Soralisに詳しい方、ご回答ください。
私はあまり詳しくないので、今SOFTBANK社の「Soralisコマンドスーパーリファレンス」を読んでいたのですが。。
p157の再起動または停止(shutdown)のところなんです。使用例で、#/usr/sbin/shutdown -i5 -g0 -y は、"ただちにリブートします"と書いてあるのですが、確かリブートのオプションは、-i6では?-i5は電源OFFですよね。これってこの本の誤植なんでしょうか。。何か気になるので確認したいのですけど。。Soralisプロの方で、この本持ってる方、p157の使用例のとこ見て頂けませんか。お願いします。

A 回答 (4件)

私もこの本は持っていませんが、


# /usr/sbin/shutdow -i5 -g0 -y
正しい表現と思います。
マルチユーザで、システムを利用している場合はを想定しています。

shutdownコマンドは、スーパーユーザが使用します。
-i
init state

i0:オペレーティングシステムの停止
i1:管理状態
i2:sまたは、Sシングルユーザモード
i5:電源を切っても安全なようにマシンを停止します
i6:オペレーティングシステムを停止して、/etc/inittabの
initdefaultの定義に従ってリブート

run levelに相当するものです。

-gXX
grace-period
ディフォルトは、60秒
The system will be shutdown XX (minutesまたは、seconds)

-y
ユーザの介入を必要としません。
Do ou want to continue ? (y or n):

Solarisが利用できるようになったら、
man shutdown
で確認してください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳細なご教示ありがとうございます。
man shutdown で確認してみます。

お礼日時:2003/09/24 22:48

No.3の訂正です。




質問の趣旨からいえば、-i5は、明らかに、-i6の誤りだと思われます。

質問の趣旨を取り違えていました。申し訳ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いえいえ、やはりそうですよね。
リファレンス本でもそんな間違いがあるんですね。
ソフトバンクさんも、ちゃんと確認してから出版してほしいものですね。ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/24 22:54

その本は残念ながらもっておりません。



たしかに5はpower-offで、rebootは6ですね。

各run-levelの正確な意味についてはinit(8)をご参照ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。やっぱりそうですよね。
個人の書いたmanualをチェックしていたら、(別件なんですが)間違いに気づき、本で確認していたらコレまで怪しく。。もう何も信じられない。。(とか(^^;)頑張ります。ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/24 06:44

わたしも「-i6 はシステムをリブートへ」と記憶しております。



でも正解は、オンラインマニュアルを見てください。
man shutdown で調べてください。

参考URL:http://www.b-dash.net/solaris/solaris_4.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

情報ありがとうございます。やはり。。この手のリファレンス本でこんな間違いが許されるんでしょうか。。コレのせいで誰かかけだしのシステム管理者さんとかがシステム操作を誤った場合、かなりまずいのでは。。(ここはソフトバンク社にも確認してみます。)ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/24 06:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q遠隔操作でシャットダウンするコマンドあるいはその他の方法

LANでつながったPCを遠隔操作でシャットダウンさせようと考えています。
特にシャットダウン用のソフトを使わないでも、Windowsに最初から備わっている機能でシャットダウンさせる方法は無いでしょうか?

また、学校のPCを使っていると「このコンピュータはネットワークの管理者によりシャットダウンが開始されました。あと○分でシャットダウンされます。終了される前にデータを保存して下さい。」というような趣旨の表示が出て、ネットワーク管理者が一斉に管理下のPCを遠隔操作でシャットダウンしてしまうのですが、これはどういう方法でやっているのでしょうか?

もしできるとすれば、このあと○分でシャットダウンというのを自分で好きなように30分とか120分とか指定することは出来るのでしょうか?

またシャットダウンではなく、スタンバイや休止状態にさせることも可能なのでしょうか?

ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

XP でしたら標準でリモートシャットダウンコマンドを持っています。
下記の情報を参照してみてください。

http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/374rmtshutdown/rmtshutdown.html

ちなみに

> 「このコンピュータはネットワークの管理者によりシャットダウンが開始されました。あと○分でシャットダウンされます。終了される前にデータを保存して下さい。」

というメッセージは上の方法でシャットダウンをかけたときに表示されるものです。

Q/usr/share/docについて

/usr/share/docにはどのファイルが含まれていますか?
という問題に対して

答えが「アプリケーションソースコードから作成された文書」

とある。

私はほかの選択肢「インストールされたパッケージに関する追加情報」と思うのですがどうでしょうか?

回答のほどよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

どちらも間違いだと思います。

単なるREADMEとかChangeLog(変更履歴)等の情報ですから「インストールされているアプリケーションに関する説明文書」という説明が一番しっくりくるような気がします。

「アプリケーションソースコードから作成された文書」は、ソースコードから作成された文書ではない(人の手で書いたもの)ですので×でしょう。多分これはJavadocのようなものをイメージしていると思われますが、/usr/share/docの中に入っているものはあくまでも手書き文書なので相当しません。

「インストールされたパッケージに関する追加情報」は
rpmパッケージに関する追加情報という意味でしょうが、必ずしもrpmパッケージだけでなく、ソースコードからmake, installしても/usr/share/docにドキュメントが配置されるものもありますから、×(まぁオマケして△ぐらい)かなと思います。

相変わらずの悪問ですね。

QQNXのシャットダウンコマンド

Linuxは、halt -p というコマンドで、
シャットダウンしつつ電源のパワーオフまで可能ですが、
QNXにはパワーオフまで出来るコマンド及びオプションは無いのでしょうか?

Aベストアンサー

ざっと見た感じ、電源断までを一括で行うコマンドは、標準ではなさそうですね。
QNX自身が組込み用のOSなので、APMやACPIはサポートしていないようです。

回答になっていませんが、参考URLを付けときます。

参考URL:http://www.qnx.co.jp/developers/docs/6.3.0SP1JP/neutrino_ja/sys_arch/power.html?printable=1%22

Qmanページの文字化け(PAGER /usr/bin/lv)

LINUX初心者です。manページの文字化けで困っています。

以下確認した設定です。
・「/etc/man.config」で「PAGER /usr/bin/lv」になっている。
・「rpm -qa」で「lv-4.51-3.1」がインストールされていることを確認した。
・「/etc/sysconfig/i18n」で「LANG="ja_JP.eucJP" SUPPORTED="ja_JP.eucJP=ja_JP=ja"になっていることを確認した。
・「/etc/profile」で「MANPAGER=lv」になっていることを確認した。

konは利用できますが、konからではなくmanページを直接文字化けなしで
開きたいと思っています。

よろしくご指導をお願いします。

Aベストアンサー

通常のテキストコンソールでは
日本語フォントを持っていないので、
日本語表示はできません。
(vga textモード)

従って、
・日本語フォントを自前で持ち
・日本語の文字コードを理解し、
・vga graphicsモード(cf. vesa)で日本語フォントを図形描画してくれる
kon,jfbterm 等の仮想コンソールプログラムが必要になります。

その他、Linuxカーネル自身にパッチを当てて、
jfbtermと同様の方式により
起動直後から日本語表示を可能をする方法もあります。
しかし、お勧めできる方法ではありません。

Qシャットダウン時にコマンド実行

OS:WindowsNT

OSをシャットダウンすると同時に、とあるコマンドを
実行できないものかとツール等を検索していますが、
なかなか見つかりません。
どのような方法があるのか、ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

ツール的にはベクターなどで調べればあるのですが
OS自体に備わっている内部命令(API)に
確かにシャットダウン前にコマンド実行する命令は存在しておりますが、確実に動作するとは限らなかったと覚えています<サポートも積極的ではなかった覚えが・・・

時間のかかる処理や重要な処理をシャットダウン時に
行うのでしたら止めといた方がよいかと・・・

QLinux shutdown/reboot時の動きについて

Linuxにおいて、OSをshutdownまたはrebootすると
rcスクリプトが動作したりプロセスがSIGTERMを受信したりしますが、
shutdownコマンド投入から電源断までに、
プロセスがどのような順番、方法で停止するか教えてください。

(1)rcスクリプトによる停止が先か、SIGTERM受信による停止が先か
(2)SIGTERMは全プロセスに対して送られるのか
(3)rcスクリプト、SIGTERM以外にもプロセスが停止する契機・方法があるか

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

shutdown,reboot,halt などを実行すると
/etc/inittab の該当部分のランレベルのスクリプトが動くはずです。
詳しくはman shutdown や、man inittab を参照してください。
============= /etc/inittab より抜粋 =========================
# ランレベルごとの処理(各ランレベル用のrcスクリプトを実行し、その終了を待つ)
l0:0:wait:/etc/rc.d/rc 0
l1:1:wait:/etc/rc.d/rc 1
l2:2:wait:/etc/rc.d/rc 2
l3:3:wait:/etc/rc.d/rc 3
l4:4:wait:/etc/rc.d/rc 4
l5:5:wait:/etc/rc.d/rc 5
l6:6:wait:/etc/rc.d/rc 6
=================================================
なので、
reboot = runlevel 6 = /etc/rc.d/rc 6
halt = runlevel 0 = /etc/rc.d/rc 0
が動くと思います。
なので、どういう順番で停止されるのかを知るには
この部分のスクリプトを追っていけばよいかと思います。

うちのSlackwareでは
rcスクリプトで停止→killall5 -15→killall5 -9
としていますが、ディストリビューションごとに細かい部分は異なると思います。

shutdown,reboot,halt などを実行すると
/etc/inittab の該当部分のランレベルのスクリプトが動くはずです。
詳しくはman shutdown や、man inittab を参照してください。
============= /etc/inittab より抜粋 =========================
# ランレベルごとの処理(各ランレベル用のrcスクリプトを実行し、その終了を待つ)
l0:0:wait:/etc/rc.d/rc 0
l1:1:wait:/etc/rc.d/rc 1
l2:2:wait:/etc/rc.d/rc 2
l3:3:wait:/etc/rc.d/rc 3
l4:4:wait:/etc/rc.d/rc 4
l5:5:wait:/etc/rc.d/rc 5
l6:6:wait:/etc/...続きを読む

