最近、切手高価買取という広告をよくみかけますが、買取った切手はどのように使われているのでしょうか?また、買取ることによって儲かるものでしょうか?
教えて下さい。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

高価買取といってもある程度は安いようです。


買い取った切手は次の行為により売りさばきされます。
(1)店頭販売
買い取った切手の一部は店頭販売されます。
無論、この際買い取った金額に儲けが出るように販売します。
これらは切りのよい低額の額面、あるいは
(2)ほか業者に対しての販売
郵便、あるいは小包を利用する頻度の多い
ほかの業者(広告業者、通信販売上など)に販売します。
この場合料金別納で処理する場合も多いため、額面は問われません。
ただし、料金後納は現在切手での納付を認めていないため、
この面での需要は減っています。
(3)郵便料金としての利用
買い取った切手を郵便料金として利用します。
買い取り元が小包などを発送する再利用します。
(4)額面を変更する
手数料を払うことにより郵便局での交換が可能です。
古い年賀はがきはこうして普通のはがきに交換します。
低額切手の場合手数料がかかりすぎるため困難ですが、
高額切手の場合売りやすい額面に変更します。
(5)収集用
極まれに買い取った中に収集用として耐えられるものがあります。
これらは別ルートで販売します。
(ただし、これはルートと知識が必要ですが)

また、儲けが出るかと言うことですが、買い取り価格をきちんと考えること、
売り先さえ確保出来ることができれば儲けが出ます。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング