福島原発からの放射性物質の拡散の報道が連日されています。 そこではヨウ素131の量だけが対象です。
しかし、ウランやプルトニウムの核分裂では、ヨウ素131以外にもイットリウムやセシウム、ストロンチウムなど発生するはずです。
それらが報道に表れない理由をご存知の方、教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
よくわかりました。
ヨウ素131が、チェルノブイリでも唯一因果関係として見えたもんだと言うことが分かりました。

あと、プルトニウムを測定してなかったことには、驚きですが。
政府関係者(保安員)がさっさと逃げていたので、必要なかったのかもしれません。

お礼日時:2011/03/28 19:43

別に害がないからです。


それ以外も多数発生しています。
問題は、直接ふれない限り大人には害はないのです。
問題は乳児だけが被害に遭うのです。
これらは広島、長崎とそれ以外の事故で詳しく解っているのです。
大人には直接ふれない限り害はありません。
問題は、汚染が止まればよいのです。
人間は長い間太陽からの放射線に曝されてそれに耐えられる用に
なっています。
人間が最初が黒人なのは黒人しか耐えられないからです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

ヨウ素だけが、がんの可能性を持つものだと言うこともわかりました。

意外に放射性物質は、直接的な害を受けるものではないものなのですね。

お礼日時:2011/03/28 19:46

この動画を見ていただければ、どうしてこのようなことになったのか、よくわかると思います。




原子力保安院の大ウソ暴露!(関東エリア未放送)




関東では放送されていないらしいです。すべての国民は見た方がよいと思います。

そもそも国民のことは考えてない...
昨日放送されたテレ朝でも以前から震度6には耐えられないと、津波対策もされていないと長年訴えていた人が出ていました。
設計当初はそもそも予備電源も設置されていなかったとか。
想定外ではなく、知らん顔していたと。
ファイルでまとめられた内部告発の情報の資料も紹介してました。
「いずれこのままでは事故が起きる」と。
そこらへんは今後明らかになっていくと思われます。



ソース元はすでに削除されてますが(今日の記事なのにクレームあがったのかな?)
(以下コピペ)

福島第一原発のタービン建屋内の「たまり水」について、原子力安全・保安院は、
深刻な放射線障害を引き起こす可能性がある「プルトニウム」が含まれているかどうかを
調べていないことを明らかにしました。

プルトニウム239は、ウラン燃料棒が燃焼した後の使用済み核燃料や3号機で行われている
プルサーマル発電の燃料棒に含まれている放射性物質です。
半減期が約2万4000年と長く、がんなどの深刻な放射線障害を引き起こす可能性があります。
1号機から3号機のたまり水は、原子炉から漏れたという見方が強く、たまり水からプルトニウムが
検出された場合は、原子炉内の燃料棒が激しく損傷していることを示すことになります。
原子力安全・保安院は、これまで必要性が薄いとして調査していませんでしたが、
今後の状況次第で調査する考えを示しました。

テレビ朝日 03/27 11:52



なんとプルトニウムの数値についてまったく触れていないので、検出されていないのだと思っていたが。
そもそも調べてもいないと。
さらに調べる機器がないらしく。
放射能をすべて調べているのではないらしい。
検出された一つをつまみ上げて安全だ、大丈夫だって言っていたのか...

この話題に触れると、騒いでも仕方ない、過剰反応だとか思われる人もいるだろうが。
でも黙って耐えるのがいいとも思えないです。
自分に問うのは、
周りの目が怖いか。真実について語るより、自分がどう思われるか評判の方が大事か。
う~ん、質問責めにして黙らせようとする人も出てくるかもせれませんが。
なんといっても私は無知だから。
騒ぎ立てるのは本望ではない。かと言って暖かく見守りましょうというのも、結局知らん顔ではないか。
この原発について、食料について考えなおすことが国民すべてに求められている事ではないか。

現場で頑張っている人達がいるのは百も承知。
しかし津波や地震対策を真剣に取り組んでいれば、彼らをこの状況に追い込む事も防げたという事。

原発、過酷な現場 食事はカロリーメイト・椅子で睡眠
http://www.asahi.com/national/update/0324/TKY201 …

危険な任務にあたっている彼らをまとめる管理体制に問題はないのだろうか?

大気中の核実験時の3倍の量が降り注いだと。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/110325/dst …


大切なのは、これからどうするべきか。
第二第三の福島を防がなければならない。
全国の原発に耐震工事と津波対策をさせるべき。
プルトニウムなど危険な放射線物質の測定をし公開すること。
やってると思うが細かい全国各地の海の測定数値も知りたい。 .
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

ヨウ素以外の核分裂し生物としては、ヨウ素を測定しているだけのようです。

その上、プルトニウムまで測定していなかったのは、完全なミスですね。

保安員がさっさと逃げていましたので、プルトニウムのような原発近辺でしか考える必要のないものは、測定するつもりもなかったのでしょうね。

政府の在り方に大きな問題があります。
できる限り早い時点で、政府と保安員の在り方を追求する必要がありそうです。

お礼日時:2011/03/28 19:40

察してください 半減期が如何せん長すぎます。



避難距離も5キロが今では この質問は少しきついです。

電気回復で冷却予定も、強い放射線では、作業ができず、
今まで被曝してきた下請けも、今月末で退職するかも。

と言うのが現在おかれている現状でしょう。

すべてを明らかにして国民に苦しみをお願いするのが勇気。

勇気がなければ隠します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

隠しているのでしょうか。
いくつか、隠しているものがあったようですが、ヨウ素以外の物質のことは、測定されていないのと、放射線量としては、ヨウ素換算などもして発表しているようですね。

状況確認に努めます。
再度、ありがとうございました。

お礼日時:2011/03/28 19:36

私も飛散している放射性物質や漏れている放射性物物質のことが知りたいとおもっています。

テレビでは報道をあまりされませんがセシウム134・137は結構前から飛散しているようですね。また水たまりからテクネチウムなど9種類が確認と新聞に載っていました。その9種類が知りたくて、いろいろ調べましたが、わかりませんでした。燃料のウランペレットが健全でないというのであればウランやプルトニュウムがでそうだなと素人ながらおもっております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

コメントありがとうございます。
やはり、ヨウ素以外も出ているのでしょうが、測定する必要がないと判断されているのが理由のようです。

お礼日時:2011/03/28 19:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング