お勧めの本を探しています。

昔の恋をいつまでも思っててもナアと思う反面、

もう新しい恋は無理だろうと思う今日この頃。。

新しい恋をしたいわけでもないけれど、、ひとりもさ

びしい。。というわけでこんな私にぴったりの恋愛小

説ないでしょうか?

なんでもありの愛って言うより、じーーんとくるのがいいな

助言待ってます


冷静と情熱の間、テレビでみました。ああいうのも好きです

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

ひとつの恋にピリオドを打ったあと、いつも読んでいたのが「唯川 恵」さんの本です。

女性の微妙な心理を的確に表現していて、う~んあるある!って納得させられる本が多いです。新しい恋への希望も湧いてくるものが多いです。

あとは、あまり知られてないけど、高見恭子さんの本もおすすめです。切ない女心の表現がステキです。

いつも恋愛に忙しくしているよりも時には インターバルもいいですよね。
一人の時間をたっぷりもって、自分と向かい合って次の恋にステップアップしてください。
新しい恋は、無理・・なんてさびしいこといわず、生涯恋愛体質の女でいてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

高見恭子さんって女優さんでいましたよね?もしかしてその方でしょうか??(違いますよね。。。(^^;)


>新しい恋は、無理・・なんてさびしいこといわず、生涯恋愛体質の女でいてください。
なんだかジーンと来てしまいました。。
別れてもう4年になってしまいましたが、今将来に向かってスキルアップ中です。ちょっと疲れることもありますが、そんなときに本を読んでリラックスしてみます。次いい恋ができるように。。

お礼日時:2003/09/27 00:57

私がお勧めするのは氷室冴子さんの「海がきこえる」です。


続編として「海がきこえる~アイがあるから~」があります。
さわやかです。恋愛小説・・・としては
少し物足りないかもしれませんが、
でも私自身読んだ後
「恋っていいなぁ、青春っていいなぁ、学生っていいなぁ」と思ってしまいました。
なんともいえない甘酸っぱい青春の疑似体験が出来たような気がしました。笑
スタジオジブリによってアニメーション化もされていましたし、すでにご存知でしたらごめんなさい。

参考URL:http://plaza.harmonix.ne.jp/~morisaki/intro.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイス有難うございます。
今の本が読み終わったら、次の本として参考にさせていただきます(^^)

お礼日時:2003/09/27 00:44

『デッドエンドの思い出』(よしもとばなな著)という小説は、短編集ですが、一話一話読み終えたあと感動に浸れる作品です。


よしもとばなな自身も「この作品がかけたので、小説家になってよかったと思う」と言っていました。
是非是非!お奨めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほどおお
なんだかとても気になります
ぜひ読んでみます
ありがとうございました

お礼日時:2003/09/27 00:45

こんにちわ



わたしは江國香織さんが恋愛小説では大好きです。(あの映画の「冷静と~」はちょっとどうかと思いましたが)No.4のかたも仰ってますが「神様のボート」はいいですよ。「落下する夕方」も「昔の恋を~」というひとには入りやすいかもしれません。
あとはじーんとくるのなら、ちょっと意外なとこ(?)で浅田次郎がお勧めです。恋愛なら短編で「ラブレター」(鉄道員)や「うたかた」(見知らぬ妻へ)なんかですかね。長編になりますが「珍妃の井戸」とか・・・とにかく作品全体がこれでもか!というくらい「愛」を表しています。

全然タイプは違いますけど、いかがでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

これでもかっていう愛。。
ちょっと興味あります!

珍妃の井戸。。きになります(^^)
ぜひぜひこれも読んでみたいです
アドバイスありがとうございます

お礼日時:2003/09/27 00:50

こんばんわ。


「冷静と情熱のあいだ」イイですね。私も好きです。
原作の江國香織さんの小説はどれもおススメです。
「ホリー・ガーデン」や「神様のボート」あたりが
今の気分なら良いかもしれませんね。
昔の恋愛を何げに引きずっている。。。というあたりが
「ホリー・ガーデン」にぴったり。

私はけっこう小説は作家で選ぶので。。。
ドラマにもなった「恋愛中毒」を書かれた山本文緒さんもおススメですし、
文体的にはあまり面白くないのですが(クセがないというか。。。)
狗飼恭子さんも読み易く、ちょっと切なくなるような小説を書かれています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんわ
先日東京へ行った際、飛行機の中で読もうと八重州ブックセンターでホリーガーデンを探し(どうでもいいことを説明するあたり本の影響でしょうか。。w)早速読んでいます。
おっしゃるとおり、主人公の行動と話のゆっくりとした展開が今の自分にあってます。
家に帰ったらアノ本を読もう!とおもうとなんだか楽しみが一つ増えていいですね

そのほかにもアドバイスを参考に読んでいきたいと思います。
ほんとうにありがとうございます。

お礼日時:2003/09/27 00:43

こんにちは。


『冷静と情熱のあいだ』…私もハマリました。いいですよね。

私が好きな小説は、
『虹が…』(佐藤愛子著)<高校時代から今でも好きで読みます。純粋な気持ちをいつまでもって感じです>

『哀しい予感』(吉本ばなな著)<恋愛だけがテーマじゃないのですが、イイです>

『サヨナライツカ』(辻仁成著)<波乱万丈です>

一気に読まないと気が済まなくなる感じです。
ちょっと物足りなかったらすみません。
ご参考までに・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんわ
ホリーガーデンと2jicoさんお勧めのサヨナライツカが特に気になったのですが、今はホリーガーデンをよんでみてます。サヨナラのほうも調べてみるとすごく
おもしろそうなので次はぜひ読んでみようと思います

あどばいすありがとうございます

お礼日時:2003/09/27 00:47

 ジンとくる話なら、「バーバラ・カートランド・ロマンス」シリーズはどうでしょうか。


 同名の作家さんが執筆したハーレクイン系統なんですが、この系統が苦手な私もすらっと読めました。母の持っていた『ギリシャの光』『王子とペギニーズ』が切っ掛けです。
 約200の作品があるので、どんな本屋(古本屋)や図書館にも一作くらいは置いてあるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事ありがとうございます
ちょっと買うのがドキドキしますが、、書店に行った際にチェックしてみます!
ありがとうございます

お礼日時:2003/09/27 00:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【おすすめの恋愛小説】

【おすすめの恋愛小説】
恋愛小説を読みたいのですが、みなさんのおすすめを教えていただきたいです。
因みに私が好きな本は
盛田隆二「夜の果てまで」と、あと石田衣良の恋愛ものは何冊か読みました。

ケータイ小説は小説ではないと思っているので、それ以外でお願いします。
あと私自身が大学生なので、それくらいの年齢の人の話がいいです。

Aベストアンサー

豊島ミホさんの『エバーグリーン』
小手鞠るいさんの『エンキョリレンアイ』『サンカクカンケイ』『レンアイケッコン』
中村航さんの『絶対、最強の恋のうた』『僕の好きな人が、よく眠れますように』
村山由佳さんの『おいしいコーヒーの入れ方シリーズ』
有川浩さんの『レインツリーの国』
橋本紡さんの『流れ星が消えないうちに』
新海誠さんの『秒速5センチメートル』

全てさらっと読める穏やかな感じの小説です。
ドロドロの恋愛事情が好きな方には物足りないかも…?

Qおすすめの本~高校生にぴったりな~

現在、高校三年です。進路で忙しい時期でもありますが、社会人になると忙しくなり、ゆっくり本を読む時間もなくなってくるのではないかと思い、人生の先輩方である大人の方々のおすすめの本があれば教えてもらいたいと思いました。いくつも過去に「おすすめの本」で回答なされていますが、私の好きなジャンルで質問したいと思います。重複の質問になるかも知れませんが、回答のほどよろしくお願いします。

私が今まで読んできた感じの本を挙げますと・・・
・推理小説
  西村京太郎、真保裕一、宮部みゆき等々
・人生観の本
  新書の本で、”人生”について書かれているよう  な本です。トルストイの「人生論」等々
・歴史小説
  吉川英治、池波正太郎、司馬遼太郎等々
・ファンタジー
  ハリーポッター、ダレンシャン等々
とまぁ、幅広いジャンルを読んでいるのですが、先日夏目漱石の「こころ」を読みました。いつもは上記のような軽く、読みやすい本を読んでいるせいか、読むに大変でしたが、これぞ文学作品と思わせる内容で大変おもしろかったです。
いよいよ本題なのですが今、高校生であり思春期のこの時期にぜひ読んだほうがいいと思うものはありますか?できれば学校の図書室にあるような、名作がいいです。名作というと、敷居が高い感じがしてどうも手が伸びにくいです。高校生でも知っている名前の、「夏目漱石」「芥川龍之介」「森鴎外」「太宰治」等々の文豪の中でも読みやすい人っているのでしょうか?また読みやすい作品、分かりやすく面白い作品、人生観を変えてくれるような作品、心打たれる作品等々。
要望もいろいろとあり長くなりましたが、上記を踏まえて無くても結構です。おすすめの本を教えていただけたら幸いです。よろしくお願いします^^

現在、高校三年です。進路で忙しい時期でもありますが、社会人になると忙しくなり、ゆっくり本を読む時間もなくなってくるのではないかと思い、人生の先輩方である大人の方々のおすすめの本があれば教えてもらいたいと思いました。いくつも過去に「おすすめの本」で回答なされていますが、私の好きなジャンルで質問したいと思います。重複の質問になるかも知れませんが、回答のほどよろしくお願いします。

私が今まで読んできた感じの本を挙げますと・・・
・推理小説
  西村京太郎、真保裕一、宮部みゆき...続きを読む

Aベストアンサー

ANO.1で回答した者です。
補足で質問頂いた件にお答えしたく、もう一度カキコミさせて頂きます。

川端康成で私が好きなのは、「雪国」(トンネルを抜けると~の始まりで有名です)とか、「古都」です。
私的に、川端康成は自分の伝えたいことを執拗なまでに繰り返し繰り返し書く人だなあ、と思います。そのあたりを耐えられる、気の長い人にはオススメなんですが…。風景描写とか美しいです。

後、伊藤左千夫の「野菊の墓」もオススメです。
学校の図書館にもあると思うので、よろしければ是非。

Qおすすめの恋愛小説おしえてください

おすすめの恋愛小説を教えてください。
ちなみに私は村上春樹の「ノルウェイの森」が好きです。

Aベストアンサー

「楽園」鈴木光司
壮大な愛の話です。
女も男もかっこいいです。
ノルウェーとはタイプが異なりますがお勧めです。
よかったら読んでみてください。

Q松尾芭蕉の忍者説の本

松尾芭蕉が忍者であったという説の本を探しています。
30年位前に一度読んで大変面白かったので、もう一度読んでみたいと思い、ネット検索をしたり図書館の司書さんに
調べてもらったりしたのですが、分かりませんでした。
「奥の細道」から芭蕉の足跡を辿りながら、普通の人間では考えられない行程を元に、芭蕉が忍者であったという仮説を
立証していくような内容の本だったと思います。
1980年以前の刊行だと思うのですが、斉藤栄著の「奥の細道殺人事件」ではありません。
どなたかご存知の方がおられましたら、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

質問のイメージだと少なくとも作者はまじめに立証しようとしているように思われるので、ちょっと違うかもしれませんが、小林信彦の「ちはやふる奥の細道」が、このテーマを素材にしています。自称日本通の外人作家の作品を小林信彦が翻訳したという設定になっており、外人作家の勘違い(わび+さび=ワサビ等)が爆笑を誘うという趣旨です。ただ、この小説の前提として芭蕉忍者説があることがネタになっていますので、まじめにとりあげた本もあると思われます。

参考URL:http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=05683480&introd_id=Xmo46Wkkoo6i9899i81GiAXm62G83m65&pg_from=u

Q大人の恋愛小説のおすすめは?

大人の恋愛小説のおすすめってありますか?
いろいろ教えてください

Aベストアンサー

五木寛之作品はいかがでしょうか。

『哀しみの女』←画家のエゴン・シーレのエピソードと絡めたものです。シーレの絵は見たことあるような・・・って程度でも大丈夫!
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/search-handle-form/250-2440023-5456242

『レッスン』←これは映画になりました。
http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD28358/story.html

 五木さんて最近人生論を書かれているのでそのイメージが強いですが、小説で大人の女性を描くのがものすごく上手い人ですよね。熱いコーヒーなんか飲みながら読むと、ちょっと優雅な気分になります(笑)。

Qああなんかないか?!おもしろいの!

おもしろい本が読みたいのですが・・・
なんかないですか?
ダレンシャンやアルテミスファウル、デルトラクエストはもう読みました。
ほかにもいろいろと読みました。
森絵都さんのものもすべて読みたいへん困っております。
ファンタジーものが大好きです。
夏目漱石のような本はあまり好きではありません・・・
どうか紹介してください!!!

Aベストアンサー

いいですよね、デルトラ♪森絵都さんはカラフルが好きです。
ライトノベルいいですかー?!
・十二国記(小野不由美)~12巻
  ライトノベルの域超えてます。でも知ってるでしょうね・・・・
・彩雲国物語(雪乃紗衣)~10巻?
  最初(除く2冊目)が面白い。まだ完結してないです。
・西の善き魔女(荻原規子)全8巻
  私のバイブル。。
・空色勾玉、白鳥異伝、薄紅天女(勾玉三部作)(荻原規子)全3巻
  これもだいすき☆
・デルフィニア戦記シリーズ(茅田砂胡)全18巻
  微妙に続きっぽい他のシリーズもおすすめ。
・アルスラーン戦記(田中芳樹)~12巻
  アルテミスファウルがいけるならこれも是非・
・薬屋探偵妖綺談シリーズ(高里椎奈)
  結構推理モノ。第一部完結しました。他もおすすめ。
・戯言シリーズ(西尾維新)全12巻?
  言葉遣いが印象的。

・・・・・とりあえずぱーっとでてきたのはこれくらいです。あ、エミリー・ロッダ(デルトラの作者)の他の作品(ローワンシリーズとか)もたのしかったですよ!!

Q学園物の恋愛小説のおすすめ

学園物の恋愛小説で、ライトノベル以外でおすすめのものを教えてください。

Aベストアンサー

中田永一『百瀬、こっちを向いて』
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/439633608X.html

Q午後のお茶にぴったりのミステリーは?

午後のお茶の時間にぴったりのミステリー小説を教えてください。
素敵なシチュエーション、小粋な会話など、上質な娯楽としての小説が良いです。
午後お茶小説として好んで読んでいるのは、
アガサクリスティ、ドロシーLセイヤーズ、PGウッドハウス。
アシモフの黒後家蜘蛛の会も昔好きでした。
「日常の謎」系では、北村薫さんの円紫師匠シリーズが好きだったので、
同時期の日本人作家さんのは、あれこれ読んでみたのですが、他はあまり…でした。
ただ、最近の作家さんのは未チェックです。
他に、テレビにおける刑事コロンボみたいな感じの作品も好きです。
それと、初野晴さんのハルチカシリーズも好きです。
(どっちかというと青春小説として読んでいますが…。)

ちなみに、米澤さんの○季限定~事件、クレオ・コイルのコーヒーシリーズ、
ローラ・チャイルズのお茶シリーズは、ウォッシュバーンのお料理名人シリーズ、
あと、ネコが表題のシリーズ(ごめんなさい、シリーズ名と作家名は忘れました)は、
それぞれ1、2冊読んだ事があるけれど、
方向性は好みかなと思ったのだけど、あまり合いませんでした。
ただ、たまたま手にとった巻が合わなかっただけかもしれないので、
この巻は抜群に面白い!っていうのがあれば教えてください。
また、本屋対象の「謎解きは~」は既読です。

食べ物が題材になっているものには限りませんが、
読むと、お茶(コーヒーでもOK!)したくなるような、
お茶やお菓子がひときわ美味しく感じられるような、
そんな作品だとうれしいです。

午後のお茶の時間にぴったりのミステリー小説を教えてください。
素敵なシチュエーション、小粋な会話など、上質な娯楽としての小説が良いです。
午後お茶小説として好んで読んでいるのは、
アガサクリスティ、ドロシーLセイヤーズ、PGウッドハウス。
アシモフの黒後家蜘蛛の会も昔好きでした。
「日常の謎」系では、北村薫さんの円紫師匠シリーズが好きだったので、
同時期の日本人作家さんのは、あれこれ読んでみたのですが、他はあまり…でした。
ただ、最近の作家さんのは未チェックです。
他に、テレビにおけ...続きを読む

Aベストアンサー

いわゆるコージー・ミステリーというジャンルですね。


以下ウィキからコピペです。


☆★☆

現代におけるコージー・ミステリ

時代が下がった現代においては女性を読者対象としたコメディタッチの推理小説を主にコージー・ミステリと呼称する。大抵の場合、主人公の恋愛などのロマンス要素も含んでいる。

最も多いパターンとしてはアメリカやカナダなどにある住人同士がほぼ全員顔見知りであるような田舎町を舞台とし、主人公の探偵役となるのはその町に住む女性である、という物があげられる。 主人公は癖のある周りの人々に振り回されつつ事件を解決するというのがパターンである。

上記のパターン以外にもニューヨークやハリウッドなどの大都会を舞台にし、キャリア・ウーマンが探偵役として活躍するというタイプも存在する。

コージー・ミステリは欧米で発展したものであるため日本ではほとんど作例が無く、これに近いものは「日常の謎」系統の作品となる。

主な作品

ナンシー・アサートン
優しい幽霊シリーズ(ランダムハウス講談社文庫)

ドナ・アンドリューズ
メグ・ラングスローシリーズ(ハヤカワ文庫)

リヴィア・J・ウォッシュバーン
お料理名人の事件簿シリーズ(ランダムハウス講談社文庫)
アリス・キンバリー(クレオ・コイル)
ミステリ書店シリーズ(ランダムハウス講談社文庫)

アリサ・クレイグ(シャーロット・マクラウド)
ジェネット&マドックシリーズ(創元推理文庫)
ディタニー・ヘンビットシリーズ(創元推理文庫)

クレオ・コイル
コクと深みの名推理シリーズ(ランダムハウス講談社文庫)

フランク・シェッツィング
グルメ警視キュッパー(ランダムハウス講談社文庫)

リンダ・O・ジョンストン
ペット探偵シリーズ(ランダムハウス講談社文庫)

ローラ・ダラム
ウェディング・プランナーシリーズ(ランダムハウス講談社文庫)

ジル・チャーチル
ジェーンシリーズ(創元推理文庫)

ローラ・チャイルズ
お茶と探偵シリーズ(ランダムハウス講談社文庫)

リリアン・J・ブラウン
シャム猫ココシリーズ

ジョアン・フルーク
お菓子探偵ハンナ・スウェンソンシリーズ(ヴィレッジブックス)

キャサリン・ホール・ペイジ
フェイスシリーズ(扶桑社ミステリー)

シャーロット・マクラウド
シャンディ教授シリーズ(創元推理文庫)
セーラ・ケリングシリーズ(創元推理文庫)

ダイアン・デヴィットソン
クッキング・ママシリーズ(集英社文庫)

☆★☆

お勧めはお菓子探偵ハンナかな・・。
何冊か持ってます。

第一作目は

「チョコチップクッキーは見ていた」です。

(出版社からの内容紹介)

ハンナはお菓子作りの腕をいかして、世界一おいしいクッキーを出すお店を経営している。店の評判は上々、地元の人たちのくつろぎの場として愛されていた。そんなハンナの悩みといったら、「結婚しなさい」とうるさい母親くらいのもの。忙しくものどかな毎日だったが、ある日、店の裏手で牛乳配達人の死体が発見され、町は大騒ぎに。義弟である保安官助手に捜査を手伝うと約束してしまったことから、ハンナは自慢のクッキーを手に町の人たちへの聞きこみを始めた。おいしいものの前ではだれしも口が軽くなる。思わぬ名探偵ぶりを発揮するハンナだが…。甘くコージーなお菓子ミステリー・シリーズ第一弾。

