個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

昨今のデジタル一眼も動画撮影できますよね。
ビデオもDVからカードやHDDなどに置き換わって高解像度になってます。

この2者の大きな違いはなんでしょうか?


デジイチを新しく購入しようというつもりは無いのですが
この先、両者はどういった方向に進んでいくのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

高画質になったのは、スタンダード画質(640×480Pixel)から、ハイビジョン画質(1280×720Pixel)やフルハイビジョン画質(1920×1080Pixel)主体に移行した為で、記録媒体とは関係ありません。



ビデオカメラは、1フレームを奇数と偶数の走査線に分けてスキャンするインターレーススキャン方式。
デジタルカメラの動画は、順次スキャンのプログレッシブスキャン方式。
同じ、30フレーム/秒(正確には29.97フレーム)でも、インターレーススキャン方式の方が動きはスムーズに見えます。

ビデオカメラは、AFや電動ズームが得意。
デジ一のAFは、今だイマイチ。マニュアルフォーカスに頼らざるを得ませんが、ビデオでは困難な、35mm判センサーでないと得らない浅い被写界深度や超広角のパースは、新しい映像表現の世界を切り開きつつあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

基本仕様が異なるのですね。

詳しい説明ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/04 15:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング