着物の仕立ての件ですが、宜しくお願いします。

日本でのミシン仕立てと海外手縫い仕立てを比べるとすると、どちらの方が、良いのでしょうか?
遜色ないのでしょうか?やはり、手縫いの方が、着用したときのなじみが良いのでしょうか?

実際、海外仕立てをなさった方は、どんな感じですか?
また、インターネットで依頼出来る、低価格で上手い着物の仕立て屋がありましたら、教えて下さい。

A 回答 (2件)

和裁が趣味の素人ですが、所詮は人しだいです。



縫うことだけを考えるなら、人が縫うより、ミシンで十分でしょう。
もともと、ミシンのない時代に「縫った」から、手縫いなのです。

さらに言うなら、着物は解くことを前提として縫うのです。
仕立てあがったままで洗わないから。
そして解くには手縫いのほうが糸がすーっと抜けるから。
生地も痛まないし。

それがために、手縫いがランク上という認識になりますが、洋服がそうであるように、
縫って丈夫でそのまま洗う(丸洗い)なら
特に、ミシンでも問題はないです。
解くことを前提にしないならです。

長年着用して、解いても、すれていたりするので、洗い張りしても、元と同じ着物としてはなかなか再生しにくいのです。
一回り小さいことを前提にするか、染め直して、すじ・すれが目立たないようするか・・・すると、これは結構かかります。

着た感じ・・・ほとんど変わらないです、ミシンでも。

海外・・・で仕立てたわけではないです。
自分で手で縫ったのでは、もう、なんとも疲れる付け下げの新反があって、
針がもう、進まない。
えーぃ面倒な・・・と、ほとんど、えり付けと、裏地を縫う、中綴じ以外・・・つまりは、表の生地はほぼ、ミシン。
それも、家庭用の普通のミシンでじゃかじゃかやってしまったことが一度あります。
すぐにできました。 ドコも変わりないです。
つまらないので、これでミシンで作るのはやめて、また、ちくちく手で縫ってます。
私のは暇つぶしだから。

新しいものを裁断するときの柄あわせに「縫う人の趣味?」が反映することがありますが、
あるサイトではエジプト人がさかさまになってしまっている柄が、丁度の上前胸元にあって、「こんな恥ずかしい」という
参考例になってました。

しかし、柄によっては裾で丁度にすると、柄の繰り返しによってはどうしてもどこかにさかさまが来るのが飛び柄、
大柄の小紋です。
仕立てる丈によってはどうしても、柄の繰り合わせが、
柄合わせするには50cmから切って捨てることが必要になるが、
用尺としてどうしてもたりなくて、ちょうどいい柄あわせができないこともある。

その、さかさまエジプト人の柄は、全体から見て、膝あたりを上向きにすると、どうしても、左胸がさかさまになります。
部分で見るとそうなる。
別な花柄の参考写真で、共襟のとび柄の位置が良くないという参考例も見ましたが、これも、下になる長いほうの襟で
無駄に切って、はいでと調節していいなら
顔の映える位置にもできますが、新反で余分に切って、つなげるというのはするに忍びないので、こういうのもズれる。

これらは、日本で日本人が手縫いで作ればこんなことにはならない・・・という「センス」の問題として
提示してあったのですが、うーん、どうだろうというのが、自分で仕立てている私は思います。

左右の袖の柄がドコに出るかが、国内の手縫い仕立てでずいぶんおかしいのがたくさんあります。
100枚以上アンティークを解いているのでわかるのですが。
本来、全部に柄がないなら、右なら後ろ、左なら、前に柄があるように袖付けしますが、左右を間違えているのとか、
袖付けが反対じゃない?というのは割りにたくさんある。

ミシンかどうかはたいした問題ではないと思いますよ。
ただ、昔の錦紗のような腰のない日本の絹でミシンだと、布地が延びたり、痛んだりするでしょうが、
もう、こんな上等な絹が市場に存在しないです、いまは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。
着物は解くことを前提にしている。
しかも、ミシンなど無い時代で、染め直して着ることもあった時代。

そう考えると手縫いにこだわるのもどうかなとも思えてくるのですが、趣味ではなくて、一枚着る機会があったらのために作ろうかなと思ったので、一応海外ですが、手縫いでお願いして、仕立てに出しております。

安いものと高いものとの上がりに違いはあると思うけど、着付けが一番大事だと思います。下手な美容院結構ありますからね。

お礼日時:2011/05/04 23:57

遊びで着物を着ているものです。


ミシンと手縫いについては、No.1の方がお答になっているとおりだと思います。

ミシンか手縫いか、上手いか下手か、呉服屋さんだの和裁をしている方だのが、調べる気で見ると違うのだそうですが、素人では分かりません。少なくとも私にはさっぱりです。

「手縫い」というよりも、本人の着付けに合わせて細かく採寸をして微調整をしてくださると、着やすいです。私は腰ひもを少しだけ下に締めたいので、着物の丈を少しだけ短くしてもらっています。それを思いつかなかった頃に仕立ててもらった着物ですと、おはしょり分の調整がいるので、着付け時間が少し長くなります。
そんな風に相談に乗ってくださる方だと、自然に日本での手縫いになってしまいます。
ご自身で細かく指定できる、あるいは、それほど細かな調整にはこだわらないのでしたら、海外でも問題ないと思います。

低価格で上手い、は期待しない方が良いと思います。上手い人は限られていますから、高くても仕事があります。安く引き受けている以上、それなりだと思う方がいいですよ。

回答になっておらず、申し訳ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。
低価格に期待はしない方がいいですよね。それに、着物で生活しているわけではないので、着心地の良し悪しなんて分かる訳も有りません。

それでも手縫いこだわる私は、海外手縫いに決めました。仕上がりが気になりますが、素人の私は、満足すると思います。

お礼日時:2011/05/05 00:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qミシンのうまい選び方について(良し悪し)

妻の誕生日にミシンを購入しようと思っています。
しかし、何を基準にミシンを買ってよいのかわかりません。
候補は
http://www.rakuten.co.jp/m1/494406/494407/513736/#452867
を思っているのですが、いまいち決定打がないのです。
HPを検索してもあまり情報もなく困っています。

良いミシンの選び方、HPなどありましたらお教えください。

Aベストアンサー

10数年前に洋裁学校を出ています。

ミシンといっても使い道によっていろいろ....。
奥様が本格的に洋裁をされ、例えば子供服などを作られるのであれば頑丈なものをお勧めします。軽いものはプラスチックの部品が多く使われ、故障がやや多いといわれます。(私も安くて軽いものを買ってトラブルが)
フットペダルもミシンを昔からよく使っていた方には
扱いやすいと思います。
またロックミシンの機能を果たすカッターつきのものも大変便利です。

奥様がそれほど洋裁の経験がなく小物をちょくちょく作る程度ならば軽くてコンパクトなタイプがいいかも。
ケースにすっきりとしまえるものもお勧めですよ。

販売員がいるところで一度相談してみるといいかと思います。故障の時に来てもらえるというサービスがついていたりします。案外と故障(糸の調子が悪いとか)がありますから。

Q衣紋の抜き方による着物の仕立の違い

着物をつくることになったのですが、衣紋を7分抜くように仕立てくれるとのことで、それにあわせて長襦袢も衣紋を7分抜く仕様?の長襦袢をつくったほうがよいと言われたのですが、衣紋の抜き加減に合わせた長襦袢が必要なのでしょうか?衣紋の抜き加減で 着物の仕立て方が違ってくるのでしょうか?
それと、あらたに長襦袢を作る場合、なるべく出費を抑えたいのですが、正絹の着物にポリエステルの長襦袢の組み合わせは やはり あまりお勧めではありませんよね?

Aベストアンサー

和裁が趣味なので日夜、励んでおります(笑)
結論から言うと、普通は5分(2cm)なのでそれで十分でしょう。
7分でもいいですが。

疑問におもうのは、なぜ、普通、5分なのに、7分(3cm)にしてあげるということになり、
長じゅばんも・・・7分で作るという話になったのかということですが。

理由は以下につらつらと。

イメージとして、真横から着物の着用時を見たときに後ろに肩山から、襟が移動(下がる?)寸法が繰越です。
コレの寸法のことを7分といわれたのですが、襟が肌襦袢から始まって何枚も重なりますよね?
で、どんどんと外周になるわけだから、外周になるほど後ろに下がる=衣文が抜けていくということになるので、
長じゅばん(5分)より着物がより衣文の寸法が長く(7分)ていいのです。
それだけ、無理にヒモで引っ張って、安定させなくていいというだけのこと。

現に、羽織は着物5分に対して、7分にしますので。
ヒモで抑えるわけではない、ポンと乗せて、さらに帯の厚みで引っ張られる、外周なら5分の着物に対して7分の羽織です。
雨コートなど、1寸でしたてました、つい先週のことです。

コレがあえて、7分の長じゅばんを作る必要はないだろうという理由のひとつ。

そしてその効果ですが、長じゅばんより、着物の襟が離れて落ちる・・というより、
着物の襟がかぶさってくるのが、収まるぐらいの効果しかないのが7分ぐらいです。
コレが1寸(4cm)ともなると、いささか違ってきますが。

着物の広えりが二つ折りで、長じゅばんの襟の外周に来るので、1cmぐらいは外・・・のほうが安定するのはイメージできるでしょう?

では、何で、今は皆さん長じゅばんも、着物も5分で羽織は7分なのかということですが、
だから・・・というか、無理やりの衣文抜きなる商品をお使いになるでしょう?
まるで{杭}のように一番のインサイドで長じゅばんの襟が【V字】にがんばって、支えているから。

ソレと、これ、肩の形によるのです。
なで肩だと、横襟が滑り落ち加減になりますので、うえにあがってくる圧力?より、後ろ襟も下がりやすくなるので
長じゅばんと同寸にすることで、実際には、それで丁度なのです。
昔はね、なで肩の人が多かった。
実際に、私は、着物5分で長じゅばんも5分ですが、どうしても着物の襟のほうが落ちてきます。
なで肩だから。

そして、もしかしなくても、インサイドのほうが多少、上がり気味というのが本来の着用、着付け方法なのでは?という疑問もあります。
浮世絵など見てください・・・全部、後ろ襟が何枚と数えられるようにインサイドが持ち上がっているでしょう?
襟を洗濯する事情なのかもしれない。

アナタがなで肩でなく、いささか肩に厚みがある人なら、7分ぐらいのほうが安定するでしょう。
それと、何で、長じゅばんも7分をするめられたかは、ご商売?
新しく作れということですから。

必要ならこの際だから正絹でおつくりになったほうが、体がラクです。
静電気より、あの通気性の悪いのには閉口します。
冬は暖房が効いているので、蒸暑いし、暖房が効いてないと、ソレはそれで冷たい感触で寒いし。
一番安いのでいいです、ぜひとも正絹で。
高いものを選ぶ必要はないです、理由は以下に。

盛装用と、普段用と違うのは、衣文の寸法ではなく、その生地の色です。
普段用はお好きにしていいですが、盛装は白、ときにうっすら色ぐらいどまりというだけのこと。
寸法は普通、あまり変えません。
昔は袖丈を長めに作るのが普通でしたが。
普段も着物だから、普段着は袖は短く(袖幅、袖丈ともに)、
よそ行き・盛装は袖も長く(裄・袖丈)・・・だから、当然に長じゅばんも袖もながいと。
いまどきは若いお嬢さんしか袖が長くないですが、昔は、40-50でもよそ行きは袖(袂)は長いです。

あと、正絹の長じゅばんは自分で洗えますよ。
丁寧にするなら、脇と袖付け、袖の振り、を全部しつけで大きく5cmぐらいで躾けて、縫い代のキセ(折り目のかぶさりをこういいます)を安定させて、手抜きしてしなくてもアイロンかけに慣れているなら大丈夫です。

部分を自分でつまみ洗いして、ネットに入れて、洗濯機であらいます、私は。
○クロンで洗って、○フターして、袖たたみしたようにして、干して、多少とも、手でパンパン。
かわいたら、霧ふいて、軽くアイロンで十分。

何回も洗ってますから、大丈夫です。
多少とも、風合いがくたびれてくるのは、tシャツだって同じです。

そして、高い長じゅばんを作るのも、それなりですが、消耗品とおもって、安く(反物5000円ー1万)ても正絹でおつくりになって、
じゃんじゃん洗って、着つぶす。
どちらにしても、裾は擦り切れてきますし、汚れも、いまどきのアスファルト汚れ、カーボン粒子は落ちにくいですから
プロに出しても、コレはあまり落ちてきません。

和裁が趣味なので日夜、励んでおります(笑)
結論から言うと、普通は5分(2cm)なのでそれで十分でしょう。
7分でもいいですが。

疑問におもうのは、なぜ、普通、5分なのに、7分(3cm)にしてあげるということになり、
長じゅばんも・・・7分で作るという話になったのかということですが。

理由は以下につらつらと。

イメージとして、真横から着物の着用時を見たときに後ろに肩山から、襟が移動(下がる?)寸法が繰越です。
コレの寸法のことを7分といわれたのですが、襟が肌襦袢から始まって何枚も...続きを読む

Qミシン糸の選び方

最近やっとミシンの使い方を覚えたのですが、ミシン糸の選び方がイマイチよく分かりません。
この布地には何番の糸を使えばいいのかや、ポリエステル糸だの絹糸だの何を基準に選べばいいのかなど。

簡単でいいので、ミシン糸を選ぶときの基準と注意点を教えて下さい。
もしくは、そういったことが分かりやすく書かれているサイトがあったらお願いします。

Aベストアンサー

わかり易いのはここかな
http://sweb.nctd.go.jp/senmon/shiryo/kateika/a1/gakusyu/a-2/a-2-1/sozai/hyou01.html

上の表で大抵はわかると思いますが、これだけは憶えておいたほうがいいという事をアドバイスします。

針は番号の数字が大きくなる毎に太くなります。
番号の数字が小さいのは薄手用、大きければ厚地用という事です。
「薄地 7番→9番→11番→14番→16番 厚地」という具合ですね。
針の番手は他にもありますが、一般的に使用するのはこのくらいです。
上の他にはニット用ミシン針、皮用ミシン針などあります。
11番が基本だと思っておけばいいです。

逆に糸は番号の数字が大きければ大きいほど細くなります。
「太い 20番→30番→40番→50番→60番→80番→90番→100番 細い」という具合です。
家庭で使うのは60と90ぐらいですかね。
60番は一般的な生地の地縫い、90番はロック(かがり用)や薄手の生地の地縫いに使用します。
20番~40番あたりはステッチや皮などに使いますね。

ジョーゼットなど薄手の布はスパンでも縫えますが、絹ミシン糸使うと、表にひびかず綺麗な仕上がりになりますよ。
絹素材を縫う時は、絹のミシン糸がいいでしょう。

ポリエステル糸(スパン)は色数も多く、綿・ウール・絹、殆どの素材に対応できる優れものです。

わかり易いのはここかな
http://sweb.nctd.go.jp/senmon/shiryo/kateika/a1/gakusyu/a-2/a-2-1/sozai/hyou01.html

上の表で大抵はわかると思いますが、これだけは憶えておいたほうがいいという事をアドバイスします。

針は番号の数字が大きくなる毎に太くなります。
番号の数字が小さいのは薄手用、大きければ厚地用という事です。
「薄地 7番→9番→11番→14番→16番 厚地」という具合ですね。
針の番手は他にもありますが、一般的に使用するのはこのくらいです。
上の他にはニット用ミシン針、皮...続きを読む

Q【急ぎ】着物(反物)訪問着 の仕立について

着物(反物)訪問着 の仕立てについて教えてください!

