心理学は大きく分けて
・発達心理学
・社会心理学
・臨床心理学
・認知心理学
の4つだそうですが、
犯罪心理学と人格(性格) 心理学はどこに含まれますか?
教えてください(>_<)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>心理学は大きく分けて


>・発達心理学
>・社会心理学
>・臨床心理学
>・認知心理学
>の4つだそうですが、

私もこの情報の出所が気になります。
あまりにザックリし過ぎていますが,まったく無根拠とも思えません。
ひとつ思い当たるのは,(社)日本心理学会の専門区分でしょうか。

第1部門(知覚,生理,思考,学習)
第2部門(発達,教育)
第3部門(臨床,人格,犯罪,矯正)
第4部門(社会,産業,文化)
第5部門(方法,原理,歴史,一般)

日本心理学会の会員は自分の専門に応じて
いずれかの部門に登録することになります
(3つまで重複登録可だったはず)。
このうち純理論的な第5部門を除く第1~第4部門を
それぞれ認知,発達,臨床,社会で代表させているのかもしれません。
それにしてもちょっと乱暴ですが。

で,この区分を見ていただければわかるとおり,
犯罪心理学と人格心理学は
臨床心理学や矯正心理学と同じ第3部門に属します。
第3部門に共通する特徴があるとすれば,
人間の個別性を重視する分野ということでしょうか。
逆に言うと,心理学の他の分野は人類一般,
あるいは人類を含む動物一般に共通する法則を探求しているわけです。

犯罪心理学の専門家の学会として日本犯罪心理学会がありますが,
この学会の前身が矯正心理研究会であったこともあり,
会員は今も司法・矯正分野の実務家の比率が高いことを知っておいてください。

司法・矯正分野の実務家というのは
警察職員,家庭裁判所調査官,法務技官,保護観察官等の公務員です。
生理心理学の需要が多い警察を除けば,
○○心理学専攻でなければならないというようなきまりはなく,
教育心理学だとか社会心理学だとかのゼミから進む人も少なくありません。

半端な知識で最初から選択肢を狭めてしまうのはもったいない。
○○心理学を専門的に学びたいなんていうのは
大学に入ってひと通りの心理学を広く浅く学んでから決めても遅くはありません。
そのためにはレベルが高くスタッフの多い大学に進学することをお勧めします。
大学選びについては他のQ&Aを参考にしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます(>_<)
大学選び、難しいところですが頑張ります

お礼日時:2011/04/03 19:18

No..1です。



早速の御礼、恐縮です。

社会心理学や、人格心理学(性格心理学)を専門とする教員は、比較的多く、そのため、多くの大学の心理学科や、心理学部でこれらを学ぶこと、また、それを専攻して卒業研究をすることは可能です。

ただ、犯罪心理学となりますと、これを専門とする教員も、上記の分野ほどには多くはありません。
そのため、指導を受けられる心理学科・心理学部は限られてしまいます。
日本犯罪心理学会のWebサイトもありますので、一度ご覧になると、役員の方々の所属大学などの情報が得られると思います。
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jacp2/
その大学のサイトを確認しますと、カリキュラムなどに犯罪心理学があるかどうかや、卒業研究を受けられるかなどもおわかりになるかと思います。


それから、先ほどの回答で、心理学諸学会連合のURLを書きましたが、新しくなっていました。
http://jupa.jp/をご覧ください。
申し訳ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

二度もありがとうございます
とても役に立ちました
犯罪心理学って難しいんですね

お礼日時:2011/04/03 19:19

大学の教員です。



ご質問の意図が分かりませんが、心理学の細かい分野分けについては、いろいろな分け方があります。

まず、
>心理学は大きく分けて
・発達心理学
・社会心理学
・臨床心理学
・認知心理学
の4つだそうですが、
という点について、情報源が何か分かりませんが、間違いではありませんが、偏った見方であると思った方がよいかと思います。

現在、日本で活動している心理学の学会や、そのもっとも中心である日本心理学会の部門分類によれば、犯罪心理学や、人格(性格)心理学は、それぞれ独立した分野として活動しています。
つまり、犯罪心理学会、性格心理学会という学会が独立して存在していますし、これらを含め、ほかにもたくさんある○○心理学会というものが、集まって、「心理学諸学会連合」を結成して活動もしています。

もちろん、研究テーマや、研究方法などについては、分離したものではなく、心理学に共通した方法やテーマがありますし、ほかの○○心理学で得られた専門的知識を相互に用いるということも、当然ながら行われています。

参考URL:http://jupa.jp/index.php
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧にありがとうございます

お聞きした理由は、心理学を専攻しようと思っているのですが、犯罪心理学と人格(性格)心理学と社会心理学に興味があり、どうしても絞れないので、大学に入学してから選択できるといいなぁと思いまして

お礼日時:2011/04/01 09:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qロールシャッハテスト(心理学)

心理学でロールシャッハテストというもの(インクの染みのような図版をみて何に

見えるか答えるテスト)がありますが、

このテストでどのようなことがわかるのでしょうか?


ご存知の方がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

精神分析のテストなので
「その人がこれを見てどう感じるか」
と言うことでその人の心理状態がわかるものです。
同じ模様を見て「蝶」と答える人と「生首」と答える人では
精神状態が違いますからね。
下記URLがちょっと面白かったので参照して下さい。

参考URL:http://www2u.biglobe.ne.jp/~kokuden/mis.htm

Q性格心理学・社会心理学の本を探しています。

性格心理学・社会心理学の素人でも読みやすく解りやすい本を探しています。

『図解 心理学のことが面白いほどわかる本』というのを読みました。
これくらい読みやすいものがあれば、一層嬉しいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

youchiennさん

はじめまして!
お役に立てるかどうかはわかりませんが、加藤諦三さんの本とか
どうでしょうか?
たくさんのシリーズが出ています。
よかったらアマゾン等でご覧ください♪

Q心理テストを学ぶには・・・?

心理テストを作成したり,解読するような勉強がしたければ,大学の何学部・何学科に進めばよいのでしょうか?

Aベストアンサー

 心理学科は少数なので、文学部の心理学専攻や教育学部の教育心理学専攻もあります。ただし、心理テスト(恐らく性格テストなどだと想定して書いていますが)の研究をしている先生がいないと駄目です。そのような専門の先生がいるかどうかは大学の教員を紹介している頁がホームページにあると思いますので、そこをチェックされると良いと思います。
 また、性格心理学関係の本を調べて、その本の著者がどこの大学のどの専攻かを調べて、インターネット等で現在も在職中か否か、退職されていても後任の先生がいるかどうか調べると良いと思います。
 作るのは確かに大変ですが、きちんとした方法を学ぶことは、それほど難解なものではありません。
 それよりも、性格とかストレスとかをどう考えるか、どう理論付けるかなど、心をどうとらえるかが問題で、それはなかなか簡単ではなく、心理学の基礎から考えなければならないこともあります。

Q臨床心理面接学と臨床心理査定学について

こんにちは!
今、臨床心理学の参考書を読んでいたのですが、「臨床心理面接学」「臨床心理査定学」についてどういった学問領域なのか分かりません。
検索しても出てきません。
できれば、私は臨床心理学初心者なので分かりやすく説明していただけたらうれしく思います。
また、どういった参考書ならこの領域について分かりやすいとかありましたら、教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

それは、単に面接法と検査法の違いの程度ではないですか?

面接法には、ご存知の通り、通常の調査的面接法以外に、査定面接や、治療面接なんてありますよね。

検査法には、人格(性格)検査、知能検査や発達検査、痴呆検査などがあります。私は人格検査の中に、症状検査なども含めて話していますが、分けて考える場合もあります。

 人格検査では、人格理論だけでなく、心理検査に使用されている検査用具の使用法や、解釈の仕方などを学びます。例えば、人格に関する検査法には、大きく分けて、3つに分類できます。質問紙法、作業検査法、投影法です。
 質問紙法では、MMPIやYG検査、EPPS、CPIなど標準化された質問紙検査について学びます。私の場合は、ここで簡単に、質問紙の妥当性や信頼性の意味、相関や分散、標準偏差の意味なども教えています。
 作業検査法では、代表的なのは、内田クレペリン検査ですよね。
 投影法は、ロールシャッハや、バウムテスト、PFスタディーなどでしょうか。

関連書籍をURLに掲載しておきます。

参考URL:http://www.seishinshobo.co.jp/rinshou.html

それは、単に面接法と検査法の違いの程度ではないですか?

面接法には、ご存知の通り、通常の調査的面接法以外に、査定面接や、治療面接なんてありますよね。

検査法には、人格(性格)検査、知能検査や発達検査、痴呆検査などがあります。私は人格検査の中に、症状検査なども含めて話していますが、分けて考える場合もあります。

 人格検査では、人格理論だけでなく、心理検査に使用されている検査用具の使用法や、解釈の仕方などを学びます。例えば、人格に関する検査法には、大きく分けて、3つに分類...続きを読む

Q心理学のテストがあるんですが全くわかりません・・・。

大学で心理学のテストがあるんですが、ノ-トを見ても
訳がわからないんです・・・。その授業には、教科書も
なくて、図書館に行って調べたんですが、解らなかった
んです。おおまかでいいので、ご存知の方に教えて頂き
たいです。
1. 認知心理学とは何か?基本的モデルを述べなさい。
2. 基本的信頼感とは何か?
3. エリクソンのライフサイクルとユングのライフサイクルの特徴は?
4. プラシ-ボ効果の原理と、何の役に立つか述べなさい。

以上です。1つだけでもよろしいので、お答え頂きたいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

この時期、試験対策の質問が増えますね・・・。
心理学のテストということで、一般教養科目という理解でいいですよね?
では。
1.認知心理学とは?
これだけでは説明のしようがないくらい広い概念です。
あえて説明するなら、人間を情報処理体とした観点で見る心理学です。主に記憶・学習などを扱いますが、この答えがテストの答えとして有効かどうかはわかりません。授業の内容次第でかなり変わります。
1-2.基本的モデル?
山ほどあってどうしようもないです。ソーンダイクでしょうか?エビングハウスでしょうか?どの分野を先生が解説されたかで全く違います。
2.基本的信頼感?
すみません。聞きなれない言葉です。というかあまりにもよく聞きすぎる言葉ですので、先生の解説によって解釈が変わります。
生得性の話かもしれません。次のエリクソンの話かもしれません。
3.ライフサイクル?
エリクソンはフロイトが唱えたリビドーの発達段階に文化・社会的観点を取り入れ、心理社会的発達段階における発達課題を次のように説明しました。
1-乳児期:原初的信頼対不信
2-早期幼児期:自律性対恥・疑惑
3-遊戯期:主導性対罪悪感
4-学童期:生産性対劣等感
5-青年期:同一性対役割の混乱
6-初期成人期:親密対孤立
7-成人期:生殖対停滞
8-成熟期:自我の統合性対絶望
これに対するユングのライフサイクルはユングの心理学の解説書に上がっていると思います。比較する意味であれば、ユングとフロイトの対立点を読み解く必要がありますが。
4.プラシーボ効果
korosuke36さんのお答えが一番妥当だと思います。

心理学は範囲が広いため、その先生の専攻分野と講義内容により大きく左右されますので、お答えできるのはこの範囲ですし、外れているかもしれません。

この範囲の心理学のテキストが無い大学図書館というのも少し困りものです・・・。
心理学辞典でおそらく引けるところだと思いますが、訳語のあて方が違うのかもしれません。

この時期、試験対策の質問が増えますね・・・。
心理学のテストということで、一般教養科目という理解でいいですよね?
では。
1.認知心理学とは?
これだけでは説明のしようがないくらい広い概念です。
あえて説明するなら、人間を情報処理体とした観点で見る心理学です。主に記憶・学習などを扱いますが、この答えがテストの答えとして有効かどうかはわかりません。授業の内容次第でかなり変わります。
1-2.基本的モデル?
山ほどあってどうしようもないです。ソーンダイクでしょうか?エビングハ...続きを読む

Q言語心理学・文章心理学・創作心理学の最近の研究はありますか

最近、言語心理学の本を読みました。(言語心理学入門 芳賀純著 有斐閣双書)この本は、1988年に初版されていますが、関係する本で、現在本屋に並んでいるものはありません。
そこで、この分野の最近の研究はどのような状況なのでしょうか?その他、興味があるものは、文章心理学、創作心理学(以上波多野完治氏著あり)というものです。こちらも、その後の研究というものはどのように発展しているのでしょうか?私は、心理学にはまったく門外漢で、単なる興味だけなのですが、お分かりの方いらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

昔、大学で心理学を専攻していた者です。
言語心理学やおっしゃっているような系列の心理学の分野は、認知心理学や心理学から離れて言語学の分野に行っているような感じです。
途中記号論が流行ったときにも、これらの心理学と混交して、また派生すると言う繰り返しで、心理学の一分野として一定数の研究者を擁していると言うところまで行ってません。
もし、もう少し進められるのでしたら、心理学の専門書のコーナーで「心理学の基礎知識」のような本に現在の心理学(心理学界)の状況が著されていますので、そこから当たられるのも良いかと思います。
また、専門的ですが、ノーム・チョムスキーという有名な言語学者がいますので、そこからアプローチされるのも面白いと思います。

Q心理学のスクリーニングテストについて

心理学における精神障害の症状のスクリーニングテスト(例えばニコチン依存のテストなど)って「はい」、「いいえ」の形式が多いと思うのですが、それを4件法に変えたら正確に測定できないでしょうか?

Aベストアンサー

4段階評価にしていい質問もあるかもしれません。しかし、段階評価において、ただ評価の段階数を増やした(細かくした)からといって正確に測れるというものではないでしょう。

> 「え、どっちでもないんだけどなぁ・・・」

というような場合に、真中の回答(3段階なら"普通"といったような回答)に偏らせないような工夫もあるでしょうし、単純に処理上の都合であることもあるでしょう。また、4段階評価にして意味があるのかどうかも疑問です。

極端なことをいえば、尺度水準が上がったからといって、測定精度が上がるとは限らないということです。適用できる分析法が増えたとしても、そもそも測定精度が悪ければ何の意味もないどころか、誤った結論を見出してしまうこともあるということです。

まぁ、この辺りのことは何ともいいがたいですが(^_^;)

Q高校2年です。 将来、心理カウンセラーや臨床心理士になるつもりは無いけど心理学を学びたいと言うだけで

高校2年です。

将来、心理カウンセラーや臨床心理士になるつもりは無いけど心理学を学びたいと言うだけで心理系大学にいくのはアホですか?

ちなみに心理というワードを聞くだけで興味がわいてワクワクしてくるくらい心理学が大好きです。


私は今まで、どうしても心理を学びたくて心理系の大学ばかりを探してきて、ほかの学部に目がいきませんでした。ですが、親と相談しててほかの学部も考えてみたらと言われもう一度考えてみようと思っています。

そこで、文系で就職に有利な学問といったら
何があるんでしょうか?

Aベストアンサー

心理学にも色々あります。知られているのでは児童心理学、犯罪心理学、行動心理学など。
私は教育カウンセラーをしていますが、心理学科は出ていません。
最初は警察官になりましたが、自分のやりたい事が教育に関係するものだったため、一生懸命勉強して今の仕事をしています。
あなたのように、就職の事だけを考えて大学に行くのならば、どこでもいいのではないでしょうか。
薬学部ならば、薬品メーカーや化粧品会社、病院など就職に有利ですし、公務員ならば、学部にこだわる必要もないですし。
NO.1の方が書いておられるように、アバウトな就職の為に大学に行くのではありません。
やりたい事があれば、そのために行く、やりたい事が無ければ、大学で見つけようと考えて行くものです。
まずは、あなたがどういう仕事に興味があるかをしっかり自分に問うべきですね。高2ならば、行く大学によって、選択科目も考えなければいけません。
行ける所に行くのではなく、行きたいから行く方が、勉強もやりがいがあります。

あなたの大切な将来の為に、もう一度じっくりと考えてみてくださいね。
良い高校生活を送って下さい(*⌒▽⌒*)。

心理学にも色々あります。知られているのでは児童心理学、犯罪心理学、行動心理学など。
私は教育カウンセラーをしていますが、心理学科は出ていません。
最初は警察官になりましたが、自分のやりたい事が教育に関係するものだったため、一生懸命勉強して今の仕事をしています。
あなたのように、就職の事だけを考えて大学に行くのならば、どこでもいいのではないでしょうか。
薬学部ならば、薬品メーカーや化粧品会社、病院など就職に有利ですし、公務員ならば、学部にこだわる必要もないですし。
NO.1の方が書い...続きを読む

Q心理学

文化祭で心理学についてやるんですが心理学と心理テストの結びつきってありますか。

Aベストアンサー

deagleさんのおっしゃる通り、心理学と(一般の)心理テストは別物と考えた方が無難です。

俗に言う「心理テスト」や雑誌・テレビの心理テストはそのほとんどが心理学的検証に耐えうるものではありません。
逆に、心理学者は「なぜ人は世間に流布する「エセ心理テスト」にハマってしまうのか」という研究をしています(笑)。

有名なのが「血液型心理学」ですが、日本大学の大村政男名誉教授によって厳しい批判を受けています(大村政男『血液型と性格』福村出版)。血液型と性格は結びつかないというのが心理学の通説です。

また、心理テストのような本の著者は決して心理学の専門家というわけではありません。
加藤諦三は社会学出身、香山リカ・小西聖子・中村希明は精神科医(ただし小西は心理判定員のキャリアあり)、浅野八郎は占い師です。渋谷昌三・齊藤勇・富田隆は心理学者ですが、アカデミックな心理学とは一線を画しています。

(もっとも、彼らの業績を否定するものではありません。小西は現に東京医科歯科大学助教授ですし、齊藤の本には『心理学ビギナーズトピックス100』『対人心理学トピックス100』『欲求心理学トピックス100』(いずれも誠信書房)といった著作があります。渋谷は非言語コミュニケーションの分野で実績を挙げています)

心理学者の行なう心理テストといえば、前述のほか「MMPI」(ミネソタ式人格検査)、「YG(矢田部-ギルフォード)式検査」「内田-クレペリンテスト」といった、かなり複雑なものになります。結果の解釈は、大学生でも難しい。

手軽なところでは、エゴグラムがあります。これは簡単に出来る心理テストです。心身医学の分野で使われます。インターネット上のテストの中でも、数少ない信頼できるテストです。詳しくは、後掲桂・芦原文献でお確かめ下さい。

心理学の棚は、図書館ではNDC140番台に分類されています。ですから、図書館で140番台の棚を見つけ、そこから心理学の本を探すのがよいでしょう。

ちょっとは高校生にも耐えうるテストが載っている本として、2冊挙げておきます。
是非お手にとってご覧下さい。

齊藤勇編『欲求心理学トピックス100』誠信書房
松井豊『恋ごころの科学』サイエンス社

何かあれば、補足を下さい。追って解説いたします。
心理学専攻ではないので、簡単に。

参考文献
『アエラムック 心理学がわかる。』朝日新聞社
(できれば『アエラムック 新心理学がわかる。』も探してみて下さい)
桂載作監修/芦原睦著『自分がわかる心理テスト』講談社ブルーバックス

deagleさんのおっしゃる通り、心理学と(一般の)心理テストは別物と考えた方が無難です。

俗に言う「心理テスト」や雑誌・テレビの心理テストはそのほとんどが心理学的検証に耐えうるものではありません。
逆に、心理学者は「なぜ人は世間に流布する「エセ心理テスト」にハマってしまうのか」という研究をしています(笑)。

有名なのが「血液型心理学」ですが、日本大学の大村政男名誉教授によって厳しい批判を受けています(大村政男『血液型と性格』福村出版)。血液型と性格は結びつかないというのが...続きを読む

Q心理学部卒でない社会人が臨床心理士を目指すには

臨床心理士指定大学院(第1種)を目指している社会人(30代・派遣社員)です。
と言っても、教授陣の専門分野、立地、学費等から志望校を検討している段階なのですが、
この件について色々と聞ける知り合いがおらず、困っています。

総合的に「やっぱりここで学びたいな」と思った大学院の出願要件を見たところ、
「心理学関連単位を32単位取得していること」とあり、
時間的にも金銭的にも学部編入は難しいため、ここは泣く泣く諦めようかと思いました。
しかし調べるうちに、例え要綱には謳われていなくても、やはり心理学部卒業レベルを
求める大学院がほとんどなのでは、という気がしてきました。

ちなみに学士号(文学)、修士号(教育学)は社会に出る前に取得したのですが、
その中で心理学に関連するものは「教育心理」「心理学」の計6単位しかありません。

30代なので時間的なことも気になるところですが、
生涯謙虚に学び続ける覚悟が必須の仕事だと思っているので、
やはり現時点でも道を急がず、心理学部に編入し
しっかりと学ぶべきなのでしょうか。

だとしたら、金銭的事情もあるので通信制(放送大学等)の方がいいなあと思っています。

色々と書いてしまいましたが、
臨床心理士指定大学院を目指すにあたり
(1)心理学部卒でない場合、出願要件にはなくても心理学部関連の単位を取得するべきか
(2)放送大学をはじめとした通信制大学の評判(実際に学んだという方の口コミ)
を教えていただれれば幸いです。

どうぞよろしくお願いいたします!

臨床心理士指定大学院(第1種)を目指している社会人(30代・派遣社員)です。
と言っても、教授陣の専門分野、立地、学費等から志望校を検討している段階なのですが、
この件について色々と聞ける知り合いがおらず、困っています。

総合的に「やっぱりここで学びたいな」と思った大学院の出願要件を見たところ、
「心理学関連単位を32単位取得していること」とあり、
時間的にも金銭的にも学部編入は難しいため、ここは泣く泣く諦めようかと思いました。
しかし調べるうちに、例え要綱には謳われていなくても、...続きを読む

Aベストアンサー

こんばんは。

>やはり心理学部卒業レベルを求める大学院がほとんどなのでは、という気がしてきました。
入れるかどうかは別として、全般的な基礎がないと言う事実としてのデメリットは否めません。
大学院ですから、基礎の基礎からの話しを教えてくれると考えてしまうと厳しいと思います。


心理は、大学としては放送大学で学びましたが、安いと言うことと
講師の多様さと、学び方のアプローチとして面白いと思いました。

講師によっては、映像やその他の積極的な利用をされ
分かりやすい時もあり、録画が可能ですからいつでも学べるのと
理解を深くするために繰り返し見ることができると言うメリットがあります。

BSやネット配信でやってるので、実際に見てみるのもいいと思います。

まずは、単位取得を目指すのでしたら科目履修生制度があり
今は科目群履修認証制度もあり、全体として学ぶと考えれば面白いと思います。
今までの大学の単位を持って、新たな学士の取得も可能ですね。

スクーリングも、全国ですから受けやすいと思います。

他の通信制大学は、知りませんから何とも言えません。

大学で学ぶのは、基礎ですが基礎がなければ大学院で考える為の素材が無いと言うことです。
院に入れるかどうかではなく、研究できるかという意味で基礎知識はなんらの形で必要だと思います。

臨床心理士の免許取得でしたら、それでいけると思います。
現場に出ることや、就職を考えるのでしたらもっと学ぶことは沢山出てきますけどね。

資格取得、頑張ってみて下さい。

こんばんは。

>やはり心理学部卒業レベルを求める大学院がほとんどなのでは、という気がしてきました。
入れるかどうかは別として、全般的な基礎がないと言う事実としてのデメリットは否めません。
大学院ですから、基礎の基礎からの話しを教えてくれると考えてしまうと厳しいと思います。


心理は、大学としては放送大学で学びましたが、安いと言うことと
講師の多様さと、学び方のアプローチとして面白いと思いました。

講師によっては、映像やその他の積極的な利用をされ
分かりやすい時もあり、録画が可能...続きを読む


人気Q&Aランキング