Q自動で、普通のユーザーでコマンドラインからシャットダウンできる方法

CentOS5で、root権限でなく普通のユーザーでコマンドラインからシャットダウンできる方法が知りたいです。
sudoは、ルートのパスワードを手で入れる必要があり、自動的に動作させるときに困ります。
何か良い方法はありますか?
一応、rootのパスワードは知っている条件です。
普通のユーザーがシャットダウンできるのはおかしな話ですが、よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

ログインとログアウト(4:ログアウトとユーザーの使い分け)
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20060306/231763/
> ユーザーのパスワードを入力しなくても実行できる方法も
>あります。それには,visudoコマンドで編集画面を開いて,
>以下のように追加します。
>jun snobird= NOPASSWD: /sbin/shutdown -h now

Qshutdown -h now 使用禁止

shutdown -h nowというコマンドを使用不可能にしたいのですが
方法はありますでしょうか。manを見たりwebを見てみたのですが
具体的方法がわかりませんでした。

レンタルサーバでcentos5を試しているのですが、サーバ再起動
のとき
shutdown -r now
でなく、くせで
shutdown -h now
を打ってしまいそうになります。

もちろんレンタルサーバ屋さんが使用することもあるとも思う
ので、絶対電源を落とせないようにするというわけではないの
ですが、日常的にはshutdown -h nowを無効(無視)するうような
設定などはございますでしょうか。

Aベストアンサー

とりあえず、禁止じゃないけど。
自分は tcsh なのでその方向で、わざと間違った補完を .tcsh に

complete shutdown 'n/-h/(new)/'

みたいに登録しておいて、さらに自動的にスペルチェックするように、

set correct=all

などとしておけば、shutdown -h now と「誤って」入力したら CORRECT?> shutdown -h new とワンッション置いてくれますが。

Q指定時間後にコマンド発効後にシャットダウンするソフト

環境:windows7 64bit


指定時間後(分数)に指定したコマンドを発効後にシャットダウンを行う
フリーソフトはありませんでしょうか。

※タスクでやればいいと思いますが、ソフトがありましたらそちらで
行いたいと思い質問させていただきました。

Aベストアンサー

「終了・シャットダウン - k本的に無料ソフト・フリーソフト」
http://www.gigafree.net/system/shutdown/

「単機能ツール(Windows終了)」がお望みの機能を一番簡単に実行出来るソフトと思います。

Qlinuxの/usr/includeについて

(1)gccは、オプションを指定しないで、/usr/include以外のヘッダーファイルを見に行きますか?

(2)/usr/includeの中はディストリビューションによって異なりますか?

(3)/usr/includeはアプリケーションなどをインストールしたりして、増えたりするものなんでしょうか?

Aベストアンサー

gccと言ってもデフォルトは初期設定や環境によって異なるので、OSのプリインストールされている構成を前提に回答します。

> (1)gccは、オプションを指定しないで、/usr/include以外のヘッダーファイルを見に行きますか?

どこを見に行くかは、gcc/cppdefault.c いうファイルで定義されています。
関係ありそうなのは、

LOCAL_INCLUDE_DIR: /usr/local/include
PREFIX_INCLUDE_DIR: $(prefix)/include
GCC_INCLUDE_DIR: $(libdir)/gcc/$(target_noncanonical)/$(version)/include
TOOL_INCLUDE_DIR: $(prefix)/$(target_noncanonical)/include
STANDARD_INCLUDE_DIR: /usr/include

/usr/include以外ということですので、以下の3つが該当します。

/usr/local/include
/usr/lib/gcc/$(target_noncanonical)/$(version)/include
/usr/$(target_noncanonical)/include

target_noncanonicalとは、「x86_64-redhat-linux」などのような文字列です。
versionは例えば4.1.2 であれば、「4.1.2」です。

> (2)/usr/includeの中はディストリビューションによって異なりますか?

異なります。ただし、普通は glibc が要なので、コア部分はほとんど違わないでしょうが。

> (3)/usr/includeはアプリケーションなどをインストールしたりして、増えたりするものなんでしょうか?

rpm はdeb の開発用のパッケージ(rpm であれば「-devel」と付いているやつです)をインストールすれば増えます。

gccと言ってもデフォルトは初期設定や環境によって異なるので、OSのプリインストールされている構成を前提に回答します。

> (1)gccは、オプションを指定しないで、/usr/include以外のヘッダーファイルを見に行きますか?

どこを見に行くかは、gcc/cppdefault.c いうファイルで定義されています。
関係ありそうなのは、

LOCAL_INCLUDE_DIR: /usr/local/include
PREFIX_INCLUDE_DIR: $(prefix)/include
GCC_INCLUDE_DIR: $(libdir)/gcc/$(target_noncanonical)/$(version)/include
TOOL_INCLUDE_DIR: $(prefix)/$...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報