こんにちは。
映画で使われている曲を探しています。

テレビでしばしば聞いたことがあるのですが、
曲名を確認するまでには
至りませんでした。

はっきりとした記憶ではないのですが、
マドモアゼル夫人が登場する映画で
使用されていたと思います。
男性がささやくように歌っていました。
「マドモアゼル夫人」で検索したところ、
「mademoiselle chante le blues」
という曲が出てきましたが、
これではありませんでした。

以上です。
宜しくお願いします。

A 回答 (1件)

もしかして、


マドモアゼル夫人、ではなくて
「エマニエル夫人」じゃないでしょうか?

だとしたら
http://p.tl/meMi
    • good
    • 0
この回答へのお礼

まさしくエマニエル夫人でした
マドモアゼル夫人って誰だよって感じですよね

ありがとうございました

お礼日時:2011/03/30 04:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qビデオ(VHS)ではっきり映っていたのにDVDではっきり映っていないのはなぜですか

あるアメリカ映画を、レンタルビデオ(VHS)で観たときは、
女性の裸体が出てくる場面があるのですが、その裸体がはっきり映っていたのですが、
同じ映画のDVDを買って観ると、同じ場面で、女性の裸体が暗くなってよく見えない状態になっていました。
それは何か理由があるのでしょうか。
どうしてでしょうか。

Aベストアンサー

詳細は分かりませんが、

 「(作品そのものの)著作権」と「(個別の俳優の)肖像権」の
対立が、米国で争いになる可能性も全く皆無だとは言い切れませ
んし。特に、作品完成後、製作サイドと個別の俳優との民事上の
(契約当初の条件と違う趣旨のため)何らかのトラブルが表面化
した場合に、仮に「差し止め」を製作サイドが受けてしまった
場合、製作サイドとしては、そのシーンをカットするか、
モザイク等の編集をせざるを得ないようです。

 一般的には、作品の中の「(個別の俳優の)肖像権」は
本来的に独立していないので、
「映画」そのものの著作権、肖像権のライセンス
を正式に受ければ問題は起きないようにも思えますが、

 事後的に、何らかの特殊な事情で「(個別の俳優の)肖像権」
のみが「差し止め」等の対象となり、再編集の対象とならざる
を得ないケースも考えられないこともありません。

 ただ、日本国内では、(個別の俳優の各シーンも含む)映像著作権
というものは製作サイドに所属しているのが通例であって
 http://www.kanto-ba.org/series/s49.htm

米国のように裁判の争点となるケースも少ないのでは
ないでしょうか?
http://www.mahlesq.com/htm/pub9.htm

 具体例として
日本でも「青春の殺人者(1976)」で完全版がでにくいのも
そのシーンに当時17歳の現役女子高生でもあった
(巨乳で有名な)原田美枝子の乳を水谷豊がシャワー室で
吸うシーンがあるのですが、原田美枝子側が独立の肖像権
をもとに、製作サイドと何らかの特殊な事情があるように
思えて仕方がありません。

 また、一昔前のテレビドラマTBS「人間失格(1994)」の
鬼教師役で有名になった斉藤洋介も、若い時期に
漫画家の赤塚不二男が監督したAV作品(2本)が過去ソフト化
され、今でも中古市場に出回ることを相当嫌がっていますし
(裁判で紛争になったかはわかりません)。

 また、「(個別の俳優の)肖像権」に拘わらず
事後的に「差別・偏見」等の趣旨が包含しているのが発覚し
「表現の自由」との対立という形で裁判上の紛争となり
、「差し止め」か「再編集」
が余儀なくされてしまうケースもあるようです。

 ご質問の内容の場合は、最初のVHS化の時点では
問題はなかったのに、DVD化の時点で「(個別の俳優の)肖像権」
が問題となってきたとも考えられますが、単に作品上の
映像技術上の再編集の趣旨ともとれますので、
なんとも正確な回答はできません。

詳細は分かりませんが、

 「(作品そのものの)著作権」と「(個別の俳優の)肖像権」の
対立が、米国で争いになる可能性も全く皆無だとは言い切れませ
んし。特に、作品完成後、製作サイドと個別の俳優との民事上の
(契約当初の条件と違う趣旨のため)何らかのトラブルが表面化
した場合に、仮に「差し止め」を製作サイドが受けてしまった
場合、製作サイドとしては、そのシーンをカットするか、
モザイク等の編集をせざるを得ないようです。

 一般的には、作品の中の「(個別の俳優の)肖像権」は
本来...続きを読む

Qエマニエル夫人のテーマ曲

ささやく感じで歌ってる男の名前と曲名を教えてください。

Aベストアンサー

同じ回答になってしまいますが、ピエール・バシュレ の エマニエル という曲です。
当時はセンセーショナルなブームになりました。
この主題歌も大ヒットしました。
下のサイトの5曲目で試聴できます。
http://www.submarino.com.br/cds_productdetails.asp?Query=ProductPage&ProdTypeId=2&ProdId=247731&franq=100464

Q憎めないおっさんの登場する映画

おっさんが主役、準主役の映画を探しています。
おっさんが、無邪気というか、
突拍子もないことしているのに、憎めないような、
できれば、その辺にも居そうなキャラで。
そんなキャラのおっさんにたくさん会いたいのです。

今まで気に入っている映画は、
「ウェイクアップネッド!」
「大いなる休暇」
「ストレイトストーリー」
「ウォルター少年と、夏の休日」

他にお勧めはありませんか?

Aベストアンサー

「奇人たちの晩餐会」を是非!
誰が最もバカな人を連れてディナーにやってくるか、という趣味の悪い嗜好の企画を楽しむ性格の悪い男が、自分が見つけたバカに翻弄され・・・。ほろりとさせそうでさせない、大笑いに徹した喜劇です。

参考URL:http://moviessearch.yahoo.co.jp/detail/tymv/id159321/

Q探偵がたくさん登場するB級映画について

ずいぶん前に昼のテレビ放送で見たのですが、映画のタイトルが思い出せません。
ご存知の方がいらしたら、教えてください。

<映画の内容>
とある屋敷に探偵達が招待されて、推理するように言われる。
その探偵の中は、ホームズらしき人物、マープルらしき人物、コロンボらしき人物がいました。
他にも何人かいました。

推理映画というよりサスペンスドラマを皮肉ったような内容でした。
犯人が「ちょっと出てきただけの人物が被害者の恋人だったとか、そんなこと誰かるか!?」というようなことを言ってキレていて、大笑いしました。

最後は、犯人が、男だ、女だ、オカマだとごたごたして、途中からもはやどうでもよい展開となりグダグダで終わった記憶があります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

多分「名探偵登場」だと思います。
>ホームズらしき人物、
 これは該当キャラはいなかったと思います。
>マープルらしき人物
 車いすに乗っているおばあさんが出てきて、この人が探偵かと思ったら、
 実は車いすを押している人が当人とうオチでした。
>コロンボらしき人物
 コロンボ役のピーターフォークが出ていますが、キャラクターとしてはハードボイルド小説の
 サム・スペードをパロったものだったと思います。

>推理映画というよりサスペンスドラマを皮肉ったような内容でした。
まさしくそれが目的の映画です。ミステリーを深く知っている人ほど大笑いする内容でした。

Q魅力的な悪役の登場する映画のオススメは?

カリスマ性があったり頭脳明晰であったりとてつも無く手強かったり、、
主役を食ってしまうほどの魅力的な悪役の登場するオススメ映画を教えて下さい。
僕が思い付くのは『ザ・シークレットサービス』ジョン・マルコビッチとか『ブローン・アウェイ』トミー・リー・ジョーンズとか。。あと今回教えていただきたいのは映画ですがドラマの『undercover』にも毎回魅力的なワルが登場しますね。もっともっと知りたいので是非あなたのイチオシを教えて下さい!

Aベストアンサー

> もっともっと知りたいので是非あなたのイチオシを教えて下さい!

イチオシということなら、「羊たちの沈黙」のドクター・ハンニバル・レクターことアンソニー・ホプキンスです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報