【復活求む!】惜しくも解散してしまったバンド|J-ROCK編 >>

こんにちは。

交差点付近5メートル以内は駐停車禁止と聞いたのですが、交差点付近での路外への右折も禁止なのでしょうか?

または交差点付近に黄色実線の中央線があったのですがそれが右折禁止の原因だったのでしょうか?
黄色実線は追い越しをする際のはみ出し禁止と思っていたのですが、、どうなんでしょうか。
右折禁止の標識などはなかったです。

A 回答 (3件)

道交法において、路外への右左折は道交法第25条と第25条の2の規定にあるように、道路の「横断等」と定義づけています。



路外への右折が禁止されるのは、道交法第25条の2第2項「車両は、道路標識等により横断、転回又は後退が禁止されている道路の部分においては、当該禁止された行為をしてはならない」に該当する場合です。

たしかに、交差点の手前30mは追越禁止です(道交法第30条)し、交差点から5m以内は駐停車禁止です(同第44条)が、路外へ出るための横断が禁止されるのは、道路標識、道路標示で規制されたいる場合や警察官の指示がある場合だけです。

>黄色実線は追い越しをする際のはみ出し禁止と思っていたのですが

その通りです。追越しのための右側部分はみ出し通行禁止という意味ですから、追越しそのものを禁止するものではなく右側にはみ出さなければ追越ししてもよいのです。もちろん、路外への右折は追越ではありませんから、この標示による規制を受けません。

>右折禁止の標識などはなかったです

右折禁止の標識とは、交差点における指定方向外進行禁止の規制標識ですから、路外へ出る場合の右折は規制してしません。
路外への右折が禁止される標識は、車両横断禁止と転回禁止の標識だけです。(後退禁止の標識はありませんので。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

詳しい回答大変ありがとうございました!

お礼日時:2011/04/03 03:02

交差点手前は30mほど「車線変更禁止」になっています。



教習所で、習ったはずです。
その場合は、一旦通り過ぎてから「方向を変えて」左折状態でと・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問は右折禁止かどうかでした・・
回答はありがとうございました。

お礼日時:2011/04/03 03:03

右折禁止となっていない限り出来ます。


黄色実線は追い越しをする際のはみ出し禁止と思っていたのですが
その通りです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答大変ありがとうございました!

お礼日時:2011/04/03 03:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q道路交通法(黄色い線について)

片道1車線の道路で真ん中に追い越し禁止の黄色い線があるとします。
進行方向右側のお店の駐車場に入りたい場合、その黄色い線を越えて
右折して入っていいのでしょうか?

あいまいな記憶なのですが、黄色い線の場合、それをまたいで右折しては
いけないと自動車学校で習った気がするのですが、現実にはみなさんしますよね?
決定的だったのは、この前パトカーが右折してたんです。サイレンなしで。
ってことはやっぱり合法?

モラル的にも、1車線なんで、結構長い時間右折待ちすることになってしまうので、
よくないとは思うのですが・・・

あと、こういう道路交通法について疑問に思った時って、交通課に電話すれば
答えてくれるでしょうか?(FAXでも可?)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

>その黄色い線を越えて
>右折して入っていいのでしょうか?

OKです。黄色い線をまたいで右折、ではなく、またいで
走行してはいけないと言われたのでは無いでしょうか?
(またいで走行なんて、道路事情やその他の要因でいくらでもまたいで走るのが現実ですが:笑)

道交法は住所地を管轄する都道府県警察などに問い合わせれば教えてくれます。
交通課へ電話して、教えてくれるでしょう。
(警察も色んなのが居るみたいですがね・・・)

あちらさんも忙しかったら何なので、もし小生があなたの立場なら電話します。
FAXは、「返事はいつでもいいですよ」みたいな程度のものならば出すかもしれません。

Q道路の白線・黄色線は「はみ出し禁止」?「追い越し禁止」?車線変更は?

道路の白線・黄色線について疑問に思っています。過去の質問を拝見しましたら、白・黄色の実線について
「はみ出し」を禁止している
「追い越しのためのはみ出し」を禁止している
「追い越し」を禁止している
との回答を眼にしました。

1)どの見解が正しいのでしょうか?


2)1)の回答にもよりますが、車線区分線としての白・黄色の実線の場合には、車線変更は禁止なのでしょうか?

「はみ出し」禁止であれば当然ダメでしょうが、「追い越し」禁止であれば車線変更は可能なような気がします。しかし、その場合は「追い越しのための車線変更」と「ただの車線変更」との区別がつかず、どこから違反とされるのかわかりません。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

少し噛み砕いて書いてみます。
(学科のテキストには明記されていないと思われるので)

◆白色実線の中央線

主に、片側に複数車線ある場合の中央線で、(原則として)絶対にはみ出し禁止。

(複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから)

中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。

◆黄色実線の中央線

主に、片側1車線の道路に引かれており、追い越しのための右側部分へのはみ出しは禁止。

(道幅が狭いため、駐車車両や道路工事、また軽車両を追い越すなどやむを得ない場合には、中央線の右側へはみ出すことが出来る)

「追い越し禁止」の標識がある場合は、右側へはみ出すことはもちろん、はみ出さずに済む状況であっても、追い越しそのものが禁止されます。


次に

◆実線の車線境界線(白色・黄色とも)

実線部分では、車線変更そのものが禁止されます。白・黄色ともに。

※交差点(内部)と、その手前30メートル以内はもともと「追い越し禁止」場所ですから、仮に点線(破線)の車線境界線であっても、追い越しのための進路変更(車線変更)をすることは出来ません。
(優先道路を走行していて信号機のない交差点の場合は除外。←あまり考えなくて結構です)

テキストには、「追い越しが禁止される場所」として7項目の記載があると思います。
それらの場所では、追い越しをしようとして進路変更(車線変更)しただけでも違反行為と考えられます。

●「追い越しのための車線変更」と「ただの車線変更」との区別 について。

クルマはその速度に応じた車間距離を必要としますが、最低限必要な距離としては、前車が急停車した場合に追突しない距離と考えられます。
次に、追い越す動機としては、速度差があるため前車に対して、最低限必要な距離程度までに近づいてしまったから、という理由が挙げられると思います。
(勿論、急いでいる場合もあるでしょう)

追い越す意識(目的)があるかどうかという心理は、遠目には分かりませんが、車間距離がギリギリまで近づいていた場合には、意図していたと判断されるのではないでしょうか?
追い越す必要がなければもう少し車間距離を取るでしょうから。
特に速度を上げて接近していった場合には、その速度差から、追い越す意識があったと判断されると思われます。

現実的には、追い越しのための車線変更自体が違反行為となるケースが多いと思いますが、単純に追い越す意図があるかないか、を判断する材料はギリギリの車間距離か十分な車間距離か、また、前車と同じ速度であったか、速い速度で接近中であったか、だと考えます。

前車と十分な車間距離があり、速度も同程度の場合には、単なる車線変更と見なされると思います。

どうぞご安全に。(元、指導員より)

少し噛み砕いて書いてみます。
(学科のテキストには明記されていないと思われるので)

◆白色実線の中央線

主に、片側に複数車線ある場合の中央線で、(原則として)絶対にはみ出し禁止。

(複数の車線があるため、駐車車両や道路工事などがあっても、中央線をはみ出すことなく回避できるから)

中央線が2本線で引かれている場合は、それが中央線であることと、はみ出してはいけないことを、より強調するため。

◆黄色実線の中央線

主に、片側1車線の道路に引かれており、追い越しのための右側部分...続きを読む

Q複数車線の道で右折しても良いのでしょうか?

お尋ねします。
近所に片側2車線で、交通量が多く、どの車もかなりスピードを出す国道があります。
両サイドにお店がずっと続いています。

そのような道で、交差点ではない、道の途中の右側にあるお店に、右折して入っても良いのでしょうか?

反対車線もたくさんの車が走っていますので、右折のタイミングを待つために、自車線(追い越し車線)をふさぐことになります。

後ろから来る車にとても申し訳ない気持ちになるのですが、皆様はどのように考えていらっしゃいますか?
交通規則では問題なかったように思うのですが…?

中央線は白の実線です。道によっては実線が2本引かれている所もあります。本数の違いの意味もわからないのですが、宜しくご教授ください。

Aベストアンサー

元、指導員です。

>交通規則では問題なかったように思うのですが…?

皆さんの回答からも想像できますが、ほとんどのドライバーは、「避けた方が無難だが、違反行為ではない」と解釈しているものと思われます。

しかし、実際には(状況により)禁止事項として明文化されています。

質問者様、回答者の皆さん、閲覧されている方々、もし教習所で使った学科教本などが手元にあれば、「横断、転回などの禁止(道交法第25条の2)」を再度お読みになってみて下さい。

お手元に資料のない方のために、原文ではなく学科教本の内容を書き写してみますと

【横断、転回などの禁止】
(1) 他の交通を妨害するおそれのあるときの横断などの禁止 -法25の2・(1)-

「車は、歩行者の通行や、他の車などの正常な通行をさまたげるおそれがあるときは、横断や転回や後退をしたり、道路に面した場所に出入りするために右、左折や横断をしたりしてはいけません。」


という法令の存在が明記されています。

ちなみに、状況を図解した挿絵と一緒に書かれた説明には
「他の交通に迷惑をかけるような横断、転回、後退をしてはいけません。」とあります。

そして、第25条の2・(2)としては皆さんが仰るとおり
「標識などによる横断、転回の禁止」です。

◆ご質問のような事例は日常的に見られるものですが、教習所での指導(教育)が不十分であったり、免許取得後に忘れてしまうなど、法令として記憶に残らない代表格かもしれませんね。

何を持って「他の交通の正常な通行を妨げるおそれがある時は…」と判断するかは、ドライバーごとに温度差があるかと思いますが、誰の目にも「危険/非常に迷惑」と映るのであれば、違反行為と考えて良いのではないでしょうか。

仮に違反行為とまでは言えない場合であっても、交通の状況によっては、皆さんが書かれたように危険防止の観点からも、横断(右折)は避けるのが望ましいと思います。

◆実線2本の中央線は、No.3さんが書かれた通り強調する狙いです。
中央分離帯がなく、制限速度の速い多車線路などに多く引かれており、それが中央線であることと、絶対に右側へはみ出してはいけないことを強調する目的と考えられます。

このQ&Aが多くの皆さんの目に留まることと合わせて、(進路変更の)合図を出している車両への妨害が減ること、そして学科教本をお持ちの方が再度お読みになることを願います。

元、指導員です。

>交通規則では問題なかったように思うのですが…?

皆さんの回答からも想像できますが、ほとんどのドライバーは、「避けた方が無難だが、違反行為ではない」と解釈しているものと思われます。

しかし、実際には(状況により)禁止事項として明文化されています。

質問者様、回答者の皆さん、閲覧されている方々、もし教習所で使った学科教本などが手元にあれば、「横断、転回などの禁止(道交法第25条の2)」を再度お読みになってみて下さい。

お手元に資料のない方のために、原文で...続きを読む

Q信号機・停止線のすぐ手前の曲がり角を右折

きちんと確認しておきたいので、恥ずかしながら交通ルールの基本的な質問です。

原付バイクに乗っていて、2段階右折の必要のない狭い道路での右折についてです。そこは信号機のすぐ手前、停止線の真横に曲がり角があります。この場合、直進方向の信号が赤であっても曲がれるのですか?

Aベストアンサー

No.1ですが。
違反ではありません。
直進方向の信号はその交差点を直進する、
曲がることについて指示しているわけですか、
その手前の右折の道は信号がなければ、
信号のない普通の交差点になるわけですから。

Q直進者と路外右折者の車の接触事故について。

初めまして。私は任意保険に加入してない車での事故だった為直接相手の保険やとの話し合いをしています。分からない事が多く沢山調べましたがそれでも不明な点があるので4つ質問します。

直進者(相手)路外右折者(私)の物損事故です。
ゼブラゾーンでの事故だったので現在相手3割、私7割の状態です。

事故を起こした道路は追い越しの為のはみ出し禁止標識のある片側一車線センターライン黄色の道路です。
事故を起こした場所は交差点前ではありませんがもうすぐ交差点に差し掛かる場所で車1台は入らないくらいのゼブラゾーンです。

21時頃の暗い時間でした。私が右折しようとウインカーをあげて止まれの標識で止まっていたところ、右から来た車が止まってくれました。その後確認のため左を見ると信号が赤で私が入りたい方の斜線の直進車は来ていませんでした。もう一度右を見ると止まっていた車の後ろに少なくとも2台車が並んでいました。

徐行で道路内に入り右にハンドルを切って曲がろうとした時に勢いよく車が飛び出してきて相手のドアにぶつかりました。
相手は交差点を右折したく、信号待ちの渋滞が並んでいると思って追い越したそうです。

そこで、今保険やと話し合っているのがセンターラインを越えて追い越したのか、事故を起こした場所がセンターラインを越えていたかどうかです。
道路の長さを測りますと言われましたがその測り方がまず納得いきません。
止まってくれていた車は右側の線ギリギリに止まっていたと仮定し、追い越す際の止まっている車との横の車間距離は関係なしに車が2台入れるかどうかで判断すると言われました。
①この測り方は正しいのでしょうか?
お互いに、右側の線ギリギリに止まっていたかどうかなんて証明出来ないはずですが、もしギリギリでも車は入れるから追い越しの際にセンターラインを越えていませんと言われた場合
②私が目撃者を探して証明しなきゃいけないのでしょうか?

もうひとつ今保険やの方に確認していますが、私は少なくとも右側に3台の車が止まってくれていたのを左右確認時に見ています。相手も数台追い越してきた、と保険やに証言したそうです。
そこで、3台以上後ろから追い越すとゼブラゾーンもまだ始まり頃でセンターラインをはみ出さなければ追い越せません。
③そんなに後ろから標識を無視して追い越してきてもその過失はないのでしょうか?

直進者と路外者の事故でセンターラインは関係ないという回答を見ましたが、相手の保険やがかなりこだわってギリギリで車をセンターラインより中に入れようとしているところを見ると関係ないとは思えないですが
④何か向こうの過失になりそうな可能性があるからセンターラインにかなりこだわっているのでしょうか?

下手な文章で分かりづらいとは思いますが、回答宜しくお願いします。

初めまして。私は任意保険に加入してない車での事故だった為直接相手の保険やとの話し合いをしています。分からない事が多く沢山調べましたがそれでも不明な点があるので4つ質問します。

直進者(相手)路外右折者(私)の物損事故です。
ゼブラゾーンでの事故だったので現在相手3割、私7割の状態です。

事故を起こした道路は追い越しの為のはみ出し禁止標識のある片側一車線センターライン黄色の道路です。
事故を起こした場所は交差点前ではありませんがもうすぐ交差点に差し掛かる場所で車1台は入らないく...続きを読む

Aベストアンサー

なんか異変な回答が多いので、まずは基礎知識を。

お察しの通り、交差点前10mは追い越し禁止です、
まして、車線でセンターラインを超えることも違反行為です、
右折者だからと要って、前の車両を追い越して右折はできません。
で、あなたの過失は10%です、(安全運転義務違反)
これはほぼ相手側車両に過失があった事故です。
単純に直進車との事故ではありません。

で、ここが重要。
物損事故なので、相手の刑事罰を問えません。
あなたの車の修理費から10%引いた金額を相手の保険屋に請求しましょう。

これだけです、
当然ですが、休業補償なども戴けます。

後は突っ撥ねてください。

それでも揉めたら、交通事故紛争解決センターにお願いしましょう、
専門館が調べてくれます。

今後は任意保険にキチンと加入しましょう。

Q黄色い線を越えて道路を横断しても良いですか?

車線変更を禁止する黄色い線がありますが、道路の左右の脇の施設に入るために横断するのもだめですか?

Aベストアンサー

それは何ら問題ないと思います。それじゃなきゃ不便ですし、事実警察官も「時間帯によって右折禁止の表示があって右折できない脇道」以外の店舗や施設に入る場合は右折しても違反ではない!と言ってました。(←当方が実際に経験して言われた言葉です)

Q路外右折進入と直進車の過失割合

初めての事故で心底まいっています。


赤信号の交差点を右折予定で、右折レーンを徐行直進していた私に、
左にあるコンビニから、赤信号で停車中の車の間を突然右折進入してきた相手方の車がぶつかってきました。
(この文章で状況が伝わるでしょうか?)


相手方は2:8(相手:私)の過失割合をゆずれないと言っているそうです。
保険屋さんも判例で決まっているから仕方ないと言うのですが、
私に過失が2もある理由がわかりません。
ぶつかってこられ、その上保険の等級まであがるなんてショックです。

どなたか教えてくださいませ。

Aベストアンサー

No.3です。
補足、確認しました。

路外から道路に進入するため右折する場合
http://kashitsu.e-advice.net/car-car/100.html
(1)まず事故現場が「幹線道路」であったか?です。

※「幹線道路とは」
「道路法7条」
歩車道の区別があって、車道幅員が概ね14M以上(片側2車線以上)で、車が高速で走行し通行量の多い国道や一部の県道の類の道路の事。

「幹線道路」であれば質問者さんの過失に-5、過失修正されます。

(2)相手の「徐行の有無」についてです。

相手の車がが右折をする為には
「歩道を横切る時(路外から進入)」と
「停車中の車の間から右折の時」に徐行する必要があります。

質問者さんが右折レーンを直進の際に、
相手の車が頭(車の前部)を出して待機していれば直進車にも認識出来ますが、それもなく飛び出すように右折してきたという事は相手は、
「手前の停車中の車は赤信号で止まっている。
反対車線(左側)の車を確認して、車が来ていなければ右折出来る」
と判断したのかもしれません。

つまり手前の車線の車が停車→赤信号→右からの車は来ない(赤信号で止まっているから)と判断したのかもしれません。
※(片側1車線づつで交差点手前だけ右折レーンがあって部分的に2車線)

「徐行なし」を認めさせれば-10の過失修正です。
(1)と(2)を併せれば、80:20→95:5になります。

(1)はともかく、(2)を認めさせるのは大変です。
事故の損害状況(度合い)等から主張する事になりますが、なかなか困難です。

もう一点は「質問者さんの過失」について相手の主張を聞く事です。
具体的でなかったり、
「安全義務違反」と言われた場合は
「どの辺に落ち度があるのか?」と質問します。

交通の「安全義務」とは
「通常、車を運行する上で起こりうる危険を、常識の範囲で予見・回避する義務」
です。

質問者さんが予見・回避不可能であったのであれば「安全義務違反」には問われない事になります。

No.3です。
補足、確認しました。

路外から道路に進入するため右折する場合
http://kashitsu.e-advice.net/car-car/100.html
(1)まず事故現場が「幹線道路」であったか?です。

※「幹線道路とは」
「道路法7条」
歩車道の区別があって、車道幅員が概ね14M以上(片側2車線以上)で、車が高速で走行し通行量の多い国道や一部の県道の類の道路の事。

「幹線道路」であれば質問者さんの過失に-5、過失修正されます。

(2)相手の「徐行の有無」についてです。

相手の車がが右折をする為...続きを読む

Q交差点手前30mは、全て車線変更禁止、追い越し禁止なの?

交差点手前30mは、全て車線変更禁止、追い越し禁止なの?
だとすれば、交差点30m手前までの中央線は全て黄色の実線をひくのが本当じゃないかと・・・
この交差点は白の破線でいいと判断するのは何なんでしょう?
素朴な疑問にお答え頂けると嬉しいです。

Aベストアンサー

交差点の手前ではなく、交差点とその手前30メートル以内になります。(交差店内も含みます)

更に、全て車線変更禁止、追い越し禁止になっているだけではなく、追い抜きも禁止ですよ。

交差点の手前30メートルの部分は、元々すべて禁止なのですから一々黄色のペイントなどする必要はないのです。
(免許を持っている人はみんなが知っているはずの事なのですから、単なる税金の無駄遣いに過ぎません)

橋の上などによく駐停車禁止の標識が立っていますが、橋の上は全部駐停車禁止なのですから、あの標識も一切必要は無いはずです。

路肩の縁石に塗布してある駐車禁止のペイントも、都内など首都圏の道路では殆んどの場合は必要無し、そんな事しなくても元々殆んど全部が駐車禁止だから。

見通しの悪い急カーブが続く峠道のセンターラインに、これでもかと白線の両側に黄色の線を引いて有るのと同じで、黄色の線がなければ追い越しをしても良いと想っている阿呆なドライバーが無限増殖中なので、わざわざ必要の無いものに無駄に税金が使われてしまっていると言う事です。

標識が立っていなくても、路面ペイントがされていなくても、法令で決められた駐車禁止場所は駐車禁止ですし、追越や追い抜きが禁止されている場所も、標識やペイントがなくても法令で禁止されている場所では全て禁止なのです。

交差点の手前ではなく、交差点とその手前30メートル以内になります。(交差店内も含みます)

更に、全て車線変更禁止、追い越し禁止になっているだけではなく、追い抜きも禁止ですよ。

交差点の手前30メートルの部分は、元々すべて禁止なのですから一々黄色のペイントなどする必要はないのです。
(免許を持っている人はみんなが知っているはずの事なのですから、単なる税金の無駄遣いに過ぎません)

橋の上などによく駐停車禁止の標識が立っていますが、橋の上は全部駐停車禁止なのですから、あの標識も一切必...続きを読む

Q警察による、右折禁止場所による交通取締

先日のことなのですが、後楽園の方に車で
いくことになりました。
時間的に余裕なく、駐車場を探していたのですが
普通の2車線の道を右折しました。
そうしたところ、そのところに警察が3人ほど
待機しており、「ここは右折禁止だから、取締ます」
その後次々と右折してくる車があり、すべて取り締まられておりました。
それがだいたい地元ではないナンバーの車でした。

さらに、こっちは大人2人で載っていたのですが気づきませんでした。
それぐらい自然に右折できてしまう場所です。

あまりに納得いかず
「まちぶせして取り締まるぐらいならその前に右折する前の交差点で
指導することはできないのか?」
「これだけ右折してしまう車があるというのになぜ改善しようとしないのか?
これだけのドライバーが気づかないのは改善しようとしていないからではないか?」

あとから、見ると確かにマークで真っ直ぐのみ、とありましたが
まさかあんな普通の道で右折が禁止とは。
どうしても納得ができませんでした。ので、免許の提示を拒否しましたが
「逮捕するぞ」といったことをいわれ
さらに4・5人の警官を呼ばれ囲まれてどうにもならない状態にされました。
それでも納得できなかったので
免許だけ提示して、サインはしませんでした。

いまでも納得できない状態なので罰金等の支払いはしておりません。

あれはあからさまな、検挙数をあげるためとしか思えず納得ができません。

どううしもて素直に従う気になれないのです
このままだと警察から呼び出しがあると思うのですが
もちろんそれには応じて行こうと思っています。
ただ、そのあとの戦い方がわかりません。

このようなときは、どのようにすればよろしいのでしょうか?
法律にもまったく、くわしくないので
ぜひお力・知識をください。よろしくお願いします。

先日のことなのですが、後楽園の方に車で
いくことになりました。
時間的に余裕なく、駐車場を探していたのですが
普通の2車線の道を右折しました。
そうしたところ、そのところに警察が3人ほど
待機しており、「ここは右折禁止だから、取締ます」
その後次々と右折してくる車があり、すべて取り締まられておりました。
それがだいたい地元ではないナンバーの車でした。

さらに、こっちは大人2人で載っていたのですが気づきませんでした。
それぐらい自然に右折できてしまう場所です。

あまりに納得...続きを読む

Aベストアンサー

交通違反取り締まりに関しては、昭和42年の交通反則金制度導入時に警察庁依命通達※(昭42・8・1 警察庁乙交 警察庁次長)として以下の通達が出されていました。
1 交通指導取締りに関する留意事項
1)交通取締り指導のあり方
 交通指導取締りにあたっては、いわゆる点数主義に堕した検挙のための検挙あるいは取締りやすいものだけを取締る安易な取締りに陥ることを避けるとともに、危険性の少ない軽微な違反に対しては、警告による指導を積極的に行うこととし、ことさら身を隠して取締りを行ったり、予防または制止すべきにもかかわらず、これを黙認してのち検挙したりすることのないよう留意すること。

これを読めばわかるように、軽微な違反に関しては、いきなり取り締まるのではなく、「警告による指導を積極的に行うこと」となっていました。(この通達は2000年12月5日にひっそりと廃止されています。)

ただし、これが何年も続いた訳です。現状がどうなっているか対策を取った上で戦ってはいかがでしょうか?

どっちにしろ脅迫めいた取り締まりです。
徹底的に戦ってはどうでしょうか?
リンク先は同じような考えを持つ開拓者のHPです。
参考にしてください。

参考URL:http://www008.upp.so-net.ne.jp/ko-tu-ihan/FAQ/FAQ_TOP_PAGE-2.htm

交通違反取り締まりに関しては、昭和42年の交通反則金制度導入時に警察庁依命通達※(昭42・8・1 警察庁乙交 警察庁次長)として以下の通達が出されていました。
1 交通指導取締りに関する留意事項
1)交通取締り指導のあり方
 交通指導取締りにあたっては、いわゆる点数主義に堕した検挙のための検挙あるいは取締りやすいものだけを取締る安易な取締りに陥ることを避けるとともに、危険性の少ない軽微な違反に対しては、警告による指導を積極的に行うこととし、ことさら身を隠して取締りを行ったり、予防ま...続きを読む

Q右折禁止ならば、必ず転回禁止でしょうか?

お尋ねします。
例としまして、交差点で、↑(直進)のマークが道路に標示されている場合、転回はできないのでしょうか?
当然、右左折はできませんが、転回も禁止されているのでしょうか?

転回するために交差点で反対車線の車が通り過ぎるのを待つとすると、結局右折と同じように右にウインカーを出して停車することになります。(そんな車が前にあったら、クラクションを鳴らすドライバーも多いと思います)

いかがでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>必ず転回禁止でしょうか?

そうではありません。(教習所の職員たちでも迷う問題ですが・・・)

安全上、好ましくないという考えが多いのは事実ですが、無条件に連携するルールではなく、法律上はあくまでそれぞれ独立しています。

指定方向外進行禁止の標識および路面の標示(矢印ペイント)は、交差する各道路のうち進行できる方向を示すものであって、Uターンの禁止を想定したものではないと思われます。
(厳密に進む方向を規制するものならば、後退もできなくなります)

つまり、「転回禁止」の標識・標示がなければ、原則としてUターンは可能と解釈できます。

ご質問の趣旨が混雑時のUターンであれば、No.4さんの回答後半部分が当てはまります。
しかし、それは右折禁止などの指定方向外進行禁止とは別の(安全上の)ルールであって、深夜帯あるいは過疎地などで交通量が少ない場合にも一律に規制されるとすれば、合理的ではありません。

あくまで、ご質問のタイトルに限って回答するなら、「別問題」となります。
一日を通して転回禁止なら、標識・標示が必要です。
(元指導員より)

>必ず転回禁止でしょうか?

そうではありません。(教習所の職員たちでも迷う問題ですが・・・)

安全上、好ましくないという考えが多いのは事実ですが、無条件に連携するルールではなく、法律上はあくまでそれぞれ独立しています。

指定方向外進行禁止の標識および路面の標示(矢印ペイント)は、交差する各道路のうち進行できる方向を示すものであって、Uターンの禁止を想定したものではないと思われます。
(厳密に進む方向を規制するものならば、後退もできなくなります)

つまり、「転回禁止」の標...続きを読む


人気Q&Aランキング