新人として国2で地方出先機関に入った場合、本省にいけるチャンスは何年目くらいにまわってくるものなのでしょうか?それとも毎年試験のようなものがあるのでしょうか?教えてください!

A 回答 (5件)

以前、国家二種で地方機関に採用された経験がある者です。



省庁によって事情は異なると思いますが、通常では
あまり本省に行けるチャンスはないと思います。
(試験などはありません)
基本的に、県や地方の枠を越えて異動することは
難しいようです。
あまり詳しくはわかりませんが、仕事上の勉強のためとか
本省から地方機関への異動希望者がちょうどあった場合
(需要と供給がマッチした場合)など、ある程度「運」のようなところもあるようです。

ただ、何らかの理由があれば異動は可能と思われます。
例えば、東京の夜学に通う予定だとか、東京にいる彼女(彼氏)と結婚する予定だとか言えば、異動できる可能性は高いと思われます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

実は、いずれ夜間大学院に通いたいという意思があり、この質問をさせていただきました。夜学に通いたいというのは、組織の中でいえるものなのでしょうか?

お礼日時:2003/09/24 13:53

 省庁によって異なりますが、その省庁の組織である局によっても異なります。


 ある省庁のある局では、地方勤務の希望が多いため、本省への異動希望を出すと、翌春には希望が叶うと言われています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。人事は場合によるということですね。

お礼日時:2003/09/26 15:54

これは、ひとえにその省庁の人事方針次第で差がありますね。

地域べったり派と全国回し派と。
ただ、地方機関の幹部として真面目に育成するする気があるところならば、機会を見つけて本省経験をさせようとしてます。
某省の一例ですが、本省経験がないと原則として9級以上にはしない。そのため若い時期に本省へ1回呼んで何度も往復、時には他の地方部局にも、とか。
上席係員の時期に本省でまず丁稚奉公。その際、選ぶのは試験じゃなくて、上司の推薦、ヒアリング等で上京したときに観察、逆に本省から出張の際観察とかね。
目端がきく、多少のハードワークで潰れそうにないといったところが観察ポイントかな。
なんらかの意向調査の時とか折にふれ上司に本省勤務の希望を伝えておくと通りやすいかもしれませんね。自分から志望してるというのも好印象ですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。具体的なお話でとても参考になりました。

お礼日時:2003/09/25 16:54

以前は国2はノンキャリア組だったので可能性としては0%に近い数字だったと思います。

NO.1のかたが言われているかんじですね。
しかし,今は決して0%ではないと思います。チャンスがないわけではないはずです。最近は国2で採用された方でも賢い方もたくさんおられますから。
もちろん毎年の採用試験(国1)に挑戦して合格した場合(キャリアアップ)には自分の働いている庁(もちろん本省)で採用されるのではないでしょうか?

公務員の方で夜間大学に行っておられる方いると思いますよ。私の知り合いにも高卒で公務員になって勉強したくて夜間大学に通われている方もいますから。(いま確か現役のはず)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。国1再受験で採用された方がおられるんですか!?すごいですね。

お礼日時:2003/09/25 16:52

 国家2種で採用された場合,ほとんどの場合,本省採用ではなく,地方局採用となります。

例えて言うならば,国土交通省の場合,国土交通省採用ではなく,○○地方整備局採用となります。
 本省のある関東の地方局に採用された場合は,本省に勤務することはありますが,他の地方局の場合,よほど本省から来たキャリアに気に入られない限り,本省に勤務することはありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。パンフレットの文言を真に受けてはだめということですね(笑)

お礼日時:2003/09/24 13:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q擬人化された“鬼”が出てくる漫画、アニメ

擬人化された“鬼”が出てくる漫画、アニメってありますか?

ヤイバにでてくる鬼丸くらいしか思いつかないのですが。
マスコット的キャラでもおっけーです。

Aベストアンサー

ちょっと古くてマニアックかもしれませんが、中津賢也さんの「黄門☆じごく変」という漫画には沢山出て来ます。

扱いはショッカー的ですけれど(笑)。

「擬人化された鬼」というのがいまいち理解出来ていないかもしれませんが。。。

あの「ラムちゃん」ぐらい人に近いという事でしょうか?

Q津市に無くて四日市市にある官公庁や国の出先機関は何

wikiでの津市の最初の記述に
「官公庁や国の出先機関でさえ四日市市に集約されている。」とありますが、
市水準ならどこの市にも置くから四日市にも有ろうが、
「集約」は県庁が有る津におかずに四日市に置いてあるとの意味なので、
そんな政府役所が有るはずが無い。
そこで四日市の人に伺いたい。

たとえば四日市に有る裁判所は津地方・家庭裁判所四日市支部であって
四日市地方・家庭裁判所にあらず。

Aベストアンサー

こんなものかなあ。津の方がいっぱいあるよね。
名古屋入国管理局四日市港出張所
名古屋税関四日市税関支署
名古屋検疫所四日市検疫所支所
動物検疫所中部空港支所四日市分室
農林水産省名古屋植物防疫所四日市出張所
海上保安庁第四管区海上保安本部四日市海上保安部

QPC擬人化漫画

PC、PC内部、PC周辺機器、などを擬人化した作品、漫画はありますか?

具体的内容としては、ただ楽しむものでも、勉強も出来るようなものでも、なんでも良いです。


そういう作品、漫画があったら教えてください。

Aベストアンサー

 それらに近いものであれば・・・。

OSたん
http://ja.wikipedia.org/wiki/OS%E3%81%9F%E3%82%93

 勉強には・・・ならないような(汗)


 コミックでいうと、

 CLAMP先生作品の「ちょびっツ」と赤松健先生の「AIが止まらない」などがパソコンと関連性があります。
 どちらも今となっては古いですが。

ちょびっツ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%A1%E3%82%87%E3%81%B3%E3%81%A3%E3%83%84

 TVアニメ化がされています。



A・Iが止まらない!
http://ja.wikipedia.org/wiki/A%E3%83%BBI%E3%81%8C%E6%AD%A2%E3%81%BE%E3%82%89%E3%81%AA%E3%81%84!

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/OS%E3%81%9F%E3%82%93

Q道路公団は国の機関にあたりますか?

某市役所の職員です。
今回、日本道路公団の土地と市有地を交換する話がありま。市有地の土地の面積が多いため、等価交換になりません。よって差を市から道路公団に寄付なり譲与なりであげることになります。しかし、問題となるのは、日本道路公団は国の機関になるかということです。市有地を国に譲与するのは地方財政法に違反するのではないかということです。教えてください!

Aベストアンサー

 直接のお答えではないですが、ご質問のケースは、地方財政法ではなくて、地方財政再建促進特別措置法第24条第2項の問題です。

 当該条文では、地方公共団体の寄付の制限の対象として、国だけでなく、独立行政法人、国立大学法人、日本郵政公社と並んで特殊法人が列記されており、日本道路公団についてもその対象となっています。つまり、日本道路公団への寄付は原則としてできません。

 しかし、同項のただし書きで、政令で定めるものについては総務大臣協議により認められる場合があります。

 ご質問のような等価交換のケースでは、地方財政再建促進措置法施行令第12条の3第1号が該当します。しかし、実務上どう取り扱っているかはわかりませんが、等価交換を上回る部分については、実質的な寄付となり不可能と思われます。このへんは市役所であれば企画財政課経由で県の市町村課に確かめられた方が確実かと思います。

 ところで、市有地の分割はできないんですか? 

参考URL:http://law.e-gov.go.jp/

Q冷戦or東側の国の雰囲気が分かる漫画ってあります?

東側の国が舞台の漫画とか、冷戦の裏事情を描いた漫画とか、
そういうのが読みたいです。
別に冷戦中に書かれたのでもソ連崩壊後に書かれたのでもいいですが、
プロパガンダ臭のきついのはご遠慮下さい。

Aベストアンサー

新谷かおる「バランサー」
忍者の末裔の話で後半は東西ドイツが舞台になります。
河惣益巳「ツーリングエクスプレス」
殺し屋と刑事の話で、ロシアン・エクスプレス等ロシアやドイツを舞台にした話があります。

Q上級行政機関、下級行政機関

上級行政機関、下級行政機関というのは、国家機関、都道府県、市町村の内部での関係になるのでしょうか?
例えば、地方公共団体が国の下級行政機関という表現は正しくないのでしょうか?
同様に、市町村が都道府県の下級行政機関という表現は正しくないのでしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちは。

>上級行政機関、下級行政機関というのは、国家機関、都道府県、市町村の内部での関係になるのでしょうか?

・そのとおりです。

・例えば,国土交通省と地方整備局,政令指定都市の本庁と区役所のような関係です。

>例えば、地方公共団体が国の下級行政機関という表現は正しくないのでしょうか?
同様に、市町村が都道府県の下級行政機関という表現は正しくないのでしょうか?

・地方公共団体である都道府県や市区町村は,それぞれ法人格を持っていますので,独立した行政機関です。
 
・それと,何より地方公共団体は別名,地方自治体というくらいですから,自治が認められています。ですから,地方公共団体は国の下級行政機関ではないですし,市区町村が都道府県の下級行政機関でもないです。

Q漫画にでてくるようなヨーロッパの国はどこ?

日本のファンタジー漫画に出てくるような、騎士が居て領主が居て、シスターが居てというような
欧州っぽい世界観はどこの国がベースモデルになっているのでしょうか?

Aベストアンサー

「中世ヨーロッパ」というイメージでしょうね。
個人的には、
社会システムやファッションはイギリスかフランス、
田園風景はフランス、
王城などの建築物はドイツかイタリア
街並みはフランスかスペインまたはイタリア
酒場はスペインかイタリアのような気がしますね。

いいとこ取りです。
作者によっぽど「この国を舞台にしたい!」という思いがない限りはテキトーに資料が入手しやすいものを導入していると思います。

関西弁キャラは多いけど実際には「関西弁」は存在しないのと同じですね。

Q補助機関と下級機関

行政機関は行政庁と補助機関とにわけられますが、例えば東京都では都知事が行政庁となり、副知事以下が補助機関となるわけですが、都の組織には財務局、主税局、都市整備局、環境局等がありますが、これらについて補助機関と言う表現は妥当するのでしょうか?
また知事の下級機関と言う表現は妥当するのでしょうか?

Aベストアンサー

 こんにちは。

・「補助機関」とは,名称が紛らわしいのですが,組織ではなく職員を指します。ですから,「財務局、主税局、都市整備局、環境局等」の組織そのものは補助機関にあたりません。(地方自治法第161条~175条)
http://www.houko.com/00/01/S22/067A.HTM#s2.7.2

・こうした「財務局、主税局、都市整備局、環境局等」などの組織は,「下級機関」になります。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%9A%E9%81%94

Q版権物じゃない擬人化サイト

私は擬人化が好きなのですが、ネットで検索しても出てくるのは版権物ばかり・・・。無機物や具体的な形がないもの(最近、国を擬人化した某マンガが人気ですよね)が見たいです。
どこか良いサーチや宣伝板などありませんか?近いうちにサイトを立ち上げたり、本を作ったりして活動をしようと考えているのですが、どこで宣伝したら良いのやら・・・。マイナーだから仕方ないのでしょうか。
もしサイトを作るとしたら、版権物をメインにして、その傍らで擬人化を細々やるべきでしょうか?知恵をお貸しください。

Aベストアンサー

「何を」擬人化するのか…

まだ決まってないのでしょうか?
版権無しって漫画系での版権無しって言うのであれば色々出てくると思いますが?
例えば、
 ・鉄道
 ・人工衛星(この間ははやぶさタンが流行ってたな)
 ・携帯電話
 ・PC
 ・食べ物(さっきはコーンフレーク擬人化ってのもありました)
等々

検索の方法を変えるか、ターゲットが決まってないなら満遍なく検索すれば色々出てくるのでは?

尤も、御質問者様の性別により好みが別れるジャンルですが^^;

Q医療ミス等を監視(監査?)している機関って何という機関ですか?

 病院や診療所が、適切な医療を行っているかどうかをチェックする役割を果たす機関って、どこになるのでしょうか?行政の、どこかの部局になるのでしょうか?それとも行政ではない第3者的な機関があるのでしょうか?
 どのようなチェックが行われているのかも知りたいですが、まず、社会的にそのような統制機能が存在しているのか知りたいです。
 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

正直なところ、今現在ではチェックしている機関は存在しないようです。

最近は医療ミスや事故が多くなってきていますので、厚生労働省としても対策を考えているようです。
医療安全対策検討会議というものを設けて、今後の衣料についての検討をしているようです。

http://www.mhlw.go.jp/topics/2001/0110/tp1030-1.html#1

先日、厚生労働省のHPに「厚生労働大臣医療事故対策緊急アピール」について、掲載されましたので参考URLに貼り付けて起きます。

これによると、機関的なものとしては第三者機関を設置する方向で、考えているようですね。

参考URL:http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/isei/i-anzen/1/torikumi/naiyou/daijin/appeal.html


人気Q&Aランキング