あと、安楽椅子探偵ですが、

ジェームズ・ヤッフェの「ママ探偵シリーズ」は大好きな作品でした。

「ママ、手紙を書く」(創元推理文庫)

内容(「BOOK」データベースより)
警察が悩む難事件も、ママにかかっては子供の遊びも同然だった。なにしろ、家で話を聞いているだけで、事件を解決してしまうのだから。そんなママが、西部に引っ越したデイヴを訪ねて、はるばるブロンクスからやってきた。そこに発生した助教授殺し。悩むデイヴの前にママは名推理を披露する!安楽椅子探偵の代表の一人とされる、あのママが帰ってきた!新シリーズ第一弾。

発行年が古いので、
古本屋などでしか手に入らないかもしれませんが・・。

いわゆるコージー・ミステリーというジャンルですね。


以下ウィキからコピペです。


☆★☆

現代におけるコージー・ミステリ

時代が下がった現代においては女性を読者対象としたコメディタッチの推理小説を主にコージー・ミステリと呼称する。大抵の場合、主人公の恋愛などのロマンス要素も含んでいる。

最も多いパターンとしてはアメリカやカナダなどにある住人同士がほぼ全員顔見知りであるような田舎町を舞台とし、主人公の探偵役となるのはその町に住む女性である、という物があげられる。 主人公は癖のあ...続きを読む

Q恋愛小説/甘い/ライトノベル/おすすめを教えて下さい

恋愛小説/甘い/ライトノベル/おすすめを教えて下さい

甘い恋愛小説で
オススメの少女小説・ライトノベルをできれば、
沢山教えて頂きたいです。(古いものでも可)

BL以外で、密度が高いものが好きです(花織、銀バラのような・・)
ファンタジーなどでもかまいません。
どうぞ宜しくお願い致します。


------------------------
読んだもの

藤本ひとみ
花織高校シリーズ
銀バラシリーズ

なんて素敵にジャパネスク
 
彩雲国物語

--------------------------

Aベストアンサー

再度、回答させて頂きますね☆

私が紹介した中でのオススメは、『ちょーシリーズ』ですね!!
簡単に説明すると、『ある森に、美しい姫・ダイヤと野獣が仲良く暮らしていた。だが呪いが解け、野獣が美しい王子・ジオに戻ったのを見たダイヤは、喜ぶどころか不機嫌に! 元の野獣に戻してもらうため旅立つが…。』という感じで話が進んでいきます。
。甘いだけじゃないんですよ☆ダイヤの口調の変化にも面白さがありますし♪
美男美女なのに変なカップル!だけどラブラブなのが私的にツボなんですよ(*^^*)

下記で試し読みも出来ますので、一読あれ♪♪

参考URL:http://cobalt.shueisha.co.jp/meisaku/cho/index.html

Q目隠しされても埋められても見えてしまう女の子のお話

母(もうすぐ60歳)が子供の頃に読んだ本についてお伺いします。

目を閉じても「見える」女の子のお話です。
人の心を読めてしまうのか、みんなに気持ち悪がられ、
「こうすれば見えないだろう」ということで
みんなに目隠しをされ、それでも見えてしまうので、
とうとう最後には土に埋められてしまうのだそうです。
そして、それでも土の中から女の子は見えていたのだそう。

母が、どうしてももう一度読みたいと言うのですが、
タイトルなど詳細が分かりません。
子供向けの本のようで、岩波文庫のシリーズだったようです。
どなたかご存知ありませんか?

あるいは、直接本についてご存知なくても、
どこに尋ねればより情報が得られるかについても
アドバイスいただければありがたいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

岩波少年文庫から出ていた「星のひとみ」(昭和28年発行)ではないでしょうか? 残念ながら今はもう出ていないようですが。岩波少年文庫の「星のひとみ」でしたら、訳者は「万沢まき」という方です。翻訳本は訳者によってだいぶ雰囲気が変わりますから、想い出の本などの場合には、なるべく同じ訳者さんの方がよいような気がします。アマゾンのユーズドに出品されています。


人気Q&Aランキング