マンガでよめる痔のこと・薬のこと

実父(63歳)が前頭側頭葉型認知症(ピック病)と診断されました。
現在は無職で、歩行も困難になってきて、症状も悪化し、要介護3です。

仕事をしながら介護をしていた母も限界にきて、先日退職しました。

よって今後は父のわずかな国民年金しか収入がなくなり、ほんのわずかな貯金がなくなると生活保護をもらっていきていかなければなりません。

しかし、以前父は農業の仕事をしていたため、今は使われていない畑が300坪ほどあります。
認知症と診断されたときに、不動産屋に売却の相談に行きましたが、本人が認知症であるために売却の意思が維持できるか(いざ売買手続きとなっても、「やっぱり売らない」と言いだすのではないか)と、本気で取り合ってはくれませんでした。

この土地がある為に、生活保護を受給出来ない、売ることもできないのなら・・・と、土地の名義を長男(私の弟)に変えるよう母が話をしたのですが、弟も自分に税金がかかる事を理由に断ってきたそうです。

このような場合、どうしたらよいでしょうか?
最後の手段として、土地を物納することも考えています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

まずお父様に今ある現状、その先の予想を話すことから始めましたでしょうか?認知症は、判断能力が皆無になることとは違います。

次に並行して、土地の名義変更が可能になったと仮定して、不動産屋が本気で取引してくれるのか?その真意を聞きましょう。本気で取引してくれるなら、質問者様かお母様に名義変更すればよいでしょう。
問題は土地処分ではなく、生活保護対象となるか否かです。まず基本的に年金受給者は生活保護の対象になりません。しかしながら、ある事情で生活費が足りない場合は、足り無い分を扶助してくれます。問題は次です。お父様の貯金額(ほぼ一万円未満より上)はありますか?近親者の財産や補助が少しでも出来るならば、生活保護は不可能となります。そこら辺は市が調査するのでワーカーの判断を待つよりありません。しかしながら、高額の医療費がかかる場合や介護費用が足り無い分は医療券や介護券を発行してくれる可能性はあります。そこはワーカーと相談して下さい。生活保護の申請時には財産申告をしますが、土地があるから必ずしも不可能とかではなく、生活が出来るか否かなのです。土地の処分が必要かいなかも聞くと良いでしょう。
ちなみに後継人制度には、場合によって結構な費用がかかりますし、家族がいれば必要ないと思います。
    • good
    • 0

土地の物納というのは、相続税が発生した時に税金の代わりに物納できる場合はありますが、処分できない土地だからと言って物納などはできません。


認知症の方が不動産を処分する際に意思能力の問題はたしかにあります。意思能力の問題については「成年後見制度」というのがあります。後見人を選定してその人が認知症の方の財産の管理などをする制度です。

ところで、その300坪の畑というのは物件としてどうなんでしょうか?売れそうな物件なんでしょうか?不動産屋は意思能力の問題だけではなく、売れずに困るような物件だから断った、という事はありませんか?逆にすぐに売れそうな物件なら不動産屋も何とかしようとすると思いますけどね。

なかなか売れそうにない物件なら、身内や知り合いで安くても引き取ってくれる人を探す事はできませんか?
    • good
    • 0

成年後見人になって、土地を売却できませんか?


成年後見人制度については検索してみて下さい。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q生活保護を受けてるのに土地の権利を持っている

私の彼女には20年程前から絶縁状態になっている母親がいるのですが、その母親は現在、生活保護を受けているそうです。しかし、どういうわけか母親は亡くなった祖母の土地を相続しており、現在その土地には私の彼女の兄弟が管理しているアパートが建っています。
最近、アパートの老朽化が原因で建替えの話があるそうなのですが、
土地の名義が生活保護を受けている母親なので、建替えにかかる融資が受けられず、土地の名義変更をして欲しいという相談がありました。
土地という資産を持ちながら生活保護を受けていた母親は生活保護を打ち切られてしまうのでしょうか?
また、名義を私の彼女(又は、彼女の兄弟)に変更した場合、母親の生活保護はどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

>私の彼女の兄弟が管理しているアパートが建っています。
これはその兄弟が所有しているものなのでしょうか。
仮にその前提で考えて見ます。

まず生活保護法では確かに保護を受ける人の資力を最大限活用することが前提条件ですが、母の所有している土地が現実に売却できないような土地(賃貸住宅が建っていて、土地だけであると売却は困難)ですと、事実上資産価値はないのでご質問のような状態になることは考えられます。

>土地の名義が生活保護を受けている母親なので、建替えにかかる融資が受けられず
これは恐らく銀行は土地所有者を連帯保証人にしたいということから、その保証人が生活保護を受けていては融資が出来ないということだろうと思います。
ただ金融機関によっては物上保証人でもよいというところがあるかもしれませんので、そういうところがないか探してみるのも一つの方法です。

ただ、これまでの賃貸にしても、これからの賃貸にしても収益があるのであれば、そのうち母が土地を提供しているのだからその分の地代は母に対して支払うべきという話があってもおかしくありません。
逆に言うとその賃貸分だけ生活保護費を削減するという話も考えられます。

>土地の名義変更をして欲しいという相談がありました。
まず単に名義を変更するという行為は存在しません。売買なのか贈与なのか相続なのか、何らかの原因が必要になります。一番良いのは母からその土地を購入することです。

これであれば、一時的に母は収入を得るので、それが尽きるまではまた生活保護を取りやめ、なくなったらまた生活保護に戻るということになります。

>また、名義を私の彼女(又は、彼女の兄弟)に変更した場合
もし売買ではなく単なる贈与だとすると、役所は黙っていないと思いますよ。その分売買があったとして生活保護費をその分カットして、代りに彼女なり贈与を受けた人に対して支払いを求めてくる可能性があります。

>私の彼女の兄弟が管理しているアパートが建っています。
これはその兄弟が所有しているものなのでしょうか。
仮にその前提で考えて見ます。

まず生活保護法では確かに保護を受ける人の資力を最大限活用することが前提条件ですが、母の所有している土地が現実に売却できないような土地(賃貸住宅が建っていて、土地だけであると売却は困難)ですと、事実上資産価値はないのでご質問のような状態になることは考えられます。

>土地の名義が生活保護を受けている母親なので、建替えにかかる融資が受けられず
...続きを読む


人気Q&Aランキング