人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

中古戸建て購入を考えています。ライバルは3人。
1番最初に、私達が買付証明書を頂き10万円を納めています。
私達が証明書を頂いてから4日後、に2人目が。
更にその2日後に3人目が購入希望としてお店に来ているとの事。

1番最初に買付証明書を頂いているので、順番的には大丈夫だと思うのですが、
なんと、売主(物件に居住中)と連絡が取れないんです!!
電話は電源が入っておらず、留守電にもならず…。 もうすぐ証明書を頂いてから1週間たちます。

3人共、それぞれ担当者が別で、各担当者が個々にお店から、携帯から
売主に連絡を取ろうとしています。(現時点で誰も連絡取れていませんが…)

長年探し続け、やっと見つけた家です。出来れば購入したいのですが
売主と連絡が取れなければ、話が進みません。
買付証明書に署名捺印した時に、担当者から【口頭】で
「本契約までは本日から10日以内が原則となります」と言われました。

証明書には、発行して頂いた日付が入っていますが、口頭案内された
有効期限などの具体的な期限が書かれおらず、契約不成立時に返金と書かれています。

契約に必要な印紙や、役所で出す書類、頭金の用意まで出来ているのに・・・
このまま売主と連絡がつかず、10日以上たってしまった場合、
2番手の方に契約の権利が移ることはあり得ますでしょうか?

不動産屋に直接聞きたいですが、必死な担当者さんを見ていると聞くに聞けません
・・・が私達も不安で、正直眠れません。  宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

元業者営業です



元々買い付けには法的拘束力はありません。
法的拘束力があるのは「契約書」だけです。
買い付けはあくまで「交通整理」みたいなもので、ぶっちゃけ「慣習」です。

つまり、正式な契約を締結しない限り売主は「いつ誰にどのような条件でも」売る事ができるのです。
(当然誰にも売らない事もできます)

故に、たとえ買い付け順位が1番目が貴方だとしても、売主の「胸三寸」でどうにでもなります。
たとえ1千万のお金を入れていたとしても、正式な契約を締結していない限りは。
(本来、契約もしていないのにお金を入れているのも私からすれば「???」ですが、今回のケースでも当然支払い済みのお金は返還されます。)

>売主(物件に居住中)と連絡が取れないんです!!

これは・・・何故でしょうね。。。流石に私も経験がありません。

>・・・が私達も不安で、正直眠れません。

こうなったら気にするだけ損です。
後は運を天に任せましょう。

上手く行くといいのですが・・・。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

分かりやすくご説明・ご回答くださいまして ありがとうございます。

法的拘束力があるのは「契約書」だけ  明確!スッキリしました!

買付の順番をいくら重視していようと、関係なく、最終的には売主次第という訳ですね。
なんだかガックリです。グルグルと真剣に悩んでいたのが勿体なーい!とまで思います。

買付してるお客がいるのに、今でもホームページに物件が掲載されたままなのも理解できました。

出会ったのも運であれば、売主に見初められるのも運。 割り切って考える事にします。
色々書類等用意したのにー!使われなかったら可哀そうだなあ…。

お礼日時:2011/03/26 18:49

買付証明書には交渉の順位くらいの権利しか有りません。



買付証明が複数あった場合には、売主さんには誰に売るのかを決める自由も有ります。

売出し価格より高値で買付を出した人や現金で買う人が優先されます。

売主さんがあまり売りたがっているように見えないので何か事情が有るのでしょうね。
銀行から売れと言われているのかもしれません。

無事に契約できれば良いですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
交渉の順番くらいしか権利が無い!?思ったほど力のある書類ではないのですね…。
不動産屋の方には、順番厳守でローンの本審査もアナタが通れば、アナタが買えますという風に
言って下さっていたので、安心していましたが そうでもなさそうですね。

内覧に行った際、早く売りたいと売主の奥様が話していたので どうしてー!?という心境です。

1番起こってほしくないのは、
売主と1番最初に連絡を取られた担当者が持つお客様が、そのまま契約してしまったら…ですが
もうこれは、運なんですね。 諦めたくないけど…落ち着いて見守る事にします。

お礼日時:2011/03/26 18:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不動産の買付証明書・・助けてください

先日新築戸建てを探していたところ、なかなかいい土地が見つかり、不動産屋に早くしないとなくなるかもしれません。という言葉に焦って、留めておくという意味で、買付証明書という物にサインしました。(印鑑は押していません)
ですが、後々冷静に考えてみたところ、西向きで、午前中、お日様が入らないということから、購入をキャンセルしようと思い、不動産屋に連絡したところ、買付証明書にサインしてあるから、やめるとなると損害賠償問題になります。ということをいわれました。本当に損害賠償問題になるのでしょうか?
買付証明書には、末尾記載の不動産を夏季の条件をもって買付することを確認いたします。とだけ書いてあり、末尾記載部分の項目である
・買付価格 
・手付金額
は記入してありますが、
・契約締結日
・代金決済・所有権移転登記
・その他の条件
という項目には何も書いていません。
助けてください・・・

Aベストアンサー

買付証明書は、購入申込人が購入の意思を表明する文書ですが、民法の契約における「申し込み」には当たらず、将来買いうける可能性を表明したに過ぎず、いつでも取消できるものとして取り扱うのが商習慣となっているものです。
回答3様のいう判例(東京地裁 S59.12.12)は、売渡承諾書の場合でしたが、買付証明書にも準用すると解釈する弁護士が少なくありません。
次の7つのURLをプリントのうえ、宅地建物取引業者に提示して説いてはいかがでしょう。
http://www.takahara.gr.jp/houteki/baibai_02.html
http://www.e-sumikae.co.jp/hajimete/kouza/houritsu-015.htm
http://www.fudosan-ms.com/sapporo/horitu.html
http://www1.ocn.ne.jp/~juukenn/mametisiki-013.html
http://next-home.livedoor.biz/archives/50762543.html
http://www.sakurajimusyo.com/column/study/q_and_a/q_and_a-0070.html
http://homepage2.nifty.com/ge/k_a2.htm

但し、購入申込人が、売主より買付証明書を承諾する返答を聞いた後に、「買います」と発言し、それに対し売主が「承諾します」と返答を発した時点で契約は締結します。(これを諾成契約といいます)
なお、宅地建物取引業法の謳う37条書面(売買契約書のこと)を作成しない場合は、宅地建物取引業者が行政罰を受けるだけ。
契約が締結済であることには変わりありません。

ちなみに、37条書面違反どころではない土壌汚染隠蔽(今年6月.大林組等)の行政罰でも、わずか7日間の業務停止でした。
この7日間には、定休日の2日間を含みますので、実質5日間の停止になっただけ。
37条書面違反程度では、初犯だと口答注意しか行わないことが少なくありません。

参考URL:http://www.mlit.go.jp/kisha/kisha06/01/010613_3_.html

買付証明書は、購入申込人が購入の意思を表明する文書ですが、民法の契約における「申し込み」には当たらず、将来買いうける可能性を表明したに過ぎず、いつでも取消できるものとして取り扱うのが商習慣となっているものです。
回答3様のいう判例(東京地裁 S59.12.12)は、売渡承諾書の場合でしたが、買付証明書にも準用すると解釈する弁護士が少なくありません。
次の7つのURLをプリントのうえ、宅地建物取引業者に提示して説いてはいかがでしょう。
http://www.takahara.gr.jp/houteki/baibai_02.html
http:/...続きを読む

Q騙されたような気分です(買付申込書のこと)

長いこと物件探しをして、ようやく間取り・立地ともに気に入った中古物件にめぐり合えました。
しかし我が家の予算では高かったのでそう伝えると、不動産屋は「気に入ったなら、買付申込書を提出してみてください。まずは優先権をキープしないと他に売れてしまうかもしれませんよ」と言うのでその場で買付申込書に希望金額を記入して提出しました。
その日は日曜で先方の不動産屋が休みだと言うことで、翌日月曜に返事が来ました。
内容はウチの希望金額までは届きませんでしたが、若干の値引きなら応じると言うものでした。
そして不動産屋からは「ウチが申し込み1番ですから安心です」と言われました。
金額的には厳しかったものの、とても気に入っていたので購入の意思を伝え、木曜日に手付金を持って不動産屋に契約しに行く約束をしました。
ところが火曜日にいきなり、他のひとが現金で買った。もう契約したので私たちには売れないと言う連絡が来ました。
こちらの担当不動産屋の言い分としては、「こんなことはヤクザなやり方で、ウチも被害者だ。とは言え、法律的には問題無いので仕方無い」と言うことです。
他の不動産屋でも買付申込書を出した順に交渉(契約)の優先順位が決まると説明されていましたし、
過去に気に入った他の物件の時も、他に交渉中のひとがいるのでその人の結果が出てから、と言う理由で内見すら待たされた物件もありました。
そのためこの習慣は不動産業界的に「通っている」ものだと思っていましたが、今回の件でネットなどで調べると、私たちと同じ目にあったひとも多くいること(そして泣き寝入り)がわかりました。
一方、こちらの考え通り「申し込みが入ったら結果が出るまで他への販売活動を止める」と言う不動産屋・情報サイトも多くあり…。

不動産屋のみなさん、このようなことは良くあることですか?
こんな場合こちらは泣き寝入りですか?こちらの担当不動産屋に責任追及はできないのでしょうか?
こちらとしては、他の物件を見送って決めた物件で、そちらの方も他に売れてしまいました。
またゼロからのスタートになります。
「他の可能性は捨てて、この物件だけを前向きに検討します」と言う意思表示で買付申込書を書きました。
不動産屋にも、真剣に気に入った物件だけにしてくれ、と言われていましたし…。
この買付申込書の扱いがこのように適当なものなら、ちょっとでも気に入ったら物件なら何でも申し込みをして
複数を同時に交渉して、大量キャンセルしても良いってことでしょうか?
法律に触れないのなら、何やっても良いってことですよね?
今ちょっと悲しいのと怒りでいっぱいです。

長いこと物件探しをして、ようやく間取り・立地ともに気に入った中古物件にめぐり合えました。
しかし我が家の予算では高かったのでそう伝えると、不動産屋は「気に入ったなら、買付申込書を提出してみてください。まずは優先権をキープしないと他に売れてしまうかもしれませんよ」と言うのでその場で買付申込書に希望金額を記入して提出しました。
その日は日曜で先方の不動産屋が休みだと言うことで、翌日月曜に返事が来ました。
内容はウチの希望金額までは届きませんでしたが、若干の値引きなら応じると言...続きを読む

Aベストアンサー

初めまして。不動産業者です。
No1の回答者の方の言うとおりで、申し込みは本来ならば、質問者さんがおもっているとおりのものです。
そこは不動産業者のモラル的な問題なので、そこに罰則はありません。ですが、たまに、そういう業者様もいらっしゃることも、同じ不動産業を営むものとして、大変残念ですが、事実です。

質問者様側の不動産屋さんに過失は無いと思います。
その業者さんが新しいお客をつけたなら、話は別ですが、そうでないかぎり、なんのメリットも無いわけですから。
ただ、上記質問の通り非は無い!と、おっしゃっているならば、業者として残念ですね。非は無くとも、お客様にはそのようには通常はいいません。
質問者さんがお怒りになっているのも、開き直られたからじゃないでしょうか。

次回購入時は、出来るだけ早めに手付けをうつことをお勧めします。
ただ、物件選びは、慎重に行って下さい。手付けをうつということは、キャンセルの場合、解除側が、手付けの分だけ、支払う必要がありますから。

お客様なら、手付け放棄

業者なら、手付け倍返し(手付金分受領しているわけですから)

と、いうことになります。
本来は、申し込みは、物件を確保するためのものです。
ですが、このようなことがあっては、法的な手段が取れる方法として、知っておいて損はないかと思います。

申し込みを多数し、そこから選ぶ。となると、法的な処置はありませんが、不動産業界から嫌われることになります。
不動産業は横の繋がりが強いですから、多数申し込みを一部地域で行った場合、ばれる可能性もあります。そのときおそらく業者は相手にしないと思います。もしくは、手付けを勧めて来るでしょう。

質問者様の怒り悲しみはもっともで、正当なお怒りだと思います。
ただ、同業のものとして、そんな不動産屋ばかりでは無いということを、わかっていただきたいのです。
是非、信頼できる不動産屋を探してみてください。
信頼できる知人が信頼している業者なら、安心できるのではないでしょうか。

ちなみに、法的な手段は時間の無駄です。万が一、有能な弁護士によって、なんらかの請求が出来たところで、損はしても、得はしません。

大変に嫌な思いをされたとは思いますが、あきらめず、頑張って良い物件を探してみてください。逆に、そんなろくでもない業者の持っている土地ならば、色々な問題が後から、出るかもしれないと思ってみてはどうでしょうか。

良い物件が見つかると良いですね。

初めまして。不動産業者です。
No1の回答者の方の言うとおりで、申し込みは本来ならば、質問者さんがおもっているとおりのものです。
そこは不動産業者のモラル的な問題なので、そこに罰則はありません。ですが、たまに、そういう業者様もいらっしゃることも、同じ不動産業を営むものとして、大変残念ですが、事実です。

質問者様側の不動産屋さんに過失は無いと思います。
その業者さんが新しいお客をつけたなら、話は別ですが、そうでないかぎり、なんのメリットも無いわけですから。
ただ、上記質問の通...続きを読む

Q買付証明をだしたんですが

先月、新聞に売地がでていたのですぐに問い合わせて買付証明をだしました。そのとき、主人が値引きした金額で提示しました。
ところが売り主がかなりの高齢で入院して契約ができないのと、代理の売主の息子が、提示した価格が安くなってるのが気に入らないからと契約してもらえませんでした。(その後、言い値で再度申し込もうとしたんですが、まったく返事がありません)

そのため、他の物件を探し始め、新聞で違う土地をみつけたのでさっそく買付証明をだしました。今回も主人は坪単価の値下げを提示しました。
それが2日前の話です。
前回の物件のとき買付の期日(1週間)までギリギリ返事がなく、結果「提示した価格が気に入らない」で契約できなかったことが思い出され、今回も即答されないことは「契約されない」のではと不安になってきました。
主人は、買付を1番にだしてるから2番手の人に話がいくとか他の人が契約してしまうなんてことにはならないから大丈夫、と言います。(2番手はハウスメーカー)
でも買付は拘束力がそんなにないと聞いたので、他にもっといい条件(言い値で買う)という人が現れたらその人にとられてしまうのでは??と思ってしまいます。

今回、売主さんは1つの不動産屋にしか行ってないようなんですが、これから他の不動産屋にも行って、そちらでも買付がでた場合、そちらに決めてしまう、なんてことはありえるんですか?
私は前回の土地の一件から、気に入った土地なら値引き交渉なんてせずに言い値で買ってしまったほうがいいと思ってるんですが、主人は値引きしないと気がおさまらないようです。
値引きを提示すると売主に良く思われなくなりますか?
買付をだして2日で返事がないのは普通ですか?
なかなか返事がないのは他のもっといい条件の人を待ってるような気がするし、癇に障ったのでは・・・と不安です。

先月、新聞に売地がでていたのですぐに問い合わせて買付証明をだしました。そのとき、主人が値引きした金額で提示しました。
ところが売り主がかなりの高齢で入院して契約ができないのと、代理の売主の息子が、提示した価格が安くなってるのが気に入らないからと契約してもらえませんでした。(その後、言い値で再度申し込もうとしたんですが、まったく返事がありません)

そのため、他の物件を探し始め、新聞で違う土地をみつけたのでさっそく買付証明をだしました。今回も主人は坪単価の値下げを提示しまし...続きを読む

Aベストアンサー

今後の為にもはっきりと回答します(気を悪くしないで下さい)(1)「主人は値引きしないと気がおさまらないようです.」←この考えでは市場で良い(安い)条件と思われる不動産は購入できません。(売主が知人であれば別ですが) 一般市場の価格は不動の定価と考えてください。良い条件の物は提示価格より上乗せして購入する人たち(業者も含めて)がいるのが事実です。 簡単に値下げされる場合は質問者さんの様なお客を見越して売りたい金額に値引き分を最初から上乗せしてます。あくまでも相場で取引もしくは相場以上取引が市場の結果です。(2)買付け書をだしたら売渡証明書をもらうまで安心しないで下さい。特に値下げしている場合は、2番手以降がそれ以上の金額できた場合に「どうします?」と聞かれるか、「満額で入りましたので見送ります」と回答が来ます。買付書に自分で期限書きましたか?それ以内に相手は何らかの返事してきます。 どうしても予算に合わない場合のアドバイス(1)’物件の値引きは業者の顔色見て提示してあとは仲介手数料を値引きしてもらいましょう。(自分の予算に合わせて) (2)’買付けいれた時に「いつまでに返事くれますか?」を必ず付け加えましょう。待つだけの状態は良くないです。 相手にも値引きしていて反応もうすいと購入意思が少ないと思われますのでマイナスポイントです。 積極的に「自分の予算が●●万円なので購入価格か手数料を引いてください、でないとほか探します」の勢いが必要です。それでダメなら予算内で探しましょう。 気に入って予算内であればスパッと満額で買付けだしましょう。一生物で高価な買い物なので物件の検討するのは良いですが、予算は決まっている事なのでそこで物件逃したら一生後悔するかも。「予算内だったから●●買っておけばよかった・・・」<予算オーバーなら仕方ないですが。いい土地見つかるといいですね。

今後の為にもはっきりと回答します(気を悪くしないで下さい)(1)「主人は値引きしないと気がおさまらないようです.」←この考えでは市場で良い(安い)条件と思われる不動産は購入できません。(売主が知人であれば別ですが) 一般市場の価格は不動の定価と考えてください。良い条件の物は提示価格より上乗せして購入する人たち(業者も含めて)がいるのが事実です。 簡単に値下げされる場合は質問者さんの様なお客を見越して売りたい金額に値引き分を最初から上乗せしてます。あくまでも相場で取引もしくは相場...続きを読む

Q買付依頼書を書いた後のキャンセルは大丈夫ですか?

先日ある中古物件を、最終交渉の手段として、
買付依頼書を書いてほしいといわれ、書きました。
その後売主さんが、その値段で良いと了承してくださったんですが、
家族に伝えたところ、猛反対され、とても残念なんですが、
お断りしようということになりました。
担当の方には一生懸命やってもらって申し訳ないという気持ちはあるんですが、
一生の高い買物なので、みんなに反対されては買うことができません。
まだ手付金も払っていないこういう場合(来週くらいに手付金を払うことになっています)
電話でのキャンセルだけでだいじょうぶなんでしょうか?

Aベストアンサー

元業者営業です

>買付依頼書を書いてほしいといわれ、書きました。

間違いありません。

>一生の高い買物なので、みんなに反対されては買うことができません。

当然です。私が担当営業だったら「しょうがない。次、次。」と切り替えます。

>電話でのキャンセルだけでだいじょうぶなんでしょうか?

大丈夫です。

まず大前提として「買付」は契約書ではありません。(どこかにそのような主旨の一文が入っていませんか?)
故に法的な強制力は何もありません。「買付」とは「交渉順の整理」の為の「慣習」です。

次に手付金ですが、結論から申し上げますと支払う必要はありません。
手付金とは「売買契約後、一方的に解約する場合の≪ごめんなさい料≫」です。買主は手付金を放棄することにより、その契約を解除でき、売主はそれを受領することにより契約解除に合意します。

つまり「売買契約」に至らなかった場合には支払う必要のないものです。

本来民法上は「口約束」でも契約は成立します。しかし、それでは後々トラブルになる可能性がありますので、不動産売買においては契約前に「重要事項説明」を受けてその内容を買主が理解し、「売買契約書」に署名捺印してからが「契約に合意した」となります。

今回のケースですと、確かに売主と契約内容について合意しておりますが、ご質問者が重要事項説明を受けてないので正式な契約とはなりません。
故に手付金も支払う必要はありません。

ただし、今後の事もありますので、担当営業には「申し訳ありません」と一言だけ言ってあげて下さい。売主さんと交渉したり、色々ご質問者様の為に動いてもらったのですから。(まあ、それが仕事ですが)

元業者営業です

>買付依頼書を書いてほしいといわれ、書きました。

間違いありません。

>一生の高い買物なので、みんなに反対されては買うことができません。

当然です。私が担当営業だったら「しょうがない。次、次。」と切り替えます。

>電話でのキャンセルだけでだいじょうぶなんでしょうか?

大丈夫です。

まず大前提として「買付」は契約書ではありません。(どこかにそのような主旨の一文が入っていませんか?)
故に法的な強制力は何もありません。「買付」とは「交渉順の整理」...続きを読む

Q土地の買い付けの順番について知りたい

家を建てるにあたり、土地を探しています。探し始めてから、半年が経ちました。今回、適当な土地を不動産会社に紹介してもらい、すぐに買い付けを入れました。ローンも事前審査が通っています。買い付けを入れた時点では、一番です、といわれました。この一番ですは、交渉権が一番目という意味だと思っています。土地の値段は1700万でしたが、古家がのっている為、解体費用がかかると思って、とりあえず1500万で買い付けを入れました。不動産会社の話だと売主さんがもう少し値段をあげられないかと言っている、と言われ3日ほどすると、別の仲介業者経由で他に買いたい人が1700万で買いたいといっていると言われました。検討してやはりその土地を買いたいと思ったので、1700万で買います、とふたたび買い付けを入れました。不動産会社はちょっと難しいかもしれませんというのですが、優先権はわたしにあるのではないのでしょうか?初めに提示した金額が低かったから、だめなのでしょうか?他にほしいという人が現れて、金額を多く出すとはやり多い人が有利だという理屈はわかります。買い付けの優先順位はあくまでも紳士協定的なものなのでしょうか?それで心配になって、今日、また不動産会社に口頭で、1750万までは出せる用意があると売主さんに伝えてくれと頼みました。今後はどのような展開になっていくのでしょうか?土地を手に入れるために先手を打てることは何かありますか?どうぞアドバイスよろしくお願いします。

家を建てるにあたり、土地を探しています。探し始めてから、半年が経ちました。今回、適当な土地を不動産会社に紹介してもらい、すぐに買い付けを入れました。ローンも事前審査が通っています。買い付けを入れた時点では、一番です、といわれました。この一番ですは、交渉権が一番目という意味だと思っています。土地の値段は1700万でしたが、古家がのっている為、解体費用がかかると思って、とりあえず1500万で買い付けを入れました。不動産会社の話だと売主さんがもう少し値段をあげられないかと言っている、と...続きを読む

Aベストアンサー

元業者営業です

御質問文を拝見してまず思ったのは「一番まずいやり方だなぁ」と。

仲介業者からアドバイスは無かったのでしょうか?
私ならこんな方法はとりませんが・・・

まず

>とりあえず1500万で買い付けを入れました

これがいただけない。引き合いが全く無い物件ならいざ知らず「そこそこの引き合いはありそう」な物件で10%以上の値引きを入れる時点でほぼ交渉の土俵から転げ落ちます。

そして、その後の対応もまずかった。
売主様から「もう少し~」と話があったのに3日も放置して、挙句にライバルが現れたら1700万、そしていざとなれば1750万って・・・(まだ1750は言っていないのかな?)

あからさまに「買い叩こうと思ったけど、旗色が悪いから焦って金額を増やした」のが見え見えです。
こんな交渉じゃ纏まるものも纏まらないですよ。
勿論、売主様も「ある程度の交渉」は織り込み済みです。大抵は。
まぁ、中には「値引き」と口に出した途端に門前払いのパターンもありますが。

事程左様に多くの売主は自分の物件に「思い入れ」や「愛着」が少なからずあります。
その「想い」を全く汲まずに「言うだけタダ」みたいな感覚で交渉したら、誰だってカチンときますよ。同じ値引き交渉でも、百歩譲って「精一杯出しても1500万しか出せない。でも、この素晴らしい物件をどうしても売っていただきたいんです」というような持って行き方なら、案外「そこまで言うのら・・・」となる事もよくあるのですが、段々と金額を上げていくようじゃ・・・「競り」じゃないんですからね。

>優先権はわたしにあるのではないのでしょうか?

たしかに優先権はありますが、契約書ではないので「強制力」はありません。
買付のどこかに書いてありませんか?「この書面は契約書ではない」というような文章が。

なので、売主様は「誰にどのような条件で自分の財産を売ろうが自由」ですから「別の仲介業者経由で他に買いたい人が1700万で買いたいといっている」というのが事実なら、その人に売られても文句を言う筋合いではありません。(民法上で担保されている「契約自由の原則」から)

>今後はどのような展開になっていくのでしょうか?土地を手に入れるために先手を打てることは何かありますか?

先手を打てる事はありません。事ここに至っては全て「後手後手」になります。
一縷の望みは1750万という金額に売主様が「事の経緯は水に流して」benio さんに売ってくれると言うのを待つだけです。
それか、もっと金額を上積みするか・・・

いずれにせよ「一か八か」になります。

丁半博打みたいでスマートじゃありませんが、初っ端からスマートでない交渉をしてしまったので、後は運を天に任せるしかないでしょう。

元業者営業です

御質問文を拝見してまず思ったのは「一番まずいやり方だなぁ」と。

仲介業者からアドバイスは無かったのでしょうか?
私ならこんな方法はとりませんが・・・

まず

>とりあえず1500万で買い付けを入れました

これがいただけない。引き合いが全く無い物件ならいざ知らず「そこそこの引き合いはありそう」な物件で10%以上の値引きを入れる時点でほぼ交渉の土俵から転げ落ちます。

そして、その後の対応もまずかった。
売主様から「もう少し~」と話があったのに3日も放置して、挙句にライバル...続きを読む

Q中古不動産を買うときの「購入希望者の順位」や「買い付け証明」の意味

去年末、近所のオープンハウス(中古マンション)を見に行ったら、担当者から「すでに購入希望者がいるので、おたくは2番手になります」と言われました。
要するに、申し込み順に売り主と価格交渉をして、話がまとまらなかったら次の購入希望者が交渉する、ということのようです。

ところが先日、「1番手の人との価格交渉が難航している。nako007さんがもっと高い値段を提示すれば、買えますよ。どうですか?」と電話が来ました。1番手の人は、まだ買い付け証明を出していないとのこと。

夫が「こういうことする業者は信用できない」と言うので、この話は断りました。
後学のため教えてください。

1、「●番手」という購入希望順位には、どの程度の拘束力があるんでしょうか?
 1番手の人を出し抜いて、2番手が高値をつけて買ってしまってもいいなら、あんまり意味がない気がしますが。。。
 逆に、購入希望者に順位がないオークション式?ならば、人気物件なら高く売れるので、売り主さんには好都合ですよね。それをしないのは、不動産業界のルールでいけないことになっているからでしょうか?

2、買い付け証明は、手付金を打つのと違ってペナルティーなしでキャンセルできるとのことですが、同じ買い主が複数の物件に対して、同時に買い付け証明を出すわけにはいかないと思います。
 売り主さん側は、複数の購入希望者から同時に買い付け証明を受け入れてもいいんでしょうか? 複数の不動産業者が仲介している場合、ほかに出している人がいてもわからないと思うのですが。

以上、必ずお礼・締め切りはしますので、よろしくお願いいたします。

去年末、近所のオープンハウス(中古マンション)を見に行ったら、担当者から「すでに購入希望者がいるので、おたくは2番手になります」と言われました。
要するに、申し込み順に売り主と価格交渉をして、話がまとまらなかったら次の購入希望者が交渉する、ということのようです。

ところが先日、「1番手の人との価格交渉が難航している。nako007さんがもっと高い値段を提示すれば、買えますよ。どうですか?」と電話が来ました。1番手の人は、まだ買い付け証明を出していないとのこと。

夫が「こういう...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

買付証明は買主の意思表示を証明するものです。
要は口頭で「この物件○万円で買います」というだけでも
OKです。が、仲介業者が間にいる場合は通常買付証明を
出します。売主からして見れば、本当に買う意思のある客
なのか、冷やかしなのか一つの判断材料になります。
また、買いつけ証明と一緒に申し込み金として○万円を払う場合があります。申込金を出すということはそれなりに強い購入意思があると判断されるわけです。しかし、申込金は手付金ではありません。契約時に手付金に充当されますが、買付段階では申し込みをキャンセルすれば戻ってくるお金です。ですので、買付を出してはキャンセルを繰り返す客は業者から相手にされなくなります。

>「●番手」という購入希望順位には、どの程度の拘束力があるんでしょうか?
 1番手の人を出し抜いて、2番手が高値をつけて買ってしまってもいいなら、あんまり意味がない気がしますが。。。

今回の場合、1番手の希望者が提示価格を指値したと考えられます。例えば3000万円の物件を2800万円で買いますと指値をしたのだと思います。それで売主と価格交渉が難航しているので、提示価格もしくは2800万円以上で購入意思があれば、1番手の希望者との交渉は決裂にしてあなたとお話を進めますと言うことです。
基本的には指値をされても業者は最初に申し込みのあった人から売主へ話しを持っていきます。後は売主の判断ですので…ただ、2番手が提示価格で買う意思があれば同時に売主には報告はします。売主が2番手の希望者に売りたければ1番手の希望者にその旨断ることになりますが、そこで1番手の希望者もどうしてもその物件が欲しいなら提示金額で買うと言うかもしれません。その場合は1番手の希望者に譲ることになるでしょう。ですので、順位は交渉順位ですので、本当に欲しい物件であれば大切になってきます。

>購入希望者に順位がないオークション式?

これはバブル時期でもない限りあまり現実的ではありません。
まず、一般の市場では競売のように債権額を回収できればよいと言うものではないからです。
一般の売主の大半は1円でも高く売りたいものです。相場より安くは売りたくないものです。60坪3000万円が相場だった場合、最低価格3000万円からオークションしたって3100万円にはならないと思います。また、盛り上げのため最低価格を2000万円から始める売主もいないと思います。
仮にいたとして、相場の3000万円以下にならないように売主の仲間が入札するでしょう。

>買い付け証明は、手付金を打つのと違ってペナルティーなしでキャンセルできるとのことですが、同じ買い主が複数の物件に対して、同時に買い付け証明を出すわけにはいかないと思います。

複数に買付を出すのは可能です。今回の場合のように申し込んだが2番手だったのでもう一つの候補物件に申し込みを入れるというのは別に問題ありません。

>夫が「こういうことする業者は信用できない」と言うので、この話は断りました。

こういうことするとは、業者が価格吊り上げのためあたかも一人芝居をしていると思われたのですか?
質問文からだけの判断すると、不動産購入の流れがわかってないだけだと思います。
それとも、その業者が地場で評判が良くないとか他に判断材料があったのでしょうか?中には悪意を持った業者もおりますので用心するにこしたことはありませんが、用心しすぎてせっかくの物件を逃さないようにがんばってください。
すいません、長くなってしまいました。

こんばんは。

買付証明は買主の意思表示を証明するものです。
要は口頭で「この物件○万円で買います」というだけでも
OKです。が、仲介業者が間にいる場合は通常買付証明を
出します。売主からして見れば、本当に買う意思のある客
なのか、冷やかしなのか一つの判断材料になります。
また、買いつけ証明と一緒に申し込み金として○万円を払う場合があります。申込金を出すということはそれなりに強い購入意思があると判断されるわけです。しかし、申込金は手付金ではありません。契約時に手付金に充当さ...続きを読む

Q買付証明書について教えてください。

先日マンション購入しようとして、見に行ったところ気に入り欲しいと思ったので、値交渉の段階に入りました。不動産屋から、こちらの希望の金額で買いますと言う買付証明書を書いてくださいということで、金額を書きました。 後日不動産やから電話があり、その金額では、売主さんはNOとの返事。なので、こちらは、更に50万アップした金額ではどうでしょう?とお願いしました。不動産屋は、その金額で売主に連絡をします。といい、売主の回答が来次第ご連絡しますとのことでしたが、連絡がありません。ネットで探した物件ですが、まだネット上に物件が載っており更に写真が追加(以前は間取りだけでしたが外観等の・・・)されています。’値引かないで買ってくれるお客さんを探しているのだと思います。集客活動を続けているようです。少しでも高く売りたいのでしょうが、こちらに返事をせずにそのようなことをしてもよいものでしょうか?
こちらとしては、その買付証明書をかいた以上、他の物件でいいのがあったとしても、平行して買付証明書を書くのはできない。と他の物件を見に行ったときに言われました。 よろしくお願いします<m(__)m>

先日マンション購入しようとして、見に行ったところ気に入り欲しいと思ったので、値交渉の段階に入りました。不動産屋から、こちらの希望の金額で買いますと言う買付証明書を書いてくださいということで、金額を書きました。 後日不動産やから電話があり、その金額では、売主さんはNOとの返事。なので、こちらは、更に50万アップした金額ではどうでしょう?とお願いしました。不動産屋は、その金額で売主に連絡をします。といい、売主の回答が来次第ご連絡しますとのことでしたが、連絡がありません。ネット...続きを読む

Aベストアンサー

表示金額ではなく、希望の金額を提示することを指値(差し値か、謎)と言います。その意思表示をする為に買付を出したのかと思いますが、それを受ける受けないと集客活動継続とは全く関係ありません。

契約・引渡し(決済)するまでは何が起こるかわからないからです。逆を言えば契約するまではあなた方も取り止めることも可能なわけで条件は五分ですね。

買付出すのでしたら有効期日の記載は無いですか?そもそもきちんと写し(コピー)は取ってますか?確認してみてください。意思表示としての有効期日が書かれているのに必要以上に催促するのも失礼な話とも言えます。

50万アップの件も買う側はすぐ返事が欲しいですが、売る側としては、もう少し様子を見て定価での購入者がいないかどうか待ちたい気持ちや、かと言ってそういう人がいなければその金額でもいいかなという気持ちや色々思惑があります。

そういうタイミングで返事を催促されても困ってしまうでしょうね(笑
ほんのり「どうでしょう?」という事を業者から聞いてもらうのが良いと思いますよ。
「早く返事せい」的な乗りだと相手も人間ですから「じゃあ売らん」という風になることもあります。

表示金額ではなく、希望の金額を提示することを指値(差し値か、謎)と言います。その意思表示をする為に買付を出したのかと思いますが、それを受ける受けないと集客活動継続とは全く関係ありません。

契約・引渡し(決済)するまでは何が起こるかわからないからです。逆を言えば契約するまではあなた方も取り止めることも可能なわけで条件は五分ですね。

買付出すのでしたら有効期日の記載は無いですか?そもそもきちんと写し(コピー)は取ってますか?確認してみてください。意思表示としての有効期日が...続きを読む

Q本審査に落ちました

宜しくお願いします。

住宅ローンの事前審査を通り、
ほぼ間違いないので準備を始めてくださいと不動産屋に言われ、
引越しも決まっていたのですが・・
まさかの審査落ちでした。
落ちた原因ははっきり分からないのですが、
過去の通帳のお金の出し入れがネック・・らしいのです。

正直、理解不能です。
10年も昔からの通帳内容を言われても・・・
覚えているものも覚えてないものもあります。
審査落ちの理由によく「転職・新規借金」と聞きますが、
そんなことも全くありません。
もう他の銀行に行っても無理でしょうか?

現在の住居も出なくてはならないですし、
引越し業者も断らなければいけないし・・
本当に大打撃でした。

Aベストアンサー

関係業界人。
事前でOKだけど本審査で落ちるのは、
(1) 事前審査の申告内容に間違いがあった、もしくは
  証拠資料が提出できなかった
(2) 事前審査時より信用状態が悪化した。(他社でも)カードの
  延滞など。
が多いです。また、過去にローンの延滞が無い・個人的な借入が
無いなどの証明が必要になるケースがあります。
「事前審査の時に言ってくれれば・・・」と思うかもしれませんが、
事前審査は早急に回答をするためのものなので、
時間を余分にかけないために、申込人が申込書に書いた書面を
全面的に正しいものと仮定しているのです。本審査は事前審査の
内容に間違いが無いことの確認作業が大半ですので、今回は通帳の提示などを求めたところ、提出できなかった、もしくは提出したところ
事前審査と相違があった、のいずれかの可能性が高いです。

よく見かけるケースとして、
自己資金の証明ができないことがあります。例えばローン2000万、
自己資金1000万で家を買う場合、1000万について自分のお金である
との証明(自分名義の通帳や証書で証明)が無いと、
「もしかしたらその1000万て他からの借金では?」という風に判断されることがあります。そうなると(1)に該当し、断られる可能性が出ます。
他に、以前に住宅購入など、大きな買い物をしていませんか?
そしてそのために銀行以外(親や親戚、知人、経営・勤務している
会社)から借入をしていませんか?
もしこれがあると、これも(1)に該当し、
「現在の借入残高」として申告した内容と違いが
出てくるため、断られる理由になりえます。

最後に、他行では無理かとのことですが、通る可能性は十分に
あります。包み隠さず相談してみると良いと思います。
(状況に不明な点が多いので、回答に対する自身は「参考」に止めます。)

関係業界人。
事前でOKだけど本審査で落ちるのは、
(1) 事前審査の申告内容に間違いがあった、もしくは
  証拠資料が提出できなかった
(2) 事前審査時より信用状態が悪化した。(他社でも)カードの
  延滞など。
が多いです。また、過去にローンの延滞が無い・個人的な借入が
無いなどの証明が必要になるケースがあります。
「事前審査の時に言ってくれれば・・・」と思うかもしれませんが、
事前審査は早急に回答をするためのものなので、
時間を余分にかけないために、申込人が申込書に書いた...続きを読む

Q予算2500万でどれくらいの家が建つの?

最近75坪の土地をゲットしました。(^^)さぁ家を建てようと思ってます。しかし自分は全くの素人です。
とにかくせっかく大きい土地なんでできるだけ大きい家を建てたいなと思ってます。何しろ予算は2500万で建坪どれくらいの家が建ちますか?(外講工事、登記、オプション100万くらい)を含む
大手ハウスメーカー希望です。値引きについてもお聞かせいただけたら幸いです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

いろいろとお金がかかりますが、意外とかかるのが融資費用。
保証料or事務手数料で60万。火災保険でも40万位必要です。
カーテン、照明で50~60万。

外溝はピンきりで、削りやすいところでもありますが、借金まみれで
後から気軽にできるものでもないですが、メーカーに頼むとべらぼうな
金額を取られます。

例外があって、最初から外溝の「提案」も含めた金額で「検討」すれば
外溝でしこたま儲けるような事も少なくなります。

暖房器具、クーラーもバカにはなりませんし、もしオール電化にするなら
なおさらです。

私の場合これから着工なのですが、他に予算を取っているのが
環境保全組合費、CATV関連、自治会費、Bフレッツ工事費用、団体生命、
引越し費用、退去費、植栽、ソファー、冷蔵庫、IHなべ、勉強机、物置、
ルータ、テレビ、生ゴミ処理機、原付、地鎮祭、挨拶周り、上棟式ご祝儀等

上はあくまでウチの場合ですが、標準で付いているもので満足する人は建売で
満足できる人が多いのですが、注文住宅から始める方は別途追加工事もぼちぼと
出ると思いますよ(^^);

実は、大手ハウスメーカーと工務店の他に「地場でがんばっている」or
「ちょっと県外に進出している」中堅会社も結構あります。
(ウチはこれでお勧め♪)

ここいら辺だと価格交渉の余地があります。
(大手は渋いですがカーテンくらいはつけてくれるかな?)
もちろん、なんの根拠もなく「まけてまけて」といっても成果は上がらない
だけでなく、大切な「信頼関係」までも傷つけてしまうかもしれません。

例えば、「完成見学会やってもいいですよ」とかでも、値引きを引き出しやすい
かと思います。(しかも双方お得)

どこまで2500万円に含めるか、吹き抜けとかどこまでこだわるかにも
よりますが、大手でも40坪くらいはいけそうな気がします。
sekisuiさんで引渡し坪70万になったかたも普通にいらっしゃるようですが・・・

ちなみに、私は大小8社から見積もりを頂いて検討したので「へとへと」に
なりましたが、がんばっただけのことはありました。

参考になれば幸いです。

いろいろとお金がかかりますが、意外とかかるのが融資費用。
保証料or事務手数料で60万。火災保険でも40万位必要です。
カーテン、照明で50~60万。

外溝はピンきりで、削りやすいところでもありますが、借金まみれで
後から気軽にできるものでもないですが、メーカーに頼むとべらぼうな
金額を取られます。

例外があって、最初から外溝の「提案」も含めた金額で「検討」すれば
外溝でしこたま儲けるような事も少なくなります。

暖房器具、クーラーもバカにはなりませんし、もしオール電化...続きを読む

Q不動産購入時の売主への売買金額の支払方法について

不動産購入時の売主への売買金額の支払方法について質問します。

妻と共有名義にして、某不動産業者を通じ念願のマイホーム(中古住宅です。)を購入しようとしているのですが、不動産屋さんによると売主さんは現金で売買金額を欲しがっているとのことです。

妻は「それなら、そのお金を支払えば現金で支払えばいいんじゃないの。」といいますが、

親しい会社の法務部の先輩から

「それはあまりに危険だ。契約書を結んだ後、お金を支払い、司法書士を使い所有権移転登記をするのだけれど、お金を支払っただけだと、その相手がお金を持ち逃げされてしまうかもしれないじゃないか。銀行保証小切手か銀行での口座振替を利用すべきだ。不動産屋さんも色々あって、全面的に信用するのは危険だよ。」

とアドバイスされました。

妻は「不動産屋さんか銀行で支払えば問題ないんじゃない?」と言います。

確かにお金を持ち逃げされれば困るし(現金だと怖い気もする。)、かといってすごくいい物件なので気に入っています。

つまるところ、契約書を売主と結び売買金額をどうやって支払うかということだと思うのですが、世間一般ではどうやっているのでしょうか。

法律的には売買契約の金額を支払ったということを、法務局や裁判所・善意第三者にどう主張し、対抗要件を備えるかということなのかな?とも思えますが、そのような視点に立った場合、どのような支払い方法がベストなのでしょうか。(一般的な不動産実務についても教えてください。)


よろしくアドバイスお願いします。

(もし、可能なら、法務部の先輩の手前もありますので、法律的な知識や根拠条文も教えて貰えると嬉しいです。)

不動産購入時の売主への売買金額の支払方法について質問します。

妻と共有名義にして、某不動産業者を通じ念願のマイホーム(中古住宅です。)を購入しようとしているのですが、不動産屋さんによると売主さんは現金で売買金額を欲しがっているとのことです。

妻は「それなら、そのお金を支払えば現金で支払えばいいんじゃないの。」といいますが、

親しい会社の法務部の先輩から

「それはあまりに危険だ。契約書を結んだ後、お金を支払い、司法書士を使い所有権移転登記をするのだけれど、お金を支払っただけ...続きを読む

Aベストアンサー

不動産業者です。
不動産の決済資金は「現金」及び「銀行の自己宛小切手(横線の有無は売主指定)」のいづれかが原則です。
通常ですが、売買契約に照らし売主は所有権移転に必要な書類一式を買主へ引き渡します。これと引き換えに買主は代金を支払います。実務上は買主側が指定した司法書士に登記を依頼し、司法書士は事前に調査及び売主側の必要書類や買主側の必要書類など仲介人へ指示します。売主さんや買主さんはこの指示で必要書類を整えるわけです。

実際は当日、司法書士が代金授受の前に売主側の書類や買主側の書類、本人確認。委任状などへの署名押印など所有権移転に必要な書類関係の確認の後、「書類は整ったので代金の授受をしてください」という流れになり、その後代金の授受となりますから、お金を支払い登記されないということは、売主が悪意を持って書類偽造などの詐欺行為を行わない限り、ありえません。またこの手の犯罪は、身元を偽り行いますから、中古でそこに住んでおり仲介業者などが身元を確認している売主が犯罪を行うことは、現実にはありえません。また、仲介の場合業者は手数料を頂くだけですから、売主のお金の管理にはタッチしません。

このほかに、仲介の実務として、物件の取引完了の書類やら鍵の授受やら、確認通知書、図面一式などあれば、そのような諸々の授受を行います。

上記のように、どうしても書類に署名押印するテーブルやすべての関係者が一同に集まるスペースは必要になりますから、一番良いのは代金を引き出す口座がある銀行の一角を借りることです(応接までとはいいませんが)これが可能であれば、書類確認後、口座から現金を下ろして売主に渡して終了です。
但し、場所を提供しない銀行も多いので、この場合は不動産仲介人の伝を借りるか?または書類の確認等は司法書士の事務所や仲介業者で行い、金銭授受だけ銀行で行うのも良いでしょう。
前日の午前中には、翌日現金で幾ら出金する旨は銀行に伝えておかないと、小さな支店などでは現金がありませんので即座に用意は出来ません。
このあたりの段取りは、仲介人に相談すれば整えてくれると思いますが・・・・・現金での支払いは良いが、銀行窓口での受け渡しにして欲しいと(現金を持ち運ぶのは嫌だと)言えば、良いでしょう。

登記上の取引の責任は司法書士がすべて背負った上で、登記を受任しますので、そこは任せるしかありません。その先輩の顔を立てたいならば会社で使っている司法書士事務所を紹介してもらっては?
但し、仲介業者で依頼する不動産登記が主な事務所と法人登記を主に扱う事務所では、費用が結構違うので(後者の方が高い場合が多い)、そこは目をつぶりましょう。まあ違っても3万~5万程度です。質問者さんも安心なのでは?

法的根拠と言いますが、法的に売主は所有権移転に必要な書類一式を引き渡せば足り、あくまで移転登記を行うのは買主の費用負担で買主の責任です。
その移転登記を間違いなく行えるか(法務局に受理、登記完了となるかされるか)どうかの判断が、出来ないので司法書士に報酬を支払い依頼するわけです。
民法上は代金を支払い、領収書等があれば当然にその所有権を主張できます。しかし登記上の登記名義人でなければ第三者に対抗できません。ですから通常は借り入れ等が無くとも土地は所有権移転登記をするわけです。その法的根拠となる書類は当日司法書士が作成し、売主、買主、双方が署名押印することになりますし、売主は実印と印鑑証明を要します。買主は認印と物件に移動した住民票だけです。

不動産業者です。
不動産の決済資金は「現金」及び「銀行の自己宛小切手(横線の有無は売主指定)」のいづれかが原則です。
通常ですが、売買契約に照らし売主は所有権移転に必要な書類一式を買主へ引き渡します。これと引き換えに買主は代金を支払います。実務上は買主側が指定した司法書士に登記を依頼し、司法書士は事前に調査及び売主側の必要書類や買主側の必要書類など仲介人へ指示します。売主さんや買主さんはこの指示で必要書類を整えるわけです。

実際は当日、司法書士が代金授受の前に売主側の書類や...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング