますし、
厚生年金に加入となるので、将来の年金額も
増えます。

感覚的には現状の国民健康保険料より
かなり得になると思えます。

但し、建設国保などに加入されていると
そちらの方が得な場合もあります。

いかがでしょうか?

Q年収130万円超えたら?

去年、103万円の年収で抑えようとしたのですが源泉徴収票を確認したところ114万円で超えてしまいました。
超えてしまったことは現実問題としてもうどうしようもないのですが(税金を払うということ)このままの状態で働いていくと月平均11万円で130万円を超えてしまう予想です。こうなるといつから夫の扶養でいられなくなりますか?今年は扶養でいられるのでしょうか?
現在、アルバイト勤務で福利厚生はなにもついていません。
職を変えようかどうか迷っています。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#2の方が言われる通り、昨年から所得税上の扶養から外す必要がありますので、確定申告で年末調整の修正申告が必要になります。
扶養控除(配偶者控除)の修正です。
扶養控除の対象から外し、更に「配偶者特別控除」の申請をします。

質問者さんの源泉徴収票の「所得」欄が38万円を超え40万円未満であれば、「扶養控除」も「配偶者特別控除」も控除額が同じですので、結果としては同じ事です。
しかし、40万円以上であった場合は、「配偶者特別控除」の控除額が下がってきますので、追加の納税が必要になってくるかもしれません。

確定申告は2/16から始まりますが、一部の税務署を除き、平日にしか開いていません。
お仕事をしていらっしゃるとの事ですので、必要書類などをお近くの税務署に電話で確認し、二度手間にならないようにされたら良いと思います。
また、混みあっているとゆっくりと相談にのってもらうことが難しくなりますので、受付が始まったら早めに行く事をお勧めします。

参考URLは、国税庁タックスアンサーの中の「夫婦と税金」というページです。
少し難しいかもしれませんが、参考に読んでみてください。

参考URL:http://www.taxanser.nta.go.jp/shoto301.htm

#2の方が言われる通り、昨年から所得税上の扶養から外す必要がありますので、確定申告で年末調整の修正申告が必要になります。
扶養控除(配偶者控除)の修正です。
扶養控除の対象から外し、更に「配偶者特別控除」の申請をします。

質問者さんの源泉徴収票の「所得」欄が38万円を超え40万円未満であれば、「扶養控除」も「配偶者特別控除」も控除額が同じですので、結果としては同じ事です。
しかし、40万円以上であった場合は、「配偶者特別控除」の控除額が下がってきますので、追加の納税が必要になって...続きを読む

Q正社員では夫の扶養に入ることはできないのですか?

現在、正社員で働いてるのですが、二人目妊娠(3か月)に伴い時短勤務をさせていただくことにしました。
今までは月収12万ほどだったのですが、これからは月収10万程度になり、更に今後産休→育休に入るため、旦那の会社に扶養手当の申請をしようと思うのですが(扶養申請は今後1年間の収入見込額でするとの事なので今後1年間の収入は130万は超えません)、「正社員」では扶養家族には入れないのですか?
扶養とは収入だけでなく「雇用形態」も関係あるのですか?

会社からは三法の関係上、扶養になるならばパートになれば?と言われたのですが、産休・育休をとりたいので、パートにはなりたくないんですが・・・
教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

扶養対象になれる基準は、1月から12月の所得で算出します。
現状月収12万円なら、6月までで72万円、7月から12月は60万円程度になるので、
合計年収132万円で今年の扶養対象からは外れます。
今年は確実に扶養には入れません。

一般的には「正社員」だとフルタイム勤務になり、最低賃金法から計算して、年間の所得は130万円を超えることになります。
あなたが産休/育休で「時短勤務」をするというのは、正社員の待遇としては少数派になります。
従って、健保組合の手続きとしては、来年も(正社員のままであれば)勤務期間の変更で
130万円を超える所得になる可能性があるという見通しになってしまうため、
普通は扶養扱いにはしません。

あなたの主張では、来年は月収10万円で年間120万円ですが、残業や賞与の支給の可能性がある以上、
健保組合の基準では扶養に入れない可能性があります。
残業や賞与がないことが明確であるならば、その様な所得上の限界を総務又は経理から健保組合に説明してもらえば
来年は扶養に入ることが可能になる場合があります。
いずれにしても、健保組合毎に規定がある(法律で明確に決まっている訳ではない)ので
会社から健保組合に相談してもらう必要があります。
当然、健保組合以前に会社内での扶養の規定がある場合は、そちらが優先しますから、
まずは会社に確認してください。

扶養対象になれる基準は、1月から12月の所得で算出します。
現状月収12万円なら、6月までで72万円、7月から12月は60万円程度になるので、
合計年収132万円で今年の扶養対象からは外れます。
今年は確実に扶養には入れません。

一般的には「正社員」だとフルタイム勤務になり、最低賃金法から計算して、年間の所得は130万円を超えることになります。
あなたが産休/育休で「時短勤務」をするというのは、正社員の待遇としては少数派になります。
従って、健保組合の手続きとしては、来年も(正社員のままで...続きを読む

Q年収36万円の場合

来月から主人の兄の会社で事務を手伝うことになり(・・・と言っても、こんな質問をしてるくらいなので素人なんですが)月3万円のお給料をいただけることになりました。
そうすると年収36万になるのですが、給与/現金で仕訳すると、やっぱり所得税引かれますよね? そのほかにも何か引かれるものはありますか?
また、違う形で、お給料を出してもらったら手取りまるまる3万というふうにはならないものでしょうか?
自分でやらなくてはならないことなんですけど、経理とか、やったことなくてよくわからず質問させていただきました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

所得税については、「扶養控除等申告書」という緑色の書類(税務署に用意されています)を提出すれば、給料の月額87000円以下の場合には源泉税は0円です。
提出しないと、月額87000円以下の場合には5%の源泉税が控除されます。

なお、源泉税を控除されても、1月から12月までの年収が103万円以下であれば所得税は課税されませんから、控除された源泉税は年末調整で戻ってきます。
年末調整を受けない場合は、翌年にご自分で確定申告をすれば、源泉税は還付されます。

又、会社で社会保険(健康保険・厚生年金)に加入していれば、社会保険料や雇用保険料が控除されます。

ただし、社会保険は、一週間の出勤日数と勤務時間が正社員の4分の3以下であれば、加入する必要がありません。
雇用保険については、一週間の労働時間が20時間以下であれば加入する必要がありません。

Q扶養されている身で2ヶ月間だけ正社員なのですが…

私は今、大学院修士課程1年生です。

看護師の免許を持っているので、ある会社に名前を借し(?)その会社の正社員となりました。
期間は2ヶ月限定なのですが、正社員なので健康保険証をもらい、おそらく、社会的には扶養から外れるのだと思います。

今、手元に健康保険証が二つあります。

一つは扶養家族としての(?)健康保険証。
もう一つは社員としての健康保険証。

しかし、社員としては2ヶ月限定で、10月いっぱいで社員としての期間は終了します。

こういう場合、どういった問題が生じるでしょうか???
どなたか教えていただけると大変助かります!!!

Aベストアンサー

>社員としては2ヶ月限定で

勤務実態があっても
初めから2ヶ月限定ということは、
参考URLにあるように、加入できないのです。

それをわかってて加入させるのは#2さん指摘の通りです。

さて他に問題としては、この期間
国民年金1号被保険者から
2号被保険者(厚生年金加入)になり、
ふたたび、1号にもどる、
という手続きを、

そして父親さんの健康保険が、国保なら
国保の扶養をはずしてはまた加入し直し、

という手続きを市役所でしていただくことになります。

父親さんの健保が社保なら、
とりたてて手続きすることもないでしょうけど。
(厳密にはする必要がありますが)

参考URL:http://www.sia.go.jp/seido/iryo/iryo05.htm#2

Qアルバイトの年収が103万円を超える場合について。

ただいま大学の二年生で、アルバイトをしております。
今年半ばから新しく始めたアルバイトなので、それ以前のアルバイトの収入を足しても今年の年収が103万円を越える見込みは無いのですが、来年も同じアルバイトを一年間続けた場合、収入は恐らく120万円前後になるものと思われます。
そのため、両親から扶養家族から外れてしまうので、来年の年収を100万円程度に抑えるよう指示されたのですが、どうも結局損をしてしまう印象が拭えません。自分なりに色々調べたのですが、仕組みがどうにも多くて結局どうするのが一番負担が少ないのか判断できません。
そこでお尋ねしたいのですが、
・そのまま120万円の給与を受け取り、所得税などの天引きを受ける(勤労学生控除などの可能な対処は全て利用した上で)
・103万円以下になるように抑える。
どちらの方が、自分、親にかかる負担が少なくなるのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

勤労学生控除があれば質問者の方は130万まで所得税がかかりませんのでその線まで収入が増えれば手取りも増えます。
一方親は質問者の方の収入が103万を超えると扶養控除の38万が受けられなくなります。
つまりこの38万に税額を掛けた分だけが所得税が増えるわけです。
ではこの金額がいくらかというと

