いま家族で原子力発電所や原子力についてにわか研究を進めているものです。
先日も原子力発電所に見学行ったりもしているのですが、
新聞やテレビで報道をみて、母と私でベクレルとシーベルトの違いでテンパリながら調査してます。
報道等で説明しているのに、ご質問して恐縮ですが、どうかお助けください。

P.S 九州の片田舎でも放射性物質が水道水から検出されたと、本日(3月29日付)で発表がありました。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

蛍光灯でいう、ワットとルクスの違いだそうです。

(TVの説明の受け売り)
光の強さがワット(ベクレル)、光の届く明るさがルクス(シーベルト)だとか。

マグニチュード(ワット)と震度(ルクス)も似たような関係ですよね。

あとはネットで調べてみて、独学で理解されるとよろしいのでは。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お陰様で引っかかってた疑問点が晴れました!!感謝します(o^∀^o)

お礼日時:2011/04/01 00:47

すでにある回答と重複してしまいますが、



ベクレルは放射線を出す能力の量を表す単位です。
例えば、200ベクレルの放射性ヨウ素は、
1秒ごとに200 個の原子核が崩壊して放射線を出します。
なお、核種(物質の元素の種類)ごとに崩壊する頻度は異なりますので、
200ベクレルの放射性ヨウ素と200ベクレルの放射性セシウムの
量(モル数)は同じではありません。
とりあえずは、
ある物質の放射線を出す能力×その物質の量
と考えればよいかと思います。

次にシーベルトですが、
その前にグレイという単位を理解してください。
グレイというのは
放射線から1kgの物質が1ジュールのエネルギーを受けた時の吸収線量
簡単に言うと、そのものが受ける放射線の量です。

で、シーベルトですが、
放射線にはα線とかβ線とかγ線とか中性子線とか種類があり、
それぞれエネルギーは同じでも生体(人間など)に与える影響は異なります。
そこで上に書いたグレイに定めた係数(荷重係数といいます)をかけて、
実際に受ける影響に換算した単位、これがシーベルトです。

例えば、1マイクロシーベルト/時間のβ線環境に1週間いると、
24時間×7日×1換算係数=168マイクロシーベルト被曝したことになります。

ところで、水や野菜からの内部被曝が今話題になっていますが、
じゃあ、100ベクレル/リットルの水を500cc飲むと
何シーベルト被曝することになるの?
これはちょっと複雑です。

放射性物質にはさまざまな種類があります。
α線を出すものとβ線を出すものでは影響は違います。
すぐに体から代謝・排出されるものは影響も一過的ですが、
体内に蓄積されるものはいつまでも影響が残ります。
(蓄積する部位、例えばヨウ素なら甲状腺とかの影響もあります。)
蓄積性があっても、半減期が短ければ放射線はじきに弱まっていきますが
長ければいつまでも被曝が続きます。

そこで、内部被曝の影響の指標として預託実効線量という考え方があります。
http://search.kankyo-hoshano.go.jp/food2/servlet …
これは放射性物質の性質を考慮し、蓄積も加味して
体内にはいってから50年間に受ける放射線の線量を
全部合計した値です。

考え方は複雑ですが、出し方は簡単。
放射性物質の量(ベクレル)に物質ごとに定められた係数を掛ければ出ます。
http://radiation.fxsearch.biz/index.php

例えば100ベクレル/リットルのヨウ素131が含まれる水500ccを飲むと、
その後に受ける被曝量の合計は1.1マイクロシーベルト。
1マイクロシーベルト/時の環境に1時間いた時と同程度ということになります。
(水道水の場合、実際には0.005×10日間のような影響ですが)

ちょっと追加です。
上で書いた蓄積する部位の話ですが、
細かく言うと、放射性物質によって格臓器への影響は異なり、
等価線量と言うものがあります。

そしてこれは年齢によっても異なり、そのため
水道水は成人と乳児でベクレルの値の基準値が違います。
ヨウ素は甲状腺に溜まりやすいものですが、
成人と乳児では甲状腺の発達に大きな差があり
影響も10倍ぐらい(もっと大きいと言う人もいます)違うとされています。
(ちなみに、40歳以上なら甲状腺を気にする必要はないそうです。)

余談ですが、
ヨウ素と並んで話題のセシウムは、体内では主に筋肉に移行します。
そして筋肉はとても癌になりにくい組織です。
放射性セシウムは半減期30年(いつまでも放射線が出続ける)で
体内半減期も100日程度(3ヶ月たっても半分以上体内に残っている)
それなのに同じベクレルでもヨウ素より影響が少ないとされています。

余談その2
放射性物質は、実は自然界にも一定の割合で当たり前に存在します。
例えば人間の体にあるカリウムや炭素にも放射性の同位体があります。
平均的日本人の大人なら、
7000ベクレルくらいの放射性物質を持っているそうです。
(そもそも微量な上に、主な線源のカリウムは
 上に書いたセシウムの仲間ですので、影響は皆無ですが)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。なるほどですね!参考にさせて頂きます☆

お礼日時:2011/04/01 00:44

ベクレルは放射線を発するモノを評価します。


シーベルトは放射線を受けるモノ(=ふつうは人間)を評価するためのものです。


例:
質問:1000ワットの電気ヒーターは暖かい?
回答:ヒーターからの人間の距離によるわい。近すぎたら火傷する。

質問:1000ベクレルの放射性物資は危ない?
回答:放射性物質からの人間の距離によるわい。近すぎたら被曝する。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですね。納得ですー!!ご意見参考にさせて頂きますo(^-^)o

お礼日時:2011/04/01 00:45

ベクレルは放射性物質の量、グレイが放射線を吸収する量、シーベルトが吸収した放射線の影響量って感じで記憶されたら良いかと思います。




ベクレルは子供が遊ぶシャボン玉みたいに考えれば良いでしょう。
ストローを吹くと泡が沢山飛びだす。
噴出された泡は、暫くするとプチプチ自然に潰れる。
放射性物質も同じように、放置しておけばプチプチ潰れますが、この時に放射線を出す。
壊れやすい泡なら沢山放射線を出す、全く壊れない泡なら放射線をださない。
この壊れやすさが「ベクレル」です。

グレイとシーベルトはお酒で考えたら良いですかね?

上の泡と関連させるなら。
泡がプチプチ潰れるたびにお酒を1杯飲むとします。
潰れやすい泡なら頻繁にお酒を飲まなくちゃいけない。
潰れにくい泡なら、ゆっくりと飲めます。
従って酔いはゆっくりの泡の方が遅いはず。

シーベルトはお酒の強さ。
1杯のお酒でも、それが泡盛なんて強い酒だと直ぐに酔う。
4~5杯でもビールなら酔いは少ない。
放射線にも種類があって、「少しでも影響の大きい放射線と、影響の少ない放射線」があります。

泡とお酒の杯数と強さを考えたら。
早く潰れる泡(ベクレルが大きい)でも弱いお酒なら余り酔わない(シーベルトが小さい)
潰れにくい泡(ベクレルが小さい)でも強い強いお酒なら早く酔う(シーベルトが大きい)


子どもはベクレル(シーベルト)を小さく抑えた方が良いのは、お酒に弱いから。
大人がベクレル(シーベルト)が多少大きくても平気なのは、お酒に強いから。

お酒は人によって強い弱いが有りますが、放射線は人によって強い弱いというのは余りなく、子供であるか大人であるかによって強い弱いが変わるって感じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういう見方もあるのですね(^◇^)一人で悩んでたので助かりました☆比喩も使って頂きとっても分かりやすい回答で腑に落ちました♪~θ(^O^ )

お礼日時:2011/04/01 00:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国はなぜシーベルトからベクレルに変えたのですか?

食品に含まれる放射性物質の単位を100/kgベクレルと決めましたがなぜわざわざベクレルを使用しているのでしょうか?人体における影響が重要なのですからシーベルトを用いないのはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

食品の放射線評価は、評価しなければならないサンプルがたくさんあるので、
比較的短い時間(30分とか)で測定できなければなりませんし、
ひとつの自治体が測定装置を複数持っていないと実際問題、サンプルがさばけません。

この場合、1台うん十万円くらいの装置を買うこととなります。

このくらいの低価格の検出器だと、放射線が出てきたかどうかは測定できても
放射線のエネルギーまでは測定できません。

つまり、ベクレル(1秒間に放出される放射線数)は測定できても、
エネルギーが分からないのでシーベルトには換算できません。

余談ですが、最近、数万円の検出器やスマホでもシーベルトが測れるとして売っていますが、
あれは放射線のエネルギーを測定していません。137Csからの放射線だと仮定した場合の値で
あくまでも目安に過ぎません。

食品だと放射性カリウムなんかもあるし。

エネルギーが測れる測定器は1千万円くらいしますが、1つの試料を測定するのに半日かかります。
それじゃ食品試料はさばけません。 装置を数十個買えばいいかもしれませんが、数億円です。

一方、国がこういう基準で測定しなさいと決めてしまうと、例外なく日本全国どこでもやらなければなりませんが、山奥の村で数億円かけて放射線検出器が買えるとは思えません。

つまり、国は現実的に実施できるかを考えて、ベクレルで指定しているわけです。

(つまり、こういう基準でいくと決めてしまえば、日本全国全ての町村で
 その方法で計測が義務付けられ、測定設備がない町村からは食品を売ることができなくことまで
 考慮しているのだと思います。)

食品の放射線評価は、評価しなければならないサンプルがたくさんあるので、
比較的短い時間(30分とか)で測定できなければなりませんし、
ひとつの自治体が測定装置を複数持っていないと実際問題、サンプルがさばけません。

この場合、1台うん十万円くらいの装置を買うこととなります。

このくらいの低価格の検出器だと、放射線が出てきたかどうかは測定できても
放射線のエネルギーまでは測定できません。

つまり、ベクレル(1秒間に放出される放射線数)は測定できても、
エネルギーが分からないのでシー...続きを読む

Q原子力発電は憲法違反では?

今回の地震で、福島原発の放射能漏れが問題となっています。

発電所の分布を見ると一目瞭然なのですが、原子力発電は電力需要が多いはずの都心部には建設されず、地方に多く建設されています。

この理由について
「安全性の問題があるため、被害が拡大化するであろう人口の多い都心部には建設できない」
と習いました。

この理由が真だとしても偽だとしても、極端な話、同じような生活を享受するのに、地方の人は生命を脅かされるリスクを冒し、恐怖に怯えながら生活しなければなりませんが、都心の人はその必要がないと解釈できますよね。


これは憲法の「個人の尊重」に反するのではないでしょうか。

住んでいる地域によって背負うリスクが大きく違います。それもちょっとやそっとのリスクではなく、生命のリスクであります。

人口が多いところの人は安全だが、人口が少ないところは犠牲になってもらう、と解釈できてしまうのではないかと思います。

たとえ原子力発電が二酸化炭素を排出しないクリーンな発電方法だとしても、そもそも生命のリスクを冒さなければならない人が出てくるのはおかしいと思います。

生を値踏みしているような印象を受け、原子力発電は生命の尊厳を根底から覆すに等しいものと感じます。

日本は、個人を尊重する国、憲法でそれを保障している国です。

多くの人々が集まって何かをするとき、犠牲は付き物かもしれません。最低限の犠牲、妥協はやむを得ないかも知れません。

しかし、その最低限の犠牲が「生命」ということは認められるでしょうか。
しかもそのリスクを冒す人、冒さない人がいる。

人の生命に値札を貼っているようで、憤りを覚えます。


そもそも”原子力”発電は生活に不可欠なものでしょうか。そんなことはないはずです。
他の電力供給の仕方だってあるはずです。

温暖化対策や、発電効率を考えることも大事ですが、人の命について、平等に考えてみると、原子力
発電という結論は間違っているのではないでしょう。

もう一度、原点に立ち返って、ゼロベースで考えてみてるべきだと思います。

高校生の拙い意見ですが、みなさんの意見を求めます。

今回の地震で、福島原発の放射能漏れが問題となっています。

発電所の分布を見ると一目瞭然なのですが、原子力発電は電力需要が多いはずの都心部には建設されず、地方に多く建設されています。

この理由について
「安全性の問題があるため、被害が拡大化するであろう人口の多い都心部には建設できない」
と習いました。

この理由が真だとしても偽だとしても、極端な話、同じような生活を享受するのに、地方の人は生命を脅かされるリスクを冒し、恐怖に怯えながら生活しなければなりませんが、都心の人はその必...続きを読む

Aベストアンサー

日本国憲法第25条
『すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。』
日本国憲法第13条
『すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。』

>発電所の分布を見ると一目瞭然なのですが、原子力発電は電力需要が多いはずの都心部には建設されず、地方に多く建設されています。

原発の立地条件は、海水が利用できる場所であることと過疎であること。

>人口が多いところの人は安全だが、人口が少ないところは犠牲になってもらう、と解釈できてしまうのではないかと思います。

福島原発は、40年以上前に福島県が誘致しました。
石炭などのエネルギー産業が斜陽になってきたからです。
そのころは地震や津波の危険性をあまり考えておらず、
現在からみれば「甘い」設計になっていました。

>生を値踏みしているような印象を受け、原子力発電は生命の尊厳を根底から覆すに等しいものと感じます。

世界一危険と言われる浜岡原発。
住民らが、人格権に基づいて運転差止め訴訟を起こしました。
「将来発生する地震によって浜岡原子炉施設の重大事故が発生する蓋然性があり、生命・身体に対する重大な被害を及ぼす放射線被曝を受ける極度の危険にさらされ、また、事故や被害発生の不安がない安全かつ平穏な環境を享受する権利を侵害されている」
結果は敗訴。


>たとえ原子力発電が二酸化炭素を排出しないクリーンな発電方法だとしても

ウラン採掘周辺で大変な汚染があり、輸送や建設でCO2を発生させます。
また冷却水として排水する大量の海水の温度を上げ、微量ながら放射能で汚染します。
原発はトイレのないマンションであり、高レベル使用済燃料を捨てる場所がありません。
廃炉にするには1000億円から2000億円の費用がかかり、トータルすると安い電力ではありません。

>そもそも”原子力”発電は生活に不可欠なものでしょうか。そんなことはないはずです。
他の電力供給の仕方だってあるはずです。

ドイツでは脱原発政策で、再生可能エネルギーの割合を2030年までに50%にする計画です。

日本国憲法第25条
『すべて国民は、健康で文化的な最低限度の生活を営む権利を有する。』
日本国憲法第13条
『すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する国民の権利については、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政の上で、最大の尊重を必要とする。』

>発電所の分布を見ると一目瞭然なのですが、原子力発電は電力需要が多いはずの都心部には建設されず、地方に多く建設されています。

原発の立地条件は、海水が利用できる場所であることと過疎であること。

>人口が多いと...続きを読む

Q2000万ベクレルは何mmシーベルト?

IAEAが飯館村で2000万ベクレル/平米となった。
100平米に1時間立ったら、何ミリまたはμシーベルトの被爆になるのですか。

Aベストアンサー

http://www.remnet.jp/lecture/b05_01/4_1.html

種類によってだいぶ計算が違うようなので。

計算式に興味があればどうぞ。

私は”ベクレル  シーベルト  換算”で検索してヒットしましたよ。

Q原子力発電の注水冷却について

福島の原発は停止しても注水しつづけないと核燃料が溶解する危険があるということですが、多数ある原発もそうだとすれば、もし、すぐに停止しても、冷却中に震災におそわれて、冷却が継続できなくなるととても危険ということですか?だとすると、早め早めに停止しておく必要があるということでしょうか?

Aベストアンサー

福島第一も震災直後に原子炉は停止しました。
しかし停止した後に原子炉を冷却するための設備が津波により被害を受け動かなくなってしまいました。

同じく津波の被害を受けた福島第二や女川原発は非常用の電源が津波の被害を受けない場所にあったために安全に停止することができています。

ですので、停止させることももちろん重要ですが、その停止の状態を保つための設備をいかに津波などから守るかが大事なんだと思います。

Q154兆ベクレルは何シーベルト?

154兆ベクレルが福島第一原発から大気に放出されたと聞きましたが
シーベルトに直すとどれくらいなんでしょうか?
東京、名古屋、大阪、福岡だと一日どれくらい被曝したことになるのでしょうか?

Aベストアンサー

ベクレルとは、1秒間に崩壊する放射性同位体の個数を表す単位
シーベルトとは、放射線の生体への影響を表す単位であり、
全く異なった概念ですから「直す」ことなど不可能です。

Q原子力発電所の立地について・・。

今回の福島原発の事故を見ていて感じたのですが、
どうして原発は、海岸近くの低地に造るのでしょうか? 原子炉冷却のための海水が低いほど
汲み上げやすいからですか。 
漁港や水産加工場などは、海面から低くなければ機能的でないですが、絶対に浸水しては
いけない原発は、最低でも、海面から20メートルの高台に造るべきだと思うのですが・・・。
他の原発も、せいぜい10メートル内外の所にあるようです。

Aベストアンサー

善悪の話はひとまず置いておいて一般論の話をします
シリコンという物質があります。平たく言うとただの「石」です。
これは地球上のどこにでもあり、炭素に次いで多くある物質です。
しかし、工業用シリコンを産出する場所は非常に限られています。
地球上のどこにでもあるのに、産出する場所は限られてるというのは何だか変な話ですが
「コスト」という言葉を入れると直ぐに答えが出ます。
例えば純度50%のシリコンを精製するのと40%のシリコンを精製するのではコストが20%違います。
純度50%の場合に年間100万トン精製して得られる金属シリコンは40%の場合20万トン余計に精製しないといけないということです。1万トン精製するのに10億円必要なら年間200億円の損出がでる計算です。
そしてこの200億円は販売額に転化されます。

コストだけが全てではないのは当然ですが、企業においてコストはもっとも重視すべき項目であるのも事実です。特に大企業の場合は仕入れ単価が1銭違うだけで年間で億単位の違いになることもあります。まさに企業の存亡の掛かる問題です。

こういう場合、公的機関が規制を行い企業のコスト競争を抑制しようとするのが普通です。
特に安全性を重視する産業(医療や運輸、建築、食品、その他)においては公的規制の割合が大きくなります。公的機関が安全に関して法律で規制をしないと企業は安全マージンを削ってでも、どこまでも利益を追求する性質をもっているのです。

しかし、公的機関の介入や規制は癒着と利権を生み出す諸刃の剣です。
電力会社というのは一方で営利企業であり、一方で公的機関であるという特性があり、その活動は常に微妙なバランスの上に成り立っています。
海面から20メートル上げるというのは、こうした様々なことを考慮する必要があり、簡単そうで案外難しい話なのです。

善悪の話はひとまず置いておいて一般論の話をします
シリコンという物質があります。平たく言うとただの「石」です。
これは地球上のどこにでもあり、炭素に次いで多くある物質です。
しかし、工業用シリコンを産出する場所は非常に限られています。
地球上のどこにでもあるのに、産出する場所は限られてるというのは何だか変な話ですが
「コスト」という言葉を入れると直ぐに答えが出ます。
例えば純度50%のシリコンを精製するのと40%のシリコンを精製するのではコストが20%違います。
純度50%の場合...続きを読む

Qベクレルとシーベルトの単位の違いを教えてください?

いま家族で原子力発電所や原子力についてにわか研究を進めているものです。
先日も原子力発電所に見学行ったりもしているのですが、
新聞やテレビで報道をみて、母と私でベクレルとシーベルトの違いでテンパリながら調査してます。
報道等で説明しているのに、ご質問して恐縮ですが、どうかお助けください。

P.S 九州の片田舎でも放射性物質が水道水から検出されたと、本日(3月29日付)で発表がありました。

Aベストアンサー

蛍光灯でいう、ワットとルクスの違いだそうです。(TVの説明の受け売り)
光の強さがワット(ベクレル)、光の届く明るさがルクス(シーベルト)だとか。

マグニチュード(ワット)と震度(ルクス)も似たような関係ですよね。

あとはネットで調べてみて、独学で理解されるとよろしいのでは。

Q原子力発電所は水に浮かべるべきではないでしょうか

今回の事故で現在の原子力発電所は地震に弱いことが明白になりました。

今後新設する原子力発電所の炉心や電源は、地面に固定するのではなく、特製のゴムボートに入れて、そのゴムボートを動かないようにチェーンで固定し、プールの水に浮かべるような設計をすべきではないでしょうか。電源発生装置は津波で冠水しないよう、20mくらいに高さの塔の上に設置してはいかがでしょうか。(高い塔を地震で倒さない技術は既にあると思うので、それを使う)

そうすれば、地震による原子力発電所事故はほぼ100%防げるはずです。

そのゴムボートは、水に浮いているので、発電所通常運転中も多少は揺れるかもしれませんが、地震で被害を被るのに比べれば、はるかに安全なはずです。

このアイデアに対する、エンジニアの方のコメントをお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

この質問を読んだとき、目から鱗が的な感じになりました。

現実的技術的に、出来るかどうかは分からないですが、発想

は素晴らしいと思いました。

もし今、福島原発で起こっている様な事故が起きた場合、針で

突いてそのまま海に沈めてしまえば、そのまま海水で冷やせるし

、中〇や韓〇や北〇鮮がまた難癖つけてきたら、少しずつそちら

の国に移動させれば、威嚇になると思います。

これで弱腰外交も、少しは強気になるでしょう。

Qキューリーからベクレル(またはシーベルト)への換算

今回の福島第一原発でプルトニウムが土壌から検出されましたが、
Pu-238は(5.4±0.62)×10^-1Bq/kg
Pu-239,Pu-240は(2.7±0.42)×10^-1Bq/kg
と発表がありました。

過去のチェルノブイリの時と比較したいのですがチェルノブイリの時の単位はレントゲンやキューリーで表されており、比較に苦しんでいます。
色々探し回っているのですが、チェルノブイリではセシウム137のキュリーレベルしか解りませんでした。

質問1
今回の福島第一原発付近で検出されたプルトニウムの量はチェルノブイリやスリーマイル島の時と比べて多いのか少ないのか?

質問2
チェルノブイリ事故では1平方キロメートルあたり40キュリー以上となっていますが、40キュリーとしてこれをベクレルまたはシーベルト(どちらの単位が適切か解らないため)に変換してください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

キュリーからベクレルへの換算は次の通りです。 
   1Ci=3.7×1010Bq=37GBq

ベクレルとキュリーはともに放射能の量を現す単位なので変換が出来ますが、シーベルトやレム、レントゲンなどは放射線量に関する単位なので、線源からの距離や環境によって変りますし、シーベルトは吸収線量で放射線の量そのものでもありませんので単純に換算は出来ません。

Q原子力発電について皆さんの意見をお聞かせください。

原子力発電所を今後も利用していくと仮定した場合、より安全に稼働させていくためには何が必要なのでしょうか?具体的な対策から政府・電力会社・国民の意識まで回答の種類は選びません。

Aベストアンサー

今後も利用していく。と仮定しているのだから。
原発が抱えている放射能というリスクに対しての未然防止と障害対策をちゃんとすることが必要ですね。

補足ですが。
エネルギー効率を考えた場合、例えば火力発電所などはアラブから油を買って燃やして電気にするのだから、燃やす油は100%電気に変えたいわけです。でも結局は電気エネルギー以外にも熱エネルギーになってしまって・・。車のエンジンなんかもガソリンから動力エネルギーになるのは20~30%位です。
経済効果を考えたら、お金払って買った油は全て電気に変えたいわけです。
これを突き詰めてゆくと、やはりエネルギー効率からは原子力になっていくと思います。
経済無視して運営する考えもありますが、そうなると原発不要です。

問題として、原発には放射能があると思います。
車だと排気ガスが喘息やアレルギーの元といわれているわけで、排ガス規制によって随分と改善されてきましたが、まだ充分じゃありません。で、これは外に出さない。いわゆる未然防止にあたるわけです。
原発も色々やってますが、同じく充分ではありません。

障害対策となると被曝に対する対策のひとつに、医学療法があると思います。
原子力発電も徹底した未然防止策に加えて、障害発生時の医学療法の進歩が必要かと思われます。

日本は、広島・長崎被爆から始まり「もんじゅ」なども経験し、ノウハウはかなりあると思われますが、残念ながらマスコミはじめ医療の視点で語られている内容はほとんどありません。
ロシアではワクチンの話もありますが・・。
この分野の医療対策は日本しかできないと思っています。

今後も利用していく。と仮定しているのだから。
原発が抱えている放射能というリスクに対しての未然防止と障害対策をちゃんとすることが必要ですね。

補足ですが。
エネルギー効率を考えた場合、例えば火力発電所などはアラブから油を買って燃やして電気にするのだから、燃やす油は100%電気に変えたいわけです。でも結局は電気エネルギー以外にも熱エネルギーになってしまって・・。車のエンジンなんかもガソリンから動力エネルギーになるのは20~30%位です。
経済効果を考えたら、お金払って買った油は...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報