同室温、同容量でとかし始めた凍った液体が、とけ終わるまでの時間が違うのはなんででしょうか?

例えば、水道水の氷、井戸水の氷、雨水の氷、麦茶の氷、炭酸水の氷で実験をしたのですが、順位は左から1位、4位、3位、2位、5位でした。

この順位になる理由とか、どうしてとける時間に違いが出るのかをお聞きしたいと思います。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まず、全く同じ容器で解凍したのでしょうか?同じ容器でなければ熱伝導率の違いで差が出ます。

同じようなガラスコップでも色付きの有無や厚さで全く違った結果が出ます。また、一口に水といっても、溶けている微量な物質により融点(ものが熱を加えると溶ける温度)に当然違いがあります。水道水なら消毒剤が入っているだろうし、麦茶なら他のよりも塩分が濃いかろうし、炭酸水なら二酸化炭素が溶けているといった感じです。こういった現象は氷点下(0℃)になってもなかなか凍らない海水などでもよくわかるはずです。
    • good
    • 0

不純物の混入の他,とけ込んだ空気の量にも左右されると思います.


空気を追い出さずに凍らしたものはカスカスなので,
早く融けると思います.(確証ありません...)
同じ水道水で比較するなら,水道水をそのまま凍らせたものと,
一旦沸騰させて凍らせたもので,違いが出て来るかも知れません.
    • good
    • 1

混入物と水との結合力の違い、ではないでしょうか。


炭酸水、は、二酸化炭素が入っていますよね?
井戸水には、かなりの混入物があると思います。
雨水にも、大気中の埃が入っているでしょうし、
麦茶には、水道水に加えて麦茶を煮出した成分が入っているでしょうから・・・
そういう順番ではないでしょうか・・・?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q肝臓1gあたりのグリコーゲン量を計算したいのですが・・・

肝臓1グラムあたりのグリコーゲン量を求めなければならないのですが
途中から分からなくて全く進まなくなってしまっています・・・。
肝臓1.01gから調整した液体(特に希釈などはありません)
のグリコーゲン量が9.7mg/mlなのですが、
これをmg/肝臓1gという単位に直すには
どのように計算すればよいのでしょうか?

また、肝臓グリコーゲンの正常値とはどれくらいでしょうか?
どこを探しても見つからなくて・・・

まとまらない文章で申し訳ないのですが、
助けていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

こんにちは.
肝臓1.01gから調製した液体は最終的に何mLになりましたか?
ここが不明では厳しいですが,ここがわかれば計算できますね.

肝臓グリコーゲン量の正常値についてですが,
動物種によっても違うと思いますので,補足されたほうがよろしいかとおもいます.

ラットであればお手伝い出来るかもしれません.
調べてみます.

Q水の膨張 水を凍らした時の膨張量、圧力を知りたい

水は凍らせば、約4℃以下で体積膨張する事は、調べてなんとなくわかりました。
では、密閉容器(絶対変形しない=容積一定)に水を空気の隙間もなくいれ、
凍らしたとき、容器に加わる圧力はどのように計算できますか?
また、0℃から、だんだん温度が下がっても、体積膨張は起こるのですか?
その際の圧力はどうなるのでしょうか?
もしくは凍らないのでしょうか?

まったく素人ですみませんが、教えてください。
自社製品の品質異常で困っております。

Aベストアンサー

約4℃の水について0℃に温度を下げていくと体積が膨張するわけですが、氷で膨張するのは固体に変わったからです。氷の状態で温度を下げると、収縮していきます。

圧力については、試みにこんな風に考えてみました。
いまネットで探ってみたら、氷の圧縮率が 1,8TPa-1 とありました。どれくらいまともな数字か確かめることができないのですが、まぁ感じくらいはあっていると信じることにして、この値を基にしてみます。

この圧縮率の意味は、100TPa の圧力をかけると、1.8% 体積が減るよ、ということをあらわしています。
氷になるときに体積が10%くらい増えますから、これを元の体積にするにはTPaのオーダーの圧力をかけなければならないわけです。
市場で手に入る鋼材は、高張力鋼でも引っ張り強さが1GPaに満たないです。深海潜水艇に使われるようなマルエージング鋼でも、2GMaくらいですから、仮に氷に変わったときの膨張を押さえ込もうなんていうアイデアをお持ちだとしたら、そんなことは考えない方がいいです。

ま、No1の方のご意見にもあったように、圧力かけると氷、溶けちゃいますけどね。スケートがすべるわけ、とか聞いたこと無いですか?
でも、現実的には圧力で凍らなくなるより、容器を壊す方が先に来ます。多分、暖かいところにお住まいなんでしょうが、水道管が凍ると水道管やバルブが(単なる蛇口だけでなく、鉄の固まりみたいな大きなバルブも)簡単に割れるんですよ。逆に、このことから考えると、バルブが球状黒鉛鋳鉄でできてるとして、数百MPa以上は出てることになりますね。

約4℃の水について0℃に温度を下げていくと体積が膨張するわけですが、氷で膨張するのは固体に変わったからです。氷の状態で温度を下げると、収縮していきます。

圧力については、試みにこんな風に考えてみました。
いまネットで探ってみたら、氷の圧縮率が 1,8TPa-1 とありました。どれくらいまともな数字か確かめることができないのですが、まぁ感じくらいはあっていると信じることにして、この値を基にしてみます。

この圧縮率の意味は、100TPa の圧力をかけると、1.8% 体積が減るよ、ということをあらわしてい...続きを読む

Q1GHzって?

CGペイントソフトを購入しようと、
前、質問して答えていただいたのですが、
また新たに疑問が生まれました;

「アンチエイリアス使用する時は1GHz必要」
みたいな事が書いてあったのですが、
1GHzってどれくらいの大きさなんですか?
1GHz=1G×10とかかなり大きいんでしょうか?

今残り空き容量がだいたい1Gぐらいなので、
ハラハラしてます;;

Aベストアンサー

1GHzというと、通常CPUの速度です。
ちなみにHzは周波数の単位です。1ギガ ヘルツと読みます。

> 今残り空き容量がだいたい1Gぐらいなので
メモリの空き容量ですね。
大丈夫です。関係有りません。

CPUの種類が特定されていませんが、最近のPCであれば要件をクリアしているはずです。

Qビンの中の氷を一瞬にして凍らせる

中学一年の息子が自由研究で参考書を元にビンの中の氷を一瞬にして凍らせるという実験をしたのですが中々成功せず困っています。ボールの中にびんを置き、くだいた氷をビンのまわりにしきつめ食塩をふりかけてマイナス4度になったら20分間おき、そのあと静かにびんを取り出し
氷のかけらをいれると一瞬にして氷になるはずなのですが4回やって、4回ともなりませんでした。塩加減など樹をつけたのですが。あと、マイナス4度になかなかならず、マイナス5度がよくないのでしょうか?それと、ビンをガラスのコップでやるとよくないのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「過冷却 実験」で検索してみてください。

Qメモリ1Gと2Gの差

現在VISTAのPC購入検討中なのですがメモリを1Gか2Gかで迷ってます。
VISTA PUREMIUMを購入予定ですが最低1G必要みたいです。そのギリギリラインの1Gでスムーズに操作できるのか心配です。
1Gと2Gでは2万以上も値段の差があるので迷ってるのですが値段相応の差は出てくるんでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

店頭で実機を触れば分かると思いますが、相当神経質というかマニアな人間でなければ1GBで問題ないです。
こんな感じでしょうか
XPで512MBメモリで不満を感じる、WindowsXPSP2は最低1GB無いと動作が重くて実用的でないと感じる→Vistaは1.5GB以上、可能ならば2GB。
XPで512MBメモリの場合、特に不満を感じない→メモリ1Gで十分

Q氷がとけても海面の高さはかわらない。

地球の氷が全てとけても海面の高さは物理学上かわらないというのは本当でしょうか?
そのようなことをいっていた人がテレビにいました(どこかの教授でした)。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

浮力の原理から言って、氷が浮いているということは、
氷の重さ=氷が押しのけている水の重さ
なんで、氷が溶けて水になっても、ちょうど、氷が押しのけていた分の体積の水になることになるので、水面は変わらないってことです。

ただし、温度が上がると、熱膨張によって水自体の体積が増えるので、その分、水面は上がります。
もちろん、陸上の氷が溶けて流れ込んだ場合も水面があがります。
(ただし、陸上の氷については、平均気温が上がると、降水量が増えるので、陸上の氷の総量は増えるという説もあります)

Qメモリー1Gと2Gの違い

NEC TX VX700-CD
Pentium4 CPU 3.00GHz
メモリ標準 256×256(ディアルチャンネル)=512です。

Eドライブに186GBで動画30GB、
空き容量156GBにもかかわらず
クリック動画起動が非常に遅くなってきたのは、
メモリの限界なのかなーと感じてます。
それともPCの具合が良くないのでしょうか?

512×512=1G
1G×1G=2G
を検討してますが、1Gの場合と2Gの場合では
違いはかなりでるものでしょうか?

Aベストアンサー

512と1Gの差は体感できるかもしれませんが、1Gと2Gの差はソフトによるでしょうから大きくないのではないかと思います。

スペックとしては非常に速い機種だと思います。
以前はそれほど遅くなくてこの頃遅くなってきた、そして、以前も今もメモリ容量が同じなら。
メモリを増やすよりも、ディスクのデフラグ(値段は張りますがperfectdisk等の専用ソフトがいいでしょう)や、常駐ソフトの見直しなどの方が効果があるような気がします。
一緒に何かを起動しているのならそれをやめてみるとか。

あとは、常にcpuの使用率が高いようならウィルスやスパイウェアなど疑ってもいいかもしれませんが、そのような対策はされているのではないかと思います。

Q水が凍るとき

水が常圧下で凍る時には、一般的には体積が約9%膨張するそうです。

そこで、この体積が膨張しないようにするにはどのくらいの圧力が必要なのでしょうか?
(水が凍る時に膨張する力はどのくらいか?ということです)

Aベストアンサー

こういう測定をやった人がいます。
http://www.mtc.pref.kyoto.jp/ce_press/no942/researc2.htm

-5℃で60 MPa、-15℃で140 MPaになったそうです。
この値は、温度を下げていくと、理論的には200MPaになるはずです。

ところで、ご質問の趣旨は、「0℃の時はどうか?」ということでしょうが、このことに
ついて、わたしはこう考えます。

「1.はじめに」のところに下記の文章があります。
「(0℃になって凍り始めたときに)少し加圧すると氷は溶けるが、温度をさらに下げると
再び氷ができる・・・」

これを逆に解釈すると「圧力がかかった状態では、0℃では凍らない・・・圧力が強いほど
凝固点は低くなる」と解釈されます。
結局、この関係は、上記URL 図2の点線に沿って下がって行く・・・と見るのが妥当ではないでしょうか?

なお、不明な点があれば、補足欄から質問を入れてください。できる限りお答えします。

参考URL:http://www.mtc.pref.kyoto.jp/ce_press/no942/researc2.htm

こういう測定をやった人がいます。
http://www.mtc.pref.kyoto.jp/ce_press/no942/researc2.htm

-5℃で60 MPa、-15℃で140 MPaになったそうです。
この値は、温度を下げていくと、理論的には200MPaになるはずです。

ところで、ご質問の趣旨は、「0℃の時はどうか?」ということでしょうが、このことに
ついて、わたしはこう考えます。

「1.はじめに」のところに下記の文章があります。
「(0℃になって凍り始めたときに)少し加圧すると氷は溶けるが、温度をさらに下げると
再び氷ができる・・・」

...続きを読む

Q吉宗の1G連で・・・(単なる疑問)

自分は絶対にできないことですが、
例えば初当たりBB中にダブル7揃いしたとしますね。
次の1G連荘で、JAC1回目に俵ナビが出ますよね。
そのナビに逆らうと俵8回揃えられなくなるわけですが、
そうなると2回目の1G連荘はなくなるのでしょうか?
それとも、俵8回揃えなくても内部で1G連荘の条件を先に満たしているので、3回目の(1G連2回目)のBBは放出されるのでしょうか?
放出されない場合は、1G目から高確演出に入って、数G後に放出、なんてことになるのでしょうか。
くだらない質問ですみません。疑問に思ったものですから。

Aベストアンサー

? なんか#1の方の回答は前半と後半が矛盾している気がしますが…。
さて質問への回答ですが(さすがに実践したことはありませんが)、3度ともナビを無視した場合には、その次の1G連はありません。
ただし、RTゲーム数の振り分けによる即放出は勿論ありえます。

現在のパチスロ台では、メイン基盤とサブ基盤という2種類の基盤(管理用コンピュータだと思ってください)で動きをコントロールしており、
出玉に関すること(小役やボーナスの当選など)は、ほぼメイン基盤が管理しています。
で、このメイン基盤では、「次回の」ボーナスを1Gで放出させますよ、ということしか決められないのです。
それ故に、複数の1G連フラグを引いた場合には、サブ基盤(こちらは主に演出面を管理しています)にその数を記憶させ、
1G連の権利を持ち越したビッグ中に再度1G連の権利を獲得する(次は1G連ですよとメイン基盤に認識させる)ことが出来なかった場合には、
演出により俵8連を成り立たせることによって、次は1G連ですよという情報をメイン基盤に送るわけです。
ナビを無視して俵8連を成立させなければ、メイン基盤は普通に次回のボーナス放出を行いますから、1G連はしません。
(わかりやすいように大分端折って書きましたので、詳しい方のツッコミは勘弁してください m(_ _;)m)

? なんか#1の方の回答は前半と後半が矛盾している気がしますが…。
さて質問への回答ですが(さすがに実践したことはありませんが)、3度ともナビを無視した場合には、その次の1G連はありません。
ただし、RTゲーム数の振り分けによる即放出は勿論ありえます。

現在のパチスロ台では、メイン基盤とサブ基盤という2種類の基盤(管理用コンピュータだと思ってください)で動きをコントロールしており、
出玉に関すること(小役やボーナスの当選など)は、ほぼメイン基盤が管理しています。
で、このメイン...続きを読む

Q物理Iで水と氷について

氷の温度はどんなに冷却しても0℃らしいんですが、水を冷却する温度が0℃なら水のままで、0℃より下なら氷になるんですか?

出来るだけ詳しく分かりやすくご教示願います。

Aベストアンサー

他の回答者さん達も書いていますが、ちょっと付け加えます。

(1)氷の温度はどんなに冷却しても0℃らしい
いいえ、氷を冷やす(=熱を奪う)と、温度はドンドン下がります。
氷から熱を奪ったのに、温度が0℃のまま変わらない、ということはありません。

(2)温度を0℃に保ったまま、水から熱を奪っても、水のまま?
いいえ、これも違います。
0℃の水から熱をドンドン奪えば、温度は0℃のままですが、やがてすべてが氷になってしまい、全部が氷になってしまうと、温度は0℃より下がってきます。

(3)ですから、水から熱を奪っていくと、0℃より下にならなくても、氷になります。
ただし、氷ができ始めるのは、温度が0℃に達した後です。


詳しく見てみましょう。(気圧も問題になるのですが、ここでは1[気圧]の下での話としておきます)

温度が0℃より高い状態の水から熱を奪うと、温度は低下します。

そして、水温が0℃になると、水の一部が凍り始めます。"水と氷とが共存する"ようになるのです。
(当たり前のことですが、0℃になった瞬間に、水が全部氷になるなどということはありません。徐々に凍っていくはずです)

一旦、水と氷とが共存する状態になると、熱を奪っても、温度は0℃のままで、変わらなくなります。

それでも熱を奪い続けると、水の割合が減って、氷の割合が増えてきます。つまり、温度は0℃のままで、どんどん水が氷に変わっていくわけです。

やがて、水が全部氷になってしまいます。こうなった後は、熱を奪われると、再び、温度が下がり始めます。
その後は、-273[℃]=0[K]になるまで、温度低下が続きます。状態は氷(固体)のままです。


なお、過冷却とか、面白い現象もあるのですが、触れていません。

他の回答者さん達も書いていますが、ちょっと付け加えます。

(1)氷の温度はどんなに冷却しても0℃らしい
いいえ、氷を冷やす(=熱を奪う)と、温度はドンドン下がります。
氷から熱を奪ったのに、温度が0℃のまま変わらない、ということはありません。

(2)温度を0℃に保ったまま、水から熱を奪っても、水のまま?
いいえ、これも違います。
0℃の水から熱をドンドン奪えば、温度は0℃のままですが、やがてすべてが氷になってしまい、全部が氷になってしまうと、温度は0℃より下がってきます。

(3)ですから、水...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報