1.これは課税対象額(親の)によって税率が違う
2.来年から税率が変わる

ということで実際に課税対象額がわからないと概算になってしまいますが、普通のサラリーマンなら1割か2割ぐらいではないかと思います。
ですから38万の扶養控除がなくなれば3万8千~7万6千ぐらい所得税が増えるのではないかと思われます(繰り返しますがこれはあくまでも概算です)。
ですから親子でトータルすれば金額が増えますが、プラス部分は質問者の方、マイナス部分は親というようにはっきり分かれますので、質問者の方と親の間でどう判断するかということになりますね。

Q妻が今月の初めに正社員となり社会保険の扶養から外れました。だが、やはり扶養内で働く形になり来月からパ

妻が今月の初めに正社員となり社会保険の扶養から外れました。だが、やはり扶養内で働く形になり来月からパートを始めることになりました。そこで質問なんですが、辞めるという決断が早かった為、自分の会社には扶養を外す手続きをしないままだったのですが、そのまま何もしなければ扶養に戻るのでしょうか?
お願いいたします。

Aベストアンサー

「今月の初めに正社員となり社会保険の扶養から外れました」※、
「自分の会社には扶養を外す手続きをしないままだった」って、
矛盾してませんか?
※の手続きをしていなければ、扶養のまま。

Q年収200万 掛かった医療費が10万円弱だった場合

医療費控除について教えてください。

一年間に掛かった医療費が約9万円と、10万に届かなかった場合には、医療費の控除は受けられないのですか?

市役所にて聞いたところ、そう言われました。

年収の5%がどうの、と言うのをネットで見たのですが、年収200万円だった場合はどうなりますか?

まだ確定申告などの経験がない為よく分からないので、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「年収200万」が、「【給与所得の】源泉徴収票」の「支払金額」のことであれば、「医療費が約9万円」でも「医療費控除」を申告すれば税金が安くなります。

『所得税・住民税簡易計算機』
http://www.zeikin5.com/calc/
※「収入が【給与のみ】」の場合の目安です。
※「支払金額」を「給与収入」欄に入力します。

なお、「確定申告の義務がない人」の場合は3/15にこだわる必要はありません。

『No.2020 確定申告 』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm
>>所得税の確定申告は、毎年1月1日から12月31日までの1年間に生じた所得の金額とそれに対する所得税の額を計算し、源泉徴収された税金や予定納税額などがある場合には、その過不足を精算する手続きです。

『国税に関するご相談について』
http://www.nta.go.jp/shiraberu/sodan/denwa_soudan/index.htm
『還付申告は混雑期を避け3月15日過ぎに』
http://www.ioka-youji.com/article/13617737.html

『No.1900 給与所得者で確定申告が必要な人』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900.htm
『確定申告を要しない場合の意義』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1900_qa.htm

(参考情報)

『No.1120 医療費を支払ったとき(医療費控除)』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm
『[PDF]医療費控除を受けられる方へ』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/tebiki2012/pdf/04.pdf
【税法上の】『収入と所得は何が違うの?』
http://allabout.co.jp/gm/gc/14775/
『所得税(確定申告書等作成コーナー)』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/kakutei.htm
---
『Q8 住民税や事業税の申告はどうなるのですか。』
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinkoku/shotoku/qa/02.htm#q08
『住民税とは?住民税の基本を知ろう』
http://allabout.co.jp/gm/gc/14737/

※間違いのないよう努めていますが、最終判断は【必ず】各窓口に確認の上お願い致します

「年収200万」が、「【給与所得の】源泉徴収票」の「支払金額」のことであれば、「医療費が約9万円」でも「医療費控除」を申告すれば税金が安くなります。

『所得税・住民税簡易計算機』
http://www.zeikin5.com/calc/
※「収入が【給与のみ】」の場合の目安です。
※「支払金額」を「給与収入」欄に入力します。

なお、「確定申告の義務がない人」の場合は3/15にこだわる必要はありません。

『No.2020 確定申告 』
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/2020.htm
>>所得税の確定申告は、毎年1月1日から12月3...続きを読む

Q4月まで正社員で働いていて今年の収入が1130000円あります。今は主人の保険と扶養にはいってます。

4月まで正社員で働いていて今年の収入が1130000円あります。今は主人の保険と扶養にはいってます。6月からパートで働く予定ですが扶養内で働くとなると1300000円以内で働かないとだめですか?

Aベストアンサー

>6月からパートで働く予定ですが
>扶養内で働くとなると1300000円以内で
>働かないとだめですか?

