かなりうる覚えです。

年代は80年代ぐらいだと思います(ひょっとしたら70年代かも)。

コミックの大きさは結構大きめです(すごい大きいわけじゃありません。ジャンプコミックよりは大きいです)。

題名が「破壊王」みたいな感じだったと思います。

全4巻ぐらいだったと思いますが、もっとあったかもしれません。マイナーな漫画だと思います。

絵的にはジョジョを古臭くしたような感じでしょうか。ダイナミックな絵だったと思います。

内容はほとんど覚えていないのですが、

超人的な力を持つ主人公がいて、後に同じように超人的な能力を持つ兄弟と戦うといったものだったと記憶しているのですが、町を吹き飛ばすとかとにかくスケールのでかい話だったと思います。
神的な存在とかそういう要素も含んでたかと思います。基本裸のような姿だったかと。

こんな情報で厳しいかと思いますが、とりあえず皆様が思い浮かぶような作品を教えて頂けませんでしょうか?

とにかくすごく面白かったことだけは覚えています。

絵は全然違いますが、世界観はデビルマンが近いでしょうか。

よろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

その感じの条件で思い出すのは以下の二つです。

(タイトルは全然違いますが)

「聖マッスル」
http://p.tl/fGec

「地上最強の男 竜」
http://p.tl/4uEr

当時、読んだ際の印象ですが、どちらも無茶苦茶なマンガでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

「地上最強の男 竜」

名前を見たときにビビっときました。

ストーリー、画風、調べてみましたが、可能性が高いと思います!

よくわずかな情報でこの作品にたどり着いていただけましたね。

ただ、やっぱり実際に読んでみないと確信できないので、

ネットで調べたらすごい値段が付いてました。

漫画喫茶にはおそらくこんなマイナーな昔の漫画は無いでしょう。

一か八か買ってみて読んでみるか悩みどころです。

お礼日時:2011/04/02 18:27

いろいろな作品が出ていますね。


私がご質問のキーワードから連想したのは
石川賢の「聖魔伝」です。全3巻。

悪魔の子の姉と、神の子の弟。
美しい姉と醜い弟。
対立する立場にある2人の兄弟愛。

でも、ダイナミックプロなので
絵はJoJoよりデビルマンに近いかな?

新書判と、後から出たB6判、文庫もあります。

参考URL:http://www.mangazukan.com/2006/08/post_2483.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

たぶん違うと思いますが、これまた面白そうな漫画です。

永井豪の影響力ってすごいんですね。

お礼日時:2011/04/02 18:41

>超人的な力を持つ主人公がいて、後に同じように超人的な能力を持つ兄弟と戦う


内容だけだと
鈴木央「金剛番長」全12巻 週刊少年サンデー 2007-2010
だけど時期が合いませんね。

>世界観はデビルマンが近いでしょうか。
これだと既出の「凄ノ王」よりは「バイオレンスジャック」の方が近いですね。

後、近そうなのは
荒木飛呂彦「バオー来訪者」全2巻 週刊少年ジャンプ 1984-1985
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

金剛番長、バイオレンスジャック、両方ともたぶん違いますが、

面白そうですね。

特にバイオレンスジャックは読んでみたいと思いました。

お礼日時:2011/04/02 18:37

キーワードは年代が古め、線が太めのダイナミックな絵、超人的な力を持つ主人公とその兄弟、基本裸ですか。

で、永井豪みたいな世界観。

そうしますと、チャンピオンコミックスの「覚悟のススメ」じゃないでしょうかね。
ジョジョのように名セリフでも知られている作品ですし、私も昔とても好きでした。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%A6%9A%E6%82%9F% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

絵的に違うかと思います。

ただ、こちらはこちらで面白そうな漫画だなと気になる存在になりました。

お礼日時:2011/04/02 18:32

 「破壊王」と言えば「破壊王ノリタカ!」(原作:村田ひでお、漫画:刃森尊)という作品が、講談社の週刊少年マガジンに連載されていましたが、年代、巻数、絵柄、話のスケール、主人公の能力、等は全く共通点がありません。

(基本裸のような姿ではあります)

【参考URL】
 破壊王ノリタカ! - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A0%B4%E5%A3%8A% …


 後、「破壊魔定光」(作:中平正彦)という作品が集英社のウルトラジャンプに連載されていましたが、此方も巻数と年代が合いません。
 只、相手が平行宇宙(パラレルワールド)の自分自身である点は、相手が兄弟と勘違いされるかも知れませんし、主人公は予知能力者ですし、宇宙的スケールの話ではありました。

【参考URL】
 破壊魔定光 - Wikipedia
  http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A0%B4%E5%A3%8A% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!

両方とも違うようですね。

お礼日時:2011/04/02 18:17

永井豪 の 「凄ノ王」 ではないですか? 




http://www.ebookjapan.jp/ebj/title/8893.html

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%87%84%E3%83%8E% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!

読んでみないと分からないのですが、

絵のタッチが永井豪のような感じではなかったように思います。

ジョジョを古臭くしたような感じだったと記憶してます。

あとストーリーを見てみたのですが、学園モノではなかったと思います。

ただ、記憶が本当にあいまいなので

漫画喫茶に行った時に一応チェックしてみます。

お礼日時:2011/04/02 06:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパワーポイントのデザインの移動の仕方について

基本的なことですみません。

パワーポイントで、スライドのデザインがありますが、例えば、
あるスライドの題名の下に線などがあるようなデザインがありますが、それを少し上側に移動させるには、どうやって移動させればよいのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

デザインテンプレートをお使いの場合(全てのスライドに共通して表示される)は「スライドマスタ」または「マスタスライド」と言います。

「表示」メニューから「マスタ」→「スライドマスタ」をクリックするとスライドマスタの編集が可能になります。
変更したいオブジェクトをクリックすると選択できますので移動や削除・色の変更・変形などができます。

編集が終了したら「表示」→「標準」をクリックします。

ただし、通常は変更したスライドマスタはそのプレゼンテーションの全てのスライドに反映します。

Q70年代~80年代の女の子の日常が分かる漫画

70年代~80年代の女の子(中学生・高校生)の日常がよく分かる漫画はありますか?

はやっていた言葉、歌、人気のあった芸能人、ファッション、日常会話、
学校生活、放課後の過ごし方、その頃の女の子の部屋の様子、人気のある男性のタイプなど

その頃の女の子達がどんな事に興味があったか、
どんな日常を過ごしていたのかがよく分かる、面白い漫画を探しています。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

高口里純の「ロンタイBABY」かなあ。
設定が1974年、主人公のチャコとマコは栃木の女子高に通う17歳で不良。それぞれ暴走族の頭の兄と姉を持ち、どこに属さなくても何かと狙われる。
結構危ない橋を渡っているようですが、本人たちはいたって当時の女の子の感性そのまま。好きなテレビ番組のために早く家帰んなきゃとかアイドルの話題とか部屋とか普段着とか。まさか家の中でまで特攻服着てる訳ないし(^^;)
あと彼女たちが通っている高校は不良揃いですが、一般の生徒もいるし彼女らは普通に接していたりします。

1974年生まれの私としては、多分小さい時に聞いたと思う番組名とかが解ったりします。

Qlivedoor無料版の自作デザインは出来るのか?

中学生がライブドアの無料ブログを作ったのですが、
全体のデザインではなく
一番上の題名の所など、
自分のデザインを貼り付けたりできるのか
聞きたいです。よくオリジナルのを作成している人を見かけます。

あと、どんな物をつかってやるのか?
PHOTOSHOP、ファイアーワークスなどでしょうか?

どうやって貼り付けるのかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

1)管理画面で「ブログの設定/管理」「デザインの設定」で「カスタマイズ」を選択します。
2)デフォルトでは(つまりユーザーがテンプレート部分でID名を変更しなければ)、#bannerが表題部分になっているので、そこに好きな色や画像を設定してください。
参考URLはlivedoor blog用の自作テンプレートを配布しているサイトですが、このページでlivedoor blogの自作デザインの利用方法について記述されています。

画像を作成する場合にはPHOTOSHOP、ファイアーワークス、安いところでPaintshop Pro、無料だとPixiaやGIMPなどがあります。
http://www.vector.co.jp/vpack/filearea/win/art/graphics/edit/index.html

HTMLやCSSのリファレンスとしては「とほほのWWW入門」がおすすめです。
http://www.tohoho-web.com/www.htm

慣れない内は、提供されているデザインや無料配布されているデザインを利用して、慣れてきてから自作デザインを利用することをおすすめします。

CSS記述例としては、まず自作画像を「ブログの投稿」「画像のアップロード/管理」でアップロードし、そのURL(http://image.blog.livedoor.jp/(ユーザID)/imgs/○/○/○○○○.jpg)をコピーします。

均一に背景画像を並べたい場合は以下の通り
#banner {
background: url(http://image.blog.livedoor.jp/(ユーザID)/imgs/○/○/○○○○.jpg);
}

画像を一つだけ下部の右寄せで表示したい場合は
#banner {
background: url(http://image.blog.livedoor.jp/(ユーザID)/imgs/○/○/○○○○.jpg) no-repeat bottom right;
}
などとします。

参考URL:http://www.it-work.jp/web-designer/contents/faq/blog.htm

1)管理画面で「ブログの設定/管理」「デザインの設定」で「カスタマイズ」を選択します。
2)デフォルトでは(つまりユーザーがテンプレート部分でID名を変更しなければ)、#bannerが表題部分になっているので、そこに好きな色や画像を設定してください。
参考URLはlivedoor blog用の自作テンプレートを配布しているサイトですが、このページでlivedoor blogの自作デザインの利用方法について記述されています。

画像を作成する場合にはPHOTOSHOP、ファイアーワークス、安いところでPaintshop Pro、無料だとPi...続きを読む

Q少女漫画のタイトルを教えて下さい。多分70~80年代の古い漫画ですが、

少女漫画のタイトルを教えて下さい。多分70~80年代の古い漫画ですが、「ならかおる」という女の子がどこでもおならが出て困っているのを、主人公の女の子やその友達が解決する、などなどのいろんな短編漫画が載っている漫画です。

Aベストアンサー

懐かしいですね。
『ぽてとちゃんSOS』という漫画です。

Q観光&地理&美術デザインをすべて学べる大学・・・

こんにちは。高校生のものです。
進路決定に行き詰っておりまして・・
そんなわけで題名のとおり、観光&地理&美術デザインをすべて学べる大学を探しております・・(無いかもしれないけれど・・)
いずれか2つ(観光&美術、地理&美術など)でもかまいません。
よろしくお願いしますm(__)m

Aベストアンサー

すべてを学べる大学は、すべて中途半端に終わるんじゃないでしょうか?

 美術と他のものは無理でしょう。いろいろ欲張ると何も物にならないのでは?

 進路に迷うのはわかりますが、中途半端な選択は、中途半端な結果になると思いますので、がんばって自分の本当に目指す所を探してください。

Q70年代後半~80年代の少女漫画のタイトルが知りたいです。ララ・プリン

70年代後半~80年代の少女漫画のタイトルが知りたいです。ララ・プリンセス系のようにちょっとマニアックというか大人っぽいコミックだったのではないかと思いますが・・りぼん・なかよしのような明るい感じではなかったと思います。
ストーリーは最終回しか記憶にないのですが、超能力をもっていた主人公が戦いの末結局最後にその能力を使い果たす・・といった内容だったように感じます。曖昧すぎますが、心当たりの方お願いします。
主人公は男の子だったと思います。

Aベストアンサー

ぱっと思いついたのは、
萩尾望都「マージナル」
主人公の男の子は最後に能力を使い果たして亡くなります。
そして、氷に閉じ込められていた主人公のクローンがでてきて終わり、見たいな話ですが
(ネタバレせずに書こうと思うと難しいですね。)
舞台ははるか未来の男(または雄)しか生息できなくなった地球です。

竹宮恵子の「地球へ」
もそうだったような・・・(ちょっと記憶があいまい。かつ確認してません。)

なんか思い出そうとすると山のようにでてきそうなので、
舞台がどこ(地球?宇宙?)とか時代はいつ(現代?近未来?遠い未来?)とか
書かれたほうが絞り込みやすいと思います。

Q表計算・日本語ワープロ・文章デザイン・情報処理技能←らを詳しく説明されてる教科書を教えてください

題名通り
表計算・日本語ワープロ・文章デザイン・情報処理技能のことを詳しく載ってる教科書を教えてください。
実話日本情報処理検定協会から買った模擬問題集だけじゃわかんなかったので教科書を買ってがんばるとうと思っています

できれば一冊まるごと4種類の説明が載ってる教科書がいいですが
なかったら単体づつか2冊とかでもいいです。

よろしくおねがいします

Aベストアンサー

職業訓練校で使ったテキストは、「よくわかるトレーニングテキスト」
シリーズの「エクセル」と「ワード」でした。わかりやすかったです。
「文章デザイン」というのが、どういうことをするのかわかりませんが、ホームページビルダーで画面を4,5枚作った記憶はあります。
情報処理技能についても、受験しなかったので、わかりませんが、
MOUS試験というシリーズが、FOM出版からでています。
http://store.aoten.jp/shopbrand/007/Y/
http://www.nhk.or.jp/kokokoza/tv/jouhou/index.html
http://www.fom.fujitsu.com/goods/
http://www.geocities.jp/erigongongon/

Q昔、読んだ漫画なのですか、題名が思い出せません。たぶん、少女漫画だと思います。家(父)は芸能事務

昔、読んだ漫画なのですか、題名が思い出せません。たぶん、少女漫画だと思います。

家(父)は芸能事務所をやっていて、亡くなってしまった母は大女優か人気アイドル。母は凄い賞を取ることが夢で、それが確実だったけど、主人公を妊娠して、夢を諦めた。今、人気な男の子が同居していて、友達がその子の大ファン。

5、6年前だと思います。知っている人がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします^o^

Aベストアンサー

それは、ちゃおで掲載されていた、にじいろプリズムガールでは、ないでしょうか?
主役は、にじかちゃんで、
作者は、中原杏さんです!

Q2月6日放送「笑ってコラえて!」の宮川秀之氏とイタルデザインの関係

2月6日放送「笑ってコラえて!」の中の「ちょっと昔の旅」というコーナーで、1963年に輝いていた宮川秀之氏のことを取り上げていましたが、見た方はいらっしゃいますか?

「宮川秀之氏と奥さまのマリーザが、マリーザの両親の援助を得て『イタルデザイン』を立ち上げて、そこにジウジアーロが自分のデザインを持ち込み、宮川氏がジウジアーロの素質を見込み、ジウジアーロはそこ(イタルデザイン)で活躍した」

というような内容だったと思うのですが、ネットで検索したら、「ジウジアーロがイタルデザインを創設した」という内容ばかりで、宮川氏がイタルデザインを創設したという内容はおろか、宮川氏とイタルデザインの繋がりを示す内容も見つかりませんでした。
「ジウジアーロといえば宮川氏」という記事の題名だけは一つ見つかりましたが、それ以外は「イタルデザイン=ジウジアーロ」という内容のものばかりです。

番組内では、ジウジアーロが(一緒に働いていたことで)宮川氏のことを賞賛しているコメントもりましたが、コメント内容ははっきり覚えてません。

番組の内容が、私が解釈したストーリーで合っているのかどうか不安になってきました。
番組を見た方がいらっしゃったら、本当はどういう内容だったか教えてください。
また、イタルデザインとジウジアーロの関係に詳しい方のコメントもお待ちしております。
よろしくお願いします。

2月6日放送「笑ってコラえて!」の中の「ちょっと昔の旅」というコーナーで、1963年に輝いていた宮川秀之氏のことを取り上げていましたが、見た方はいらっしゃいますか?

「宮川秀之氏と奥さまのマリーザが、マリーザの両親の援助を得て『イタルデザイン』を立ち上げて、そこにジウジアーロが自分のデザインを持ち込み、宮川氏がジウジアーロの素質を見込み、ジウジアーロはそこ(イタルデザイン)で活躍した」

というような内容だったと思うのですが、ネットで検索したら、「ジウジアーロがイタルデザイン...続きを読む

Aベストアンサー

番組を視聴しておりVTRも取ってあったので確認しました。
番組内でのきっかけの記事は、『週刊現代 63年6月6日号』で見つけた
ようです。マリーザさんのお父さんは、自動車会社の重役です。
問題のジョルジェット・ジウジアーロ氏のコメントは、以下のとおりでした。

『仕事の面ではマリーザも宮川もとてもプロフェショナルだ人間としてね!
 私達は協力してすばらしい仕事をしてきました。
 マリーザは強い意志の持ち主でヒデユキは人間的にすばらしい
 しかも仕事が出来る。
 このカップルは本当に特別で価値があるカップルだよ。』

ちなみに設立した会社は『イタル・デザイン(Ital Styling)』でした。
ジウジアーロ氏のデザインに衝撃を受けたと答えており、彼のデザインを
プロデュースして世界に送りつづけたということでした。

世界的に見てもジョルジェット・ジウジアーロ氏が天才デザイナーであるが
ゆえに検索結果はそうなるのでしょう?
 日本車ではいすず自動車の「117クーペ」が有名ですが・・

日本テレビHPの番組も見ましたが、「笑ってコラえて!」はリンクして
ませんでした。_(._.)_
番組を見ている人は多くても、gooをウォッチしている人が少ないかも
また、ましてやVTRを取っている人はざらにはいないと思いますが?
なんで取っていたの?→TVおたくなので興味がある番組はとりあえず
取っていますが、見る時間が無くて・・(-_-;) トホホ

番組を視聴しておりVTRも取ってあったので確認しました。
番組内でのきっかけの記事は、『週刊現代 63年6月6日号』で見つけた
ようです。マリーザさんのお父さんは、自動車会社の重役です。
問題のジョルジェット・ジウジアーロ氏のコメントは、以下のとおりでした。

『仕事の面ではマリーザも宮川もとてもプロフェショナルだ人間としてね!
 私達は協力してすばらしい仕事をしてきました。
 マリーザは強い意志の持ち主でヒデユキは人間的にすばらしい
 しかも仕事が出来る。
 このカップ...続きを読む

Q昔(80年代頃)の、ある少女漫画を探しています。

1978生まれの私が小学生低学年頃?に見た漫画を探しています。

ほとんど断片的にしか覚えていませんので
該当するものを見つけるのは難しいかと思いますが、
思い当たるものがあれば列挙いただけると嬉しいです。

その漫画とは…

1.キャンディキャンディ(詳しく見た覚えはありませんが)
のような時代背景に似ていた気がする。

2.ヒロインの名前はおそらく「ウェンズディwednesday(水曜日)」
という響きに似ている。「ウェンディ」とか、そのような感じ。
漫画の中でヒロインが自分の名前の由来について話すくだりがあったように思う。

3.漫画の中で、唯一覚えているシーンについて。
ヒロインと男の子が、デート?をしているが、ヒロインは途中で靴ずれをおこしてしまう。
しまいに歩くのもひどくなったので、男の子が
「薬屋さんにいって塗り薬を買ってくるからここで待ってて」と
ヒロインを置いていってしまう…。そのとき!!

と、そこでたしか単行本の巻末で、
「~次回に続く~」という流れだった気がします。

私が知っている情報はこれだけです。すみません…。
今でもときどきそのシーンの続きが気になってしまうのです。
来年は私は三十路になってしまいます。

ちなみに参考になるかわかりませんが、
同時期に読んでいた漫画で記憶にあるのは
富塚真弓さんのリボンむすびのスニーカーでした。

どうか、よろしくお願いします!

1978生まれの私が小学生低学年頃?に見た漫画を探しています。

ほとんど断片的にしか覚えていませんので
該当するものを見つけるのは難しいかと思いますが、
思い当たるものがあれば列挙いただけると嬉しいです。

その漫画とは…

1.キャンディキャンディ(詳しく見た覚えはありませんが)
のような時代背景に似ていた気がする。

2.ヒロインの名前はおそらく「ウェンズディwednesday(水曜日)」
という響きに似ている。「ウェンディ」とか、そのような感じ。
漫画の中でヒロインが自分の名前の由...続きを読む

Aベストアンサー

赤石路代さんの「アルペンローゼ」ではありませんか?
1983年~1986年に「ちゃお」で連載されています。

1、時代は確か、第2次世界大戦頃かな。
ナチスドイツとか出てきて、主人公のお父さんは反ナチ運動をしていたとかそんな設定でした。

2、主人公の名前はジュディです。(確か、水曜日だか木曜日だかの意味で、記憶喪失になっていた主人公の為に、ヒーローの男の子ランディがつけてあげた名前です)

3、靴擦れかどうかは忘れましたが、ランディがジュディにちょっと待つように言っていくシーンは確かにありました。
確か、その後ジュディは馬車?に轢かれそうになった女の子を助けます。

コミックを持っているので、読み返せばもう少しはっきり回答できるのですが・・・。曖昧ですみません。
でも、曖昧ながらも間違いない気がします。
赤石路代さんの公式HPのURLを貼っておきますので、絵柄を参考にしてみてください。

参考URL:http://www.akaishi-michiyo.com/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報