半年程前父が仕事の帰りに交通事故(単独事故)を起こし、脳梗塞で1ヶ月程入院しました。左手足にほんのわずかながらまひが残りました。その後仕事に復帰しようとしましたが会社に拒否され、現在傷病手当を受けています。
私としては何故労災にならないのかがわかりません。又、会社に復帰できないのも疑問です。
父が会社から受けた説明は、1:仕事の帰りだが、家に帰る道をはずれている。2:脳梗塞は事故が元で起こったものなのかどうかわからない(元々心臓が悪く、脳梗塞を起こしやすかった為)ので労災は使えないとのことでした。仕事復帰に関しては3:今も通院しているので仕事は無理なんだそうです。
しかし、1については確かに帰り道ではありませんでしたが、取引先に配達しなければいけない物があり、家が同じ方面なので父が帰宅ついでに運んでいた時の事故です。2については確かに医者からも「脳梗塞が起きて事故をしたのか、事故の衝撃で脳梗塞を起こしたのかはわからない」と言われました。一番納得いかないのは3についてなんですが、通院は月1回ですし、元々心臓が悪かったので以前から同じペースで通院していたんです。なのに今回はだめって・・・?
それなのに退職はさせてくれず、定年退職まで待ってくれと言います。何でも退職金の保険をかけており、途中退職されると保険がおりないからだそうです。
その日はもうすぐなのですが、会社のいいなりになっているのがとても腹立たしいのです。(父が心臓を悪くしたのも勤務時間に問題があったからですし)
本当に労災は適用されないんでしょうか。あと、会社に復帰させないというのはどうなんでしょう。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

労災保険の被保険者は働いている人であり、


労災の申請をするか否かを判断するのは被保険者本人の意思によります。
また、労災が適用されるかどうかは労働基準局が判断します。
労災は国で行っている事業であり会社はあくまでも保険料を納めているだけのことですから、
会社が諸手続きをしないこと。および、労災に該当するか否かの判断をすることは
不当といえるでしょう。

労災に関しては労働基準局に、
退職など不当労働行為に関しては労働基準監督署に
ご相談されてはどうでしょうか。
    • good
    • 0

ある傷病が業務災害に該当するかどうかは、業務遂行性と業務起因性をを用いて判断します。

業務遂行性とは、労働者が労働契約の下に使用者の支配下にあることです。取引先への配達は終業後とはいえ、会社の要請でなされているなら事業主の支配下にある業務といえます。この場合、反証の無い限り、災害と業務との因果関係を認めることが経験則に反しない限り業務上として取り扱われます。また、取引先に配達して家へ向かう最中の事故ならば、配達先が業務終了の場所とみなされ、通勤災害となります。
 業務起因性とは、業務に起因して災害が発生し、その災害により傷病が発生するという相当因果関係のことです。事故が先か脳梗塞が先かがわからないと医者が言っているとの事ですが、事故が先なら、事故が発病の唯一の原因なくてもよく、いくつか存在する原因の一つであればいいとされます。
 会社に復帰できない理由というのが何を根拠になされているのかが疑問ですが、労災が適用される可能性は高いです。一度、労働基準監督署へ行かれることをおすすめします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答を下さった皆様、ありがとうございました。
本当はお1人ずつにお礼を申し上げたいのですが、皆様からの回答を参考にして色々動き回っておりますのでこの様な形にさせていただきました。申し訳ございません。

とりあえず、会社ともめごとを起こしたくないと言う父(古い人なので…)を説得し、会社の幹部の方と話し合ってもらいましたが、回答は以前と同じでしたので、労働基準局及び労働基準監督署に相談する旨伝えました。又、知り合いに弁護士を紹介してもらい後日相談に乗ってもらえることになりましたので、それもあわせて伝えました。
会社がどういう回答をしてくれるかはわかりませんが、話を聞いている限りでは今までの様なそっけない態度ではなくなったようです。

皆様のおかげで何とか泣き寝入りだけは避けられそうです。
相談して本当によかったです。ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/23 19:32

取引先に配達しなければいけない物があり、


であれば、業務中の事故に相当しないのですか?確かに私用で通勤経路を外れた場合は労災扱いは難しいかも知れませんが、その後通常の通勤経路に戻った場合や業務中の移動の場合は労災がおりると思いますが、、、。私の会社でも労災扱いにすると書類を書いたり、お役所からの指導など会社としての対応が大変なので労災にはできないようなことを言っていましたが、ようは労災にしたくないだけです。直接お役所に相談されると良いと思います。そうすれば会社としても重い腰を上げざるえなくなります。帰宅途中に配達を頼まれ、取引先に寄った旨を証明・主張すべきでしょう。社用車を利用していれば、問題なく労災扱いになったと思われます。

父が心臓を悪くしたのも勤務時間に問題があったからですし
この点も別件で申請してみては如何でしょうか?

お大事に
    • good
    • 0

文面を読ませていただく限り、通勤途上逸脱にあたらないように思います。

業務上必要があって直帰された様ですから。しかし、脳梗塞との因果関係は非常に特定しづらいと思います。ただ、会社の対応はこの場合から想定するにはちょっと冷たいのではないでしょうか。従業員側にたって監督署と交渉するくらいの態度で臨むべきです。業務に全く無関係な事故ではないでしょうから、会社の従業員に対する姿勢が問われます。定年退職まで在籍して欲しいという理由はよく解ります。これが精一杯の対応かもわかりませんので、このあたりも真相をお確かめになったほうが良いかも解りません。担当者レベルでは解決できない事もありますから。
    • good
    • 0

大変でしたね。



会社の扱い方で納得行かない部分かありますね。
弁護士会で法律相談をしていますから、利用されたらいかがですか。
費用は30分5000円です。
平日はもちろん、休日・夜間の相談も受け付けています。

参考URLからお近くの弁護士会へ電話をして申し込んでください。
法律相談/法律関係窓口一覧/弁護士会一覧

よい結果が出ますように。

参考URL:http://www.secom.co.jp/life/law/law_l_1.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q労災保険の休業補償給付と傷病補償年金の支給要件

労災保険の休業補償給付と傷病補償年金の支給要件の違いについて教えてください。
休業補償給付の支給要件は、療養のため、労働することができないために、賃金を受けない日となっています。
一方、傷病補償年金は、療養開始後1年6月後以降に、負傷等が治癒せず、傷病等級に該当すれば、休業補償給付に代えて支給されることとなっています。

休業補償給付では必要なる要件「労働することができないために賃金を受けないこと」は、傷病補償年金では要件とならないのでしょうか?つまり働いて賃金を受けても傷病補償年金が支給されるということでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

少々専門的になりますが、傷病補償年金について、簡単に説明します。
この年金給付は、昭和51年に新設された保険給付で、従来の3年以上の長期傷病者に対する補償としてあった「長期傷病補償給付」の年金部分を発展させたものです。
すなわち、長期傷病者の症状は各々異なるのに、休業補償給付は給付基礎日額の60%の一律であり、これは障害の程度に応じている障害補償給付に比べ不均衡であること、また長期傷病者の実情から3年の経過は長すぎるとして1年6ヶ月の経過にされたのです。厚生年金保険の障害給付が1年6ヶ月であることにも合わせたのです。
この給付は休業補償給付に代えて支給されるものではなく、別個のもので、要するに重篤かつ治癒困難な長期傷病者に対して手厚い保護をしようとするものです。ただし、これが支給される間は休業補償給付は支給されません。

打ち切り補償は労基法の定めです。労災保険法ではこれに対応させて長期傷病補償給付があったのですが、傷病補償年金の新設により、この給付を3年受けると労基法の打ち切り補償があったものと見做されます。
ただし、労災保険給付は継続されます。

以上のように休業補償給付と傷病補償年金とは、その主旨が異なりますから、支給要件も異なります。傷病補償年金は傷病の療養のために失った労働能力をその程度に応じて填補するものですから、必ずしも「労働することができないために賃金を受けないこと」は要件になりません。現実としては、傷病等級に該当すれば、働いて賃金を貰うのは難しいでしょう。No.2さんのとおりです。
なお、傷病補償年金は月を単位として支給されますから、傷病等級に該当した翌日の1日から支給されます。それまでの半端な日については、休業補償給付が継続して支給されます。

少々専門的になりますが、傷病補償年金について、簡単に説明します。
この年金給付は、昭和51年に新設された保険給付で、従来の3年以上の長期傷病者に対する補償としてあった「長期傷病補償給付」の年金部分を発展させたものです。
すなわち、長期傷病者の症状は各々異なるのに、休業補償給付は給付基礎日額の60%の一律であり、これは障害の程度に応じている障害補償給付に比べ不均衡であること、また長期傷病者の実情から3年の経過は長すぎるとして1年6ヶ月の経過にされたのです。厚生年金保険の障害...続きを読む

Q父が脳梗塞になりました。父のケースは労災になるのか教えてくれませんでしょうか?

父が11月に58歳で脳梗塞になりました。発症は家で朝食の時です。
右の後頭部の血管がつまり、左手の表面に痺れがあるのと、半側空間把握ができなくなりました。言葉がどもるようになりました。
  父は、建設会社で専務をしており、その日の前日までの一週間は営業のしごとのためにかなりストレスをためていました。連日帰ってくるのは11時を過ぎます。そしてその前日は、仕事の関係で、社長との大きな口論をし、会社で血圧を測ったときには210あったそうです。そして帰り際に、事務の人に、「血管がきれそうだよ。」としかなり興奮状態にありました。このけんかは他の社員の人も見ています。
 そして、脳梗塞を起こし、約一ヶ月入院をしました。結果は半側空間把握ということで、医者の方からも、車の運転は控えてくださいと言われました。
 1月からは家で待機をし、携帯を使って、営業の仕事をとる活動だけを送っていました。2月に入り少しずつ運転も始め、会社に昼間だけ1週間に2,3回行くようになりました。この間は、以前と同じ給料をいただいています。
 そして3月に退職を出そうとしています。でも退職金もわずかです。それ以上の保障はありません。
 これからの再発のことや、家族の生活のことを考えると不安がいっぱいです。いろいろ調べて労災になると思うんですが、確証が持てません。アドバイスをぜひいただければと思います。よろしくお願いします。

父が11月に58歳で脳梗塞になりました。発症は家で朝食の時です。
右の後頭部の血管がつまり、左手の表面に痺れがあるのと、半側空間把握ができなくなりました。言葉がどもるようになりました。
  父は、建設会社で専務をしており、その日の前日までの一週間は営業のしごとのためにかなりストレスをためていました。連日帰ってくるのは11時を過ぎます。そしてその前日は、仕事の関係で、社長との大きな口論をし、会社で血圧を測ったときには210あったそうです。そして帰り際に、事務の人に、「血管が...続きを読む

Aベストアンサー

まずは、車の運転ができる状態まで回復されたとのこと、不幸中の幸いでしたね。

脳梗塞は、高血圧で興奮したら発症する、というものではありません。
ストレスとは無縁の生活をしたら発症しない、というものではありません。
つまり、業務外の要因により、仕事のストレスや社長との口論がなくても発症していた可能性は大いにあるのです。

しかし、確かに、ストレスや過重業務で発症する可能性もあり、実際のところ何が原因で発症したのかは定かではありません。

労災認定されるには、脳梗塞の発症が業務に起因することが明らかであると認められる必要がありますが(発症が業務時間外であることは問題ではありません)、この判断は、あなたでも会社でもなく労働基準監督署がします。
ですから、労災だと思われるなら、労働基準監督署への申請にあたり、まず会社に相談してください。お父さんが労災認定されたとしても、会社の不利益になる可能性は低いので、申請に協力してくれるのではないでしょうか。
もし協力してくれないようなことがあれば、直接労働基準監督署へ申請して構いません。


労災認定されるかどうか、ケースバイケースであり、申請する前に確証を持つ必要はありません。というか持てません。とにかく申請してみましょう。

(実務経験ありませんので、参考意見としてください)
 

まずは、車の運転ができる状態まで回復されたとのこと、不幸中の幸いでしたね。

脳梗塞は、高血圧で興奮したら発症する、というものではありません。
ストレスとは無縁の生活をしたら発症しない、というものではありません。
つまり、業務外の要因により、仕事のストレスや社長との口論がなくても発症していた可能性は大いにあるのです。

しかし、確かに、ストレスや過重業務で発症する可能性もあり、実際のところ何が原因で発症したのかは定かではありません。

労災認定されるには、脳梗塞の発症が業...続きを読む

Q労災の休業補償給付(休業特別支援金)80%と会社の関わり方

只今、通院中で、自賠責の120万円の枠が切れそうなので、労災に切替えました。
休業損害についてですが・・・
労災からは労災の休業補償給付60%と(休業特別支援金)20%=80%、自賠責から40%の休業損害支給。
労災の休業損害は1ヶ月単位の請求になるわけですが・・・
(1)請求してから、一週間位で、支払われますか?
(2)労災の休業補償適応開始日と、休業補償の金額の確認は、
会社?労災基準監督署?どちらに確認でしょうか?

Aベストアンサー

1週間では支払われません。申請を出してからきちんと審査がありますから。。審査の上特に不可解な点などなければ請求してから約1ヶ月で支給です。でも年末年始がひっかかった今の時期のような場合1ヶ月以上かかる事もあります。でも必ずはがきでの通知がありますよ。通知が無いか切りは振り込まれていない事になります。


2の確認は労働基準監督署に聞いてください。会社に聞いても会社が再度労働基準監督所への問い合わせになりますから。

Q仕事が原因(過剰労働)で脳梗塞によることの労災申請について・・・長文?

親会社に委託として働いていた場合は労災適用になるのでしょうか?

現在働いている会社の成績が不振ということで別の会社(一応親会社?)から委託としてヘッドハンティング?されてしばらく働いてました。しかし、前の会社(会社の成績が不振の会社)で仕事の量を1としたとき、親会社の委託によって働いた仕事の量は3~4です。

ちなみに前の会社と親会社と二束のわらじで働いていました。

本当に休みがありませんでした。残業代もなしで

土日も出勤でも振り替えの休日ももちろんありませんでした。

体に限界が近づいてきたとき、とうとう脳梗塞が発生してしまいました。(ストレス(職場の環境が変わったこと等)や過労によって)

色々労災について調べたのですが、証拠となる資料がないと労災申請がされないとなっていました。

しかし、前の会社(成績が悪い会社)ではずさんな管理のためもちろんタイムカードなどもありません。(なぜか親会社もありません。)

しかし、仕事の着俊工日(建築関係などです)などはわかっているとおもうのですが、どうにもなりませんでしょうか?

親会社に委託として働いていた場合は労災適用になるのでしょうか?

現在働いている会社の成績が不振ということで別の会社(一応親会社?)から委託としてヘッドハンティング?されてしばらく働いてました。しかし、前の会社(会社の成績が不振の会社)で仕事の量を1としたとき、親会社の委託によって働いた仕事の量は3~4です。

ちなみに前の会社と親会社と二束のわらじで働いていました。

本当に休みがありませんでした。残業代もなしで

土日も出勤でも振り替えの休日ももちろんありませんでした...続きを読む

Aベストアンサー

この件を労災と見るには2つのハードルがあります。

1 労働者であるか否か
 あなたの契約は委託だということですが、仮に委託ならば、労働者ではありませんので、労災は受けられません。
一応参考サイトを置いておきますが、要は、会社との間に「使用従属関係があるか否か」です。これは名称を問わず、実質で判断することになりますので、場合によっては委託契約と名の付く場合でも、クリアーする可能性があります。

http://www.remus.dti.ne.jp/~laputa/rouki/koyoukeiyaku_ukeoikiyaku_chigai_1.html

2 病気と仕事との因果関係
いわゆる過労による労災の関係はその因果関係が問題となり、しばしば裁判まで持ち込まれます。
平成13年に認定基準が出されていますが、
http://www.mhlw.go.jp/houdou/0112/h1212-1.html
その後も行政が負ける判決も出ており、後追いになっているのが現状です。
少なくとも、客観的に労働時間がわかるもの(あるいは人)でもないとさすがに厳しいかもしれません。

以上2点のハードルをクリアできれば、労災になる可能性はあるでしょう。

この件を労災と見るには2つのハードルがあります。

1 労働者であるか否か
 あなたの契約は委託だということですが、仮に委託ならば、労働者ではありませんので、労災は受けられません。
一応参考サイトを置いておきますが、要は、会社との間に「使用従属関係があるか否か」です。これは名称を問わず、実質で判断することになりますので、場合によっては委託契約と名の付く場合でも、クリアーする可能性があります。

http://www.remus.dti.ne.jp/~laputa/rouki/koyoukeiyaku_ukeoikiyaku_chigai_1.html...続きを読む

Q労災の休業補償期間は医師の診断書通りでしょうか?

医師の診断で全治3か月の場合、
労災の休業補償も3か月と考えてよいでしょうか?

現在労災休業中です。
診断書を作成してもらい、全治3か月と書いて頂いたのですが、
これは労災も3か月間、休業補償が受けられると考えてよいのでしょうか?

Aベストアンサー

診断書が限度ではありませんし、診断書に書かれている日数で完全に治るわけでもありません。

治療が終わった時、若しくは症状が固定された時、までが労災の担当範囲になります。

一般的に全治3ヶ月は、3ヵ月後から働けるではなく、1週間ほど安静にして、それ以降は制限を付けながら徐々に復帰して行くと言うものもありますし、3ヶ月と書かれていても、1年治療に掛かる事もあります。

労災の休業給付は、全治ではなく、働けない期間です。

Q父が脳梗塞で入院中に借金発覚、今すぐ母と離婚させたい

現在、父(61歳)は、ぼんやりしがちですが会話も可能です。しかし、心臓が弱いため急変する可能性も少しあります。リハビリ後は、車椅子で身の回りのことはできそうです。
私は6年前に嫁ぎ、隣町にいる30歳の娘です。
父は4年前100万円の借金を残し、家出しました。交際相手がいたようです。借金は私が貯金で払いました。2年前突然帰ってきて、煙たがられながらも、いつのまにか同居を始めました。少しは生活費を出していましたが、母は世帯は別と割り切っていたようです。実家には貯金がなく、家屋(父名義)のローン残高200万円、土地は母の所有です。ローンは、父の家出後は、母(58歳)がパートで返しています。父が生命保険未加入で、入院費・今後の介護施設代は、本人の年金1ケ月10万円と、不足分はやむなく私を含む3人の子と母で出す予定でいました。
ところが、入院中に連帯保証人2件・借金がみつかりました。友人アパート入居の連帯保証人2位(友人失踪により、1位の保証人が滞納分40万を分割支払中、一度でも滞れば父へ)、知り合いの会社の根連帯保証人(500万円)、その会社からの貸付200万円、その他小額数件。
母は、父に万一のことがあると、財産放棄し自宅を失うことになります。すっかりなさけなくなり、今すぐ母と離婚させたいと思っていますが、まだ脳梗塞から1週間。ぼんやりしがちな父と離婚ができるのでしょうか。回復待ちの間、急変しないとも限りません。
配偶者への住宅の贈与も考えていますが、(婚姻35年)同様に、今の状態で口約束で書類代理作成し、提出しても有効でしょうか?これからも別の借金が見つかるかと思うと大変心配です。

現在、父(61歳)は、ぼんやりしがちですが会話も可能です。しかし、心臓が弱いため急変する可能性も少しあります。リハビリ後は、車椅子で身の回りのことはできそうです。
私は6年前に嫁ぎ、隣町にいる30歳の娘です。
父は4年前100万円の借金を残し、家出しました。交際相手がいたようです。借金は私が貯金で払いました。2年前突然帰ってきて、煙たがられながらも、いつのまにか同居を始めました。少しは生活費を出していましたが、母は世帯は別と割り切っていたようです。実家には貯金がなく、家屋(父名...続きを読む

Aベストアンサー

>父が脳梗塞で入院中に借金発覚、今すぐ母と離婚させたい

という点は、お父さんが協議離婚に同意すれば可能です。

>配偶者への住宅の贈与も考えていますが、(婚姻35年)同様に、今の状態で口約束で書類代理作成し、提出しても有効でしょうか?

 現時点で、お父さんの債権者から仮差押または差押の登記などされていなければ、離婚に伴う財産分与で、お母さんに移転登記することは意味あります。しかし、離婚に伴う財産分与が債権者を害する抜け道的に詐害行為としてされている可能性を疑われる場合には、判例は財産分与として相当額の範囲内でのみ有効として扱います。
 しかし、まずは建物の築年数が数十年であれば、財産分与を詐害行為として問題にする場合ではないと思われます。問題は、お父さんが、すでに建物になんらか債権者から物的な担保の設定を迫られてそれに応じている可能性がある点です。一度、登記簿を取って確認することです。
 離婚に伴う財産分与は、登記原因となるもの、きちんと書面にしておく。この点は、当然、司法書士の先生に相談して、どのような形で書面化しておけば登記できるかを相談することです。書面にしておいても、法務局がうけつけないような書面では困りますから。

 次に、父親の破産手続きの点について、皆さんで考えられたほうがいいでしょう。あとは細かくなるので、専門家の相談を受けるべきです。

>父が脳梗塞で入院中に借金発覚、今すぐ母と離婚させたい

という点は、お父さんが協議離婚に同意すれば可能です。

>配偶者への住宅の贈与も考えていますが、(婚姻35年)同様に、今の状態で口約束で書類代理作成し、提出しても有効でしょうか?

 現時点で、お父さんの債権者から仮差押または差押の登記などされていなければ、離婚に伴う財産分与で、お母さんに移転登記することは意味あります。しかし、離婚に伴う財産分与が債権者を害する抜け道的に詐害行為としてされている可能性を疑われる場合に...続きを読む

Q労災休業補償の待機期間について

労災休業補償の待機期間について

Aベストアンサー

休業補償給付は、
休業した日の第4日目から療養のため休業を要する期間支給されます。

休業初日から通算して3日間の待機期間は、
休業補償給付は支給されません。

http://rousai.mints.ne.jp/kyuugyou4.html

Qバイト帰りに自転車自損事故、労災認定できますか?

 教えてください。
 私はある日のこと、スナックでバイトして自転車で帰る途中、路面が濡れていることも相まって、強く転倒し、肩や顔面を怪我してしまいました。
 治療費の補償や休業補償などを受けたいのですが、店のオーナーは「飲酒の上だし自転車は禁止しているんだから、労災申請しても無駄よ。」「オーナーに金を払えと言わんばかりね、恐喝になるよ。」と言われました。
 相談したこと自体が険悪なムードとなり、今後の仕事も不安です。
 そこで労働基準監督署に相談しようと思いますが、その前に知りたいのですが、どなたか経験者はいませんか?
 (1)私は交通費が無いからタクシーでは帰れないと思い、恒常的に自転車通勤をしています。店のママも時々自転車です。仕事がら飲酒をしたかもしれません。この場合は、労災を認めてくれという自体、無駄でしょうか?
 (2)私は発言は恐喝になるのでしょうか?
 すみません、教えてください。m(__)m

Aベストアンサー

(1)自転車通勤が禁止されているか否かは労災の通勤災害の可否とは無関係です。
合理的な経路か否かと言う基準で労基署が判断します。
又労災申請をオーナーが渋っても本人が労基署に直接申請できます。
その際オーナーが労災未加入で事業をしていても貴方は救済されます。
但し、本件は飲酒の上自損自爆事故なので重過失に当たる可能性は否定できません。
労基署は故意又は重過失の場合全部又は一部の費用を払わない事が出来ます。
労災は労働者救済の制度なので自転車等の経路の場合大きく不合理な経路を通ったり経路に途中に明白な中断逸脱の理由が見当たらない限り極力適応されるように解釈してもらえますが、一転して労災適応について疑わしい点が出てきた場合(本件においては飲酒の疑い)適応するが全額不支給の方向に強く動き出します。
(2)労災申請のみを強く言う。○
労災申請しないのならば金払え。×

Q労災、休業補償について質問お願いします。

質問があります。
1・労災は申請してから何日くらいで認定されるんですか?
2・労災認定ならないと休業補償はもらえないんですか?認定まで半年かかったら半年間は無収入ってことになりますよね?
3・休業補償は怪我して休んだ次の日からの分がもらえますか?それとも病院に行った日からですか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1について。
まず認定されるなら書類を提出すれはすぐにでも認定されます。
2について。もちろん認定されなければ休業補償はもらえませんよね。。

もちろん認定まで半年1年とかかる場合がありますがその間は
収入は0と言うことになります。
でも普通の怪我なら認定されないなんてことはありませんけどね。あるとすれば椎間板ヘルニアや精神的病などの場合です。明らかに仕事が原因だという証拠がありませんし、提示もできないですからね。要は遺伝的要素のあるものは認定されるまでにものすごく時間がかかるか認定されないかのどちらかです。
ちなみに私の弟ですが明らかに仕事が原因で椎間板ヘルニアになりました。
もちろん労働基準監督署も仕事の内容を見にきて納得の上でしたが結局認定されるまでに1年かかりました、。

3について怪我して休んだ日からではなく「待機3日」をおいてからです。
例えば今日怪我して仕事を休めば今日、明日、明後日は含みません。

Q労災事故について 彼が労災事故で入院してます 会社の夏祭りで花火打ち上げ点火時に暴発しました。 会

労災事故について

彼が労災事故で入院してます
会社の夏祭りで花火打ち上げ点火時に暴発しました。
会社は賠償しないのですか?
警察が業務上過失致死で訴えますかときいてきます。

Aベストアンサー

労災認定されると、月給与の日額が決まります。休業補償6割程度、特別支給2割程度の計8割程が給付支給されます。
治療費や治療に必要な材料費等は無料です。休業補償や治療に必要な材料費等は、医師の症状固定があるまで補償され続きます。日数分申請をすることで支給されます。毎月申請することが望ましいと思います。
「会社は賠償しないのですか?」について、事故責任が会社か業者で分かれます。が、いずれは、損害賠償請求を視野に入れておくばきです。「警察が業務上過失致死で訴えますかときいてきます。」ついては、訴えて過失責任を問うことが今後の損害賠償請求をするうえで利益になると思料します。


人気Q&Aランキング