結論から言うと、そんなことはないです。

奥さんの収入条件と扶養の条件は
以下の3つあります。

①税金の扶養控除 給与収入103万以下
②社会保険の扶養 給与収入130万未満
③扶養手当 ①②のいずれかと連動

①奥さんの給与収入が年間103万以下の場合、
 ご主人は配偶者控除が受けられます。
   所得税 住民税
控除額 38万  33万

▲既に113万の給与収入があるので、
この配偶者控除は受けられませんね。

①の103万を超えると配偶者特別控除と
なりますが、奥さんの収入が140万を
超えると、ご主人の税金優遇は受けられ
ません。
▲140万-113万=27万に抑えれば、
配偶者特別控除は受けられますが、
あまり得策とは言えません。

このように税金の控除条件は常に
年間の収入条件で決まるのです。

★しかし社会保険の扶養条件は違います。

②130万未満の社会保険の扶養条件は
 給与収入で通勤手当込で130万未満
 という条件ですが、今後の見込みの
 月収が108,333円を超えないのが、
 一般的な条件です。
http://www.nenkin.go.jp/service/kounen/jigyosho-hiho/hihokensha1/20141204-01.html

ご主人の社会保険の扶養認定の際、どういう
申請をされたのでしょうか?
例えば、退職したので、離職票や退職証明
を出すことで『今後収入はない』といった
ことで、扶養認定を通しましたか?

そうした場合、そのままにしておくと、
来年になって扶養認定の確認が入ったり
すると、昨年の所得証明を提出すること
になり、収入が増えていると目に止まり、
『130万超えてるから取消します。』
と言われる可能性も無きにしも非ずです。

ですので、ご主人の健保に、
『働き始めるが、扶養内の条件としては
どうあるべきか?』と問い合わせておく
ことが肝要だと思います。

『協会けんぽ』であれば、今後の見込みが
月108,333以内ならOKでしょう。
また健保組合によっては妻のパート先に
給与見込額の証明書を作成してもらい、
提出させられる場合もあります。

ということで、健保組合により対応が
マチマチで、人によって違う場合もある
ので、よく確認された方がよろしいかと
思います。

いかがでしょうか?

>6月からパートで働く予定ですが
>扶養内で働くとなると1300000円以内で
>働かないとだめですか?

結論から言うと、そんなことはないです。

奥さんの収入条件と扶養の条件は
以下の3つあります。

①税金の扶養控除 給与収入103万以下
②社会保険の扶養 給与収入130万未満
③扶養手当 ①②のいずれかと連動

①奥さんの給与収入が年間103万以下の場合、
 ご主人は配偶者控除が受けられます。
   所得税 住民税
控除額 38万  33万

▲既に113万の給与収入があるので、
この配偶者控除は受けられませんね...続きを読む

Q年収100万円以下の確定申告について

いろいろと調べたのですが、「これ」と言う回答が得られないので、質問させていただきます。
まずは私の状況を話します。
・夫に扶養に入っています。
・昨年アルバイトで3社から合計100万円ほどの収入がありました。
・その3社全てから源泉徴収票をもらっています。
・そのうちの1社だけ424円、源泉徴収税額の欄に記入があり、他の2社はその欄に記入がありません。

そこで質問です。
1.この場合、確定申告をすれば424円が戻ってくるのでしょうか。
2.424円くらい戻ってくるなら、確定申告をする手間などを考えるとしないほうがいいのでしょうか。(住んでいる区では住基カードを発行していないのでe-taxは使えません)
3.夫は私とは別に私を扶養していることの証明をしなくてはいけないのでしょうか。(私の源泉徴収表などを使って?)

初めてのことでよく分からず、困っています。
税務署に問い合わせたら「確定申告してください」と言われると思い、まずはこちらでご意見などを聞けたら。と思っています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>1.この場合、確定申告をすれば424円が戻ってくるのでしょうか。
そのとおり戻ってきます。

>2.424円くらい戻ってくるなら、確定申告をする手間などを考えるとしないほうがいいのでしょうか。
貴方の判断ですね。
そのために申告するのめんどうだと思えばしなければいいし、いや、たとえ100円でも戻ってくるなら申告したいと思えばすればいいでしょう。
貴方に申告の義務はありませんから、どちらでもかまいません。

>3.夫は私とは別に私を扶養していることの証明をしなくてはいけないのでしょうか。(私の源泉徴収表などを使って?)
ご主人は、貴方を税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)にしてないんでしょうか。
もし、してないならご主人が確定申告してください。
最低でも19000円所得税が戻ってきます。

扶養にしてあるなら、ご主人は何もすることはありません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報