ダウン症の子を出産するとき、母親に危険はないのですか。通常の出産と何か違いはあるのですか?

A 回答 (1件)

ダウン症は、染色体異常の病気ですので、母体自体にはとくに危険があるというわけではないのですが、高齢出産によるケースが多いため、リスクは高くなるかと思います。


あとは、ダウン症児の場合、生後まもなくなくなることもまれにありますので、あらかじめわかっている場合は、万全を期した設備のある場所での出産が望ましいかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ダウン症そのものではなくて、高齢出産によるリスクということですね。ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/28 07:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qダウン症の原因に関して

44歳男性です。現在、会社を退職して医療系の専門学校に行っています。

そこである学科のレポートの課題として、「染色体異常について」がテーマになり、
「ダウン症」について調べる事にしました。

なぜ、ダウン症にしたかというと、私自身、息子が自閉症であり、療育センター時代に
ダウン症のお子さんを持つ方もおられた事もあり、身近な事例でしたのでこの際に詳しく
勉強しようと思ったからです。

ただ、いくつかの文献をよんでも
・染色体の突然変異が原因である
・21番目の染色体が異常(トリソミー)である
・その他にも転座型やモザイク型がある
・合併症を持っている事が多い
程度の事しか書いておらず、その他はダウン症の子供とどう接していくのか、
ダウン症の子供との育児の記録等が大半でした。

そこで、
21番目の染色体がトリソミーになると、なぜダウン症になるのか。具体的には、
21番目の染色体に異常が生じると、どのような原因で身体に異常が生じるのか。

を知りたいのですが、図書館やネットで調べても、よくわかりません。

そこで、これらの事がよくわかる文献またはサイトをご存知の方がおられましたら、お教えください。

よろしくお願い致します

44歳男性です。現在、会社を退職して医療系の専門学校に行っています。

そこである学科のレポートの課題として、「染色体異常について」がテーマになり、
「ダウン症」について調べる事にしました。

なぜ、ダウン症にしたかというと、私自身、息子が自閉症であり、療育センター時代に
ダウン症のお子さんを持つ方もおられた事もあり、身近な事例でしたのでこの際に詳しく
勉強しようと思ったからです。

ただ、いくつかの文献をよんでも
・染色体の突然変異が原因である
・21番目の染色体が異常...続きを読む

Aベストアンサー

はじめまして。
私は知的障害者施設で働く介護福祉士です。
なのでダウン症の方と接する機会は多く、関係する本はいろいろと読んでいますが、21トリソミーだと何故、どんな秩序でダウン症に特徴的な症状が表れてくるのか、という部分にまで踏み込んだ本は見たことがありません。
ものすごく専門的な遺伝子学の本まで調べればどうか分かりませんが
あなたの学校の求められている「遺伝子異常について」のレポートは
そんなところまで求められているのでしょうか。
私は遺伝子学で大学院にでも行かれるのでなければ、そこまでの知識を求められているとは思えないのですが。
あなたの調べられた内容で充分なレポートが書けるのではないかと思います。
現在問題になっているのはダウン症の方の早期退行現象です。他の知的障害の方に比べ40代で認知症が進行しはじめ、てんかんが出現する(普通の認知症ではめったにてんかんは出ないがダウンの方は高い確率で出てきます)
ネットで通常調べられていることだけでは物足りないと思われるならぜひ、原因よりもこの方達の今後の問題を取り上げて考えていただければと思ったしだいです。
求めておられる回答になっていないのは分かっていますが、あえて回答させていただきました。

はじめまして。
私は知的障害者施設で働く介護福祉士です。
なのでダウン症の方と接する機会は多く、関係する本はいろいろと読んでいますが、21トリソミーだと何故、どんな秩序でダウン症に特徴的な症状が表れてくるのか、という部分にまで踏み込んだ本は見たことがありません。
ものすごく専門的な遺伝子学の本まで調べればどうか分かりませんが
あなたの学校の求められている「遺伝子異常について」のレポートは
そんなところまで求められているのでしょうか。
私は遺伝子学で大学院にでも行かれるので...続きを読む

Qダウン症

ダウン症の人を知的障害者と呼んだらいけないのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちわ。
昨日のTV番組を見てこういう質問が浮かんだのでしょうか?そういうきっかけからみんながダウン症について正確に知ることができたらいいです。

知的障害者と呼んではいけないのか?
ダウン症≠知的障害ですが、知的障害を重複しているダウン症の人は多いです。
ですから、「ダウン症の人は知的障害者」と言うのは間違っています。

では、知的障害者の人を「知的障害者」と呼んでいいのでしょうか?カテゴリー分けをする便宜上、そのように呼ばれますが、倫理上は良いとは思えません。

呼び名にこだわってしまうことは良い傾向とは思えません。大事なのはその人自身を知ること(もちろんそのひとにある障害の名称を知ることも、その人を知ることの一部のはずです)。
今後も理解を深めて、知らないがための拒絶などがなくなるようにお願いします。

Q計算値と実際値との差が生まれる原因は?

 よろしくおねがいします。
私はヒロセLIONでFXをしております。

 自分で計算した現在の損益と、実際に表示されている損益が一致しないのですがなぜでしょうか??

 自分が用いた損益の計算方法は以下の通りです。

[bit]x[lot]x[1000]-[評価レート]x[lot]x[1000]=現在の損益

ここにその時の上記に必要な情報を抜き取り掲載しました。
http://bodycraft.sakura.ne.jp/zissai.jpg

ここに書いてある情報を元に先ほどの計算式に当てはめると
損益は

[82.26]x[67]x[1000]-[86.43]x[67]x[1000]=[-279390]

になるはずです。

 ところが、実際に表示されている損益は

[-280020]です。

自分で計算した値[-279390]
表示されていた値[-280020]

この差[630]はどこからくるのでしょうか??

Aベストアンサー

どんな状況かを見るだけですから、そんなに細かくしたって意味がないと思いますよ。わずか0.x%の違いです。
正確に見るのであれば、取引ごとのポジション明細がどこかにあると思うのですが。

Qダウン症の歯科治療について

私は歯科衛生士として働いています。現在担当している17歳のダウン症の男の子についての相談です。

現在、歯科の診療室の雰囲気になれることを目標にだいたい週一回来てもらっています。はじめは待合室でも大声を出していましたが、少しずつ慣れて今はやっと治療イスにいやいやながら自分から座ってくれるようになりました。お母さんも指導員さんも気長に少しずつでも雰囲気に慣れ、治療イスに自分から座って、歯の治療用の機械の音や口の中をさわられることの感触に慣れてほしいと熱心に通ってきてくれています。私もその気持ちには応えたいと思っています。
でも、今までほとんど歯みがきができなかったことにより、歯石がたまりひどい口臭があり、この若さで永久歯もぐらついている歯が半分以上です。
障害者を対応してくれる歯科にも行ったことがあるそうですが、期待したような対応をしてもらえず行きたくないとおっしゃいます。専門外来を持っている大学の病院も勧めてみましたが遠方のため通院は不可能です。今後どう対応していったらいいのでしょうか。

Aベストアンサー

 今は暴れたり叫んだりとかは無いのですよね?特別な器具が要るほど特殊な体の障害もないんですね?

 でしたら質問者さんのとこで引き続き診てあげたらいいと思います。
 第一、保護者の方が遠まわしに「他のとこはいや。ここで診て」といっているように文面から感じます。

 ダウン症の方は時間はかかりますが、本当になれてしまえば健常者の方とほぼ同じ治療が可能なはずです。それまでが少し辛いですけど、根気よく慣れさせてあげてください。

Qダウン症は、生まれてすぐに分かるものでしょうか?

ダウン症は、生まれてすぐに分かるものでしょうか?
1ヶ月検診で何も言われなかったのに、その後発見されることもあるのでしょうか?

Aベストアンサー

ダウン症は染色体の異常で、およそ800人に一人の割合で発生します。

正常なヒトの場合ですと染色体は46本あるのですが、ダウン症では21番染色体が1本余分にあり、染色体が47本あるのです。
そのため遺伝子検査をすればはっきりと分かります。
逆に言うと、検査をしない限り確実なことは言えません。

ダウン症を疑う根拠として身体的特徴がありますが、その程度は様々ですので、赤ちゃんのうちは分からないことも多々あります。
不安なのでしたら遺伝子検査を受けてみてはどうでしょう。

Qダウン症の身体的特徴について

生後一ヶ月になる娘の事で質問させてください。

最近気になる事があります。
足の親指と人差し指の間が妙に広く、指の間から足の裏にかけて
深い皺があります。
ダウン症の親御さんのブログをみるとまったく同じ足をしており、
ネットで調べるとダウン症にある特徴と知りました。
他に照らし合わせてみると、頭がいびつ、首の皮が多い、
体が柔らかいというのが該当しております。

一ヶ月検診の時に小児科の先生に相談しましたが、
顔に特徴はでてないし、ダウン症の方ほど体に柔軟性も有るわけでもなく、
筋力が十分あるのでダウン症ではないと診断されました。

それでも、足の指の事が気に掛かってしまいます。
ダウン症でなくてもダウン症とまったく同じ足の指の特徴が現れる事が
あるのでしょうか?

Aベストアンサー

ダウン症を医師がそうではないと誤診する可能性はまず相当低いですよ。(ダウンの疑いと診断してダウンではないケースならまだわかりますが)
疑いがあれば検査すればすぐにわかる話ですから、そもそも検査する価値もないと判断したのであれば、その必要がないほどはっきりしているのでしょう。
なのでご質問者の杞憂に過ぎません。

赤ちゃんの育児で少し精神的に疲れているのではないですか?
もう少し心に余裕をもった方がよいので、ご主人の協力を得ながら気分転換などされてみてはどうでしょうか。
もしかして第一子ですか?

ちなみに、

>足の親指と人差し指の間が妙に広く、指の間から足の裏にかけて深い皺があります。
>他に照らし合わせてみると、頭がいびつ、首の皮が多い、

うちの息子もそうでしたね。生まれてからしばらくは皮は余っているのが普通ですよ。
(だから赤ちゃんはお猿さんに見られる)
まあ頭はきれいな丸ですけど(帝王切開だったし)。

あ、もちろん息子は今や小学生になり腕白な健康児です。
皮あまり状態は2~3ヶ月で解消していきますよ。

ダウン症を医師がそうではないと誤診する可能性はまず相当低いですよ。(ダウンの疑いと診断してダウンではないケースならまだわかりますが)
疑いがあれば検査すればすぐにわかる話ですから、そもそも検査する価値もないと判断したのであれば、その必要がないほどはっきりしているのでしょう。
なのでご質問者の杞憂に過ぎません。

赤ちゃんの育児で少し精神的に疲れているのではないですか?
もう少し心に余裕をもった方がよいので、ご主人の協力を得ながら気分転換などされてみてはどうでしょうか。
も...続きを読む

Q母親の年齢が高いと生まれる子供のリスクは高くなりますか?

生む母親の年齢が高いとダウン症の子供が生まれる確率が高くなると聞いたことがあります。
二人目出産でも同じようなことが言えるのでしょうか?
私のまわりには30歳過ぎている人がかなり多く、出産経験がありません。
比較的現代女性は晩婚で高齢出産傾向にあるとも聞いたことがあるのですが、そうなるとダウン症などの障害児が生まれる可能性が高くなるのかな?と思うときがあります。
どれくらいの確率で生まれるのでしょうか?
教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ダウン症を伴った出産の確率は参考URLに記載がありました。
ダウン症のリスクが高まる原因が、年齢を経る事による染色体の異常の蓄積という事であれば、二人目でも同じ事が言えるという事になります。
参考URLの記載に従えば、確かに35歳辺りを境に確率がグンと上昇しているように見えます。
しかし、これも参考URLの記載にあるように、数字上のマジックに幻惑されているだけという意見もあります。
即ち、年齢が上昇すればするほど出産をする人数は減る訳なので、確率を算出する際の分母が減ってしまいます。
仮に20歳で1000人の人が出産し1名ダウン症、40歳で100人の人が出産し、1名がダウン症だとして同じ1名なのに確率を計算すると、それぞれ 1/1000=0.1%、1/100=1%となってしまいます。即ち計算上は10倍リスクが高いように見えます・・が、分母が10倍も違うのに同一の土俵で比べてよいのでしょうか?もし比較するのであれば、40歳の出産者数も1000人として、その中で何人ダウン症だったのかという数値を見るべきなんじゃないだろうかという意見です。
事実、参考表では同じく出産数が少ない10代の方が20代よりもダウン症のリスクが高くなっていて、経年の染色体異常の蓄積という説明とは合わなくなっています。。
そのため、この確率が確かなのかはもう少し冷静に考えた方がよいのかもしれません。
とは言え、体力の低下などで高齢出産にリスクを伴う事は確かでしょうから、それなりに早いうちに産めるなら、それに越した事はないのでしょうが。。
あくまでも参考意見なので、専門家の意見を仰いだほうが良いと思いますけど。

参考URL:http://www.welcomebaby21.com/kourei.htm

ダウン症を伴った出産の確率は参考URLに記載がありました。
ダウン症のリスクが高まる原因が、年齢を経る事による染色体の異常の蓄積という事であれば、二人目でも同じ事が言えるという事になります。
参考URLの記載に従えば、確かに35歳辺りを境に確率がグンと上昇しているように見えます。
しかし、これも参考URLの記載にあるように、数字上のマジックに幻惑されているだけという意見もあります。
即ち、年齢が上昇すればするほど出産をする人数は減る訳なので、確率を算出する際の分母が減ってしまいます。...続きを読む

Qダウン症の疑いについて

現在34歳二人目妊娠中です。今日診察に行って今はもうすぐ13週目で赤ちゃんの身長は56mmです。特別身体には異常がないのですが、エコー写真で見ると赤ちゃんの首の部分の厚みが3.0mmあるのでダウン症の疑いがあるかもしれないと言われました。
一人目の時はそんな事は言われなかったので、すごく今は心配です。(一人目は異常がなかったから言われなかったのかもしれないけど。)でも先生は確実ではないし、気にしないで生んでしまう人もいると言っていました。ダウン症の検査には普通、血液検査と羊水検査をするという事は知っていたのですが、その前にこんな風にダウン症の疑いがあるかもしれないと言われる事ってあるんでしょうか?同じ様な経験のされた方、またはダウン症について詳しい方アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

 疑いを持たれて不安なのであれば、ご主人と相談をなさって、まずは、血清マーカー検査を受けることをお勧めします。
 これは通常の採血と同じなのでお腹のお子さんには影響を与えないといわれています。
 ただし、この検査は確定検査ではありませんので、その点は充分に理解してください。
 検査結果には、「ダウン症である推定確率」と「年齢固有の推定確率」が必ず返ってきます。
 この検査が行われる以前は、ダウン症である確率は年齢別に行われていましたが、体格など個人差を考慮していないため、精度としては良くありませんでした。しかし、血清マーカー検査は個人差を考慮してありますので、比較的精確です。
 ですが、あくまでも「推定確率」ですので、例えば「1/1000」と結果が返ってきても、「1000人に1人ダウン症の子どもが産まれてくる」という意味になります。
 その1人が自分に当てはまるかは、他の方が書いているように、羊水染色体検査か絨毛組織染色体検査といった「確定診断」をするまで判りません。
 ただ、この検査は採取する側の手技によって事故が起こる(針で胎児を傷つける)可能性がありますので、もし、ご家族の話し合いで検査をすることに決めたら、採取する側(医師)に何年採取をやっているか、年に何人採取しているかなどの質問をした方が良いですし、当然の権利です。これを嫌がるのでしたら、他の病院にいった方が良いでしょう。
 以上の検査の結果は必ず「患者控え」がありますので必ず受け取ってください。セカンドオピニオンを受けるときにきっと役に立つと思います。

 長文で読みづらいかと思いますが、最後に、これら検査は妊婦さんの不安を少しでも解消するように、また、心構えをつけるための道具です。
 うまく使いこなして下さい。
 

 疑いを持たれて不安なのであれば、ご主人と相談をなさって、まずは、血清マーカー検査を受けることをお勧めします。
 これは通常の採血と同じなのでお腹のお子さんには影響を与えないといわれています。
 ただし、この検査は確定検査ではありませんので、その点は充分に理解してください。
 検査結果には、「ダウン症である推定確率」と「年齢固有の推定確率」が必ず返ってきます。
 この検査が行われる以前は、ダウン症である確率は年齢別に行われていましたが、体格など個人差を考慮していないため、...続きを読む

Qダウン症について

私にはいとこが3人いて、その内2人のそれぞれの子供がダウン症で生まれてきました。
私にもダウン症の子供が生まれる確率が他の人より高いのではないかと心配になってしまいました。
詳しいことを知っている方お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

ダウン症候群(21トリソミー)は染色体異常ですけれど、染色体異常が起こる原因に二通りあります。
一つは、卵子の老化などで染色体の分離が上手く行かず受精時に偶発的に起こるもの。もう一つが遺伝的に相互転座やロバートソン転座等、染色体構造異常の保因者である場合です。
前者は高齢妊娠に多く、繰り返すことも血縁に反復して顕れることもありません。後者は血縁、同胞(兄弟)に繰り返し出現し、次代に引き継がれます。流産・死産が多く発生することも特徴です。
ご自身とご主人の染色体を調べれば(血液検査)異常の有無は判明しますが、判明しても治療法がありませんので、その点だけはよく理解した上で検査することが大事です。

Q障害年金とダウン症

 教えてください。
 ダウン症の25歳が親戚におります。

 障害年金の受け取りはできるのでしょうか?。
 知人、社労士の方はOKとの事。

 何方か詳しい方、ご指導下さい。

 以 上

Aベストアンサー

回答2を書いた者です。
回答4で的確なアドバイスをいただきましたので、回答2を補足させていただきます。
申し訳ありません。

ダウン症には高比率で知的障害を伴いますので、回答2での障害年金の件は、そのことを踏まえて記しました(知的障害を代表的な例として挙げました)。

しかし、ダウン症は、知的障害のほかにも、さまざまな合併症を伴います。
先天性心疾患、頸椎不安定性、著しい筋力低下(乳幼児のときのふにゃふにゃな状態を、特に「フロッピーインファント」と呼びます)、先天性眼科疾患(白内障、眼振、斜視、屈折異常[遠視など])、難聴、鎖肛、甲状腺機能障害、てんかんなどがよく知られています。
もちろん、これらすべてが合併するわけではありませんし、その程度もさまざまです。

障害年金では、ある「原因」(傷病)によって日常生活の困難性という「結果」(障害)がもたらされたとき、その「結果」が障害認定基準に該当するならば支給する、というしくみを採っています。

したがって、ダウン症という「原因」だけで判断されることはなく、「結果」としての知的障害なり心疾患なりの状態(合併症ひとつひとつの状態)が基準にあてはまっていなければいけません。
回答2はこのことを踏まえて書いたつもりでしたが、説明不足となってしまったようでしたら、ご容赦下さい。
 

回答2を書いた者です。
回答4で的確なアドバイスをいただきましたので、回答2を補足させていただきます。
申し訳ありません。

ダウン症には高比率で知的障害を伴いますので、回答2での障害年金の件は、そのことを踏まえて記しました(知的障害を代表的な例として挙げました)。

しかし、ダウン症は、知的障害のほかにも、さまざまな合併症を伴います。
先天性心疾患、頸椎不安定性、著しい筋力低下(乳幼児のときのふにゃふにゃな状態を、特に「フロッピーインファント」と呼びます)、先天性眼科疾患(白内...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報