忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂はどのように見分けるのでしょうか。
例 次のうち熱可塑性樹脂を選べ。(答235)
 1尿素樹脂 2ポリエチレンテレフタラート 3ポリスチレン
 4フェノール樹脂 5メタクリル樹脂

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

付加重合による樹脂は直線的につながっていきます。


この繊維と隣の繊維が化学的な結合ではなく水素結合や分子間力のみで
接触している樹脂は熱によってその結合が離れてしまいます。

フェノール樹脂(2,4,6位で結合可)や尿素樹脂のように、3個以上の
結合ができる物質では、立体的な結合になっています。このような樹脂を
熱硬化性といいます。

熱硬化性樹脂として、フェノール樹脂、尿素樹脂、メラミン樹脂を覚えて
おけばいいでしょう。 
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2011/03/26 19:52

>熱可塑性樹脂と熱硬化性樹脂はどのように見分けるのでしょうか。


→熱をかけた時に柔らかくなり、成形などの加工ができるのが熱可塑性樹脂
熱をかけて硬化させ、耐熱性が高いのが熱硬化性樹脂。

見分け方は覚えるしかありません。
合成樹脂の種類
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%90%88%E6%88%90% …

この回答への補足

回答ありがとうございます。
 大学入試(2次試験まで)の範囲では
 熱可塑性樹脂:ポリエチレン ポリプロピレン ポリ塩化ビニル メタクリル樹脂
       ポリスチレン ポリエチレンテレフタラート ポリカーボネート
       ポリメタクリル酸メチル

 熱硬化性樹脂:フェノール樹脂 尿素樹脂 メラミン樹脂 不飽和ポリエステル

位で大丈夫でしょうか。

補足日時:2011/03/26 16:20
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2011/03/26 19:52

5は忘れましたが、2,3はアルケン重合で作ったように思います。



4は電子回路基盤に使われています。
電気工作をしたことがあれば熱可塑性ではないことが分かるでしょう。
1は食器に使われているようです。これも熱可塑性では困ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2011/03/26 19:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qプラスチックの種類覚え方

プラスチックの種類の名前、用途のおすすめの覚え方があったら是非教えてください!

Aベストアンサー

 最低限、4大プラスチック、ないし5大プラスチックは、その用途と共に覚えておきましょう。プラスチックは、鉄と木以上に異なるものですから、一律にプラスチックと言うわけには参りません。
 今から出かけるので、記憶だけで書いておきますが
 PE(低密度LDPEと高密度HDPE)、PP、PVC、PS、PET、あとABSかな。それぞれ用途が明確ですから、プラスチックを見るより、何に使われているかで判断、予測するほうが早いです。ある程度目安を付けてから、密度、硬さ、溶剤、熱したり燃やしたときの様子、バイルシュタイン法などで判別していきます。
>おすすめの覚え方
 用途を知ること。身の回りのプラスチックの製品表示を見る癖を付ける。
 そして、判別実験をして見ること

 これらの汎用樹脂以外も同じです。ポリカーボネイト、ナイロンなどのエンジニアリングプラスチックと呼ばれる熱可塑性樹脂、ユリア樹脂、フェノール樹脂、エポキシなどの熱硬化樹脂も大体同じような方法で覚えました。

Q樹脂の熱硬化性と熱可塑性

樹脂には熱硬化性のものと熱可塑性のものとがあり、分子の立体構造云々という箇所については多少は勉強しています。
私の勉強の仕方がいけなかったのかもしれませんが、このことについて学校での勉強ではあまり意識していなかったのに
仕事で樹脂に携わっているような人と話をすると、まず決まって熱硬化性か熱可塑性かという話題になります。
この違いがなぜそんなに重要なのか教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

「熱可塑性」「熱硬化性」という言葉にも難しい面があります。性質そのものから付けられた名前ではないのです。その性質の結果を利用して成形していくときの方法の違いから付けた名前なのです。ちょっとギャップがあります。

結合が網の目状に発達している樹脂は加熱しても軟らかくならないということはわかると思います。軟らかくならずに焦げていくだけなんです。ポリエチレンやポリスチレンはすぐに燃えます。溶けてぽたぽたたれていきます。燃えるのと溶けるのとが一緒に起こります。

出来上がった製品の性質で言うと「熱軟化性」があるかどうかです。
「熱可塑性」という名前は「熱軟化性」を利用して成形していくことが出来る、熱を加えて必要な形にしていくことが出来るということから付けられた名前です。融かして型に入れれば欲しい形のものを作ることが出来ます。この樹脂の場合、固まるというのは温度が下がった場合に実現します。温度を上げればまた軟らかくなります。射出成形が可能です。射出装置を暖めておけば固まることはないわけです。
「熱硬化性」の樹脂には出来上がったもので言うと「熱軟化性」はありません。一度型に入れて形を作ってしまうともう熱を加えても軟らかくならないのです。この段階では結合が網目状に発達しています。ところがはじめから結合が網目状に発達していれば型に入れて成形することも出来ないはずです。だからこのタイプの樹脂は反応を二段階で起こさせていることになります。型に入れる前の樹脂は結合がそれほども発達していないのです。熱を加えると軟らかくなります。熱可塑性に近い状態です。型に入れて熱を加えると第2段階の反応が起こります。これで網の目状の結合が出来ます。全体がガッチリと結びついたものになりますのでもう熱を加えても軟らかくなりません。「熱硬化性」という名前は成形の時に熱を加えて結合を発達させて固くするということから付いた名前です。射出成形できないのは射出のパイプの途中で硬化が始まってしまうとどうしようもなくなるからです。

長く書きましたがこれが全て鎖状の結合か網目状の結合かの違いから出てくるのです。

二重結合への付加が起こる重合では鎖が出来ますので全て熱可塑性の樹脂になります。ナイロンのようなアミド繊維、ペットのようなポリエステルも鎖になりますから熱可塑性です。フェノール樹脂や尿素樹脂では結合する場所が3つ以上ありますので網の目状の結合が出来ます。熱硬化性の樹脂です。フェノール樹脂や尿素樹脂は縮合重合です。アミドもエステルも縮合ですので縮合重合による樹脂が全て熱硬化性であるとは限りません。
フェノール樹脂の場合、フェノールとホルマリンでまず鎖状のものを作っておいて出荷します。それを型に入れて加熱して網の目を発達させます。(新たに反応物質を追加してやる必要もあるかもしれませんが私には分かりません。)

でも素朴に考えて、「熱に強いか、弱いか」は重要な分かりやすい性質ではないでしょうか。それが用途、成型方法、コスト、リサイクルの全てに関係してくるとなればなおさらです。結合を知らなくても熱可塑性という分類が分かればそれでかなりの対応が決まります。
かつてはプラスティックスは安物の代用品というイメージでした。繊維でも化繊といえば安物というイメージでした。今の衣料はほとんどが合成繊維です。家の中にあるものもどんどんプラスティックスに変わってきています。以前から使われているものを越えるものが多くなっています。全て性質と用途なんです。新しい性質を持ったものが開発されて新しい用途が開ける、またはある用途にあった性質を持つ新しいものが開発されるという流れになっています。素材は同じなのに繊維の太さを変えるだけで全く別のものという印象のものもあります。
熱硬化性、熱可塑性の他にもいろんな性質があります。それはもう、手に負えないという感じです。でもそれはもう、個性のようなものです。個々の用途に応じて選んでいくことになります。

「二重結合が残っていると酸化されやすい」というのは確かです。でも二重結合が残っている樹脂にはどんなものがあるのでしょう。ゴムには残っていますが普通の付加重合性の樹脂には残っていません。ベンゼン環の付いたものもありますが鎖式の二重結合とは違います。
スーパーのレジ袋を日向に置いておくとぽろぼろになります。光で結合が切れていくわけですから耐光性に関係があります。耐候性に近いです。レジ袋はポリエチレンですから2重結合は残っていません。色によっても違いがありそうです。色は着色剤によるものです。柔軟剤も入っているでしょう。難しいと思います。

「熱可塑性」「熱硬化性」という言葉にも難しい面があります。性質そのものから付けられた名前ではないのです。その性質の結果を利用して成形していくときの方法の違いから付けた名前なのです。ちょっとギャップがあります。

結合が網の目状に発達している樹脂は加熱しても軟らかくならないということはわかると思います。軟らかくならずに焦げていくだけなんです。ポリエチレンやポリスチレンはすぐに燃えます。溶けてぽたぽたたれていきます。燃えるのと溶けるのとが一緒に起こります。

出来上がった製品...続きを読む

Qラジカル重合において、高分子量の重合体を得るための条件

高分子化学の分野の質問です。
ラジカル重合において、分子量の高い重合体を得るためにはどのような条件が必要でしょうか?
もしお分かりになる方がいらっしゃいましたら教えていただきたいです。お願いします。

Aベストアンサー

ラジカル重合では、生長反応速度はラジカルとモノマーが反応するのですから、モノマー濃度とラジカル濃度の積に比例します。停止反応はラジカル同士が反応する2分子停止を考えると、ラジカル濃度の2乗に比例します。
分子量を高くしたい場合は、生長速度を速くして、停止速度を遅くしなければなりません。生長反応が100回起こる間に1回の停止反応が起こってしまうよりも1回の停止反応が起こるまでに生長反応が1000回起こる方が、高分子量のポリマーが生じるはずです。
ラジカル濃度を高くすると、停止反応には2乗で効いてしまうので、生長反応も速くなりますが、停止反応の方がより速くなり、分子量は低下します。
よって、高分子量にするためにはモノマー濃度を高くして、ラジカル濃度が低い状態で重合することです。
また、ラジカル重合では、溶媒、モノマー、ポリマーへの連鎖移動反応も生じます。
連鎖移動が起こると、そこで生長が止まってしまうので、分子量は低下します。
意識的に連鎖移動剤は使っていないときには、連鎖移動反応は、生長反応や停止反応に比べ、活性化エネルギーが高いので、低い温度で重合を行うほど、生長反応が優先し、分子量は高くなります。
一方、停止反応は、一般的にポリマーラジカル同士の反応だとすると、系の粘度を高くしてやれば、運動性が低下し衝突頻度が低下します。
モノマーは一般に低分子なので、ポリマーラジカルほど運動性の低下が起こりません。
このような場合、生長反応に比べ、停止反応が阻害されるので、分子量は高くなります。これをゲル効果といいます。
また、反応形態をエマルション重合にすれば、簡単に高分子量物を得ることができます。
エマルション重合は、水層でラジカルを発生させモノマーミセルの中にラジカルが飛び込んだときに重合が開始します。次のラジカルが水層から飛び込んでこない限り、停止反応は起こりません。
界面活性剤などの不純物が混入する。生じるポリマーが球状などの制約はありますが、高分子量物を得るのには最も簡単な方法です。
リビングラジカル重合というだけで、必ずしも高分子量物が得られるとは限りません。むしろ比較的分子量の低いものを作るのに適していると思います。分子量分布の制御にはよいと思います。

ラジカル重合では、生長反応速度はラジカルとモノマーが反応するのですから、モノマー濃度とラジカル濃度の積に比例します。停止反応はラジカル同士が反応する2分子停止を考えると、ラジカル濃度の2乗に比例します。
分子量を高くしたい場合は、生長速度を速くして、停止速度を遅くしなければなりません。生長反応が100回起こる間に1回の停止反応が起こってしまうよりも1回の停止反応が起こるまでに生長反応が1000回起こる方が、高分子量のポリマーが生じるはずです。
ラジカル濃度を高くすると、停止反応には2...続きを読む

Q乙種4類、モル計算

乙種4類を受けますが、モル計算を教えて下さい。

設問は

プロパン(C3H8)88gに含まれる炭素原子の物質量(mol)量は?
6molになるのですが、式が分かりません。

Aベストアンサー

こんにちは。

分子量がNの物質がNグラムあるとき、その中には1モルの分子があります。

C3H8 の分子量は、 12×3+1×8=44

ということは、44グラムで、C3H8 が1モルです。

88グラムあるので、C3H8 が2モルです。
(88÷44=2)

C3H8 の分子1つ当たり炭素原子が3つあるので、
答えは、2モル×3=6モル です。

QL体とD体

糖はD体、アミノ酸はL体の異性体で構成されますが、異性体のD体とL体の見分け方を教えてください。

Aベストアンサー

 構造式を見てDとLを見分ける方法についての質問と解釈して解答します。
 D、L表示法は糖やアミノ酸の絶対配置が求められる以前からある表記法です。(+)-グリセルアルデヒドにD、(-)-グリセルアルデヒドにLを接頭 辞としてつけます。DかLか見分けたい化合物(糖やアミノ酸)に含まれる不斉炭素のうち、IUPACルールにおいて最も番号の大きい不斉炭素の絶対配置がD-(+)-グリセルアルデヒドと等しい場合にD体とし、L-(-)-グリセルアルデヒドと等しい場合をL体とします。因みにD-(+)-グリセルアルデヒドはFischer投影式において、上がCHO、右がOH、左がH、下がCH2OHとなる構造です。
 もうひとつ言っておくと、L体の糖やD体のアミノ酸もちゃんと存在します。血液型を決める多糖の構成成分にはL-フコースがあり、哺乳動物の脳にはD-セリンとD-アスパラギン酸が存在し、脳の高次機能に関係しているのではないかと考えられています。

Q二量体ってなんですか?

二量体について教えてください。

Aベストアンサー

 二量体は分子が2つ結合したものを言います。結合は共有結合の場合もありますし,水素結合などによる会合の場合もあります。また,分子は同じ分子の場合も類似の別分子である場合もあります。

 つまり簡単に言うと,アミノ酸,核酸,・・・の様に,同じグループにまとめられる分子2つからなるものは全て二量体です。

 お書きの酢酸の場合は,酢酸分子2つを A, B とすると,分子 A の OH と分子 B の CO が水素結合し,分子 A の CO と分子 B の OH が水素結合した状態で存在します。つまり,2分子が水素結合で結合していますから,二量体と言うわけです。なお,これは酢酸に限らず,カルボン酸一般に言えることです。
 

Q平均分子量

平均分子量についてイマイチわかりません。高校生レベルで教えてください。

Aベストアンサー

>以下の内容は.高等学校で教えているのでしょうか。
>モル凝固点降下.モル沸点上昇.(気体の)分圧.浸透圧
これは高校化学で教えています。

みなさんの言うとおり、分子量×割合(分圧)で計算します。
平均分子量は見かけの分子量をあらわすので、その名のとおり、平均値です。
空気の場合は、窒素(分子量28)が78%、酸素(分子量32)が22%とするとこのとおり。
28×0.78 + 32×0.22 = 28.88(平均分子量)

Q結合性軌道と反結合性軌道とは?

結合性軌道と反結合性軌道とはどういうものなのでしょうか?
調べてみたのですが少し専門的で理解できませんでした。
初心者にも分かる程度にご教授お願いいたします。

また、「水素の分子軌道において、基底状態では反結合性軌道に電子が含まれない」ということも合わせて教えていただけるとうれしいです。

Aベストアンサー

分子の化学結合理論で、分子軌道法という理論の中で使われます。
文だけで分かりづらいと思うので画像をご覧ください。

まず、簡単に水素原子2つから水素分子1つができる過程を考えます。
それぞれの水素は1s軌道に電子を1つずつ持っています。
この2つの1s軌道は相互作用し、エネルギーの異なる2つの軌道ができます。
このときエネルギーの低い方の軌道は、2つの軌道の電子波の位相(波動関数の符号)を合わせて重なります。
すると重なった部分(2つの原子間)の電子密度が高くなり、この軌道の電子は2つの原子核を引き寄せ結合を生成しますから、「結合性軌道」と呼ばれます。
しかしエネルギーの高い方の軌道では、2つの軌道の電子波は位相を逆向きにして重なるのです。
すると、重なった部分の電子密度は低くなり、2つの原子間とは反対方向の電子密度が高くなります。
結果、この軌道はそれぞれの原子を結合とは逆向きに引き離し、結合を破壊する性質を持つので「反結合性軌道」と呼ばれます。

水素分子H2では、このように2つの1s軌道から結合性軌道・反結合性軌道ができます。
電子は合わせて2つです。パウリの原理に従い、エネルギーの低い軌道から電子を詰めていくと、2つの原子はどちらも結合性軌道に位置します。
反結合性軌道には電子は入っていません。

結合次数は (結合性軌道中の電子 + 反結合性軌道中の電子)/2 で求められます。水素分子の結合次数は1となります。
水素分子の結合は単結合である、ということに一致していますね。

分子軌道法はこのように考えます。

分子の化学結合理論で、分子軌道法という理論の中で使われます。
文だけで分かりづらいと思うので画像をご覧ください。

まず、簡単に水素原子2つから水素分子1つができる過程を考えます。
それぞれの水素は1s軌道に電子を1つずつ持っています。
この2つの1s軌道は相互作用し、エネルギーの異なる2つの軌道ができます。
このときエネルギーの低い方の軌道は、2つの軌道の電子波の位相(波動関数の符号)を合わせて重なります。
すると重なった部分(2つの原子間)の電子密度が高くなり、この軌道の電子は2...続きを読む

Q積分で1/x^2 はどうなるのでしょうか?

Sは積分の前につけるものです
S dx =x
S x dx=1/2x^2
S 1/x dx=loglxl
まではわかったのですが
S 1/x^2 dx
は一体どうなるのでしょうか??

Aベストアンサー

まず、全部 積分定数Cが抜けています。また、積分の前につけるものは “インテグラル”と呼び、そう書いて変換すれば出ます ∫

積分の定義というか微分の定義というかに戻って欲しいんですが
∫f(x)dx=F(x)の時、
(d/dx)F(x)=f(x)です。

また、微分で
(d/dx)x^a=a*x^(a-1)になります …高校数学の数3で習うかと
よって、
∫x^(a-1)dx=(1/a)*x^a+C
→∫x^adx={1/(a+1)}*x^(a+1)+C
となります。

つまり、
∫1/x^2 dx=∫x^(-2)dx
={1/(-2+1)}*x^(-2+1)+C
=-x^(-1)+C
=-1/x+C

です。

Q熱化学方程式からエタンC2H6の生成熱を求めよ。

熱化学方程式からエタンC2H6の生成熱を求めよ。
C2H6(気)+7/2O2(気)=2CO2(気)+3H2O(液)+1560KJ・・(1)

C(黒鉛)+O2(気)=CO2(気)+393.5KJ・・(2)

H2(気)+1/2O2(気)=H2O(液)+285.8KJ・・(3)

を教えてください!!!
Oはゼロじゃないです!!!

お願いします!!

Aベストアンサー

2C(黒鉛)+3H2(気)=C2H6(気)+Q
という形の熱化学方程式ができればいいわけです。従って(2)の2倍と(3)の3倍を加え、そこから(1)を引くといいので、
2C(黒鉛)+2O2(気)=2CO2(気)+393.5KJ*2
3H2(気)+3/2O2(気)=3H2O(液)+285.8KJ*3
2CO2(気)+3H2O(液)=C2H6(気)+7/2O2(気)-1560KJ
辺々加えるとO2とH2OとCO2が消えて
2C(黒鉛)+3H2(気)=C2H6(気)+84.4KJ
となります。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング