石橋山の戦いで源頼朝を救った梶原景時、
その子である梶原景季が、
源頼朝と源義経の不仲の原因の一つと聞きましたが、
そうなのでしょうか?

A 回答 (2件)

梶原景季は一の谷の戦いや、屋島の戦いで義経の援将として頼朝におくりこました。


しかし自分の作戦が義経に却下され、面目をつぶされた景季は頼朝に華々しい戦果を過小に評価をし報告しました。


景季は頼朝の愛臣だったので、頼朝は信じてしまいました。
そして頼朝は義経の荘園を没収し鎌倉の出入りを禁止しました。

その後、義経は有名な腰越状を発ましたが意味もなく
ついには頼朝打倒の兵を揚げてしまいます
    • good
    • 0

以下が源頼朝、源義経、梶原景季の関係です。



屋島の戦いで源氏軍勝利 → 壇ノ浦の合戦で源氏軍勝利、平家滅亡 → 戦績の著しかった源義経・梶原景季、初め20人余りは共に後白河法皇に任官された → 頼朝は「勝手に任官しやがって。鎌倉に帰って来るな」と怒る → でもなぜか景季は許された。義経は許さなかった → 頼朝は景季に「叔父の源行家を討伐せよ」と義経への伝言を託す → 義経は自分の病が癒えるまでそれは出来ないと言う → 景季はそれを頼朝に伝える → 頼朝は怒る → 義経討伐の命が出される

頼朝と義経の不仲の原因は梶原景季にもあるというのは、ちぃっと正しくないですね。梶原景季はただ頼朝と義経の伝言板役を務めただけで、勝手に頼朝が怒ったというのが明白です。義経の人気が疎ましかったのもあったと言います。策士だったわけです、頼朝という人物は。結局は自分の手を汚さず、平家を滅ぼし、鎌倉に幕府を開いたんです。そして自分の邪魔になる存在を消していったんですから。だから頼朝の後の将軍、源頼家、源為朝の3代で源氏政権が倒れたのも、頼朝の権力志向が産んだ結果とされています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

梶原景季は、兄弟の伝言板役を何度か務めたのですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2011/03/31 12:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【モンスト】源義経を当てたいのですが、どのイベントの時に10連ガチャをするべきでしょうか?

モンストをしている者です。
オーブがたまったので、10連ガチャをしようとしています。
歴史で大好きな義経がキャラで出た時から、ずっと欲しがっていました。
どのイベントが一番当たりやすいのかわからず、質問させていただきます。
光と闇のハーモニー
超じゅうしんさい
当たりですかね??

ご回答よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

「光と闇のハーモニー」「モンスターコレクション」「超獣神祭」がおすすめです。

ガチャだけはどうしても運が絡むのので難しいですよね・・・。

義経+他の欲しいキャラと言う形であてはまるイベント時が良いかなと思います。
例えば
「光と闇のハーモニー」・・・義経+クレオパトラ、ハーレーX
「超獣神祭」・・・義経+ルシファー、卑弥呼


頑張って引き当てて下さい!!

Q 源義経が壇ノ浦の戦いの捕虜を連れて鎌倉を目指した際、頼朝は、義経が頼

 源義経が壇ノ浦の戦いの捕虜を連れて鎌倉を目指した際、頼朝は、義経が頼朝に無断で、後白河法皇から検非違使に任命されたことに怒り、鎌倉入りを拒みました。
これに対し、後白河法皇は、義経に、頼朝討伐の院宣を出しましたが、
これに怒った頼朝が大軍を京に向けたところ、今度は後白河法皇、頼朝に、義経討伐の院宣を出したと認識しています。

 短期間のうちに、お互いを討伐するような院宣を出すことはありえるのでしょうか?
ご存じの方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

義経、行長に頼朝追討の令を下しましたが、これは院宣でなく「宣旨」でした。
義経等に脅迫されやむなく後白河法皇が命じたのですが、
「宣旨」は天皇の命令で、「詔勅」に比して内輪の文書です。

法皇はこの宣旨を出したあと、すぐに義経達に悟られぬように、頼朝に釈明の使いをだしました。
しかし頼朝の怒りは解けず、頼朝に義経、行長を召し捕るべしとの「院宣」を下しました。
「院宣」は法皇の命令ですが、天皇の「詔勅」と同格で「宣旨」より上格です。

従い天皇の宣旨の後、法皇の院宣が出れば後の上位の院宣の方が効力があり、実質宣旨は失効になります。   もっとも宣旨といっても法皇が出しているのですが。
前言取り消しという事ですか。

一応矛盾はなく、後白河法皇のしたたかさはたいしたものです。  武家に生まれれば英雄になったでしょう。    

Q源義経について

初めまして、宜しくお願い致します。

私は最近源義経に興味があります。
源義経に関する面白い書籍を是非とも紹介して頂きたいです。
小説が一番の希望ですが、源義経に関するものなら何でも構いません。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

司馬遼太郎さんは時代小説家の中では絶大な人気があるので、義経の本もきっと面白いと思います。
この本は読んだことはないのですが、ほかの作品はとても面白かったので。
http://www.amazon.co.jp/%E7%BE%A9%E7%B5%8C%E3%80%88%E4%B8%8A%E3%80%89-%E6%96%87%E6%98%A5%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%8F%B8%E9%A6%AC-%E9%81%BC%E5%A4%AA%E9%83%8E/dp/4167663112/ref=sr_1_1?ie=UTF8&s=books&qid=1233726741&sr=1-1

Q義経VS頼朝で、なぜ義経に加勢する武将が少なかったのでしょうか

義経は1185年3月に壇ノ浦の戦いで勝利し、平家滅亡の立役者
となったが、兄弟共通の敵がいなくなったために兄弟の対立が

表面化、義経は頼朝に恭順するかそれとも敵対するかの選択を
迫られました。

義経は頼朝とならぶ清和源氏の主流であり、後白河法皇の支持
を受けていたし、実際に法皇から頼朝追悼の院旨も受けていた。

一方、頼朝は平家を滅亡させて源氏の世の中になったとは言え、
まだまだ日本の中心は京であり、東国の田舎でようやく地盤を
固めたに過ぎず、東北には藤原氏が依然として勢力を保持して
いた。徳川家康のような、その力を誰もが認めるような存在で
はまだなかったと思います。また家康のような力を持ってい
ても、関ヶ原では西軍側にも拮抗した軍勢が集まっています。

このような状況で、義経が反旗をひるがえした後、義経に味方
する軍勢はほとんど集まらず、最後は後白河からも見放され、
あっという間に転落してしまいました。

私としては、なぜ義経がかくも短期間でヒーローからあまりにも
みじめな最後をとげることにnってしまったのかがどうしても分か
りませんし、そこの ところをうまく説明した、解説本も知りません。

1. 義経に人徳がなかったのでしょうか(人徳でいえばむしろ頼朝の
方が冷徹であったといわれています)
2. 周囲の大半の勢力は冷静に頼朝と義経の力量を計算して頼朝を
選んだのでしょうか(しかし戦でいえば義経の評判が高かった
わけだし、強い方に加勢する心理が働いてもおかしくなかったのでは)
3. 源平の合戦が続いて、世間に厭戦気分が強く、また日本を二分する
ような戦を誰も望まなかったので、既に地盤を固めている頼朝を支持
したのでしょうか

それとも、他に何か理由があるのでしょうか?

よろしくお願いいたします

義経は1185年3月に壇ノ浦の戦いで勝利し、平家滅亡の立役者
となったが、兄弟共通の敵がいなくなったために兄弟の対立が

表面化、義経は頼朝に恭順するかそれとも敵対するかの選択を
迫られました。

義経は頼朝とならぶ清和源氏の主流であり、後白河法皇の支持
を受けていたし、実際に法皇から頼朝追悼の院旨も受けていた。

一方、頼朝は平家を滅亡させて源氏の世の中になったとは言え、
まだまだ日本の中心は京であり、東国の田舎でようやく地盤を
固めたに過ぎず、東北には藤原氏が依然として...続きを読む

Aベストアンサー

当時の武士というのは、読んで字の如くの戦闘員・戦いのプロというより、普段は自分の土地を家来や領民に耕させ、米など農作物で生活する人々。当然武士の関心事は田畑にあるわけです。

当たり前ですが武士も人間なので子が生まれやがて死にます。

となると気になるのは土地を誰が相続するのか?長男?それとも親に可愛がられた次男?子供たちは若すぎるから叔父さん?とその土地を誰が継ぐの?系の問題が鎌倉幕府開設前からありました。鎌倉開府前には藤原氏や院、時にはお寺。誰々の土地だからその土地の持ち主が決める。けど時代の流れでもって藤原氏が強かったり院が強かったりで誰に相続されるかが安定せず、またその主に気に入られた三男が継ぐことになったり、と安定しないわけです。

こんな不安定な制度は誰でも嫌なもの。公平な相続お裁きをしてくれる機関が欲しく、そのボスには高貴な血筋の人間を据えて説得力を増したい。そんなわけで清和源氏ブランドのボス・源頼朝に白羽の矢が立ち、鎌倉開府となったわけです。



さてこの裁定機関が二つあったらどうでしょう?二つとはもちろんご質問の頼朝と義経です。例えばあの土地について頼朝は長男が継げと言い、義経は次男が継げと言い…武士達にとっては裁定機関は一つでよく、彼ら目線で支離滅裂になっては困るのです。源氏の長者は一人でよく、二人も要らんのです。

また頼朝は源義仲や平氏追討は義経らに丸投げし、自分は関東に残っています。頼朝は別に関東で酒池肉林のドンチャン騒ぎで遊んでいたわけではなく、裁定機関の準備を進めるわけです。源義仲や平氏が滅んだ頃には準備がかなり進んでいたでしょう。周りの武士たちにしてみれば、これで俺達の裁定機関ができるぞって時期に、頼朝の指示を聞かない義経くん。彼は頼朝=裁定機関=武士達の指示を聞かないわけです。

武士たちにとって邪魔ですよね?義経くん。

頼朝と義経各個人の人徳や力量比較は(どちらかというと)武士達にはどうでもよく、例え頼朝の弟と言えど裁定機関の指示に従ってもらわなければ困るんです。折角、平和な世の中に向かっているというのに、いわばKYな義経くん…困りますよね?

戦場での奇想天外な発想…というより、誰が見ても無理そうな課題を発想力で解決する能力は、頼朝よりも…というより日本史上最高の武将でしょう義経は。中でも騎馬による奇襲など戦闘指揮官としては義経の才能は、世界に誇ってもいいくらい。

ですがそんなものは武士たちの土地相続問題には要らない才能。武士達の希望は公平なお裁き、公平な論功行賞。それらに戦闘指揮官の才能は不要です。もっと言えば冷徹にどちらが正しいか判断してくれる人や機関の方が必要なのです。

ご質問には記載はありませんが、範頼も義経に似たような雰囲気を醸しています。紆余曲折の末、源実朝を最後に清和源氏の嫡流は滅んでいます。にもかかわらず、裁定機関の鎌倉幕府はその後も続いています。武士たちにとって源氏が大事だったのではなく、裁定機関が公平に活動してくれればそれで良かったのです。



と長文で申し訳ありませんが、回答としては次のようになります。

4. KYな義経くんは鎌倉幕府=武士達の指示に従わなかったから、もしくは要らない子だったから。

当時の武士というのは、読んで字の如くの戦闘員・戦いのプロというより、普段は自分の土地を家来や領民に耕させ、米など農作物で生活する人々。当然武士の関心事は田畑にあるわけです。

当たり前ですが武士も人間なので子が生まれやがて死にます。

となると気になるのは土地を誰が相続するのか?長男?それとも親に可愛がられた次男?子供たちは若すぎるから叔父さん?とその土地を誰が継ぐの?系の問題が鎌倉幕府開設前からありました。鎌倉開府前には藤原氏や院、時にはお寺。誰々の土地だからその土地の持ち...続きを読む

Q源義経公のお墓

大河ドラマで源義経公に興味をもちました。すこし、インターネットで調べたのですが。源義経公のお墓は、実在しないのでしょうか。

Aベストアンサー

諸説あるようですが、神奈川県の藤沢市に、義経の首を井戸で洗い清めた後に祭った神社というのがあります。

http://www.st.rim.or.jp/~success/link2.htm

参考URL:http://www.st.rim.or.jp/~success/link2.htm

Q頼朝が義経を嫌ったのはどうしてですか?

義経は平家追討の功労者だったのに、平家滅亡後まもなく仲たがいをしてしまいました。
実の兄弟なので多少の行き違いがあっても話せばなんとかなるとおもうのですが、両者の関係が決定的に悪くなった原因はなんでしょうか?
人間性によるところが大きいのでしょうか、それとも政治的なものでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

判官贔屓のせいか、江戸時代以降現代に至るまで義経に人気があり、頼朝はあまり好かれていないようです。このため、ほとんど歴史ドラマのごとき論がでてくるわけですが。

根本的にめざしているものが違う以上、「実の兄弟なので多少の行き違いがあっても話せばなんとかなる」という事にならないと思います。平安時代史を調べると(たとえば岩波新書「平安王朝」)兄弟で政治的に敵であった例はもう山ほどあるわけで。とりわけ新興武士階級の場合、それまでの朝廷の官位の権威ではなくずばり武力をもって支配を行う以上、対立はすぐさま暴力的になります。

また、#2さんなども書いておられますが、その背景とする勢力が頼朝と義経では違います。頼朝のうしろだては関東の武士団で、その中には実は清盛流以外の桓武平氏も多々ありました(とりわけ北条氏)。またこの時点で頼朝が源氏の棟梁であった、というのは正しくありません。清和源氏の嫡流ではあっても清和源氏そのものが諸源氏のなかでは地位が低く、むしろ清盛一党と対立して敗れた義朝の嫡男としての位置がここでは重要でしょう。そういうものとして関東の平氏や源氏をふくむ武士団の共立する将に選ばれたのだと思います。

一方義経はその最大の庇護者は奥州藤原氏で、これは関東とはまたちがった政治勢力でした。

さらに打倒された勢力の「平家」とされているのは6流ある桓武平氏のうち平高望の流れのなかのいわゆる伊勢平氏のうちの清盛に近い一党なのであって、たとえば北条氏と清盛では6代前が同じ、というこの当時としてはほとんど別の一族です。
http://www.myj7000.jp-biz.net/clan/01/011/01100.htm
こういうことを考えてみても、小さい頃から一緒に育ったわけでもない、違う勢力の代表である兄弟はもともと潜在敵であったわけです。
つまり、奥州勢力と関東勢力の連合がが西国中心の平氏清盛流と争った、というのが事の真相であり、その際、関東の求めたものはいってみれば関東の独立(というと言い過ぎでしょうが)でしょう。この場合、あくまで敵を倒すための連合ですから、その後は一方が完全に屈服しない限り対立は続きます。北の勢力は関東にとっては放置するには大きすぎる勢力ですから。

というわけで、もともと対立する可能性の方がずっと大きかったので、その通りになっただけでしょう。

判官贔屓のせいか、江戸時代以降現代に至るまで義経に人気があり、頼朝はあまり好かれていないようです。このため、ほとんど歴史ドラマのごとき論がでてくるわけですが。

根本的にめざしているものが違う以上、「実の兄弟なので多少の行き違いがあっても話せばなんとかなる」という事にならないと思います。平安時代史を調べると(たとえば岩波新書「平安王朝」)兄弟で政治的に敵であった例はもう山ほどあるわけで。とりわけ新興武士階級の場合、それまでの朝廷の官位の権威ではなくずばり武力をもって支配を...続きを読む

Q源義経、頼朝などの苗字って?

源義経、源頼朝、平清盛、大江広元などには、北条時政たちのように苗字はなかったのでしょうか?

       苗字  氏   諱
北条時政  北条  平   時政
安達泰盛  安達  藤原  泰盛
源 義経  ?    源   義経
平 清盛  ?    平   清盛

Aベストアンサー

苗字(名字)は所領や屋敷の場所などを自称するうちに家名として定着したものですから、法律や権力者の命令によって全国一斉に名乗るのが義務付けられた、というようなものではありません。苗字が定着しても、明治5年までは公式な名称は氏であり、苗字は通称にすぎません。

また、本人が名乗ったかどうかは定かではありませんが、歴史学者の角田文衛は、源頼朝の一族を鎌倉家、平清盛の一族を六波羅家と称した上て、源平合戦という表現は誤解を招くと力説しています。

蛇足ですが、大江広元の子の季光が毛利入道と号し、その孫の時親が安芸国吉田に所領を得たのが毛利家の始まりです。

Q源頼朝の絵について

最近源頼朝の画像が違うって言ってますが、徳川家康も例の画像を頼朝と思ってたのですか?結構昔から間違えてたのでしょ?

Aベストアンサー

あの京都の神護寺が持っているあの絵のことですよね。

あれについては本当に頼朝のものかどうかは論議の的でした。ですからいちよ源頼朝であろうと伝わっているとして”伝源頼朝”と紹介しています。

歴史のことですからこんなことは日常茶飯事です。なんせ言われ不確かなものなんてあるのが当たり前。ですから後から説が修正されるのも当たり前です。

家康だってこれがそうです言われればそうかと思うでしょう自分にそれを否定するものがなければの話しではありますが。

Qもし平清盛が源頼朝と源義経を処刑していたらその後の展開はどうなりますか?

もし平清盛が源頼朝と源義経を処刑していたらその後の展開はどうなりますか?

Aベストアンサー

源氏の生き残りは 誰かを統領にして戦うでしょう
隠れている源氏はいくらでも居る
平家は必ず 滅ぼされたでしょう
言い切れる理由に
平家に有能な人が居なかったと言う事と
復習は怖い と言う事です
 
注目したい事は 世界史等からも
この時代から 日本だけでなく
世界規模で戦争の時代に入った
と言う事 

其の発端が 日本は僧侶(保元の乱)
西洋は教会(十字軍)なんですね
ここにも注目

聖職者の堕落が戦争の発端

Q頼朝と義経

頼朝と義経の対立原因とはなんだったのでしょうか?

それにいざ兄弟が相対すると義経についてきたのは弁慶ほか数名だけだったのは、義経に人望がなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

先ずは、徳川実記の徳川家康の意見から、

駿河にて夜話の折り、談伴等申しけるは頼朝は古より名将といひ伝えたれども平家討伐にさされし三河守範頼、伊予守義経二人の弟はすぐれて軍功もあるを後に誅戮せしは小恩の至ならずやと申せば君(家康を指す)外々の者どもはいかが思うと宣へばいづれも同意のよし申す。其時それは世にいふ判官びいきとて老嫗児女など常に茶談にする事にてとるにたらず。すべて天下を治る者は己が職をゆづるべき嫡子の外、庶子の分には別に異礼を施すことなし。其親族たるを以て国郡の主になし置といへども、これを遇するにいたりては外々の大名とかはることなし。よてその兄弟たるもの身をつつしみ、上を敬し万事を篤実にせず、もし兄弟の親をたのみにし無道の挙動(ふるまひ)するを、親族なればとて見のがしては外様の示にならざるなり。親族のわいだめなく理非を分明に行ふこそ天下の主たらむ者の本意なれ、驕奢無道ならば配流に処し、もし反逆の企あらむには死刑に行はねばならぬなり。すべて天下の主の心と大名の心とは大にかはるものなり。さる大体をわけまへずして頼朝を非議するはこれまた老嫗児女と同日の所見なりと仰せられしとぞ。

次に、明治の在野の歴史家の巨人山路愛山の『源頼朝』によると、

されど読者若し是に依り兄弟てふ人倫に対する感情は昔も今も差別なきものたりと思はばそれは全く誤解なり。、、、当時の婚姻に関する慣例は男子は如何なる種姓の女性にも通ひて子を生ませ得べく、而して男子の為にこを挙げたる女性は其正室に非る限りは多くは男子と共に居らず、、、、父を同ふする兄弟といえども其母を殊にする時は其情恰も路人の痛痒相関せざるが如きものに非ず。、、、義経の母は九条院の雑仕なりしを義朝之に通じて三子を生ませ、、、、その始終を考ふるに決して頼朝の母と同日に論ずべき貴種に非ず。されば頼朝も義経を見ること固より等倫の兄弟の如くする能はざりしならん。

愛山に言わせると、義経の最大の不運は、功名の誘惑最も強き年少気鋭の時期に、軍人たる非凡の力量を発揮してしまったことにあり、としております。義経がもう少し晩期型だったら、頼朝と旨く行っていたであろうと考えているようです。そして、不和の原因は、頼朝の大義を理解できなかった年少気鋭の軍事的天才義経の謀反に在りとしております。

上で挙げた、『源頼朝』で愛山はそのことに関して実証的に、かつ徹底的に論じておりますので、参照してみて下さい。

先ずは、徳川実記の徳川家康の意見から、

駿河にて夜話の折り、談伴等申しけるは頼朝は古より名将といひ伝えたれども平家討伐にさされし三河守範頼、伊予守義経二人の弟はすぐれて軍功もあるを後に誅戮せしは小恩の至ならずやと申せば君(家康を指す)外々の者どもはいかが思うと宣へばいづれも同意のよし申す。其時それは世にいふ判官びいきとて老嫗児女など常に茶談にする事にてとるにたらず。すべて天下を治る者は己が職をゆづるべき嫡子の外、庶子の分には別に異礼を施すことなし。其親族たるを以て国郡の...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報