ずいぶん前、大体20~15年ほど前に祖父母が銀座きしやの支店で購入した反物(絵羽?)があります。
私の十三参り以降から着られるように、訪問着として着られるように拵えてくれたものです。
現在私は27歳になり、まだ反物のままでしたので、仕立てをしようという事になりました。

しかし、調べると、銀座きしやは倒産しており、名前はそのままながら別会社になっているとわかりました。
せっかく拵えてくれた良い生地なので、きちんと仕立ててもらいたいと思っています。
私は着物には詳しくありませんが、これを機に色々を知りたいです。

ひとまず現在の銀座きしやに問い合わせて、仕立て代に6万、長襦袢も必要なのでそれにも6万程かかる事は把握しました。それでも構わないと思っております。
仕立てをするのに、百貨店などでも出来るとは思うのですが、
おすすめの呉服屋さんや和裁士さん、今のきしやでも充分だなどを教えていただけないでしょうか。

住まいは東京都内です。
身勝手な理由ながら、今月末の友人の結婚式に間に合わせられないかなと急ぎ質問いたしました。
正月早々ですが、何卒、お知恵をお貸しください。

よろしくお願いいたします!

着物(反物)訪問着 の仕立てについて教えてください!

ずいぶん前、大体20~15年ほど前に祖父母が銀座きしやの支店で購入した反物(絵羽?)があります。
私の十三参り以降から着られるように、訪問着として着られるように拵えてくれたものです。
現在私は27歳になり、まだ反物のままでしたので、仕立てをしようという事になりました。

しかし、調べると、銀座きしやは倒産しており、名前はそのままながら別会社になっているとわかりました。
せっかく拵えてくれた良い生地なので、きちんと仕立ててもらいたい...続きを読む

Aベストアンサー

遊びで着物を着ているものです。

思い入れのこもった着物をお召しになれるっていいですね。


まず仕立てですが、国内手縫い仕立てであれば、正直言って、それほど神経質にお考えにならなくても大丈夫です。
柄付けを間違えたりしない限りは、着物は着付けで、どうとでもなるものです。
というより、絵羽の場合は染める前にサイズを測るのでない限り、多少は着付けでどうにかするしかありません。
どうしても、しっかりした方にと思われるならば、多少高くかかってもいいから一級和裁士さんにお願いしたいと仰ってみれば良いと思います。
仕立ての6万が胴裏代込みであれば二級和裁士さん、胴裏などは既にあって仕立てだけなら一級和裁士さん、といった値段かと思います。

あとは私は大阪在住なので、銀座きしやさんのレベルは分りませんが、和裁士さんが寸法を測ってくださったり、細かく希望を聞いてくれる呉服屋さんは、だいたいアタリです。
一級和裁士さんでネット検索をして探してみるのも、一手かと思います。

着物の仕立ては、通常は3、4週間かかりますから、今からだとギリギリですね。
ただ、お正月に向けての振袖の仕立てなど、ピークは過ぎている時期ですから、無理ではありません。
1日でも早く相談なさることだと思います。

反物の区別の付け方ですが、既にパーツに切られているようであれば「訪問着」です。
まったく切れ目が入っていないのであれば「付け下げ訪問着」となります。
元々は、訪問着や留袖といった「絵羽」と呼ばれる着物は、染める前に各パーツに切って仮に仕立て上げ、そこに柄を描いて染めます。
しかし、こういった手法は時間がかかりますし、仕上がりのイメージもできません。また、着る人が決まっていてサイズに合わせて仕立てるのでない限り、結局は仕立て時と着付けで微調整を行うことになります。
なので、模様の位置を計算して反物の状態で染める「付け下げ」ができ、仕立て上がってからでは絵羽と区別がつかない「付け下げ訪問着」も生まれました。


あと、ご質問を拝見していて気になるのですが、帯はあるのでしょうか?
また帯締めや帯揚げ、草履といった小物類は?
着物をお召しになる方であれば、そいうものは一式揃っていると思いますが、そうでなければ着物に合わせて必要になってきます。
袋帯には仕立て上がりの物もありますが、こちらは正直言ってお勧めできません。
仕立てが下手なものも多くあります。真偽のほどは確かではありませんが、和裁学校の生徒さんが仕立てるという話もあります。
お洒落用などで、あまりよくない事を承知で数を持つなら問題ありませんが、大事にしたいのに間に合わせとなると、残念な気持ちが残ってしまいます。
親御さんの物がおありだったとしても、一度合わせておかれた方がいいですよ。
特に小物は、何度も使っていると、くたびれた感が出てしまったりします。


せっかくのお着物です。
気持ちよくお召しになれるといいですね。

遊びで着物を着ているものです。

思い入れのこもった着物をお召しになれるっていいですね。


まず仕立てですが、国内手縫い仕立てであれば、正直言って、それほど神経質にお考えにならなくても大丈夫です。
柄付けを間違えたりしない限りは、着物は着付けで、どうとでもなるものです。
というより、絵羽の場合は染める前にサイズを測るのでない限り、多少は着付けでどうにかするしかありません。
どうしても、しっかりした方にと思われるならば、多少高くかかってもいいから一級和裁士さんにお願いしたいと仰っ...続きを読む

Qストライプ模様の生地に合うミシン糸の選び方

ピンクと白の細かいストライプ生地で袋物等を作ろうと思っているのですが、
ミシン糸の選び方で悩んでいます。
ピンクと白のどちらに合わせるときれいに仕上げることが出来るのでしょうか?
アドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。ストライプの幅や、ステッチをどこまでかけるかによりますが、白にすると、無難で、シンプルな感じになります。色を使うと、ちょっと締まった感じになり、アクセントにもなります。目立たせたくないなら白がいいですが、ストライプと同色で、ステッチもデザインの一部として効果的につかうなら色を使う、と私はしています。
縫う前に、糸を生地に当ててみてください。感じがつかめますよ。

Q着物の仕立てについて

訪問着の仕立ては、サイズと柄どちらを優先するのでしょうか?
柄優先だと左右3.5cmトータル7cm広くなると言われ迷っています。
アドバイスをいただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

【柄優先だと左右3.5cmトータル7cm広くなると】

これ、脇を縫い目として内側に寄せて縫うのだと思います。
細身なのでしょう、あなたが。
前幅6寸五分(25cm)なのかな絵羽としての寸法は。
裄は身長があるなら、相当な斜めになりますが、背丈はあまりないのでしょうか?

オクミと前身ごろの縫い目の線は変えらないからで、脇縫いで内側に寄せようと。

いまどきは、あまり、洗い張りして、仕立て直しはしませんが、こういうことをするときに、
元の身幅より、ほんの少し、つまんで細身にすることで、布地のクタビレを隠します。

だから、最初から、つまんで縫ってしまうと、見る人が見ると、これは、仕立て直し・・・のように見えるので
もったいないです。
今の時代、ほとんどの人がわからないですが(笑)

そういうこともあって、昔から、絵羽の着物(訪問着)は身幅を多少とも、
広く縫い上げるような柄イキになっている傾向があります。
そして、多少とも、つまんでも、おかしくならない?ようにと、工夫してます。

大きいことはいいことだ?みたいな・・・。
いまどきは何でも、ぴったりと自分寸法遵守みたいなところがあるので、違和感があるのでしょう。

私なら、広いまま(絵柄にあわせて)で、作ります。

前面の着物としての打ち合わせが1寸(重なりが)深くなるわけですが。
これ、昔なら、芸者さんなどは、あえて、細身を演出するためにこういうこと(身幅を広く作る)をして、
背縫いを右手方向へずらして着付けるようなことをしたそうです。
今、これを見て、ステキ・・・と思うかどうかはまた、話はべつですが。

【柄優先だと左右3.5cmトータル7cm広くなると】

これ、脇を縫い目として内側に寄せて縫うのだと思います。
細身なのでしょう、あなたが。
前幅6寸五分(25cm)なのかな絵羽としての寸法は。
裄は身長があるなら、相当な斜めになりますが、背丈はあまりないのでしょうか?

オクミと前身ごろの縫い目の線は変えらないからで、脇縫いで内側に寄せようと。

いまどきは、あまり、洗い張りして、仕立て直しはしませんが、こういうことをするときに、
元の身幅より、ほんの少し、つまんで細身にすることで、布地のクタビ...続きを読む

Qミシンの選び方

彼女の誕生日に、前から欲しがっていたミシンをプレゼントしようと思うのですが、いざ探してみると種類がたくさんありすぎて何を買ったらいいのかわかりません。
あまり値段が高くないもので、手軽に使える物がいいのですが、お勧めのミシンはありますか?

ちなみに彼女はこれまでにミシンを使った事はなく、これから裁縫を始めてみたいというレベルです。

Aベストアンサー

「ミシン 選び方」
というワードで、ググルと良いページがありました。URL添付
少しミシンの事(基礎知識?)を積んでお店に行くと良いと思います。

私個人がよく使う機能は
・直線縫い・ジグザグ縫い

*家庭用ミシンにも付けられてる、端をカットしながら縫い代を綺麗にかがる(縫い始末する)ロック機能について。
切れ端から出た埃がミシンの布送りの箇所にたまり手入れも必要ですし、業務用のロックミシン(市販洋服)のような仕上がりとは違います。
(ジグザグで十分端の始末が出来ます)
*知人で2万円位のミシンを買ったらデミムが縫えなかったと言ってました。一応参考まで。
*刺繍機能のデモをみせられるかもしれませんが、初代のミシンの時には必要のない機能と思います。(彼女の希望によりますが)
かなり高価ですし、将来必要と勧められても、必要になった時に買えばその時なりの進んだ技術を買えて良いと思います。

参考URL:http://www.shimada-mishin.com/column/index.html

Q着物の仕立てについて

着物が仕立て上がり 早速着用して お出掛けしました。そして、たたんでしまう前に きものハンガーにかけました。ふと みたら 裏にたるみがあるのですが このようなたるみができるのは 普通ですか? それとも 仕立てが上手くなかったのでしょうか?大金をはたいて購入したので とてもがっかりしています。
たたんでみたところ どこかにシワができているような違和感もなく普通にたためたのですが。
画像は 背中心を真ん中にして写したものですが、左側(着用した時に右足側になります)は波立ったかんじで、右側(着用した時は左足側になります)は裾のところに袋ができたようなかんじです。
許容範囲のたるみでしょうか?直してもらうことはできるのでしょうか?

Aベストアンサー

いわゆる袋になってる状態ですね。
一応仕立ててもらった店に持って行って相談してみると良いと思います。

ただ、表地がたっぷりした鬼シボ縮緬のような生地だった場合、湿気などの兼ね合いでだいぶ伸び縮みすることがあります。
表地と裏地のつりあいが取れてない時に写真のようにたるみができるわけですが、生地の伸び縮みを計算して裏地に余裕を持たせて仕立てる場合があります。
仕立てあがってすぐに着用されたとの事でまだ生地が落ち着いてない可能性も。
たたんでしばらく落ち着かせることでつりあいが取れてくることもあります。
ハンガーに掛けっぱなしですとなお袋になると思いますので陰干しが済んだら速やかにきれいにたたんでタトウ紙にしまってください。

とりあえず一度見てもらうと良いと思います。
必要があれば仕立て直しをしてもらいましょう。

Q2代目のミシンの選び方

ホームセンターに売っていた29800円のミシンが
何度ミシン屋さんに調整してもらっても
下糸の釜の部分がはずれて、糸が絡みます。

そのミシン屋さんにも
「安いのはやっぱりすぐ調子悪くなる」と言われたし
思い切って、新しいミシンを買おうと思っています。

趣味道楽の範囲で袋物やエプロンなどを縫ったりする程度でしたが
もともと手芸は好きですし、結婚して主婦になり
時間も余るようになったので
洋裁に目覚める可能性もなきにしもあらず、といったところです。

6万円くらいの家庭用ミシンにするべきか
奮発して職業用ミシンにするか考えあぐねています。
アドバイスをいただけないでしょうか?

Aベストアンサー

再びです♪

フットコントローラーは家庭用とあまり変わりなかったように思いますよ。シュプールを数度使ったことがありますが、私が使っているジャノメのフットコントローラータイプと大差なかったように思います。

でも実際にお店で見て来ては如何ですか?あるいはinetのミシン屋さんにメールを送れば、良心的なところもいくつかありますから、親切に対応してくれますよ(以前家庭用と職業用のパワーの違いを質問した際に翌日返事が来ました)。下記サイトを一応お知らせしておきます。参考URLは私が質問したサイトです。

http://www.shimada-mishin.com/

それから工業用の音、の話ですが私は早く縫うのが嫌いなのでゆっくりと縫うせいか、集合住宅の2階ですが夜10時でも縫っていますよ(ロックの方がうるさくて困ります)。参考までに♪

役不足ですいません、きっと良いミシンに出会えますように!!

参考URL:http://misinya.com/indexx.html

Q初めて着物を仕立てるのですが…

着物初心者です。
自分の着物が欲しくて、初めて着物を仕立てて頂こうと思っています。

とりあえず訪問着を、と思っていますが、ちょっとしたお出掛けからフォーマルな場まで、訪問着1枚で賄えますか?
というのも、着物を何枚も仕立てられるほどの財力はありませんので、小紋より訪問着を一つ仕立てておいた方が良いのかなと思いました。

また、ピンからキリまでとは思いますが、着物の相場が分かりません…
出来れば安い方が良いのですが、安かろう悪かろうでも困ります。
呉服屋さんに聞いてみたところ、こちら(私)の予算に合わせますとのお返事で困っています。
着物と帯を買う場合、いくらくらいなら「まあこんなものでしょう」という着物が買えますか?
実物を見ないと分からないとは思いますが、10万円は安過ぎますか?

他にも、着物を買う際に気を付ける点などあれば教えて下さい。

Aベストアンサー

訪問着なら、色無地が初心者の方には便利だと思います。帯や小物の合わせ次第で、季節にこだわらず着れますし、人にお下がりする時も好まれます。
私の場合は日常着の木綿の着物から、思い切り遊んだ、お仕立てを始めました。三万円程度で揃いますし、呉服屋さんの技量を推し量るにも手頃です。親しくお付き合いをさせて頂いてから、訪問着をお願いしました。羽織りへの仕立て直しなど、メンテナンスにどこまでお付き合いして下さるかは、お店によりけりです。着物は融通無碍でいて好みがはっきりするものですし、こちらの財布事情まで踏んでくれるお付き合いでないと、大事な着物は任せられません。
また、我が儘なお客様の方が、あちらも有り難いようですよ。


人気Q&Aランキング