書道で「二度書き」は悪いことのように言われますが、なぜなのでしょうか?
1度でうまく書けるに越したことはありませんが、気に入らない所を修正しても悪くないような気もします…。
1回きりの偶然性を楽しめということなんでしょうか?

まあ、別に深刻な質問でもないので、みなさんのご意見をお願いします。
「二度書きテクニック」などありましたら、それも教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

それは「書道」だからです。

中国では「書法」です。言うならばレタリングやカリグラフィーと同じです。

向うの有名な書家とやらが書いているところを向うでも日本の百貨店でも見たことがありますが、「チョウチン」(=二度書きのことを子供の頃そう言っていた)を平気でしていました。かすれても一度で書き切らないとダメダ~メなんて言っているのは日本人だけだと思います。

しかも、中国人の書家は中国画の絵師を兼ねている場合が多く、尚更「チョウチン」を恥としないようになっているのではないでしょうか?

私個人としては、カリグラフィーではなく、「道」であった方がいいと思います。しかし、その最近の「書道」とやらも、漢学の素養のない連中が書いているので、何ともおかしい、「絵画」になりつつあると私は感じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

中国のことを教えていただきありがとうございます。中国と日本で、二度書きの捉え方が違うんですね。

最近の「書道」が「絵画」になりつつあるというのは、分かるような気がします。
青山杉雨さんの作品には、絵画に近い作品があったと記憶しています(私は、そういう作品も好きです)。書道でも、絵画的な作品を書くという方向性では、二度書きをうまく使っていく手もあるのではないかと、私は思います。

お礼日時:2001/04/21 15:07

書作品は筆を持って舞った軌跡です。

練習の時は部分練習したり、先生が朱筆を入れてくれるみたいに形の工夫をしたりします。
清書の時にはちょうどステージにあがった歌手や舞踊家のように訂正ができません。出来上がった作品を見比べると一気書きのものが、それも無心に書けたものがよいということが分ります。二度書きは恥の上塗りになってしまいます。気に入らない所を修正したいときには新たに書いたほうが良いようです。気に入らない所があるということはそれだけ自分の目が育ったということですので書きなおせば良くなることが多いです。
刻字や印刷の版下などでは補筆は必要に応じて行われます。技術は目的により人により色々あろうかと思います。
肉筆ではその部分に直接筆を持っていくのではなく少し前から空振りすると自然に見えます。少し墨色を薄めにするという人もあります。どの部分なら触ってもばれにくいというようなことは経験で覚えますが、作品としては後ろめたさもあって発表できません(苦笑)。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大抵の場合は、何も考えずに無心で書いた作品が一番良い作品になりますよね。
構図がしっかり頭の中で描けていて、その通りに書ける技術があれば、二度書きなんかいりませんね。 練習します!

cotikuさんのおっしゃる通り、二度書き作品には「後ろめたさ」があるんです。うまくいった二度書き作品にも「後ろめたさ」があるのは何故なんだろう?

回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/21 14:49

二度書きは作品として認められていないだけで、練習の時は誰でもしています。



しかし、もし二度書きの効果が芸術的感動を呼ぶところまで高められるなら、挑戦する価値はあります。

誰の作品か忘れましたが、薄墨で柳のような葉を交差させて、その部分を濃く表現して・・・重ね書きとは違いますが

素晴らしい作品を見たことがあります・・・書道という枠を外せば自由な発想が出るのではないでしょうか。

OOsevenさんの二度書きとは違うかもしれませんが、一回限りの偶然性に加えて、影絵のような技法の可能性もあると思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

Eivisさんのおっしゃるように、墨絵の世界などでは二度書きを表現効果として使ってますよね。

それとは別に、失敗を隠す目的でやった二度書きは、やっぱりダメなんでしょうか?
少しでも良い作品にしようと思って二度書きをやるわけで、(成功/失敗は別にして)それほど否定されるものでもないような気がするのです。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/21 14:31

 俺は「ド偉い先生方がそれを嫌っているから」という見解を確信しています(笑) 写真では、「真ん中に1つだけポツンと被写体がある」いわゆる日の丸構図を専門家は嫌いますが、これと同じですよね。

何が悪いのか具体的に分かってる人はいないってわけです。
 「見苦しいから」はあくまで見た人の主観であり、これは本人の意見にすぎず、「これこそ真理なり」といった顔で語るようなモンじゃあないと思いますね。

 というより、てめーの字の上手下手を他人に判定してもらう、という行為自体が嫌いなんです(^_^;
 下手でけっこう。余計なお世話(笑)(←他人から字が上手と言われたことがない。よって、字を見てその人の性格を見る占いも嫌い。だから日○ンの美子ちゃんは内弁慶か何かじゃないかと思っている(笑))

 2度書き、大いにけっこうじゃないですか。「2度書きテクニック」みたいなものができたら、それはそれで面白いと思いますよ。
 変なところが飛び出たら、そこに毛虫の絵とか付けてごまかしたりとか(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

deagleさんのような意見があってもいいと思います。
作品の評価は、どうしても主観が混ざってくるので難しいですね。
でも芸術作品としては、誰もが同じ意見になる統一見解みたいなものは(低いレベルで)あるのではないか、とも私は思っています。今回の質問の意図から外れてしまうので、ここではやめておきます。

私も「二度書きテクニック」は、それはそれで面白いと思います。ちょっと研究してみたいです。

お礼日時:2001/04/21 14:13

書道は線の芸術ですから(にじみとかかすれなど)その偶然性を楽しむということが一つに有るのではないでしょうか。


何度も書くとにじんでしまい、不自然でしょう。
特に行書や草書などを書く場合、二度書きをすると線と線のつながりが途切れてしまうわけですし、そこに不自然さが出ると思います。
小字(はがきを書いたり)のときには少し位かまわないのではないでしょうか。
あくまで作品としてはふさわしくないといえるのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
行草での二度書きは、ほとんど成功しませんよね。
ただ線の流れがうまく出なかったときに、つなぎの線を書き加えたくなったりしませんか? 失敗するのであまりやりませんが…。
小字や多字数の作品では、結構二度書きでごまかせますよね。

お礼日時:2001/04/21 13:57

偶然性もあると思いますけど、二度書きした形跡って、十中八九バレてしまうんですよ。

そうすると、見苦しい抵抗って感じがするんだと思います。

武士の精神?、っていうと多分違うと思います。
書道はもちろん中国から伝来したものだから……

あ、ひょっとすると経典などを書写する時に、二度書きしてしまったら、大切なことを改竄されたような気がするから、かもしれません。

自信のない答ですみません。後続の人が解決してくれるのを待ちましょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
確かに二度書きした結果、さらに悪くなってしまうっていうことはよくありますよね。なるべく1回で成功させたいものですね。

お礼日時:2001/04/21 13:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q書道の師範

友達(高校生の時)が、『自分は書道の師範だよ』って言ってたんですけど、高校生ぐらいで師範になれるんですか?

団体でも違うのかもしれませんが、書道の師範って、何歳ぐらいで取れるものなんですか?

たしかに、この友達は、高校の習字の先生が手本を書いてくれって頼むくらい上手でした。

Aベストアンサー

私も高校3年生の時に、(宮崎県書道協会の)師範になりました。

たしかに、流派や団体でも、違うんでしょうが、高校生からは、大人の部の扱いですよ。

ただし、師範になったからといって、すぐに教えられるわけではないですね。
自分でも、教えられるほど、字や書体を知りませんしね。

宮崎県書道協会の場合は、10級(?)から始まって、5段→準師範→師範でしたね。

Q書道を教えたい

私は成人の部の書道の準師範七段資格者ですが、三名程の友人に「書道を教えて欲しい」と頼まれるのです。
大それた書道教室というほどでなく、何名かの友人を個人的に教えるのだったらやってみたいのですが、この資格で月謝を頂いて教えることはできるのでしょうか。
私は日本書道協会の会員でまだ師について勉強中です。
どなたか是非お詳しい方がいらっしゃいましたら宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

友人に厳しくできるのなら・・大人相手で教えられるだけの知識があるなら 月謝を貰ってもかまわないと思います。ただ、そのご友人が友達だし師範じゃないんだから安くしてくれ なんて思っているかもしれないので(-_-)

私も書道以外で講師の資格をもっていて、教えてほしい、作ってくれとか言われますが、素人に比べて短時間で作業できるのでよほど簡単だと勘違いされて、1回目の(本来の作業費の7割引)作業費より、2回目は2個頼むから安くしろとか・・そういう人間しか居なかったのです。

真剣に学びたいご友人には、egaokさんが学ばれている先生を紹介するか、お断りしたほうがお互いに良いような気がします。__やるなら、友人かどうかは関係なくビシビシやる覚悟が必要です。まあ・・覚悟しないでやってこられたご友人が何回通って来るか_ 見物かも知れませんが_
母が書道教室をやっていましたが、大人は人間関係が絡むから嫌だ(やはり、毎週はできないからまけろ・好きな曜日に変動で来て良いか・1回こなかったら返金してくれるのか?・親子で一緒なので親子料金にしろ・・など、うんざりしていました)と言って、生徒は子供だけでした。

私が思うのは・・「技術」と「教え方」は別の能力と知識が必要だ ということです。さらに人間関係が加わると、厄介です。

ダラダラ書いてしまいましたが・・なんとなく伝わってますか?(^^ゞ

友人に厳しくできるのなら・・大人相手で教えられるだけの知識があるなら 月謝を貰ってもかまわないと思います。ただ、そのご友人が友達だし師範じゃないんだから安くしてくれ なんて思っているかもしれないので(-_-)

私も書道以外で講師の資格をもっていて、教えてほしい、作ってくれとか言われますが、素人に比べて短時間で作業できるのでよほど簡単だと勘違いされて、1回目の(本来の作業費の7割引)作業費より、2回目は2個頼むから安くしろとか・・そういう人間しか居なかったのです。

真剣に学び...続きを読む

Q書道展について、

東京国立博物館・東洋館 特別陳列「広開土王碑」

台東区書道博物館 「王義之特集」

上の二つの書道展について、入場料(公式HPで見つけられませんでした)・良し悪し・やっているか・その他(こうしたほうがいいよなど…)の情報をください。明日行こうと思っているので、なるべく速くお願いします。
また、ほかに何かいい書道展ありますでしょうか。(東京都、又は近郊に限る)よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 東京国立博物館は420円、書道博物館は500円です。但し、書道博物館の方は「王献之」特集です。
 どちらも下記の公式サイトの利用案内で確認も出来ましたけれど。
 既にご存じとは思いますが、どちらもこの中に展示作品のリストがあります。

 書道関連はこの時期他にはあまりなさそうです。
 ただ、東京国立博物館では平常陳列(本館)の中で国宝も含め日本の書が展示されていますのでご覧になっても良いかと思います。展示作品はこれも下記のサイトにあります。つい最近ジャンル別から時代別展示に変わりましたので、書だけに興味のある方には少し見辛くなってしまったかも。

 王献之の方はお好きであればこうしてまとめて展示されることはそうありませんので良い機会かとは思います。
 広開土王碑の方は何分基の元の碑文の状態が良くないので(それがいろいろな解釈を生む原因ともなります)見難いことは確かです。さらに別に特別美しい書、というわけでもありませんし、歴史的な興味がなければ辛いかもしれません。とにかくでかいのには圧倒されますけれど。

参考URL:http://www.tnm.go.jp/scripts/Index.idc http://www.taitocity.net/taito/shodou/

 東京国立博物館は420円、書道博物館は500円です。但し、書道博物館の方は「王献之」特集です。
 どちらも下記の公式サイトの利用案内で確認も出来ましたけれど。
 既にご存じとは思いますが、どちらもこの中に展示作品のリストがあります。

 書道関連はこの時期他にはあまりなさそうです。
 ただ、東京国立博物館では平常陳列(本館)の中で国宝も含め日本の書が展示されていますのでご覧になっても良いかと思います。展示作品はこれも下記のサイトにあります。つい最近ジャンル別から時代別展...続きを読む

Q音階を全音符で書け!という問題が解りません

音楽に全く無知な者です。例えば、ヘ長調や変イ長調の音階を全音符で書け という問題を解くには、その音階を丸暗記しておかなければならないのですか?何かきまりがあって、それに当てはめていけばいいのですか?音楽の知識が全くないので、質問自体がおかしかったらすみません。

Aベストアンサー

こんにちは。質問の答えは★1の方が答えてくださっているみたいなので、覚え方の参考を…。
へ長調は「へ」から始まる長音階、変イ長調は「変イ」から始まる長音階ですが、
(1)長音階も短音階も♯系と♭系に分かれます。
(2)それぞれ逆順に覚えれば良いので、どちらかをしっかり覚えておく事がポイントです。
(3)どちらも「仲間はずれ」は「へ」から始まる音階です。
以上を踏まえてお考え下さい。
これはちなみに丸暗記に近い方法です。
まず、♯系「ト・ニ・イ・ホ・ロ・嬰へ」の順で♯が増えていきます。
ト長調は♯が1つ、♯が4つならばホ長調のように考えます。
最後の「嬰へ長調」のみ、始めの音に♯がつくので「嬰(日本語で♯を意味します)」が付きます。
♭系は「ヘ・変ロ・変ホ・変イ・変ニ・変ト」です。♯系の反対でへ長調以外の全てに始めの音に「♭」がつくので「変(日本語で♭を意味します)」が付きます。
ですから、どちらか片方をしっかり覚えてへ長調のみに「嬰」をつけるか
へ長調以外に全て「変」をつけるかで調整判断が分かりやすくなります。

音階を書く際に
(1)ト音記号などの音部記号のすぐ右に♯や♭をまとめて書く場合(調号=調を示す記号という意味)と
(2)それぞれの音の左側に書く場合(臨時記号=臨時に変化させる音の意味)がありますが調号を自分で書く場合には
先の順番で♯や♭が一つずつ増えていきます。
ハ長調の音を基準に考えると
シャープの付け方はファ→ド→ソ→レ→ラ→ミ→シ
フラットの付け方はシ→ミ→ラ→レ→ソ→ド→ファと言う順に調号が増えていきますので変ホ長調なら♭3つ、つく場所はシ・ミ・ラです。

文章で書くとちょっと分かり難いかもしれませんが(理屈も合わせて)
覚えてしまえばかなり便利に使えます。

ご参考までに

こんにちは。質問の答えは★1の方が答えてくださっているみたいなので、覚え方の参考を…。
へ長調は「へ」から始まる長音階、変イ長調は「変イ」から始まる長音階ですが、
(1)長音階も短音階も♯系と♭系に分かれます。
(2)それぞれ逆順に覚えれば良いので、どちらかをしっかり覚えておく事がポイントです。
(3)どちらも「仲間はずれ」は「へ」から始まる音階です。
以上を踏まえてお考え下さい。
これはちなみに丸暗記に近い方法です。
まず、♯系「ト・ニ・イ・ホ・ロ・嬰へ」の順で♯が増えていきます。
ト...続きを読む

Q書道について

大変困っています。
書家・松井如流(1900-1988)と日比野五鳳(1901-1985)についての情報を教えてください。どんなことでもかまいません・・・
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

 松井如流氏は、1960年第3回日展で第5科「書」で大臣賞を受賞。

 日比野五鳳氏は、1962年第5回日展で第5科「書」で大臣賞を受賞。

 この程度で、申し訳ありません。

参考URL:http://www.nitten.or.jp/data/daijinshou.htm


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報