ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

韓国人が書いた本で、韓国が発展したのは日本が占領したからであるという内容の本を探しています。
著者は欧米の大学で女性の研究者です。上司の教授から聞いた「韓国と台湾が発展したのは日本が占領した結果なのは欧米では常識」という話に納得がいかず、自分で調べたということです。その結果、日本が占領したおかげ(?)で韓国が現在の発展をしたことが分かり、その研究結果を出版したということです。なお、彼女は韓国での反発をおそれ韓国では出版しなかったということです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

これのことでしょうか?



【The doomed empire : Japan in colonial Korea / M.J. Rhee著】
出版者 Aldershot : Ashgate 1997年刊(翻訳/重村智計・拓殖大学国際開発学部教授)

178頁より

「搾取と抑圧の下、ひたすら犠牲を強いられた暗黒の36年」という植民地史観が今なお日本や韓国では根強い。それどころか、決して疑義を差し挟んではならない絶対の真実にすらなっている。
だが、日本の植民地経営は世界史的にみてどうだったのか。
コロニアリズムというキーワードをもとに理論的、実践的にこの問題に取り組んだのが、在米の韓国人女性研究者、クリスティン・リー氏である。
リー氏はイデオロギーに振り回され学問的方法論に依らないこれまでの研究を厳しく批判する。

私はアメリカの大学院で指導教授たちに言われた次の言葉を、今なお忘れることができません。
「日本の植民地は、その後いずれも経済発展したではないか。そんな結論の出ている問題をいまさらどうして研究するのか」
米国の名門ラトガース大学のダン・ローデン教授は、私が博士論文の主題について日本が朝鮮半島を植民地支配した時代の教育と女性問題について研究したいとの計画を説明すると、このように反問しました。
「文明のシステムを、日本の植民地主義は朝鮮半島に導入したのではないか。スペインやアメリカ、イギリスは日本のように本国と同じような教育システムを植民地に導入しようとはしなかった。当時の朝鮮半島の人々は、文明のシステムを独自の力で導入するのに失敗した。日本の植民地主義を経ずに、あれほど早く文明の世界システムに入れただろうか」
私は、この発言に怒りが込み上げ懸命に反論しようとしたが、頭の中が真っ白になり感情だけが高ぶったのを覚えています。
そんな論文を書いたら、韓国に戻れなくなるとの不安が一瞬心をよぎりました。
論文の相談をした別の経済学専攻の教授は、「植民地化された国家の中で韓国と台湾ほどに発展した国家はない。
アメリカやイギリスの植民地で、台湾や韓国ほど発展した国があるか」とまで言うのでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました

お礼日時:2011/03/28 01:50

これのことかな?






衝撃の告白!韓国エリート女性研究員!歴史の真実を話せば、韓国に帰れない




「日韓の植民政策研究は政治やイデオロギーに振り回されてきた」
クリスティン・リー女史

アメリカ・ポートランド州立大学教授。
1960年生まれ。梨花女子大卒業。
米国に留学、ラトガ-ス大学で博士号取得。
教育学を専攻後、教育哲学に転向した。

現代思想が専門。ポストモダ二ズムや日韓の女性法などについて、多数の論文を書いている。
『滅亡の帝国-日本の朝鮮半島支配』は、欧米の研究書の間で話題を呼んだ。
『搾取と抑圧の下、ひたすら犠牲を強いられた暗黒の36年』という植民地史観が今なお韓国では根強い。


それどころか、決して疑ってはならない、絶対の真実になっている。
しかし日本の植民地経営は、世界史的にみてどうだったのか?

植民地主義というキーワードをもとに、理論的、実践的にこの問題に取り組んだのが、在米の韓国人女性研究者クリスティン・リー氏である。

リー氏はイデオロギーに振り回され、学問的方法論に依らないこれまでの研究を厳しく批判する。

(翻訳/重村智計・拓殖大学教授)

私は、アメリカの大学院で指導教授たちに言われた次の言葉を、今なお忘れる事が出来ません。
『日本の植民地は、その後いずれも経済発展したではないか。そんな結論の出ている問題を今更どうして研究するのか?』
米国の名門ラトガース大学のローデン教授は、私が博士論文の主題に『日本が朝鮮半島を植民地支配した時代の教育と女性問題』について研究したいとの計画を説明すると、このように反問しました。
『文明のシステムを、日本の植民地主義は朝鮮半島に導入したのではないか?
スペインやアメリカやイギリスは、日本のように本国と同じような教育システムを植民地に導入しなかった。
当時の朝鮮半島の人々は文明のシステムを独自の力で導入するのに失敗した。
日本の植民地主義なしで、あれほど早く文明の世界システムに入れただろうか?』
私は、この発言に怒りが込み上げ懸命に反論しようとしたが、頭の中が真っ白になり感情だけが高ぶったのを覚えています。
「そんな論文を書いたら、韓国に戻れなくなる!」との不安が一瞬心をよぎりました。
論文の相談をした別の経済学専攻の教授は、『植民地化された国家の中で韓国と台湾ほどに発展した国家はない。アメリカやイキリスの植民地で、台湾や韓国ほど発展した国があるか?』とまで言うのでした。
私の不満そうな表情を見たローデン教授は、次のようにも問いかけました。
『日本の植民地支配を非難する韓国人の留学生の一人が、自分の父親が東京帝国大学出身であると自慢げに話した。これは、暗黙のうちに日本が導入した文明のシステムを評価していることになる。本来なら、東京帝国大学を卒業した父親を非難すべきではないか?』
こう言われてみると、確かに東京大学はもとより、京都大学、早稲田大学、慶応大学を卒業した事を誇りにする韓国人は少なくないのです。
当然韓国の側に立ってくれると思った第三者のアメリカ人学者の発言は、ショックでした。
こうして私は1997年に『The Doomed Empire : Japan in Colonial Korea 』
(滅亡の帝国:日本の朝鮮半島支配)を、英国で出版しました。
http://www.bookfinder.com/dir/i/The_Doomed_Empir …日本の植民地支配下での女性と教育問題を学問的に整理し、感情論でなく客観的に理解する素材を提供したいと考えたからです。
当初の意図とは異なり、指導教授の理諭と主張が盛り込まれました。
この本は、韓国で出版するのは、まず不可能でしょう。
韓国では『親日派』と非難されるでしょう。韓国で生活出来なくなるかもしれません。
それをあえて覚悟したのは、近代史をめぐる日韓の対立を解消し、友好な関係を築くのに微力ながら貢献したいと考えたからです。
女性解放と女性教育の面では、日本の植民地主義は、朝鮮半島への近代化の導入に決定的な役割を果たしました。
その一方で、韓国の教育が日本の戦前型の教育から、今も抜け出せないでいるのも否定できない現実です。






参考URL
http://bbs.enjoykorea.jp/tbbs/read.php?board_id= …

参考URL:http://blog.livedoor.jp/enkori/archives/50207720 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/03/26 03:08

日韓併合を肯定的にとらえた韓国人というと、真っ先に浮かぶのは崔基鎬(チェ・ケイホ)ですかね。


でも、彼は男性なので、お探しの物とは違うかも知れませんが、一応参考までに紹介しておきます。

崔 基鎬 (著, 原著) 『日韓併合の真実―韓国史家の証言』 ビジネス社 (2003/08)

同 『歴史再検証 日韓併合―韓民族を救った「日帝36年」の真実』祥伝社 (2007/07)

他にも何冊か出されています。
ただ、日本国内でも歴史学界では評価は高くないようです。
所謂、修正主義かぶれのインテリ(某大学教授談・笑)って評価らしいです。
また、現在は韓国の加耶大学校客員教授をやっておられるので、お探しの本ではなさそうですね(^^;)

>欧米の大学で女性の研究者です

ということであれば、


ヘレン ミアーズ (著), Helen Mears (原著), 伊藤 延司 (翻訳) 『アメリカの鏡・日本(原題・Mirror for Americans:JAPAN)』 アイネックス社(1995/06)

でしょうかね。
こちらは、日本の近現代史・外交史の研究者でアメリカ人です。
戦後、西洋で「戦前の日本は野蛮だった」といった教育や東京裁判が所謂「法の不遡及」に反した不公平な物であると批判した本ですね。
その中で、「韓国併合や満州事変」を戦後に野蛮だといって非難するのは間違っていると主張されています。
この本が書かれたのは1948年で米国で出版されました。
日本でも何度か翻訳本を出そうという試みがあったらしいのですが、GHQの逆鱗に触れたのか長らく出版されませんでした。
それが、1995年に翻訳出版され反響を呼びました。
ただ、この本では「韓国と台湾が発展したのは日本が占領した結果なのは欧米では常識」などとは書かれていません。
むしろ逆で、「日本人の野蛮性」が欧米で流布されていることに異を唱えています。
なので、こちらもお探しの本では無いかも知れませんね(^^;)

以上、参考程度に紹介しておきます。
手がかりとなれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

探していた本ではありませんでしたが、参考にさせていただきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/03/26 03:09

 自信が無いのですがこれでしょうか?


 Lee, Yong Hoon. "ソウル大教授「日本による収奪論は作られた神話」["It is a Myth Made up afterward that Japan Deprived Korea of Land and Food" Professor at Seoul University"]. http://www.chosunonline.com/article/200411200000 … Retrieved 2008-10-23.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました

お礼日時:2011/03/28 01:51

呉善花


「母はまた、日本人はみんな親切で、道に迷って『駅はどこですか』と尋ねたりすれば、老若男女だれもがとても丁寧に教えてくれると言っていた。親以外のまわりの大人たちから聞かされた話もまた、日本に対して悪い印象を語ったものはほとんどなかった。従兄弟の一人は、当時のことを鮮明に覚えていて、私に次のように語ってくれた。『日本人の同級生とはとても仲良くしていたし、差別ということはまったくなかった。学校以外でも日本人はみんなやさしくしてくれた。死ぬまでになんとかもう一度日本に行って、あの頃の日本人の友人たちに会いたい』」
「日本統治時代に生活していた韓国のお年寄りには、日本人に悪感情を抱いている人は圧倒的に少ないと言えます。例えば『学校での生活はどうでしたか?』と聞いて大部分の人が『日本人の先生にいい先生が多かった』といいます。それに敗戦後、日本人が日本に帰る時に、日本人に対する暴動も起きなければ略奪行為もほとんど起こっていないのです。私が韓国にいた間、昨今言われるような『従軍慰安婦』の話をいっさい耳にしたことがなかった意味がようやくわかったと思いました」


金完燮
「日本の統治により朝鮮は多大な発展を遂げた。30年余りの間に1000万足らずだった人口が2500万に増え、平均寿命は24才から45才に伸び、未開の農業社会だった朝鮮は短期間のうちに近代的な資本主義社会へと変貌した。日本人は朝鮮と台湾を統治するにあたっておおむね本土の人間と同じ境遇を与えた。特に朝鮮に対しては大陸の入り口という地政学上の重要性の為にむしろ本土以上の投資を行い、産業施設を誘致するなど破格の扱いを与えたのである」

この回答への補足

慰安婦とか日本人はやさしいとか、そういうのはどうでもいいので、著者とタイトルを教えていただけますか?

補足日時:2011/03/26 00:52
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング