色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

英語の勉強をしている者です。
分からない所があるので教えて下さい。

tellやtalkやspeak
そしてgiveやanswerやsendなど
色々ありますが、この動詞の後にyouなどがくる場合
間にtoが入るのと入らないのがありますよね。
確かにyouの代わりにhimなどがくればtoは必要ないかも知れませんが
同じyouを使うにしても
talk to you や give you や tell you などがあって分からなくなる時があります、
toの有無に関して何か分かりやすい考え方はありませんか?
youに関してもおそらく i my me you your you←のyouの目的格で
himとは使い方は一緒だと思いますが、やはりなぜtoの有無が出て来るのでしょうか。

どなたかご教授お願いします。

gooドクター

A 回答 (4件)

 動詞に、「Xに、Yを~する」という種類があります。

「に」の前には間接目的語、「を」の前には直接目的語が来ます。こういう時、

1。I send a letter to him「私は彼に手紙を出す」 SVO (Subject 主語、Verb 動詞、Object 目的語)+ 副詞句(前置詞 + (代)名詞)第3文型
2. I send him a letter 「私は彼に手紙を出す」SVOO(Subject 主語、Verb 動詞、indirect Object(間接)目的語、 direct Object(直接)目的語 第4文型

 と言い換えが出来ます。1の場合は to が要り、2の場合には to は要りません。
 質問にある動詞を使って二つの文型を作ることが出来、その文型によって to が要るか要らないかが分かります。
 例えば、
  I tell the story to her「私は彼女にその話をする」SVO 第3文型だから to が必要。
  I tell her the story「私は彼女にその話をする」SVOO 第4文型だから to は要らない。
 me,
  you、him、it、her、us、them(すべて目的格) は、第3文型の場合は to に続き、第4文型の場合は、最初の O(間接目的語)の位置に入れることが出来ます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
文型で判断するのですね。
それによりtoの有無が変わると・・・
勉強になりました。

お礼日時:2011/03/31 00:55

talk と tell の差は前者が自動詞で後者が他動詞という点です。

自動詞はあらわに目的語を取れませんので to などの前置詞を介して you/him につなげますが、tell では直後に目的語としての you/him を置きます。

日本語訳では似た意味の単語なのになぜ自動詞と他動詞の違いがあるのかは英英辞典で見ると多少理解出来ます。

talk = to deliver or express in speech
は「話す」という動作それ自体を表し「誰に向かって」という意味はもともと持っていませんので、改めて to が必要になります。例えば He talks fast. などと言う場合目的語を置きたくはないわけで、自動詞が必要なのです。

一方
tell = to give information to
は「誰それに向かって」という意味を内包しています。Tell me your secret. などと言います。同じことを Talk to me about your secret. と言っても良いわけですが、沢山前置詞を付けるのは歯切れの良さを尊ぶ英語表現としては面白くないのですね。tell と言う他動詞が必要な理由です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

自動詞と他動詞ですね。
目にはしていたのですが
解説頂いて大変分かりやすかったです。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/03/31 01:09

tell や give は授与動詞と呼ばれているもので、後ろに間接目的語、直接目的語の順で並ぶのが原則です。

但し、直接目的語を強調したいときにはこれを前に持って来ることがあります。その場合後ろに取り残された間接目的語には to をつけるという決まりになっているのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

授与動詞ですか。
また新たな言葉を知りました。
強調するしないにより位置が変わり
toも変わると・・・
回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/03/31 00:58

toが入るかどうかは


目的語がyouかhimかには関係なく、
動詞の語法がすべてです。

例えば
give 物 to 人
give 人 物
などの形は「物・人」が何に依りません。
(物と人の語順で決まる)

他の動詞に関しても
tell こと to 人
tell 人 こと

speak こと to 人

say こと to 人

など、動詞によって取れる形が違います。

これらは使い慣れていくうちに
憶えていくしかないのです。

しかし、目の付け所はSHARPです!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
やはり慣れですか・・・
まだまだ自分には長い道のりですが1つ1つ覚えていきます。

お礼日時:2011/03/31 00:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

gooドクター

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング