NTT-X Store d払いご利用でdポイントが貯まる使える!

質問よろしくお願いします。

エプソンプリンター使用です。

インクジェットの場合、プリンタウインドウでは空の表示のインクでも、
サードパーティの詰め替えキットについているリセッターでリセットをすると、
その後も結構使えることが分かりました。
(このことを考えると、インク残量は本当になくなった表示ではないと予想しました)

そこでレーザープリンターについても素朴な疑問が出ました。

最近のインクジェットやレーザープリンターは、結構残量表示がついていますが、
これらは、本当にインクやトナーの残量を感知しているのか、
単に印刷枚数でカウントしているのか?ということです。

職場で利用しているコピー機はリースのため、使用トナーの量にかかわらず、
1枚いくらの計算。

今まで、文字数の少ないものは、トナー消費が少ないため、
レーザープリンターで印刷した方が遙かに安いと思っていましたが、
もしも、文字数にかかわらず、コピーと同じ、1枚ずつのカウントで、
印刷可能枚数まで行った段階で終わりとなると、一概にコピーが高いとは言えなくなります。

なお、詰め替えインクを利用した場合の故障の危険性など自己責任は承知済みです。

要は、印刷枚数や文字数などの条件が同じ場合、
ランニングコストは、コピーが安いのかレーザーが安いのかということです。

よろしくお願い申し上げます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

プリンタの修理屋です。



一般的にインクジェットプリンタの残量の検知は、印刷数、クリーニングの回数をカウントして、計算しています。(ドットカウンタ方式と言います)

ですから、本当にインクタンク内部の残量を検知しているわけではないというのは正解。
ただ、キヤノンの独立インクの機種は光センサを使って、一定の残量になくと検知するシステムがあり、何らかの事情でインクが漏れ出してドットカウンタに狂いが出ても、故障する前に警告を出してくれます。

レーザープリンタに関しても大きな差はないのですが、リニアな残量検知は不可能です。
表示を出しているものは、たいてい印刷数などから計算をした目安です。
ただ、残量警告の出るレーザープリンタ(コピー機も)はいくつかの方式で、規定残量(交換警告)の検知は行っています。
ローグレードの機種になると、こういった機能はなく、「かすれたら交換してね」というスタイルです。


ひとつ誤解があるのは、「職場で利用しているコピー機はリースのため、使用トナーの量にかかわらず、
1枚いくらの計算。」というところ、多くの場合はリース料ではなく保守契約料のはずです。
大きなコピー機の場合、保守契約は不可欠な場合が多いです。
そういう機械は機種によって保守契約の方式も決まっています。
ヘビーな使い方を想定している機種では、枚数に応じたチャージということは普通にあります。
使い込めば故障の頻度も上がりますので単価が上がるけど、使用量が少なければ安上がり。
言葉の上だけかも知れませんけど合理性はあります。


リースというのは機械の代金そのものの支払い方法ですから、お金の支払先は異なるはずです。

ただ、メンテナンス料を含むリースということもあるので、話がややこしくなってきます。


で、肝心のコスト計算ですけど、普通のレーザープリンタやインクジェットプリンタでは保守契約など入る人もいませんので、安くなることが多いだろうとは思います。
その機械で事足りる作業であれば、そのほうが良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

保守契約の部分、確か、私が聞いたところでは、
故障などは部品のみ実費。

紙もこちらの負担で、1枚いくらという費用を支払うという物だったと思います。
(通常の保守とは異なると思います)

おそらく、そういう機械などで事足りる所ですので、
レーザープリンターの方が目先のことだけ考えれば安そうですね。

詳しい解説、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/04 03:06

今のプリンターだと枚数カウントや印刷量でのカウントで


残量エラーですね。
純粋にインク残量を計測しているのは大型の機械を除いて無いでしょう。

ちなみに完全に無くなる前にエラーにするのはヘッドの保護もあります。
(インクの無い状態のカラ打ちはヘッドを痛める原因なので)

あと大型の複合機のカウンタ契約ですが
通常のプリンタのトナーは保守費用を含んでいません。
詰め替えトナーはトラブルが多いですし
定期交換部品(転写ベルトや定着器)の費用は含まれてません。

なのでプリンタを買って定期交換部品の交換をしない様な少量なら
いいかもしれませんが、それなりに使う場合はその費用も考慮しないと
いけません。
カウンタ契約ではこれらの費用を含んでいます。
なので自分の使用量で必要なコストを計算して考えてください。
(某5年保証のレーザープリンタも定期交換部品は別料金です)


私の会社では月間1万枚程度の使用量ですが
複合機のカウンタ契約の方がコストが半分位になったので
カートリッジ式のプリンタは全廃しました。
修理が早い、多少の傷、ムラでもすぐに呼んで修理可能など
メリットの方が多いです。
色んなメーカ呼んで合見積取ってコストを計算すると良いです。
結果、どっちの方が維持費が安くなるか(リース料なども含めて)
見るといいです。

カートリッジ式のプリンタのランニング確認はトナー交換の度に
印刷枚数を記録して1枚当たりのランニングを見ます。
安いリサイクルトナーが意外とランニングが高くつく事も・・・・
(純正と比べて著しく枚数が少ないって事も)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

最近のモノクロレーザーは本体が安く、
どちらかというと、純正トナーで儲けるのかと思う程、純正トナーは高いです。

が、保障のあるリサイクルトナーだと格安です。

ということで、プリンタ本体はある意味消耗品。壊れたり修理になったら買い換えた方が
コスト的には安いようです。

リサイクルトナーも数社使って、トラブルや枚数の誤差の少ない物を選んで利用しています。

やはり、そうでもレーザーの方が安そうですね。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/04 03:03

再生トナーカートリッジを使用する条件でしたら、レーザーの方が安いです。

モノクロならです。

コピー機はよく故障するので、パフォーマンス契約の中にある保守契約で修理してもらうことができるので、その分高めですよ。その代わり、トナー代と修理代はかかりません。
パフォーマンス契約・・・カウント料をメーカーの販売会社に支払う契約
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

現在、コピーについて保守契約は少し例外的で、機械の自然故障については、部品代のみ実費という
内容になっていたと思います。

なので、保守などは別途で考えた場合となりますが、
カウント枚数でいくらなので、やはりレーザーの方が安そうですね。

お礼日時:2011/04/04 03:00

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qbrotherのプリンタのトナー認識がおかしい

brotherのHL-5250(レーザプリンタ)を使用しているのですが、このプリンタはトナーの残量を自動的に調べているらしく、使用が重なるとトナー交換用のランプを点灯して、印刷しなくなります。
相談したいのは、このトナー交換はどこで認識しているのかということと、無理やりでもいいので印刷を強行できないのかということです。

今回の質問に当たって、現在トナーのランプが点灯しているのですが、トナーは新品を取り換えたばかり、印刷は100枚以下で、トナーを振ったりたたいたり内部の掃除をしたりすると、たまーに印刷できたりするのですが、次の日にはやっぱりトナー切れのランプ・・・と言った具合で、非常に困っています。

不良品だとかメーカーに交換を頼め、というご意見が来そうなのですが、できればトナーの残量表示をどうにかできる方法を教えていただきたいと思っております。また、直接的なものでなくとも、同じような症状を体験したことのある方のご意見をお待ちしています。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

トナーの型番はTN-37Jですね。
同じトナーを使う複合機を使っていますが、
5%印字で7000枚持つトナーですから、100枚で切れるのはおかしいです。
とりあえず今回は何もせず、トナーを購入した販売店にクレーム交換を要求した方が賢明でしょう。
残量表示ですが、トナーカートリッジの両側に透明な部分がありますよね。そこから光学的に検知しているようです。
そこを何かで塞げば、検知できなくなるような気がしますが、一度トナー切れと判断されると、交換しないとダメみたいです。
やってみるなら検知される前に細工すれば、かすれるまで使えるかもしれません。
この機種の良いところは、ドラムカートリッジは交換の警告が出ても、使い続けることができます。6万枚くらい印刷したら、明らかに画質が悪くなったので、さすがに交換しましたけどね。

Qレーザープリンタのトナーの粉を入手する方法はありませんか?

レーザープリンタに使われているトナーの粉だけを入手することはできないんでしょうか?
もしかして、自分で粉を入れたりすると、カートリッジが壊れたりしてしまうのでしょうか?
もしできれば自分でリサイクルして使いたいんですが。
販売しているようなところ、もしくは業者さんがわかれば、ぜひ教えてください。

Aベストアンサー

当方、レーザープリンタの修理の仕事をしております。
トナーの粉は一見全部同じように見えても、電気的特性、温度特性、粒子の大きさ等、機種ごとに違う特性を持っております。プリンタが壊れてしまう可能性が高いので純正品を使うことをおすすめします

Qカラーレーザーで、どこまでトナー交換しないで使えますか。どうぞよろしくお願いします。

エプソンのカラーレーザーのオフィリオLP-9000Cを使用しています。先日より、エラーメッセージとして「トナーがなくなりました。次の新しいETカートリッジと交換してください」と出ます。それでも、印刷可ボタンを押すと、普段と変わりなく刷れます。取説によると、緊急の場合のみの対応で、とりあえずは刷ることができるようなことを書いてありました。その後、何十枚かするごとに同様のメッセージが出ますが、無視して印刷可ボタンを押して、印刷を続けております。たまに印刷結果が悪いことがありますが、まずまずの結果で印刷できております。しかし、いつまでこの状態を続けていいのか不安になります。トナーが高いので、できる限り使おうと考えてのことですが、そのことによって機械の部品が傷む事はないだろうか、かえって高いものにつかないだろうか。などと心配しております。ただ、単に印刷の色が薄くなっていって、これは本当に交換しないといけないなと言うような状態になってくれればいいのですが。その前に故障してしまったりしたらどうしようと思います。どうか良きアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

コピー店に勤務しています。
機械屋ではないので、自信を持って「はい!」とは言い切りませんが、どんなレーザープリンタでも、いつも無視してトナーがなくなって本当に刷れなくなるまで使ってます。そんなことで壊れるなんて話は聞いたことはないです。大体のプリンタがトナー切れのランプが光ってから相当な枚数が刷れますよね。

Q▲△帳簿に書く時どっちがマイナスでしたっけ?

▲と△ですが、どっちがプラスかマイナスか教えてください。

Aベストアンサー

マイナスを表記するときだけ、△を使うケースがあります。確定申告書がそうです。
どちらか一方の場合は、プラスには無表記、マイナスには△か▲、両方使うときはプラスで△、マイナスで▲でしょうか。

Qエクセル STDEVとSTDEVPの違い

エクセルの統計関数で標準偏差を求める時、STDEVとSTDEVPがあります。両者の違いが良くわかりません。
宜しかったら、恐縮ですが、以下の具体例で、『噛み砕いて』教えて下さい。
(例)
セルA1~A13に1~13の数字を入力、平均値=7、STDEVでは3.89444、STDEVPでは3.741657となります。
また、平均値7と各数字の差を取り、それを2乗し、総和を取る(182)、これをデータの個数13で割る(14)、この平方根を取ると3.741657となります。
では、STDEVとSTDEVPの違いは何なのでしょうか?統計のことは疎く、お手数ですが、サルにもわかるようご教授頂きたく、お願い致します。

Aベストアンサー

データが母集団そのものからとったか、標本データかで違います。また母集団そのものだったとしても(例えばクラス全員というような)、その背景にさらならる母集団(例えば学年全体)を想定して比較するような時もありますので、その場合は標本となります。
で標本データの時はSTDEVを使って、母集団の時はSTDEVPをつかうことになります。
公式の違いは分母がn-1(STDEV)かn(STDEVP)かの違いしかありません。まぁ感覚的に理解するなら、分母がn-1になるということはそれだけ結果が大きくなるわけで、つまりそれだけのりしろを多くもって推測に当たるというようなことになります。
AとBの違いがあるかないかという推測をする時、通常は標本同士の検証になるわけですので、偏差を余裕をもってわざとちょっと大きめに見るということで、それだけ確証の度合いを上げるというわけです。

Qトナーカートリッジを直接買える販売店を探しています。

レーザープリンターのトナーカートリッジ(トナーマガジン)を通販でなく、直接店頭で買えるお店を東京か神奈川で探しています。ストック切れや在庫が不具合を出した場合、即必要な時に対処したいのです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

機種にもよりますが、CanonやEPSONなどの、人気があって
よく使われている機種のものであれば、大型家電量販店
(ヤマダ電機・ベスト電器などなど)
などの大きめの規模の店舗で取り扱っていることが多いですね。
ただし、お店により取り扱いがあったりなかったりするので
事前に確認しておく必要はあります。
逆に言えば、通常の取り扱い・在庫がなければ、注文して取り寄せ
してもらうしかなくなります。

また、会社で取引のある事務機屋などで、必ず買ってくれるということが
わかっている場合だと、最低限のストックはしてくれる場合もあります。
ただし、この場合価格は定価で納品されると思います。

でも、価格を抑えたい・緊急時に対応したいのであれば
一回分を余分に自分でストックするのが一番です。

Qwindows modules installer worker って何?

WIN8.1 IE11を利用してます。
別にPC重くはないのですが、タスクマネージャーを見たら

windows modules installer worker

とゆうのが、やたらとCPU使用率を使ってるので(50%くらい)
ちょっと心配です。いったいこれは何でしょう? そしてどうしたらいいのでしょう?
誰か教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

windows modules installer workerはWindows8/8.1以降に追加されたプログラムで、
Windows Update後に不要ファイルを削除するためのプログラムです。
環境によってはCPUパワーやメモリをかなり消費することもありますが、時間が経てば静かになるので
タスクキルはしないでそのままにしておいてください。


人気Q&Aランキング