石橋山の戦いで源頼朝を救った梶原景時、
その子である梶原景季が、
源頼朝と源義経の不仲の原因の一つと聞きましたが、
そうなのでしょうか?

A 回答 (2件)

梶原景季は一の谷の戦いや、屋島の戦いで義経の援将として頼朝におくりこました。


しかし自分の作戦が義経に却下され、面目をつぶされた景季は頼朝に華々しい戦果を過小に評価をし報告しました。


景季は頼朝の愛臣だったので、頼朝は信じてしまいました。
そして頼朝は義経の荘園を没収し鎌倉の出入りを禁止しました。

その後、義経は有名な腰越状を発ましたが意味もなく
ついには頼朝打倒の兵を揚げてしまいます
    • good
    • 0

以下が源頼朝、源義経、梶原景季の関係です。



屋島の戦いで源氏軍勝利 → 壇ノ浦の合戦で源氏軍勝利、平家滅亡 → 戦績の著しかった源義経・梶原景季、初め20人余りは共に後白河法皇に任官された → 頼朝は「勝手に任官しやがって。鎌倉に帰って来るな」と怒る → でもなぜか景季は許された。義経は許さなかった → 頼朝は景季に「叔父の源行家を討伐せよ」と義経への伝言を託す → 義経は自分の病が癒えるまでそれは出来ないと言う → 景季はそれを頼朝に伝える → 頼朝は怒る → 義経討伐の命が出される

頼朝と義経の不仲の原因は梶原景季にもあるというのは、ちぃっと正しくないですね。梶原景季はただ頼朝と義経の伝言板役を務めただけで、勝手に頼朝が怒ったというのが明白です。義経の人気が疎ましかったのもあったと言います。策士だったわけです、頼朝という人物は。結局は自分の手を汚さず、平家を滅ぼし、鎌倉に幕府を開いたんです。そして自分の邪魔になる存在を消していったんですから。だから頼朝の後の将軍、源頼家、源為朝の3代で源氏政権が倒れたのも、頼朝の権力志向が産んだ結果とされています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

梶原景季は、兄弟の伝言板役を何度か務めたのですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2011/03/31 12:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q源義経に関するオススメの本を教えて下さい

3年前に中学の授業で見た「安宅の関」で義経のファンになりました。弁慶と義経の素敵主従関係が好きで、邪な妄想が出てしまうのですが(スミマセン!)
来年の大河ドラマをより楽しむ為にも時代の流れを含め、関連人物などの知識を付けておきたいのです。

小説、まんが、ネット上の作品でも構いません。
タイトル・著者名・出版社と、ちょっとしたあらすじがあると助かります。

Aベストアンサー

konoha様、まだ見てらっしゃるでしょうか(^^;
4番様もお勧めの『ますらお』、私も心から推薦します。ほんとに面白いです。
個々のキャラクターがとても魅力的で、青春群像としても楽しめます。また、有名なエピソードに、「こうくるか!」という感じで斬り込んであります。特に、五条大橋(義経と弁慶の出会い)は秀逸ですよ。何より、義経が格好良い!斬新で、愛さずにはいられない義経像です。

残念ながら、一の谷の合戦で修了してしまうので、安宅の関は出てきません。が、弁慶と義経は結構良い感じですよ(^^)。同性愛的ではないのですが、義経が初めて心から信じることの出来た人=弁慶です。

小学館から文庫が出てますので、そちらなら普通の書店にも売っているかもしれませんよ。
単行本も、ちょっと大きな漫画喫茶ならあります。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4091935516/rekishisyou-22/ref%3Dnosim/249-1785609-6717943

Q源 義経に子孫は居たか?

子供の頃のとある日祖母が「あなたは源氏の末裔で義経の子孫なの」と言い家計図のような物を見せてきたが、そもそも義経に子息は居たのか?(色々と説はあるが・・・) 個人的には源姓が欲しくて先祖の誰かが大金でも積んで加わらせて貰ったのだろうと考えているが・・・
日本人は源氏か平氏しか居ないなんて言う人も居るがどうなのでしょう?

Aベストアンサー

…別に難癖をつけるつもりはありませんが、可能性を100%否定することもないと思います。ご存知かもしれませんが、その昔は性に対する倫理も現代ほど厳しいものではなく、祭りの日でもあれば(言い方は非常に悪いものですが)フリーセックスの行為もあったといいます。あるいは閉鎖性の強い地域であるならば宿を借りた旅人に村の娘を差し出すことも珍しくありませんでした(そうやって“血”が濃くなりすぎることを未然に防いだ)。家康の先祖だってそのような事柄がきっかけで三河に定着するようになったという説があります。

また“逆賊”視された平将門の子孫だって、義経の叔父である源行家の子孫だって、一見“皆殺し・根絶やし”にされて存在しないようにも思えますが、実は生き残って後世に名を残しました(豪族が便宜上“私は○○○○の子孫、末裔である”勝手に名乗っている例も多々含まれますが…苦笑)。

名もない旅商人に対してですら“娘を差し出される”ようなことがあったのですから正統な清和源氏の後継者の一人である義経に地方豪族などがその娘を喜んで差し出したり、あるいは遊女などの妻妾の一人がこっそりと子供を残したとしても、それは(正式な)「歴史書」に残されていないだけで、可能性としては全くないとはいえないのではないでしょうか。

…別に難癖をつけるつもりはありませんが、可能性を100%否定することもないと思います。ご存知かもしれませんが、その昔は性に対する倫理も現代ほど厳しいものではなく、祭りの日でもあれば(言い方は非常に悪いものですが)フリーセックスの行為もあったといいます。あるいは閉鎖性の強い地域であるならば宿を借りた旅人に村の娘を差し出すことも珍しくありませんでした(そうやって“血”が濃くなりすぎることを未然に防いだ)。家康の先祖だってそのような事柄がきっかけで三河に定着するようになったという説...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報