「なぜ人間は死ぬことをわかっていながら,生まれてくるのでしょうか。」
」ことの答えられる方教えてください。死ぬことがわかっているならば,最初から生まれてこなくてもいいのではないですか。こんな無駄なこと不合理ではありませんか。別に人間がこの世に存在しなくてもいいではありませんか。生まれてこなければ,生きていることに苦労して,死ぬことをおそれるともないでしょう。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (31件中1~10件)

はじめまして。


実際、自分の意志でこの世に生まれてくるものは生物の中ではいないと思います。生まれたことにより 生きていることに苦労して,死ぬことをおそれるんじゃないんでしょうか?生まれなければ死なないし、それが選択できるのであればこの世にいる人は生まれることを選択したことになります。私は生と死は一対で1=1で考えてます。
    • good
    • 20
この回答へのお礼

なにが正しくて,が正しくないか、を判断するつもりはありません,みなさんが私の「質問」でご意見を伺いました。私の「質問」たくさんの方にお答えを頂き,ありがとうございます。ここでお答えを頂きました皆様方に感謝いたします。 さまざまなお答えで、いろんな解釈があることを教えていただきました。まだまだ回答がございますでしょうが、ここでおわらせていただきます。 

お礼日時:2001/04/21 15:57

またまたnobor3です。


ぼくは、あなたの「生まれる前 0 こ世にいるのが1 死ねば0 」という仮定自体にあまり根拠が無いと思います。
ちょっと仮定を変えてみれば「生まれる前=0、生まれる=5、死ぬ=-1」とすれば、0+5-1=4になるわけだし、もしかしたら「生まれる前=0、生まれる=5、死ぬ=1」で0+5+1=6かも知れないじゃないですか?
こういう計算って、ばかばかしいと思いませんか?
生死ってこんなふうに、単純に数値化できるような問題じゃないですよ。
    • good
    • 6

>そんな気持ちはさらさらないです・・・・・・


>そのとおりです。私はそのように生きています。

失礼しました。

>0-1-0 とすると結局は 0=0ですね。この1に不合理だと思っているのです。

この1を不合理であるとして、退ける事に成功した状態が「涅槃」です。
と、言うわけですので、これ以上の議論は特定の宗教である「仏教」
の話になりますので、残念ですが、これでおしまいです。
    • good
    • 2

0-1-0-1-0-1-と際限なく、ではないでしょうか。


今チューリップが咲いていますがこれは真夏には姿を消して冬の内にまた芽を出します。そして春に咲いて夏に消える。なんでずっと夏のまま地中で過ごさないのでしょうか。あるいは春のままで咲きつづけないのでしょうか。
水は空から降ってきますが川になったり蒸発して空にもどったり。なんで液体のままでいないのですか。あるいは気体のままでいないのですか。
>生まれてこなければ,生きていることに苦労して,死ぬことをおそれるともないでしょう。
死ぬことをおそれるsearchingboyさんは健康で幸せな方と想像します。死んで地上からは「0」に見えても「死こそが自然の本来の力」ともいえるのです。姿のある時にはあるなりの無い時には無いなりの使命があると思っていてよいのではないでしょうか。もし死ななかったとしたら迷惑でしょうね。自分もつらいし。また、死ぬからこそ今を大切に生きるのではないでしょうか。生と死と両方を味わえることが喜びです。
どうせ入り口に戻ってくるメリーゴーランドに乗りますか?やめときますか?自分でそれが選べなかったとおっしゃっているのですね。宿命!メリーゴーランドに乗って何らかの成長・変身を!
    • good
    • 6

DNAをリレーする形で後世に伝承する事が、人間に限らず、生命に与えられている使命なのだと思います。


生きてる間の喜怒哀楽は、その使命を果たしたご褒美。
そう考えれば、死ぬ事すら恐怖ではありません。
DNAの連鎖が途絶える事をむしろ警戒すべきでしょう。
すなわち、同性愛を認めたり、自殺を容認したり、クローンを作ったりという事については
誰かが警鐘を鳴らさなければならないと思うのですが。
    • good
    • 10

ぼくは生まれてくることは無意味だと結論しています。

これを回避するには宗教的な発想を持ち出すか、生きていく上で有意義な思考以外は無意味だとするしかないと思います。肝心なところをすっとばしてこういった論理の飛躍をするのは科学的ではないとおもいます。それでも生まれてしまった以上、生きなければならない気がするので、科学を疑い、独自の宗教観を作ろうとしています。以外と楽しんでいます。
    • good
    • 4

補足に 0と1 が出ていましたね。

0→1→0 の 0は、無 なのでしょうか。私は0の世界があると信じています。つまり、私たちの肉体がない、魂だけが存在する別の次元の世界です。
結論から申し上げますと、魂は「経験したがっている」というのが私の回答です。肉体という制限が世界では、魂は何でもすることはできますが、肉体をともなった「経験をする」ことができませんから。
もちろん、この世界では、気持ちのいい、楽しい経験ばかりではありません。飢餓や病気、挫折、理不尽な死に方……でも私たちが肉体的には望まないようなことでも、魂のレベルで経験したがっていると思うのです。
だからといって、運命を、現状をそのまま受け入れるしかない、とは考えていません。私は特定の宗教には属していませんが、神(創造主)の存在は信じています。
私たちは、創造主の一部である魂と肉体とで一人の人間ですから、運命というか未来は自分の意思で創造できます。その過程が「経験する」ことではないでしょうか。(もっともどこの地域のどんな時代に、どんな環境で生まれてくるか、といった変更不可能な天命はあるでしょうが、それさえも 0から 1の世界に生まれ来るときに選択していると思います)
    • good
    • 1

 わ! いけない!


 お詫びと訂正です。No.23冒頭の「No.10」とありますのは「No.7」の誤りです。ごめんなさい。
    • good
    • 4

 んと…No.10ですが、最後の一行に問題アリでしたね。

特にsearchingboyさんが何かに悲観していると思って書いたわけではなかったのですが。
 哲学的というよりも、自然科学的な考え方のつもりで書きました。「死んでいるのがあたりまえ」が土台で、「生きている」状態の方が例外的で異常な事態である…みたいな。

 もし仮に30億年ほど前に「生命」が発生して、それが次世代の個体を残すことなく、「形あるものは必ず滅びる」の伝にしたがって自然崩壊していたたならば、それはただそれだけのことで終わります。事実、そういうことはあったのかもしれません。
 でも実際には今日に至るまで「つながって」います。近年の科学は生命の発生を「自己組織化」で説明しようとしていますが、そういう偶然で発生した生命が、次世代に自分の複製を作ることで連続しています。逆に言えば、こうしてつながっているからこそ「生命がある」と言える。
 要するに「生命」を土台に考えるとワケわかんなくなるのではないかと。生命といえども、いずれ壊れるのは必定。いずれ壊れるからこそ、次の世代を作る。その連続こそが生命である。…と考えると、ひとつの個体に視点を限定すれば「生きているけどいずれ死ぬ」と言えますが、その個体がなぜ発生したかを考えに入れると、前の世代が「死の必然」ゆえにそれを生み出したからとも言えます。「生まれたから死ぬ」のではなくて、「死ぬから生む」ということ。生命とはその繰り返しだった。…ということではなかろうかと思います。
 うーん、すると…世代間倫理ってのも「自分が死ぬ」という事実に由来するのかも…って、すいません。他の質問室のことでした。
    • good
    • 2

人間にとって生ると言う意味と、生命を維持するという意味を混同しないように。


生命の維持をもって生るとするならば、動物や植物の生命を考えて下さい。
彼らは、人間のように、もとより死ぬことは考えないのです。考えることは
出来無いのでしょうけれども、しかし、考える必要もないのです。

人間にとって生るというのは、その人間の「人間たる現れ」を見い出すことです。
「現れを見出すこと」というのは、言い替えれば、「存在する」ことを意味します。
エーリッヒ・フロムの哲学を引合いに出すまでもありませんが、人間にとっての
生ることが、物や時間、空間、自然、森羅万象の事を「所有」すること同じだと、
仮定すれば、既に人間の破壊的なエゴの発揮によって、それは死に至ります。

これに対して、人間の真の生きる在る方は、正に「所有」することではなくて、
生かすことなのです。生きることは、相手を生かすこと。
ですから、自分が死ぬ事が分っていても、相手を生かすために生きるのです。

こういった事は、人生を送っていくと次第に、「科学的な証明のようなもので解答を
得るものではない」ことが分ってくると思います。自分が自分の生れた環境のもとで、
どのような在り方をするかは、人間一人一人違うものです。
そして、自分が自分で在りえるためには、自己啓発的な、人の真似ではない新しい
「何か」を見付けていかなくてはならないこと。だから、人に質問をしても、それは、
助けには成るけれども、本当の答にはならない。
生きることは、そういった、「何か」を自分で探すことなのです。
そして、その「何か」は、自分ではなく、相手の為に役立つ、相手もまたそれに
よって「何か」を見出せるものでなくてはならないのです。

さぁ、あなたも、あなたの「何か」とは、何なのか探しましょう。
探し出せれば、自分が、何者なのかが分ります。
    • good
    • 4

このQ&Aに関連する人気のQ&A

1  2  3  4 次の回答→

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人が生まれ、死ぬことの意味。

もうすぐ30歳になる者です。

最近、自分も歳をとるっていうことを やや実感しつつあり、親も歳をとって、そのうちおじいさんとおばあさんになって そして…と考えてしまいます。
もちろん、自分も友達も夫も いずれは歳をとって死んでしまう。または、若くして死んでしまうこともある。
せっかく出会えたのに、離れ離れになるということを
他の人はどうやって納得するというか克服するのでしょうか?
誰も克服なんて絶対にできないものなのでしょうか?
自分自信が歳をとり、いずれは顔がシワシワになったり腰が曲がったり、 思うように歩けなくなるということを、みんなはどうやって納得しているのでしょう。
それとも絶対に納得なんてできないものですか?
それなら、どうしてこういうサイクルの元に生まれてきたのでしょう?

「どうして生まれてきたの?」なんて、小学生のような疑問で恥ずかしいのですが、他の方はどのように認識されているのか、どうしてもお聞きしたいのです。私自身は、今まで頭ではわかっていたつもりでも、理解はできていなかったように思います。たぶん今頃こんな疑問を持つ私は、あまっちょろいというか、苦労を知らないできたのでしょう。

でも、どなたか私に教えていただきたいのです。
将来、子供ができて同じ質問をされても、私は答えることができません。
すっきり理解できる日は誰にもこないのかもしれませんが、それならどうしてこのサイクルの元に…∞ 

まとまりのない文章で、申し訳ございません。
どうか、よろしくお願いいたします。

もうすぐ30歳になる者です。

最近、自分も歳をとるっていうことを やや実感しつつあり、親も歳をとって、そのうちおじいさんとおばあさんになって そして…と考えてしまいます。
もちろん、自分も友達も夫も いずれは歳をとって死んでしまう。または、若くして死んでしまうこともある。
せっかく出会えたのに、離れ離れになるということを
他の人はどうやって納得するというか克服するのでしょうか?
誰も克服なんて絶対にできないものなのでしょうか?
自分自信が歳をとり、いずれは顔がシワシワにな...続きを読む

Aベストアンサー

 ふと、思いつつままに・・・。

 このような素朴でいて難問に対して、古くから人間(ヒト)はその明解な解釈を求めてきたように思います。そして、現代も・・・。自然観・宗教・哲学などにその拠り所を探ってきたことと思われます。

 私も幼少の頃、このことについて疑問を抱いていました。「なぜ、自分がこの世に存在するのだろうか?」と。よその家で赤ちゃんが生まれたのを知りました。自分はその赤ちゃんではないので、それを知ることができました。生誕後に徐々に大きく成長するにつれ、「なぜ、自分が自分なのか?」などと意識するようになりました。

 生物(生命体)はまず永遠に不死であり、個々の生命体には死があります。これは、生命の形質を次世代にコピーしながら繁殖(繁栄)する主役である遺伝子には死というものがないと言うことです。遺伝子は生命個体を継いで生き続けているのです。絶滅したマンモスの復元計画は凍土地帯から発見された冷凍マンモスから取り出した遺伝子を使うものです。

 私はこのようなことを知ってからは、幼少時からの疑問は多少気に
ならなくなりました。これまでの皆さん方のご回答の内容には、それぞれ十分理解ができます。生まれてこのかた概念や理屈では理解しがたいことも、分からないまま、そしてこれからも生き続けていくことも大切であることに気づきました。

 ふと、思いつつままに・・・。

 このような素朴でいて難問に対して、古くから人間(ヒト)はその明解な解釈を求めてきたように思います。そして、現代も・・・。自然観・宗教・哲学などにその拠り所を探ってきたことと思われます。

 私も幼少の頃、このことについて疑問を抱いていました。「なぜ、自分がこの世に存在するのだろうか?」と。よその家で赤ちゃんが生まれたのを知りました。自分はその赤ちゃんではないので、それを知ることができました。生誕後に徐々に大きく成長するにつれ、「なぜ、自...続きを読む

Q人間として生まれてきた事は悲劇ですか?他の生物に生まれてくるよりかはマシですか?人間が一番という主観

人間として生まれてきた事は悲劇ですか?他の生物に生まれてくるよりかはマシですか?人間が一番という主観なら他の生物に生まれてくるよりかはマシになるかもしれませんが…

Aベストアンサー

NHKで、サケの一生をやっていて、子孫を残すために、川を登って行くのです。
浅い所では岩に体を削られ、熊に襲われ幾多の苦難を乗り越えて…

最終、ピューっと精子を放出、又は卵を産んで終了。

サケにだけは産まれたくないと思いました。

思えば、自分の意思で、生活圏を変える事が出来たり、やり直そうとしたり、生きるのが長いからか、選択権が凄くあるのが人間で、悲劇にするのも、喜劇にするのも、その人次第だと思います。

他の生物の一生も、調べれば相当過酷だと思いますよ。

Q宇宙はどうやって生まれて どうやって死ぬの?

すごく無知な質問で済みません。

宇宙はどうやって生まれたのでしょうか? 無から始まったとか、インフレーションとかビッグバンとか、聞きますがいまいちピンと来ません。

それと、これから宇宙はどうなるのですか? 死ぬときはいったい、どうなると予想されるのですか?

無知な質問で本当に済みません……。

Aベストアンサー

こんばんは。

専門家ではないので、
あくまでもご参考まで。
宇宙はある時点から爆発的に大きくなっただろうと考えられています。

それがどういう経過(細部ではなく大きな流れです)で今まで来たのかもいろいろな考えが出されています。

そして地球も、というか地球を作っている物質も恒星が何度も生まれ、死んだ結果できたものだろうと考えられています。地球などの惑星はいずれ恒星の膨張や爆発に巻き込まれるか、恒星のブラックホール化に飲み込まれてしまうかもしれません。またほかの銀河との衝突が起きて、そこで壊れてしまうかもしれません。

一方、宇宙はどうなるのでしょうか。拡散を続け、熱の平衡化が達成されるという理論もありますが、一方でまたビッグバン時の爆発の中心に戻っていくという考えもあります。

これ以上のことは正直、僕には想像もつきません。
でも誰かがきっとそのうちに明らかにしてくれるだろうと信じています。

あとこんなサイトもありますよ。
ご参考まで。

参考URL:http://www.universe-s.com/junior/index_j.html

こんばんは。

専門家ではないので、
あくまでもご参考まで。
宇宙はある時点から爆発的に大きくなっただろうと考えられています。

それがどういう経過(細部ではなく大きな流れです)で今まで来たのかもいろいろな考えが出されています。

そして地球も、というか地球を作っている物質も恒星が何度も生まれ、死んだ結果できたものだろうと考えられています。地球などの惑星はいずれ恒星の膨張や爆発に巻き込まれるか、恒星のブラックホール化に飲み込まれてしまうかもしれません。またほかの銀河との衝...続きを読む

Q宗教関係者に質問です。人はなぜ死ななくてはならないのですか。 また、死ぬことにどんな意味がありますか

宗教関係者に質問です。人はなぜ死ななくてはならないのですか。
また、死ぬことにどんな意味がありますか?

Aベストアンサー

>お釈迦様は死についてどう説いてますか?



 『スッタ・ニパータ』の中で、釈尊は、次のように述べられています。


 
 『この世における人々の命は、定まった相(すがた)なく、どれだけ生きられるか解らない。惨ましく、短くて、苦悩をともなっている。

 生まれたものどもは、死を遁(のが)れる道はない。老いに達しては、死ぬ。実に生あるものどもの定めは、このとおりである。

 熟した果実は落ちる。それと同じく、生まれた人々は、死なねばならぬ。かれらにはつねに死の怖れがある。

 例えば、陶工のつくった土の器が終わりにはすべては破壊されてしまうように、人々の命もまたそのとおりである。

 若い人も壮年の人も、愚者も賢者も、すべてしに屈服してしまう。すべての者は必ず死に至る。

 かれらは死に捉えられてあの世に去っていくが、父もその子を救わず、親族もその親族を救わない。

 見よ。見まもっている親族がとめどなく悲嘆に暮れているのに、人は屠所(としょ)に引かれる牛のように、一人ずつ、連れ去られる。

 このように世間に人々は死と老いとによって害われる。それ故に賢者は、世のなりゆきを知って悲しまない。」

 汝は、来た人の道を知らず、また去った人の道を知らない。汝は(生と死の)両極を見きわめないで、いたずらに泣き悲しむ。

 迷妄にとらわれた自己を害っている人が、もしも泣き悲しんでなんらかの利を得ることがあるならば、賢者もそうするがよかろう。

 泣き悲しんでは、心の安らぎは得られない。ただかれらにはますます苦しみが生じ、身体がやつれるだけである。

 みずから自己を害いながら、身は瘠(や)せて醜くなる。そうしたからとて、死んだ人々はどうにもならない。嘆き悲しむのは無益である。

 人が悲しむのをやめないならば、ますます苦悩を受けることになる。亡くなった人のことを嘆くならば、悲しみに捕われてしまったのだ。

 みよ、他の[生きている]人々は、また自分のつくった業にしたがって死んで行く。かれら生あるものどもは死に捕えられて、この世で慄(ふる)えおののいている。

 ひとびとがいろいろと考えてみても、結局は意図とは異なったものとなる。壊(やぶ)れて消え去るのは、このとおりである。世の成りゆくさまを見よ。

 たとい人が百年生きようとも、あるいはそれ以上生きようとも、終には親族の人々から離れて、この世の生命を捨てるに至る。

 だから<尊敬されるべき人>の教えを聞いて、人が死んで亡くなったのを見ては、「かれらはもうわたしの力に及ばぬものだ」とさとって、嘆き悲しむのを去れ。

 たとえば家に火がついているのを水で消し止めるように、そのように智慧ある聡明な賢者、立派な人は、悲しみが怒ったのを速やかに滅ぼしてしまいなさい。―譬えば風が綿を吹き払うように。

 己が悲嘆と愛執と憂いとを除け。己(おの)が楽しみを求める人は、己が(煩悩の)矢を抜くべし。

 (煩悩の)矢を抜き去って、こだわることなく、心の安らぎを得たならば、あらゆる悲しみを超越して、悲しみなき者となり、安らぎに帰する。』

        『スッタ・ニパータ』第3章・574~593


要約するならば、

死はどのような生き物にも避けることは出来ない。
だから、それを嘆き苦しむことには意味がない。
嘆き苦しむのは執着があるからで、それを捨てれば
苦しみは起きない。
その煩悩の理を知るべきである。

というようなことになろうと思います。

>お釈迦様は死についてどう説いてますか?



 『スッタ・ニパータ』の中で、釈尊は、次のように述べられています。


 
 『この世における人々の命は、定まった相(すがた)なく、どれだけ生きられるか解らない。惨ましく、短くて、苦悩をともなっている。

 生まれたものどもは、死を遁(のが)れる道はない。老いに達しては、死ぬ。実に生あるものどもの定めは、このとおりである。

 熟した果実は落ちる。それと同じく、生まれた人々は、死なねばならぬ。かれらにはつねに死の怖れがある。

 例えば、...続きを読む

Q日本人は コギトではなく コギターレを思っているのではありませんか

1. 日本人は コギト( Cogito = Je pense. = I think. =我れが考える。)ではなく 
コギターレ( cogitare = penser = to think = 考える)を思っている。のではないか?
それは なせか?

2. 考える行為そのものをあたまの中で思いつづけている。のではないか?  何をど
う考えるのか これをおろそかにしてはいないか?

3. もちろん われが考える。すなわち自分が自分で考える。のである。ところが 誰
かが考えたものを あたまの中に入れ込む このことが《われが考える》だと思っていな
いか?

4. まさか!? であろうか?


5. まさかでなければ このようにうたがわれる心的現象について なぜそうなるのか? 
この問いについてくわしい方におしえを乞います。どうぞよろしく。




6. 考え得る原因は 《自分の意見を主張するのは はしたない・見っともない》と思
うところのつつしみ深さでしょうか?

7. いわゆるホンネで自分の考えを言っても 相手にされない。あるいは 出る杭を打
たれるだけだ。というような事情があるのでしょうか。

8. でも何故 そうなのか? つまり一般の人びとについてならまだ分かりますが 哲
学カテにおいて何故そうなのか? 解せません。

9. 誰もがおよそ決まった神経回路をすでに形成していて いくつかのお上のお墨付き
の思考パターンが用意されていて それらにもとづく表現なら 互いに何となく分かり合
えて 安心していられる。何を考えたかよりも その寄り合いに常識に沿った参加をして
自分の所在を互いにみとめてもらう。天下泰平なるかな! でしょうか?

1. 日本人は コギト( Cogito = Je pense. = I think. =我れが考える。)ではなく 
コギターレ( cogitare = penser = to think = 考える)を思っている。のではないか?
それは なせか?

2. 考える行為そのものをあたまの中で思いつづけている。のではないか?  何をど
う考えるのか これをおろそかにしてはいないか?

3. もちろん われが考える。すなわち自分が自分で考える。のである。ところが 誰
かが考えたものを あたまの中に入れ込む このことが《われが考える》だと思ってい...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。

勿論、普通の日本人がここに投稿しているのですから、それを=日本人と敷衍することは別に不自然ではありません。
逆に言えば、哲学のカテゴリーであろうと、やはり普通の日本人なのだから、そこを特別な場とみることには無理があるのではないかと思います。

『日本人に《考える》を望むのは無理か?』は、問いかけ自体としては興味深いのですが、だれも真面目に考えて答えていないように見えます。
いや、真面目がいいというのではありません。

なんというのか、日本人て面白みに欠けるというのか、例えばこういう議論にもあまり「飛躍」「跳躍」がみられない。
「例証」のようなことには長けているかもしれないけれど、自分の意見をストレートにかつ鮮やかに打ち込むことが出来ない。

独断的な「わたしのかんがえ」は正確さには欠けるかもしれないけど、おもしろい。

ウィットとか、エスプリとか、そういうものを日本人に求めるのは無いものねだりだとしても、もうすこしなんとかならないものか?

あまりにも地味過ぎる。と、感じています。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報