1作目をみました。飛行機墜落から逃れた人たちが、不慮の事故で順々に亡くなっていきます。
風呂場で首吊りとなった人には、水が襲い掛かっていましたが、なぜか「オカルト」っぽかったです。
なぜ、あのような作り方になったのでしょうか?
それ以降は、偶然はあるにしても、理論的に考えられることです。
最初はオカルトっぽく作っていて、方向転換したのでしょうか?
わたしは、オカルトっぽいのはいいのですが、理論的に考えられない事象でことが運ぶのはイマイチです。

A 回答 (2件)

オカルトっぽくなったわけはわからないですが、


やはりあの時飛行機事故で死ぬべき人だったわけですから(言い方悪いけど;)
死んで当たり前、という設定のためそうなったのではないでしょうか?
つまり死神がそうさせてるみたいな・・・

だから実際は水がひいたりするのはおかしいけど
死神がそうさせてるから現実には起こらないようなことが起こる、と私は解釈してます

破傷風になるとかいきなり看板が落ちてくるってのは
やっぱりおかしなことですからね^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2003/09/27 21:58

>最初はオカルトっぽく作っていて、方向転換したのでしょうか?


そのような背景があるか?は知らないのですが
私もあのシーンの演出は、作品の意図から逸れているなと感じました。
水が溢れていくのはいいのですが
溢れた水が意志を持ったかのように退いていくのはマズイですよね。

私は、演出の考えが浅かったんだと思っています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうです。水があふれるのはいいのですが、水がきれいにひいて行くところが、あやしいですね。

お礼日時:2003/09/25 22:58

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング