これからの季節に親子でハイキング! >>

先日、NHKの「趣味の園芸ビギナーズ」という番組で、プランターや鉢で利用した土の再生法が紹介されていました。
ふるいにかけて根などを取り除き、ふるいの方に残った粒が大きい方の土は赤玉土などを混ぜてプランターや鉢の土として再利用できるとありました。
そこで質問なのですが、ふるいから落ちた、細かい土はやはり捨てるしかないのでしょうか?

実際にやってみたのですが、その細かい土は、数年前に私が家を購入した際、庭土として入れられていた真砂土に腐葉土や堆肥をすき込んで作った狭い畑・花壇の土より素人目にはいい感じで、握ると団粒状になるんです。
プランターや鉢に使えなくても、畑で利用するのは問題ありませんか?粒子が細かすぎるという理由から、使用は止めた方がいいでしょうか?

プランターには、基本的に赤玉土と腐葉土を混ぜたもののみを使用しておりますので、細かい粒子自体もその成分と思われます。
ふるいの目は、2mmのものを使用しました。
もちろん使用するとした場合は、何らかの殺菌処理を行います。(というか、既に行ったものをふるいにかけたのですが)

因みにプランターで使った位の量の土の処分は比較的簡単に出来るので、処分が難しいから再利用したいという気持ちは全くなく、使える土なら利用したいし、あくまでも素人目には、今の畑の土よりいいように見えるというところ疑問が湧いてきました。処分するなら畑の土の方をしたいなと思っております。
また今の畑の土ですが、ふるいにかけて残るものは、後から入れた腐葉土や堆肥と小さな小石ばかりで、真砂土は全て落ちてしまいます。

皆さんの意見を、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

私も古い土はふるいにかけて再度使用しています。


ふるいにかけて落ちた土ですが、全体に水をかけてみましたか?すっと水が吸い込まれるように浸みていきましたか?
あまり細かな微塵だと、水分を吸い込まず表面をはじくように流れていきます。もしそうなった場合はそのままでは使用しない方がいいと思います。

質問文や他の方へのお礼分には土自体の見た目だけ書かれていますし、水を与えた状態を書かれていなかったので。
もし、まだ水をかけた事がないのでしたら、試しに一度かけて見てください。
他に現在の畑の土と混ぜて水をかけてみるとか、バーミキュライトやパーライトを混ぜたものでも試してみて使用できるか判断してみてはいかがでしょうか。

この回答への補足

代表して最後の方の補足欄をお借りします。

今回の質問に関して、皆様に回答頂きましてありがたく思います。
皆様の回答は、参考にさせて頂きます。

結局、土は捨ててしまいました。しかし私の本心として、この土もどうにかして使いたいというのが本心でございます。その気持ちに対した回答が無かったので、申し訳ありませんが今回はベストアンサー無しで締め切らせて頂きます。

補足日時:2011/04/07 22:51
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

試してみました.....


うわっ、しみ込まない...本当にはじくように表面を流れていきます。
一旦全体が水分を含むともう普通にしみ込んでいきますが、畑ですからずっと濡れっぱなしってわけではないですからね。
一応いろんなものを混ぜて試してみましたが、基本が表面をはじくように流れていくというものですから、あまり効果は無かったです。

これはダメかも、です。

お礼日時:2011/04/04 13:54

プランター約350ケ、鉢500ケに数10年間の間、花を植え続けています。

こんなに沢山の花を植えようとすると、用土も並みの量ではなく、用土の再生なんかやれる訳がありませんので、そのまま使用しています。自宅1階~2階、周辺道路は花~花が一杯で、足の踏み場もありません。また近隣でも評判で遠方からわざわざ見にきていただいています。毎年の花コンクールでは連続して市長賞を頂いています。用土の再生については過去から色々論議されていますが、やらないよりはやった方がいいのですが、しなくても大丈夫です。古い用土はそのまま何年でも使用しています。但し、新たに植付けする時は堆肥を全体の1/4くらい追加し、PH調整が必要な場合は苦土石灰を使用するくらいです。余談になりますが、花苗は全て種子から育てますので、今は春播き種子が一斉に発芽したところでこれから戦争状態突入です。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

プランター約350ケ、鉢500ケって、もの凄いですね。ブログとかなさっていないのかな?

私も今までは黒い袋に入れて殺菌し、カゴでふるいにかけて根等を取り除き、石灰を混ぜて寝かせただけだったんですが、「やらないよりはマシ」かなあって程度で行ってみました。
そしたら、意外にもふるいで落ちた細かい土がふかふかで、握ってみると団粒状に軽く固まるし、現在の畑の土より良さそうでしたので、質問してみました。

>新たに植付けする時は堆肥を全体の1/4くらい追加
結構多目ですね。

>今は春播き種子が一斉に発芽したところで
早くないですか??
私は、我が家で唯一温かい簡易温室も今年は冬越え苗達で占領されていて、今年は未だに種蒔きすら出来ない状況です。。特に今年は寒いので、いつくらいから行えばいいか、検討中です。

温室の中では4年目の鉢植えのミリオンベルが既に満開状態です。週末にも切り戻しと植え替えを行う予定です。

お礼日時:2011/04/01 10:32

赤玉土が赤土だと言う事を御存知なのですね。

中には赤玉土と赤土は違う
物だと思っている方が多いので、あえて説明させて頂きました。
と言う事は赤玉土より固い硬質赤玉土があり、硬質赤玉土より固い焼赤玉
土がある事も御存知のはずですよね。1年程度でしたら普通の赤玉土でも
完全に形が崩れる事はありませんので、グチャグチャになっていないのは
そのためかも知れません。最近では普通の赤玉土に硬質赤玉土が混ぜられ
ている商品も出回っていますから、使用されている赤玉土に硬質赤玉土が
混ぜられているとも考えられます。

黒くなったのは微塵が気孔内に入り込んだためと、腐葉土によって変色し
たと考えられます。ちなみに我が家では赤玉土は使用前と使用後では同じ
色です。何故かと言うと、我家では10年以上も腐葉土は使用していない
からです。植木鉢でもプランターでも、腐葉土は一切使用していません。
腐葉土が無くても植物は育つ事を、以前に相談に訪れた園芸店で教えて貰
いました。半信半疑で腐葉土の使用を止めましたが、教えて貰った通りに
栽培をしても問題無く生育しているので、今でも植替えには腐葉土は使用
していません。ただし庭土や畑にはバーク堆肥や牛糞堆肥を使用していま
す。プランターの土と畑の土は根本的に違いますから、畑の土をフルイに
掛ける事は誰もしません。畑の土の微塵はミミズなどが食べて分解してく
れていますから、新しい堆肥を入れて十分に耕す事で問題ありません。
プランターにはミミズは居ませんから、微生物だけでは微塵を分解する力
がありませんので、どうしても微塵を取り除く必要があるんですね。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

再度の回答、ありがとうございます。

えっと・・・ふるいにかけて落ちた細かい土を「畑で」使用できるかどうかを知りたいのですが...
プランターで使用するのであれば、わざわざふるいにかけたりしませんよね。
プランターで使用するのは、ふるいにかけて残った粒状を保っているものです。こちらは問題ありません。

前回の回答では使用しない方がいいということでしたが、
>畑の土の微塵はミミズなどが食べて分解してくれていますから、新しい堆肥を入れて十分に耕す事で問題ありません。
という事は、良さそうな土なら使用してもOKって事ではないのかな???

>1年程度でしたら普通の赤玉土でも完全に形が崩れる事はありませんので、グチャグチャになっていないのはそのためかも知れません。
2mmのふるいにかけて落ちた細かい土ですから、これは形が崩れたものだと思うのですが。
それと、ふるいにかけて残る大きなもののうち、明らかに赤玉土と思えるものは茶色を残していますよ。これまで黒くはなっていません。
確かに腐葉土が作用している可能性もありますし、溜め込んでいるところは畑の一角を仕切っているところですから、真砂土も混ざっているかもしれません。

また、現在のところ、プランターで使用している土に問題は無いので、あえて冒険してまで代えるつもりはありません。

反面、現在の畑の土は、さらさらした状態ですが、耕す⇒植える⇒数ヶ月育ててると、表面はカチカチになって水を吸わなくなってきますし、途中で土寄せ等行って柔らかく崩して水をあげると今度は砂の成分みたいなものばかり表面に浮かんできて、どう見てもいい土に思えないんです。
それでも堆肥等を結構な量混ぜていますので、本当に「何とか」ミミズが見え始めましたが。

お礼日時:2011/04/01 10:17

>>プランターや鉢に使えなくても、畑で利用するのは問題ありませんか?粒子が細かすぎるという理由から、使用は止めた方がいいでしょうか?



購入した土の微塵を抜いた方が良いとされるのは、植木鉢やプランターといったとても狭い環境での使用を前提としているからです。鉢やプランターで水はけの悪い土を使うと、簡単に根ぐされを起こしてしまうので、こういった狭い環境では、水はけの良い事が栽培の大事な条件になります。

一方、庭や畑などでは細かい土が混じった所で、もともとの土の量からすれば無視できる程度ですし、そもそも、庭や畑の土はみんな微塵のようなものです。そこに堆肥や腐葉土などの腐植を混ぜ込んで、性質を改善しているんですから、私は、庭や畑の土に足して使う事に何の問題もないと思いますよ。

あえて土の再利用に問題があるとすれば、病原菌やウイルスの蔓延ですが、その可能性がありそうなら、日光消毒や石灰消毒をすれば十分でしょう。だって、病気が心配で庭や畑の土を毎年入れ替えている人なんていないでしょう??使っても全く大丈夫ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

普段プランターの土は、花が終わって枯れたら地上部を全て切り取り、水を含ませたものをそのままプランターごと黒いビニール袋に入れて夏10日間~冬1ヶ月くらい放置し、それを乾燥させてNo.様のお礼に書いたカゴでふるいにかけて根などを取り除き、石灰を混ぜて溜め込み、上からブルーシートを被せていますので、殺菌は大丈夫かなと思っております。この溜め込んでいる間に虫が付く可能性はありますが。

本当に、No.2様へのお礼の最後に書きましたが、現物を見せて質問できればいいんですけど。

お礼日時:2011/03/31 11:16

植物を栽培している時に、どうして植替えをするのか御存知でしょうか。


土と言うのは永久的に使用が出来ず、日に日に状態を悪くさせています。
これを土が疲れると言いますが、あなたも実際に体験されたように古い土
をフルイにかけると細かな粉のような物が出ますよね。これが土を疲れさ
せている原因なんです。これを微塵(みじん)と言いますが、この微塵に
よって土と土の隙間が詰まってしまい、通気性や排水性が悪くなってしま
います。次第に土が固くなり、根を張ろうにも張れなくなり根先が傷んで
根腐れを起こしたり根枯れを起こしてしまいます。
土は通気性、排水性、保水性、保肥性が優れていないと植物は育ちません
から、これらを常に安定させるために植替えをする訳です。

微塵を再利用したいようですが、上記に書いた通りで畑に混ぜてしまうと
土の状態が良いのに悪くさせる事になりますよ。微塵を再利用する方法は
ありませんので、勿体ないと思われるでしょうか破棄して下さい。

プランターで使用した土を畑に再利用する案ですが、これは止められた方
が無難ですよ。プランターで赤玉土と腐葉土を主として使用されているよ
うですが、腐葉土は問題無いのですが赤玉土は良くありません。
赤玉土って何か御存知ですか。本来は雨が降ればグチャグチャになって、
晴れが続くとガチガチに固まってしまう赤土なんです。赤土を乾燥させて
大中小の大きさに分類した物が赤玉土です。単に乾燥させているだけです
から、水分を含むと崩れやすくなります。赤土のデメリットが畑の状態を
悪くさせますから、畑の土を処分してプランターの土に入れ替える事は避
けるべきだと思います。使用済みのプランターの土は、畑の土よりも劣る
と思って下さい。見た目で判断しては駄目ですよ。ちゃんとした理由があ
るから申しているんです。

古いプランターの土には、植物に対して有効な菌と悪い菌が居ます。その
ままフルイに掛けただけでは土は疲れたままです。今からの時期は天気も
良くなり暖かくなるはずですから、黒いビニール袋に入れて内部の空気を
押し出し、口を固く縛ってから直射日光が当たる場所に放置をします。
今の時期なら4日程度で大丈夫なはずで、終わればブルーシートに広げて
十分に乾燥させ、フルイに掛けてから新しいプランターの土に混ぜて使用
します。新を6:古を4の割合で混ぜて使用します。
植物にとって大切な微生物も死滅しますが、新しい用土を混ぜる事で次第
に増えますから、まずは害を及ぼす雑菌を駆除する事をして下さい。
高温殺菌をして新しい土に混ぜる事で、土は疲れから解放されて生き返り
ます。

ちなみにプランターには腐葉土ですが、畑には堆肥を使用します。腐葉土
は未完熟を使うと植物の根を痛めますから、多少は高くても完熟腐葉土を
使うようにして下さい。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

回答頂きましてありがとうございます。

ふるいにかけて落ちた微塵は使えないというのであれば、私の家の畑・花壇は90%くらい捨てなきゃならないですね。2mmのふるいだと殆ど落ちてしまいますから~
正直、問題外ですね。

それと、意外ですが赤玉土が「グチャグチャになって、晴れが続くとガチガチに固まってしまう赤土」なのは知っていますが、1年程寝かしていると何故だかぐちゃぐちゃにならない土になっているんです。
ふるいにかけて溜め込んでみると、まるで「黒土」のような見栄えです。新品の赤玉土を普段使用する前にふるいにかけて出てくる微塵の色とは明らかに違い、黒っぽいんですよ。


多分写真にして投稿しても解りづらいでしょうが、実際土を見せる事が出来ずに質問するもどかしさがありますね。

お礼日時:2011/03/31 11:03

プランターが50個以上あるのですが、植え替えや鉢明けで必ずお世話になった土が力がなくなってきます。


私は畳一枚ぶんのスペースを、土のお休み所としています。枯葉、摘んだ花、小枝や野菜のくずなどを混ぜ込んで置いておきます。本格的にはコンポストなどが良いのでしょうが、一年ほどすると再生してきますので充分使えるものになります。
使う前に石灰を鋤き込んで殺菌とphの調整をします。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答頂きましてありがとうございます。

私も畑の隅をブロックで囲んでプランターで使用した土を置いておくスペースを作っています。
今まではもっと目が粗いふるい(というか、カゴを使用)して根や枯葉を除いて石灰を混ぜて溜め込んでいました。ふるいの目の大きさは1cm位かな。
今回はその土を2mmのふるいにかけて再利用しようとして出てきた細かい方の利用方法として考えたものです。

私も個人的にはコンポストしてみたいのですが、匂いが気になって踏み切れません・・・

お礼日時:2011/03/31 10:51

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q土はなぜふるいでみじんを除いて使うのですか?

こんにちわ、いつもお世話になっています。

ガーデニングの本には新しい土を使う時にも”必ずふるいでみじんを除いてから使うこと”と書いてありますが、なぜみじんを除くのでしょうか?古い土を再利用する時ふるいを使うのは分かるのですが…。

また、近所の花屋さんが「やはり土は値段が高いものの方が良い土だ」と言っていましたが、土にも品質ってあるのでしょうか?
最近は100円ショップにも土は売っていますが、やはり値段が高い物の方がよいですか?

お詳しい方ぜひ教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>古い土を再利用する時ふるいを使うのは分かるのですが…。
古い土を再利用できるのは鉢底石ぐらいのもので、荒目のフルイにかけて鉢底石を取り、よく洗えば再利用できます。
古い土には植物の根からでた有機酸が含まれており、また雑草の根やタネやなども残っており、古い土を再利用するのは好ましいとはいえません。
病菌や害虫(ネダニ、センチュウ類、幼虫類)も残っている場合もあります。
古い土をビニールシートの上にぶちまけて、天日によく当てて乾かせば再利用できる場合もありますが、植物によっては有機酸により連作障害を起こして発育不良になる場合もあります。
やはり古い土は「くたびれた土」と解釈するべきでしょう。

>新しい土を使う時にも”必ずふるいでみじんを除いてから使うこと”
すべての新しい土をフルイにかけるわけではありません。
主に鉢植え用に使う、赤玉土、鹿沼土などです。(市販の出来上がりの土にはフルイはかけません。)
理由は排水性(通気性)と保水性を保つためです。
この二つは相反する性質があり、そこで古人が考えた結果、赤玉土や鹿沼土などの粒状の土を使うということです。
粒状だから当然、排水性は良い。また水遣りすれば粒状に割と多めに水分を含む為、保水性もある程度保たれるということです。
ここでミジンを含むと、排水性よりも保水性の方が上回る事になります。
それでも健全に育つ植物もありますが、新しく植えつける時や植え替える時はまず根の発育を優先しますので、やはり通気性の良くなる排水性を重視した方が、つまりミジンを抜いた方がよろしいかと思います。
根も呼吸しています。根が発育しないと地上部も発育しません。

ミジンを抜きたくない理由は、やはり「もったいない」ということが大きいと思われます。
ミジンも保存しておいて、タネまき用土や挿し木用土に使えないこともないです。
少なくとも比較的乾燥を好む植物や、観葉植物などの室内栽培(土が乾きにくくて多湿になりやすい)はミジンを抜いた方が無難です。
なお補助土(さらに排水性を良くしたり、あるいは軽めの土にする)であるパーライト、バーミキュライト、軽石類、や山砂類もミジンや粉塵が出ますのでフルイにかけた方が良いでしょう。

>また、近所の花屋さんが「やはり土は値段が高いものの方が良い土だ」と言っていましたが、土にも品質ってあるのでしょうか?
最近は100円ショップにも土は売っていますが、やはり値段が高い物の方がよいですか?
最近は酵素入りだの、微量要素入りだの、元肥入りだの至れり尽くせりののものが多いですね。
多少高額ですが、それなりに良いとは思います。
しかし安物のなかには砂とバーク堆肥(らしきもの)だけの粗悪なものもあります。排水性がかなり悪いです。
使えないこともないですが、あまり土質を選ばない、多湿にも耐える、丈夫で育てやすいなどの植物に限定されると思います。
少なくとも袋に土質が確認できる「透明部分」がないものは購入されない方が無難でしょう。
100均のものは使ったことがないのでよくわかりませんが、量が少ないのであまりお買い得とは思えません。

>古い土を再利用する時ふるいを使うのは分かるのですが…。
古い土を再利用できるのは鉢底石ぐらいのもので、荒目のフルイにかけて鉢底石を取り、よく洗えば再利用できます。
古い土には植物の根からでた有機酸が含まれており、また雑草の根やタネやなども残っており、古い土を再利用するのは好ましいとはいえません。
病菌や害虫(ネダニ、センチュウ類、幼虫類)も残っている場合もあります。
古い土をビニールシートの上にぶちまけて、天日によく当てて乾かせば再利用できる場合もありますが、植物によって...続きを読む

Qプランターの土 再利用について

一昨年までベランダでハーブ等を育てていました。
しかし、去年の春頃~約1年間、水やりや手入れができない状態だったため、細々と生き延びていた植物も最後には枯れてしまいました。
今年の3月になりやっと手入れができるようになったので、そのプランターに出ていた茎や根っこは抜きましたが、土はプランターの形のまま固まって乾燥している状態です。

こんな状態の土でも再生できるのでしょうか?
できるとして、ここまで乾燥しきった土でも消毒(袋にいれて日光消毒)は必要でしょうか?
ガーデニングに詳しい方、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

何を植えるかにもよりますが、ハーブを植えていた程度なら
消毒についてさほど神経質に考える必要はありません。
しなくても大丈夫です。

私も土の再利用は当たり前でやっていますが消毒をしたこと
ありません。

球根植物を植えていた場合はウイルス病が出る心配があるので
(ウイルス病の場合は消毒をしても無駄)一度使った土は処分しますが、それ以外は再生して使うことが可能です。

プランターから土を全部出して、ふるいにかけて
ゴミと細かくなりすぎた土は取り除いて、
土と腐葉土と牛フン堆肥を7:2:1ぐらいの
割合でよく混ぜ合わせればたいていの植物に使えます。

土の量が足りなかったら、赤玉土の中粒を買ってきて足せば
いいでしょう。

今、園芸店に行くといろいろなブレンド土が売られていますが
上記の割合でブレンドすれば、よほど難しい植物でもない限り
万能で使えます。

プランターの底には、水はけを良くするために大粒の赤玉土か
鉢底用の軽石を敷き詰めることを忘れないように注意してください

Q土が すごい粘土質なのですが

自宅を購入したのでうが、すごく土が粘土質で
植物が育つか心配です。
なるべく費用をかけず、(労力はあるのですが)
ハーブをいろいろ栽培したいのですが
どなたかよい知恵がありましたら
教えてほしいのですがよろしくお願いします。

Aベストアンサー

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガラは近年農家の嫌われ者でまず無料でもらえます。モミガラを生で投入すると腐植の時に回りの窒素を浪費するので生の投入に警告する先生もおられますが、私はずっと生で投入していて何ら弊害はありません。良く耕せば良いだけの話です。モミガラは土を柔らかく綿のようなフワフワの土にするのに大変効果があります。次にタダの材料は枯葉です。これは山に行けば全国どの地方でもあるでしょう。枯葉は出来るだけ繊維質の多いものを選びます。丸い葉より針葉樹の松葉なんかは最適です。松葉はヤニがあるので畑に入れてはいけないと昔からいわれてきました。しかし、私は十数年松葉を投入し続けてきましたが良い事ばかりです。最後はやはり「砂」でしょう。粘土質の特徴を少しでも弱めるには砂が一番です。これは少し出費になりますが、これだけは必要です。
 それと一番大切なことは、これらの土壌改良剤を投入してよく耕す事です。何回も耕す事でモミガラや松葉の不安点も解消されます。そして徐々に粘土質の土壌と土壌改良剤とが融和して一つの新しい土に生まれ変わっていくでしょう。

 粘土質の土壌だから全く駄目というわけではありません.粘土質の特徴は水はけが悪い事、また、土がつまり気味で土の中に酸素などが入りにくい事です。ですが一方では保肥力や保水力に優れています。私の畑は1m掘っても砂ばかりで、水はけは良いのですがいくら肥料をやってもその養分は水とともにあっという間に下に流されてしまいます。保肥力がないのですね。だから長所を生かし短所を工夫すればよいのです。
 まず、費用を出来るだけかけないで粘土質の改善をしましょう。一つはモミガラの投入です。モミガ...続きを読む

Q花壇の土の入れ替え方

7年ほど前、業者に頼んで玄関前に花壇を作ってもらいました。
(縦30cm~1m×横3m×高さ30cmほど)
いろいろ植えていたのですが、ある程度育ってもそれ以上大きくなりません。(今植えているのは、ユーパトリウム、レモンバーム、アジュカ、カラミンサ、クリスマスローズです。カモミールは夏枯れました)

苗を植え込む時に、根のことを考えず、ひと回り大きい程度に土を耕して、緩効性肥料を混ぜ、培養土をいれて植えていました。

根がはらないのが原因だと思い、枯れてしまった場所から土を入れ替えようと思っています。
掘り返してみると、上5cmくらいはすぐ掘り返せるのですが、それより下は硬くて、掘ると砂のような土で、5cmくらいの石も混じっています。

既存の花壇の土の入れ替えは「既存の土と堆肥を混ぜ込む」とあるのですが、砂のような土でも堆肥を混ぜ込むだけでいいのか不安ですし、
また更地を花壇にする方法として「土を掘り返し、消石灰を混ぜた後、堆肥を混ぜる」とあるのですが、砂のような土には上記の方法の方がいいのかわかりません。

また他にしておいた方がいいことや、混ぜた方がいいものがあれば教えていただけませんか。
あと、苗を植えているところの土はどうすればいいのでしょうか。回りの土を入れ替えていけばいいのでしょうか。

よろしくお願いします。

7年ほど前、業者に頼んで玄関前に花壇を作ってもらいました。
(縦30cm~1m×横3m×高さ30cmほど)
いろいろ植えていたのですが、ある程度育ってもそれ以上大きくなりません。(今植えているのは、ユーパトリウム、レモンバーム、アジュカ、カラミンサ、クリスマスローズです。カモミールは夏枯れました)

苗を植え込む時に、根のことを考えず、ひと回り大きい程度に土を耕して、緩効性肥料を混ぜ、培養土をいれて植えていました。

根がはらないのが原因だと思い、枯れてしまった場所から土を入れ...続きを読む

Aベストアンサー

園芸は土つくりです。

表土(5Cm)は恐らく園芸用の土を入れて下さったものだと思います。
その下の砂のような土、これは真砂土と呼ばれる山砂です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E7%A0%82%E5%9C%9F

本来、山砂には栄養分などは有りませんが、これに有機質を混ぜることで立派な園芸用の土に生まれ変わります。
業者さんは表土と中間層の山砂を入れただけで引き渡されたものだと思います。

問題は質問者様の後々の管理です。
そのまま化成肥料だけで植物を育てると土は俗に言う「痩せる」状態に陥ります。
7年も有機質を入れなければ当然固い土に戻ってしまいます。
かろうじて園芸店から買ってきた苗についている土だけが唯一の有機質の供給源ですから・・・。

手間が掛かりますが園芸用のスコップではなく、
大きな工事用のスコップを用意して掘り返してください、
そしてその中に完熟堆肥、腐葉土を混ぜ込んでやってください。
堆肥は完熟したものでないと植物の根には悪いです。

一度にする必要は有りませんが塊が無いようになるまで良く切り返して(混ぜ合わせて)元に戻してやってください。

底の方の小石は排水のために故意に入れています。
あまり浅いようでしたら取り除く必要が有りますが、業者さんがいい加減な仕事をしていない限り大丈夫です。
情況から見れば良心的な施工だと思います。

植えっぱなしにするのであれば、このたび思いっきり有機質を入れてやってください、又年に一度くらい数箇所に穴を開けてそこに有機質を埋め込む方法で供給することも可能です。
季節毎に植え替えなどで耕すのであればその都度有機質肥料を混ぜ込むようにすればいいかと思います。

また、土は必ず酸性に変わってきます。
消石灰で弱アルカリ(植物によります)にするために散布します。
これも正式にはPHを計測する器具が販売されています。(ホームセンターに有ります)簡易なものもあるようなのでそれで調べながら園芸を楽しむことも一つの方法です。

園芸は土つくりです。

表土(5Cm)は恐らく園芸用の土を入れて下さったものだと思います。
その下の砂のような土、これは真砂土と呼ばれる山砂です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%9C%9F%E7%A0%82%E5%9C%9F

本来、山砂には栄養分などは有りませんが、これに有機質を混ぜることで立派な園芸用の土に生まれ変わります。
業者さんは表土と中間層の山砂を入れただけで引き渡されたものだと思います。

問題は質問者様の後々の管理です。
そのまま化成肥料だけで植物を育てると土は俗に言う「痩せる...続きを読む

Q家庭菜園の土の消毒について

庭で5坪ほどの家庭菜園をやっています。始めて3年になります。
教えていただきたいことは、土の消毒はどのようにすればいいかということです。
家庭菜園の本などを読むと、熱湯をかけるなど書いてありますが、すべてにかけるにはたいへんな量の熱湯が必要になりますし、ましてや土を入れ替えるということもできそうにありません。
農家の方の農地を見ますと、毎年同じものを作っても連作障害もないようですし、あんなに広い土地をいったいどうやって消毒しているのでしょうか。
よろしくご教示ください。

Aベストアンサー

 こんにちは。農家ではないですが、庭の中で畳1畳分ぐらいの所に家庭菜園と、畳3畳分ぐらいの所に1年草を植えています。
 何か病気になったとかいうのではない限り、野菜や花を全部抜いてしまった後は、鍬で何回か耕します。晴れた時なんかに土を深く耕して奥の土を日光に当てます。今検索すると天地返しというそうです。↓に写真入で解説が載っています。
http://www.lcv.ne.jp/~kamekame/kamekame_209.htm←私はせいぜい30cmぐらいで、深くても50cm未満で済ましてます。
http://kgarden.hp.infoseek.co.jp/garden/soil.html←その他土作りの方法も載ってます。 
 私は3日ぐらい繰り返して、その後苦土石灰や腐葉土などの有機肥料を梳き込んでます。これで何年もやっていますが、特にトラブルもなく順調に野菜や草花が育っていますので、大丈夫だと思います。
 連作障害はオクラ等のナス科の野菜や豆類に特に多いようです。一度オクラ→大根→オクラ(大根を挟んでいるし、1年過ぎています)とやってみた所、オクラが全然育ちませんでした。2年ぐらいは置いた方が良いと園芸店の人に言われたので、オクラは控えてます。園芸ノートを作って畑の見取り図を書いておくと、次に何を植えるかという時に便利ですよ。
http://www.h6.dion.ne.jp/~sa3270/YA-rensaku.htm→連作障害についてです。
 ご参考までにm(__)m。

 こんにちは。農家ではないですが、庭の中で畳1畳分ぐらいの所に家庭菜園と、畳3畳分ぐらいの所に1年草を植えています。
 何か病気になったとかいうのではない限り、野菜や花を全部抜いてしまった後は、鍬で何回か耕します。晴れた時なんかに土を深く耕して奥の土を日光に当てます。今検索すると天地返しというそうです。↓に写真入で解説が載っています。
http://www.lcv.ne.jp/~kamekame/kamekame_209.htm←私はせいぜい30cmぐらいで、深くても50cm未満で済ましてます。
http://kgarden.hp.infoseek.c...続きを読む

Q花壇の土の作り方で悩んでます

ガーデニング初心者です^_^;
最近花壇をレンガで囲い作り直しました。
今までの花壇は、敷地と同じ高さで、囲いを作り、掘って、黒土に腐葉土を混ぜたものをつかっていました。
しかし、半年程使いましたが、土が、とても硬くなり、花の成長も悪いように思います。
今回、敷地より25cm高くし、盛り土で、土の質も良い花壇を作り直したいと思い、ご相談ですm(_ _)m

花壇の大きさは大体2m2くらいです。
今日、ホームセンターで、「プランターの土・花と野菜用14リットル」と言うのを5袋と、発酵牛糞1袋と、赤玉土1袋を購入しました。
しかし、色々ネットで検索してましたら、この土の選択は違っていたかなと思い、明日だったら、交換もできるので、違う土に交換したほうが良いか悩んでいます。
また、明日有機石灰か、苦土石灰も購入する予定です。

土の配合は、今まで使っていた黒土と、購入した「プランターの土」と、石灰と、牛糞を混ぜて使おうと思います。

そこで質問なのですが・・・
(1)混ぜ合わせる土の種類は、黒土と、購入した「プランターの土」と、石灰と、牛糞で足りないものはありますか?
また、上記の物を混ぜ合わせるときの、割合はどのような感じですか?
(2)発酵牛糞は、やはり花の根などに触らないようにしたほうがよいですか?
その際、どのように使えば良いでしょう?
根に触らない30センチ位底の方か、上に撒き散らしたほうがよいのか・・・
(3)赤玉土は、花壇には必要ないですか?
(4)できれば早く花を植えたいので、有機石灰を使おうかと思ってるのですが、やはり苦土石灰の方が、良い花が育ちますか?
苦土石灰の場合は、2週間はおかないと駄目ですか?
 
どなたか、ご存知の方、教えてください!!
よろしくお願いいたします。
 

ガーデニング初心者です^_^;
最近花壇をレンガで囲い作り直しました。
今までの花壇は、敷地と同じ高さで、囲いを作り、掘って、黒土に腐葉土を混ぜたものをつかっていました。
しかし、半年程使いましたが、土が、とても硬くなり、花の成長も悪いように思います。
今回、敷地より25cm高くし、盛り土で、土の質も良い花壇を作り直したいと思い、ご相談ですm(_ _)m

花壇の大きさは大体2m2くらいです。
今日、ホームセンターで、「プランターの土・花と野菜用14リットル」と言うのを5袋と、発酵牛糞1袋と...続きを読む

Aベストアンサー

地植えの場合、思った以上に多くの土が必要ですよね。
私だったら、土壌改良に「バーク堆肥」(樹皮を細かく砕いて醗酵させたもの。腐葉土の代わりになる。比較的安価。)を使います。
花壇を地上げするなら、他の黒土も持ってきて、古い黒土と共にバーク堆肥を混ぜながらシャベルでよく耕します。
バーク堆肥の量は、新しくもってきた黒土と同量ぐらいでいいでしょう。
もちろん「プランターの土」でもかまいませんが、できれば腐葉土やバーク堆肥を追加して、古い黒土と一緒によく耕しましょう。
なお赤玉土は不要です。赤玉土は主に鉢植え用に使います。

土壌改良した後なら、石灰(アルカリ性)は撒きません。
多くの花はアルカリ性土を好みません。ほとんどの花が弱酸性土を好みます。日本古来の花でしたら、もう少し強い酸性土を好みます。
(比較的アルカリ性と思われているクレマチスにしても、弱酸性土を好みます。)
苦土石灰等を撒くなら来年以降でしょう。
それも1平方メートルあたり軽く一握り程度です。
土の表面に撒き、耕して散水しておきましょう。
植え付けには、2週間あけた方がいいでしょう。
くれぐれも石灰の撒き過ぎには注意してください。

肥料については燐酸肥料(骨粉)を加えたほうが、花つきや実なりが良いです。
窒素肥料(油粕、糞類)と混ぜて使います。
穴を掘って施肥します。根に触れないように20cmぐらい覆土してから植えつけると良いでしょう。
くれぐれも上に撒き散らさないほうが良いです。(ハエが来ます。)

植えつける植物の種類によっても違いますが草花類でしたら、私の場合、これら有機肥料は使わず「マグァンプK」などの緩効性(化成)肥料を使います。
これは燐酸成分が多く、花つきがよいですからお勧めです。
植え付け時に土に混ぜて使います。根に直接触れても大丈夫です。
肥効一年の「中粒」と、二年の「大粒」が一般的でしょう。
一年草、多年草で使い分けします。
あと即効性の液肥として、ハイポネックス(原液)などの1000倍希釈液を、一週間に一度水遣りがわりに与えると更に効果的です。

追伸
ユリの地植え場合、30~40cmぐらい球根を深植えします。(適期10月~11月)
これは水分や養分を吸収する根(上根)が、球根の位置から上に生えるからです。
従ってユリの場合は、球根よりも上の土に施肥する必要があります。

参考URL:http://www.hyponex.co.jp/catalog/index.html

地植えの場合、思った以上に多くの土が必要ですよね。
私だったら、土壌改良に「バーク堆肥」(樹皮を細かく砕いて醗酵させたもの。腐葉土の代わりになる。比較的安価。)を使います。
花壇を地上げするなら、他の黒土も持ってきて、古い黒土と共にバーク堆肥を混ぜながらシャベルでよく耕します。
バーク堆肥の量は、新しくもってきた黒土と同量ぐらいでいいでしょう。
もちろん「プランターの土」でもかまいませんが、できれば腐葉土やバーク堆肥を追加して、古い黒土と一緒によく耕しましょう。
なお赤玉...続きを読む

Q水はけを良くするには?

家の横に1坪程度の土の場所があります。
花壇にでもしようかなと思って今日まで手つかずでした。
 そこには家の建築時に入れてもらった山土(赤土?)が
入っていますが、ちょっと水をまいただけでも
水たまりができ、スコップをさしても土が締まって
重い感じです。
 の花壇自体は高さ30cm程のコンクリート枠に囲まれて
います。

 そこで、花やハーブなどを植えるのに、水はけの良い
土にしたいのですが、具体的にはどのようにすればいいのでしょうか?
(何か土を混ぜるとか?すき混むとか?)

 また、コンクリート枠には水を出す穴はなく、
土の下の地盤の土に染みこんでいるだけですが、
やはり穴をあけた方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

 基本は植える植物の種類によって土壌は変化させなければなりません。 
 これは人間側から考える後付の方法ですが、本来植物はその生育環境に同調して変化してきましたので、適した土壌は様々ですが一般的には「水はけ・水持ちの良い土壌」にしなさい、ということです。
 例えばハーブ類ですと基本的には野菜類に近い土壌管理になりますね。アルカリ性土壌を好みますので植える前に苦土石灰をまく必要があります。 このへんは一般の花物とは違う点ですね。

 さて本題の花壇の作り方土壌改良についてですが、この場合は水はけを良くする事を最大の目標にして考えればまづ間違いありません。

1.高さ30cmのコンクリート枠の中にある土を深さ50c m(欲を言えば60cm)で全て取り去る。

2.園芸用の篩(ふるい)を購入して全ての土を次の方法でふるい分けて中間の土のみ残す。

 A.一番荒い篩で残ったも土をコンクリート枠に戻す。 又敷 地内にあるゴロタ石なども全体で+20cm位に敷き詰め  る。

 B.No.Aで振るった土を二番目に荒い篩で選別した後通過
  したものを一番細い篩で選別して通過した土は使わないで
  処分します。 この細かい土が悪さをします。

 このBで残った土に完全腐葉土を1:2の割合で混合して花壇に戻せば最適な土壌になります。
 あとは植える植物にあわせて有機質肥料や成長に合わせて適当に化成肥料を与えれば立派な花壇になります。

 この位やって汗を流せば立派な花が咲くでしょう。 植物はその土壌に合わせて自ずから成長しますので、わざわざ高い園芸土壌を購入する必要はありません。
 わたしはこの他に木屑に土をまぜたりして現在の我が家にある土を利用してガーデニングしています。 
 
 どんな土でも篩えばたいがいは使えます。 そして腐葉土を混ぜるのがポイントです。 鉢植えの場合は篩った土で荒い部分のみに腐葉土を混ぜて育てています。 これで大変根の発育が順調です。 
 根には空気が必要です。元気な根を作ることができれば、それは自ずと立派な植物が出来上がるのはしごく当然のことなんです。 
 (なるべく土などは購入しないで家にあるもので代用しましょう。今回の土で篩った結果一番細かい土が半分以上占めている場合は花壇としては不適当ですので菜園用の土として腐葉土と混ぜて使うようにしてください。)

 

 基本は植える植物の種類によって土壌は変化させなければなりません。 
 これは人間側から考える後付の方法ですが、本来植物はその生育環境に同調して変化してきましたので、適した土壌は様々ですが一般的には「水はけ・水持ちの良い土壌」にしなさい、ということです。
 例えばハーブ類ですと基本的には野菜類に近い土壌管理になりますね。アルカリ性土壌を好みますので植える前に苦土石灰をまく必要があります。 このへんは一般の花物とは違う点ですね。

 さて本題の花壇の作り方土壌改良についてで...続きを読む

Qやっかいな粘土質の土

家の庭に芝を張ろうと、今30センチくらい掘り起こしています。
石やゴミ、雑草を取り除き、大きな土の塊は粉砕してふるいにかけて戻してます。
なのですが、庭じゅう粘土だらけです。
硬くて掘るのも一苦労です。
どんな土かというと、白っぽくて、前の日が雨だと靴底の裏にびっしりと土がくっついていちゃう感じです。
ふるいにかけても、砕けないダマやコンクリゴミばかり。
そんな訳で、作業は全然進みません。
いっそのこと、土を買って全部入れ替えてしまえばよいのでしょうが、残念なことに庭が広くて、そんな事をしていたらいくらお金があっても足りません。
もちろん、良質な土や砂をある程度混ぜるつもりではいるのですが。
この粘土の土は捨てるしかないのでしょうか?
それとも、できる範囲で細かくして砂と混ぜれば使えますか?
もうかれこれ2週間以上この作業をしていますが、いっこうに終わる気配がなく、庭はダマ土(ドックフードみたいな感じです)と石の山でウンザリしています。
ちなみに、最後には肥料や石灰を入れて西洋芝の種まきをするつもりです。
何かよいアドバイスをください、お願いします。

家の庭に芝を張ろうと、今30センチくらい掘り起こしています。
石やゴミ、雑草を取り除き、大きな土の塊は粉砕してふるいにかけて戻してます。
なのですが、庭じゅう粘土だらけです。
硬くて掘るのも一苦労です。
どんな土かというと、白っぽくて、前の日が雨だと靴底の裏にびっしりと土がくっついていちゃう感じです。
ふるいにかけても、砕けないダマやコンクリゴミばかり。
そんな訳で、作業は全然進みません。
いっそのこと、土を買って全部入れ替えてしまえばよいのでしょうが、残念なことに庭が広く...続きを読む

Aベストアンサー

 芝生に限らずガーデニングする場合の基本は土です。
現在の粘性土を水はけよくするにはかなり根気のいる土壌改良をすべきですが、一気にやろうとすると腰砕けになりますので、
3年程度のスケジュールを立てて自分の体力に合わせてゆっくりやりましょう。(無理するとぎっくり腰になってしまいますので・・)

 まず植物はその種類によって根のはる深さが決まっていますのでそれにあわせて土壌改良の深さを決めます。

1.深さ30cmまでの土壌改良でOKなのは
  *1年・多年草(草丈が40cm未満)
  *球根類
  *芝生類(宿根草)

2.深さ50cmまでの土壌改良でOKなのは
  *低木類
  *落葉・常緑樹木で樹高さ2mまで

3.No.1、2以外の樹木
  
  今回は芝生ですので30cmのみしっかりと土壌改良すれば良い芝生ができます。
 
<土壌改良の方法>
1.芝生の張る面積を深さ50cm掘る。
2.篩をかける
  *荒めでふるって残ったものを掘った穴にもど   す。(30cm以上戻さないこと)
  *一番目のこまい篩で通過したものは使わない。
    
  ここで残った土に腐葉土や土壌改良材を十分混ぜ  込んで穴に戻します。

3.この状態でレーキをかけて張る面を水勾配をと  りながら調整しましょう。

 **留意点
   今回の土壌は石が多いようですがその量によっては掘る深さをもっと多くしたりして残っている石を暗渠排水として再利用したり、花壇の捨石代わりにできますので邪魔にならないとことにストックしておきましょう。

 <さらにアドバイス>
 どの程度の庭面積かわかりませんが、当家では新築時に造園工事をしたときに基盤が山砕のズリの上に山砂(かなりこまい)を盛ったために低木類以外の樹木の根が進行せず大分枯れてしまいました。

 この土壌改良には大変な労力を費やしました。前記の篩で余った石やコンクリートガラなどは植生区域以外の園路の暗渠排水に利用して、上部15cm程度の土には消石灰を大量に混ぜて(三和土のような)草が生えないように再利用しています。
 この石灰処理はたいへんな効果があり粘性土が水はけよくなり雨が降っていても靴で歩けます。
 ぜひお試しあれ。

 ところで西洋芝を植えるようですが、夏場の管理には十分配慮してください。 芝刈りと水遣りが大変ですよ。
 ほかにもいろいろアドバイスがありますが以上で終了します。
 (当方、かれこれ地盤改良も3シーズン目に入りました!。計画を立てて一つ一つ決めていきましょう。) 

 芝生に限らずガーデニングする場合の基本は土です。
現在の粘性土を水はけよくするにはかなり根気のいる土壌改良をすべきですが、一気にやろうとすると腰砕けになりますので、
3年程度のスケジュールを立てて自分の体力に合わせてゆっくりやりましょう。(無理するとぎっくり腰になってしまいますので・・)

 まず植物はその種類によって根のはる深さが決まっていますのでそれにあわせて土壌改良の深さを決めます。

1.深さ30cmまでの土壌改良でOKなのは
  *1年・多年草(草丈が40cm...続きを読む

Q米ぬかを肥料として使用できますか?またその使い方は?

家の近所に米ぬか自由にお持ち帰りくださいとしてその軒下にたくさん置かれているのを今日少し頂いて帰りました。そこで質問です。

米ぬかは肥料として使えますか?直接畑に撒くなどするのは適切ではないのでしょうか?いったん腐植土にするのでしょうか?

もし肥料に出来る場合はその使い方を教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

家庭菜園にて肥料として使っています。


キャベツの場合

ウネ幅80cmで2列に間隔を30cmあけて植える場合、ウネの中心に深さ30cmくらいの溝を掘ります。
その溝に米ぬかを300g/m位入れ、その上に鶏糞を300g/m、過リン酸石灰を1にぎり/m入れます。
過リン酸石灰は入れたほうがおいしくなります。
あとは土をかぶせて苗を植えて、水をかけたらそのままほったらかしに近い状態で(夏の暑いとき以外は水遣りもしません)収穫を待ちます。
仕事が忙しいので、なるべく手間をかけないようにと・・・、こうしています。

ほかにも同様のやり方で育つものとして、

トマト(ウネ幅1mはほしい)、ピーマン、イチゴ、ナス、きゅうり、白菜、大根などがあります。


土と混ぜて育てるものとして、ほうれん草、小松菜などがあります。
もちろん米ぬかだけではなく、鶏糞、過リン酸石灰も入れます。

Q培養土の熱湯殺菌について

以前ある書物で、熱湯を回しかけて土を殺菌しましょう、といった事が書かれていたので、手っ取り早いと思い熱湯をかけました。しかしそれでは善玉の養分まで全滅するため冷ました後赤玉土とバーミキュライト合わせて3分の1程加えて再利用しましたが、こころなしか日に日に観葉植物が弱っていってる感じです。熱湯殺菌された土に土としての価値が無くなった為栄養分が足りなかったのかそれとも土の配合が悪かったのでしょうか?果たして熱湯などかけて良かったのでしょうか?(コンロンカ、初雪カズラ、エンジェルレースによる寄せ植えにて)どうぞ回答お願いします。

Aベストアンサー

 土の熱湯消毒は間違いではありません。普通に売られている土で善玉菌はあまり期待できないと思います。虫やかび菌の方が心配です。

 寄せ植えされているのは3つとも水枯れを嫌うものですね。暑い時期の植え替えで根を傷めたところから水あげがうまく行かないのかもしれません。また、パーミキュライトと赤玉ではちょっと水はけが良すぎる気もしますが、心配なほどではないと思います。

 葉水をしてあげると良いと思います。大きさがわからないのですが、夕方以降外に出すなどしてたっぷりかけてやると良いと思います。肥料は弱っている間はやらない方がいいと思います。気になるのでしたら固形のプロミックか何かを出来るだけ根から離して置いてみるなどされては?


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング