震源地が海の場合、地震発生の瞬間、震源海面はどんな様子になりますか?
奇跡の動画若しくは、シミュレーション画像などをご存知の方がいらっしゃいましたら是非教えて頂きたく思います。
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

津波は、海底の形が変わることで起きます。

海底の地面が数メートルから数十メートル、瞬時に隆起したり、陥没したりが原因です。けっして、地震の揺れが主因ではないです。

先に例で書いたように、お風呂の水中で、風船を破裂させると、その分の水がなくなって、海面が凹みますよね。この凹みが「表面波」と呼ばれる波になって、進みます。この波は、モノが動いていくわけではないので、時速800キロを超える速度になることもあるそうです。
また、入り江や、海深が浅くなるとこでは、急激に大きくなります。三陸リアス式海岸は、その典型的な地形です。

津波は、多くの場合、大きな海面低下から始まることもあります。津波は海外でも津波といいますよね。帰化外国人の小泉八雲が、日本の災害を調べ、世界に発信したことで、知られた災害です。
このときも、海面の低下、単なるビッグウェーブでないことが、特徴として記されています。また、一度きりでもないし、最初の津波が最大の津波でないことも多いことも書かれています。

ナショナルジオグラフィック のサイトに、今回の日本の津波についての写真が載っているので、見られても良いかもしれません。
    • good
    • 0

追加のご質問に回答し忘れました。



できます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自然界に生きるリスク。
人間は他の生物と比較し、進化しすぎ、又、慢心してしまった感じもあります。

ありがとうございました。

お礼日時:2011/03/28 19:54

これ、試せますよ。



風船を膨らませて、ある程度の大きさおプールや水槽に沈めてから、割ればいいんです。

シミュレーションは、下記かな。
http://outreach.eri.u-tokyo.ac.jp/2010/02/201002 …

http://outreach.eri.u-tokyo.ac.jp/eqvolc/201103_ …

この回答への補足

下のURLでのシミュレーションですと、地震発生直後に海岸付近の海面がマイナスとなっています。
ということは、震源地が海岸より100キロ以上も離れているにもかかわらず、ものすごい運動量で水が引いた=震源地は信じられないくらい波が高くなる=海底から海面へのエネルギーがものすごい
ということになるのでしょうか?

ちなみに水柱なんてできませんよね?

補足日時:2011/03/27 08:48
    • good
    • 0

大地震の後、震源地が 海底の場合は、津波が襲来しますが、震源の深さが、60km以内だと、津波が 発生します。

浅い程 津波は、大きくなります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

地震のエネルギーというものは想像を絶します。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/03/27 08:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q写真集『メッセの町は海だった(写真・幕張の60年)』

写真集『メッセの町は海だった(写真・幕張の60年)』
上記を捜してるんですがどなたかご存じありませんか?
1989年出版
安藤操編著
株式会社千秋社
っていうんですけど

Aベストアンサー

#1です。
Amazonの在庫表示が信頼性のないものだとは知りませんでした。紀伊国屋他で調べると確かに取り扱い不可、危うく誤った回答をしてしまうところでした。申し訳ありません。(#2さんに感謝します)
出てきたついでに、#2さんの回答に少し補足をさせていただきます。
もし地元の図書館で本を探されるのであれば、下記のページからリンクをたどられると便利です。(ちなみに千葉県内の図書館では8館で9冊ありました)
うまく見つかるといいですね。
http://www.jla.or.jp/link/public.html

参考URL:http://www.jla.or.jp/link/public.html

Q地震が発生したときの飛行機

以前どこかで、大きな地震が発生したとき空中の飛行機も影響を受けて揺れた、と書いてありびっくりした記憶がありますが本当でしょうか?知識は理系大学卒業程度です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

物理学的なご質問ですよね?

そして、私は、物理の専門家ではありません。

よって、答えるべきかどうか迷ったのですが、ある意味 答えてもいいかな?と思ったので、参考になるかどうかは分かりませんが、物理の専門家ではない者の、想像をまじえた回答ということでお聞き下さい。

当方、パイロットです。といっても、定期便のパイロットではありません。しかし、ジェット機の資格まで持っています(海外のですが。)。今はパイロットを職業にはしていません。

地震で上空の航空機が影響を受けるとは、大変興味深いお話ですね。

地震で何の影響を受けるのでしょうか?当方、否定はしませんが、 私自身のキャリアの中では、残念ながら、上空の航空機が地震で何らかの影響を受けるというお話は聞いたことがありません。パイロットとは、車の免許などとは大きく違い、特に事業用やジェットにもなりますと相当な物理的なことも含めいろいろと学ぶのですが、その中でも、上空の航空機と地震のお話はありませんでした。

パイロットとは関係ないところで。日本でテレビを見てた時に地震のことをやっていた時に見たのですが、大地震の前などに、相当強い電磁波が上空に向かって出続ける様ですね。原理は、地面の中に特殊な地層、石が埋まっており、その石は衝撃や圧力(負荷)を与えると電磁波を発する特殊な石だそうです。地震の前などに地面が大きく歪み始めると、かなりの電磁波が発生するようで、その電磁波の影響で上空が冷やされてくっきりと地震雲が出たり、絶対聞こえるはずのない遠くのラジオが聞こえたり、動物がおかしくなったりするとのことでした。
もし本当に、ラジオに影響が出るような種類の電磁波が地震の影響で出るとしますと、それは航空機にかなりの影響を与えると考えられます。
航空機は、IFR(計器飛行)といって、特殊なメーターや電子機器と、アエリオ(アンテナ)で飛ぶのですが、これらIFR用機器は、電磁波の影響を強く受けます。例えば、pax(乗客)の一人が計算機にプラスアルファ程度の簡単な電子辞書を使っただけで影響を受けますので、地震で同程度以上の電磁波が航空機に届けば影響は受けます。
IFRで飛んでいても、外が見えていれば計器が狂ってもさほど問題ではありません。雲の中でも、AH(人工水平器)がありますので、ジャイロ、高度計、と、コンパスターンの飛行技術で、最悪 全ての電子機器がダウンしても飛行は続けられます。(電車と比べ、航空機は地震でも安全ですので、宜しくお願い致します。)

次に、地震の揺れと上空の航空機の影響ですが、地震が横揺れでしたら、上空の航空機は何の影響も受けないのではないでしょうか。また、縦揺れであっても、波打つような(水面の波状)のものでしたら影響は受けないのではと予想します。沖の海の波ですが、海上の船は縦揺れを受けますが、その影響は上空数メートルまでしか影響は無いのではないでしょうか。海上60メートル上空を長い時間飛んだことも何回もありますが、海が波立っていても上空は極めてスムースです。地震の縦揺れ時の波の周期(長さ)がどれ位かは知りませんが、そんなに長くないのであれば上空への影響は無いような気がします。あるとしますと、直下型で、あたり一面が一斉に縦揺れする場合ではないかと思います。地域全体が一斉に縦揺れすれば、上空の空気は気体ですのでコンプレッション分を差し引いても、ある程度の衝撃波は上空高くまで伝わるのでしょうか? 当方この経験はありませんし聞いたこともありませんため、想像です。

そもそも航空機は、揺れるときは揺れるのです。例えば、離着陸時は風があれば(そして地上に建物や起伏があれば)揺れます。しかし、上空では、風がある日のほうがぜんぜん穏やかです。
逆に、例えば、風がほとんど無い日、快晴で強い日光が出ているような日に上空300メートルをまっすぐ飛びますと、航空機は非常にガタガタし続けます。これは、地上に、畑、川、広い駐車場、住宅街、などがあり、強い日光で駐車場などはどんどん暖まり強い上昇気流を造り、川や緑の多い場所は強い下降気流の場所になるのです。そのような空間を割って飛ぶのですから、かなり強いガタガタガタ…となります。このような場所ですと、風が出てくれれば揺れはピタッとやみます。
山がありますと逆に、山の風下側上空は、非常に揺れます。
他の航空機の飛行後の空間も揺れます。(ボルテックス)
60゜ターン(60゜のバンクをつけて飛ぶ急ターン)をし続けて一回転360゜しますと、自分の機体が作ったボルテックスの中に入り、ブルブルっと揺れます。
その他、気象条件で気流の状態が悪いところではしょっちゅう揺れます。
パイロットは、気象条件的に揺れないところを選んで飛んでいますので 揺れませんが、あたり一面の気流の状態が悪い場合にはどうしても揺れ続けてしまいます。

直下で大地震があったときに、上空の航空機が揺れを感じたとしましても、それが気象的な影響なのか、地震によるものかは、人間には分からないのではないでしょうか。しかし、特殊な測定装置と分析装置を研究目的で積み込んだ機体で飛行中に直下で直下型大地震があったなら、地震の影響があったという分析結果がでても不思議ではないと思います。



飛行機って、教えられたこととは違うことも起きるのですよね。例えば、「飛行中に雷が機体に直撃しても大丈夫。電子機器にさえ何の問題も起きない。」というのがセオリーなのですが、実際には、「コックピットの窓ガラスが割れたり、IFRの機器が壊れたり。」というのがありますよね。

B747-400なんて、雲と間違えて火山灰に入った時に4つのエンジンが止まったのですが、4つのエンジンが止まったらコックピットのマルチディスプレイ全てが消えたそうです。当時の取扱説明書には そんなこと どこにも書かれていなかったそうです。その時のB744は問題なく無事に帰ってきました。

パイロットは、常に、「予想すらできないことを予測して、それに対する対処のしかたを常に考えながら飛んでおります。」ので、地震で航空機に何が起ころうと、冷静に飛び続けます。どうかご安心下さいませ。

物理学的なご質問ですよね?

そして、私は、物理の専門家ではありません。

よって、答えるべきかどうか迷ったのですが、ある意味 答えてもいいかな?と思ったので、参考になるかどうかは分かりませんが、物理の専門家ではない者の、想像をまじえた回答ということでお聞き下さい。

当方、パイロットです。といっても、定期便のパイロットではありません。しかし、ジェット機の資格まで持っています(海外のですが。)。今はパイロットを職業にはしていません。

地震で上空の航空機が影響を受けるとは、...続きを読む

Q海や空など青い写真集

海や空など青をテーマ(?)にした、
オススメの写真集を教えてください。

*画集でもOKです。

Aベストアンサー

書名:地球月光浴
著者:石川 賢治
出版:新潮社
価格:\3,800
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4104358029


「月光」だけで撮っていますので、全体的に、宿命的に、
全て「青」っぽくなっています。海中写真、風景や花な
ども。幻想的。



(青がテーマでは無さそうですが...)
空の名前
高橋 健司
角川書店
\2,500
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4048836005
光と水の饗宴空色図鑑。鱗雲、朧雲、鯖雲、雲の澪...

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4104358029

Q地震時にある点に瞬間にかかる力は

縦2M横1M幅1Mの箱型で重量が100kgあるものが、地震時に1点(四隅の角)に瞬間的にかかる力の計算方法を教授下さい。地震の加速度を1000ガルと仮定します。

Aベストアンサー

基本的な部分であれば、まずは高校物理を学ぶところから始めてはいかがでしょうか。
色んな参考書が出ていますし、難解な入試問題ではかなり複雑な系についても扱っています。

もう一段進んだ計算になると、解析力学も役に立ちます。本は「解析力学」で検索すれば複数見つかるでしょう。

ご質問にあるようなモデルで各部分にかかる力を計算するのであれば、複雑なものであれば高校物理ではちょっと苦しいですが、基本的な力の関係は計算できます。
更に複雑なモデルを考える場合は、用途によりさまざまで、具体的な話がわからないとなんともいえません。
基本的には構造計算になりますが、分野により算出方法も違うし、モデルも異なったものを使います。
これは簡単には解けないからであり、非常に複雑になると数値計算(コンピュータ)が必要になります。

Q自然の風景(海、空)、動物、子どもの写真集でお薦めってありますか?

写真集を探しています。海や空の写真集とか動物や子ども
その他、きれいな写真がいっぱい載っているお薦めの写真集があったら
ぜひ教えてください。実は、将来、写真家を目指しているお友達に
プレゼントしたいと思っています。
その、友達はよく、街の風景なんかを撮っているのですが・・・・。
特にジャンルは問いません。
見ていると心が和むような、「わぁーきれいだなー」って思えるような
そんな写真集を探しています。
「これはいいよ!」ってゆうのがあれば教えて下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 自分で買おうと思って、そのままになっているのですが。
 友人が持っていた「空の名前」(漢字だったかどうか自信無し)という雲の写真集がとてもすてきでした。
 いろいろな雲の形と、その名前が載っているものでした。

Q地震による津波の発生のための地盤鉛直変位について

地震が発生して海底が鉛直方向に変位すると、それに応じて津波が発生しますが、その変位を計算する方法が文献を調べてもわかりません。断層パラメータというらしいですが、6つぐらいのパラメータを入力すると、海底面の鉛直変位が出てくるそうです。6つの値を入力して鉛直変位を出力とする関数と考えることができると思います。その式がわからないのです。〇人名〇の方法に従って決定した、という研究がありますが具体的な方法が示されていません。どのように考えるのでしょうか。地震津波についてはそこがキモの1つとなります。とにかく式がほしいのですが。あるいはプログラムとして整備されているものとか。計算式が分かっても入力パラメータが6つあるとそれを決定するのが難しいかも知れませんが。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 お求めのものではないかも知れませんが、関連しそうな事を一つ(実際に計算した事はありません)。

 モーメントテンソル法ってのがあります。テンソルといっても3×3の行列ですが。モーメントテンソルは、対象物の各点の線形破壊の状況を表す行列で、対象物の剛性なんかも、もちろん関係します。

 剛性マトリックスを考えればわかりますように、この手の物性に関係する行列は、ほぼ確実に実対称行列です。3×3なので、独立成分は6つです。モーメントテンソルは、AE計測含みの非破壊検査学会で知ったのですが、聞いた話は、2次AEの測定からモーメントテンソルの6成分を推定し、構造物のクラック分布を3次元的に可視化する試みでした。

 この方法はもともと、地震学の分野が出自であり、現在では全国に配備された地震計ネットワークのデータから6成分を推定し、モーメントテンソル法で震源域と開放応力を逆算しているとの事でした。震源域と開放応力を逆算できるなら、断層変位も計算できそうですよね?。たぶん断層パラメータ関連は、モーメントテンソルに関係する話でないでしょうか?。

Q海で撮った写真にうつるもの

先日海で写真を撮ったのですが、太陽と海の間に小さな光がうつっていました。
数枚撮って、うつっているものとないものがありましたが、これは何でしょうか?

光の具合でカメラに写り込んでしまうものなのでしょか?
ご回答宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

カメラのレンズに限らず、ガラスは光を反射します。カメラのレンズは、複数のレンズでできているため、太陽のように強い光源があるとその光がレンズの表面で反射し、何もない場所に光があるように写ってしまうことがあります。
これは仕方ないものですね。太陽のように強い光源では避けられないです。

Q気圧の海面更正

気圧って更正が必要なのですか?さるでもわかる様な回答をしていただけませんか?

Aベストアンサー

神経痛のサルであれば気圧が下がると痛みが増えるので気圧の変化が分かるかも知れません(笑)。

天気図は#1の回答通りで、実測値から測定地点の高度補正を行わないと等圧線がうまく引けません。

飛行機であれば、高度測定には同じくその飛行機で測定した気圧に飛行場等の地上の気圧と外気温の補正を行わないと高度に誤差が出てしまい、低気圧の中を飛んでいると高度が高く出ますから高い山に衝突したり滑走路からの高度を誤ったりします。

一般に、北極と南極は気温が低く大気圧密度が高いので地上気圧が高く、赤道に近づくにつれ気温の上昇と共に大気密度が下がり地上気圧が低くなる傾向にあります。
しかし、それよりも高気圧・低気圧の影響の方が大です。

Q美しい海(ビーチ)の写真が見れるサイトを教えて下さい

透明度の高い美しい海が大好きで、どこか南の島にでも行きたいのですが、
ビンボーなのでなかなか旅行に行けません(泣)
せめて写真だけでも眺めていたいので、そういうサイトがあれば教えて下さい。

条件は、

●水中写真ではなく、ビーチ付近の写真。
●小さい写真ではなく、画面いっぱいの大きい写真。
●場所はどこでもいいです。(日本でも外国でも)
 水上コテージがあるようなリゾート地でもいいし、
 人のいない穴場でもOKです。

サイトの紹介じゃなくても、
1枚だけでもいいので素敵な写真があればお願いします。

Aベストアンサー

クラブメッドのHPは如何でしょう?
バカンス村→地図から探す→適当な村をクリック!
フォトギャラリーが有りますので、本当に旅行気分が味わえます。
ただ、画面は大きくありません。
でも、ビデオギャラリーのある村もありますので、
より旅行気分が味わえると思います。

私もこれで、行った気分になってます(笑)。

参考URL:http://www.clubmed.co.jp/index.php

Q海面の波は横波なんですか?

先日、地震について地学のテキストを見ていたところ、S波は横波で固体のみにしか伝播しないと書いてありました。海面の波は横波だと思いますが、海面は液体だと思います。どうして伝播するのですか?もしかしたらかなり初歩的な質問かもしれませんが誰か教えてください。

Aベストアンサー

縦波とは疎密波のことです.つまり密度の疎と密が伝わります.
横波とは波の進行方向に垂直な方向への媒質の振幅が伝わるものです.
簡単な実験を台所ですることが出来ます.
小麦粉を水で溶いてどろっとしたところに箸を突っ込んで上下させてみると,
殆ど横波は伝わりませんが,容器の縁を手で叩いてみると一瞬波紋が伝わり,
表面が何だかでこぼこします.(これは疎密波によって圧縮を受けた小麦粉が
行き場を失って上に向かって盛り上がるためで,横波が原因ではありません.)
液体は粘性がありますから,固体に比べるとどろっとしたものです.


人気Q&Aランキング

おすすめ情報