アメリカはなぜ今、経済が活性化しているのですか
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ぼくは外資系コンサルタント会社に勤めていて、ご質問の経過を目の当たりにしてきました。

ちゃんと応えておりますと膨大な文章になりますので、簡潔にお応えしますが、もし分かりづらいところがありましたら、補足に書いて下さい。

1)会社も国家も、活性化する要因の一つは危機感です。
アメリカは80年代に日本に肉迫され、おおいに危機感をもち、日本がなぜものを安く作れるか、なぜ商品が壊れないどころか品質も良いのかを、徹底的に研究しました。
そして、その基本が、TQC、カンバンシステムなど、いろいろのプロセス技術にあることを学んだのです。たとえばフォード社は、50数名の経営幹部を、北海道から九州まで派遣し、学習させたと言います。つまり製品作りだけでなく、部品作りまで勉強したわけです。最後にはマサツセッチュ工科大学(MIT)がプロジェクトチームを編成し、日本を勉強しました。これは、『Made in America』(思草社)という本にまとめられています。そして、「リエンジニアリング」(『リエンジニアリング革命』日経)という方法論をつくりあげました。(これは”リストラ”のようなものと解釈していただいて結構です。)

2)90年代に入り、日本がバブル崩壊に悩み始めた頃、アメリカは、リエンジニアリングを脱して、次の挑戦を始めました。それはIT革命です。インテルやマイクロソフトやヤフーといった会社が、革新を起こし始めたのです。いまこそバブルだったとか何とか言われてますが、それは日本のマスコミや、1部の米国マスコミが言っていることで、本質論者は、そんなことは言っていません。アメリカは変わっているのです。これはアメリカが「イノベーション」を起こしているからです。昨日も、権威あるAcademy od Managementからe-mailが入り、Innovation is increasingly acknowledged as essential for value creation in modern business.から始まる一文を載せてます。日本はこのイノベーションに劣等感を持っています。つまりアメリカ追従主義です。

3)さてアメリカはなぜこういうことができるのでしょうか?これは難しい問いですが、ぼくはこう思っています。
(1)国がまだ若く、フロンティア精神やアメリカン・ドリームといった文化がまだ生きている。
(2)自分たちは世界のリーダーであるという、自尊心を持っている。
(3)イノベーションを支える、すぐれた教育システムを持っている。
(4)市場主義が徹底しており、競争が激しい反面、失敗してもやり直す機会や、社会が容認する文化がある。
(5)異質人種がぶつかり合っており、そのスパークによって、新しいアイデアが生まれやすい。

以上ですが、如何でしょう?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。とても分かりやすかったです。これからも、たびたび質問があるとおもいますが、その時はもしorimotoさんが良ければよろしくお願いします。本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/04/22 13:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q地方経済活性化による日本経済の影響

はじめまして

僕の家の近くには商店街があります。しかしそこは半分ぐらいの店がシャッターを降ろしています。小さいころからお世話になっている店もあります。なので将来税理士になって事務所を建て助けたいです。

私がこれをすることによって地方経済は活性化されますか?そして活性化されれば日本経済全体の影響はでうなりますか?

文章能力低いのに最後まで読んでいただきありがとうございます。わかる方教えてもらってよろしいですか?

お願いします

Aベストアンサー

地元を助けたいと思うお気持ち、立派ですね。しかし、貴方が税理士さんになられても、街は活性化しないですし、貴方の地元を救うことは出来ないかと思います。
地方の街が潤うのには、観光とか、企業誘致など、人口の増加が不可欠ですね。仕事があれば人は来ます。人が集まれば経済が発展します。
こういうメカニズムが回るような政策が大切です。

Q【日本はあと30年今の状態を耐えたらまた日本経済は回復する?】 今の日本経済の悪化は少子化の所為では

【日本はあと30年今の状態を耐えたらまた日本経済は回復する?】


今の日本経済の悪化は少子化の所為ではなく高齢者が大量発生しているのが原因であるということは団塊ジュニア世代が全員死ねば日本は総人口が減るものの高齢者負担も減るので日本経済はあと30年持ちこたえれば財政難でデフォルトすることは免れるという結論に達して借金をあと30年間出来る状況を作り出しておけばあとは借金が幾ら膨れようが何とかなるという方向で政治を回していくことになった。

あと30年間日本経済が倒れなければ日本経済の復活はあり得るというシナリオの元に政治をやれば日本復活は実現出来るのか教えてください。

このシナリオだと30年持たずにコケますか?

国が会社の株を支えて30年間を耐えきる作戦吉と出ると思いますか?

国が買い支えてもコケていく会社はどうすることも出来ないのが東芝を見ていれば分かりますが。

Aベストアンサー

http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2012/zenbun/s1_1_1_02.html

そんな単純なモノでもなさそうですね。
30年では足りないかな?

2060年頃は、人口が 2/3 になる割には、60歳以上の人口がさほど変わっていません。
つまり、60歳までの人口が 2/3 になる感じに予想されていますね。

人口が減っていく中で何もしなければ、出生率が上がることはあまり考えられないです。
景気が良くなる理由が無い中で、子供を作る余裕が無くなっていったり、子供に苦労させてまで・・・と思う人も増えたりと、ネガティブな方向性にしか向く要素が無いですね。

何もしなければ、何も無ければ、2060年以降何十年かすれば、人口ピラミッドは単純な筒状になり、人口ももう少し減って、全世代の人口が一律に近づくかも知れませんね。


30年も40年も先になれば、世界で何が起こるか予想は出来ませんから・・・
「いずれは、人口が半分ぐらいになって、全世代の人口が平均してくる・・・」、それでも楽観論かも知れません。

じわじわ経済規模が縮小していますから・・・
そして、2060年でも、人口比で単純に経済規模を予想すれば、そのときでもじわじわ減っていくようなグラフになっています・・・

もっと出生率が下がることはあっても、上がる理由が無いですから。
このグラフのように出生率が保てているかどうかも、若干怪しいですしね。



一旦経済成長が世界で落ち着いた後、日本は高齢化で人口が減り、経済がじわじわ沈んでいく。
昭和のような爆発的な経済発展や人口増加が、起きる理由も無いんですよね。
国際社会で老朽化した日本は、世界の中でどうなっているんでしょうね?
未来世代への借金はどうなるのか。
核廃棄物なんかもどうするんでしょうね。

いや、若い人、老人のヤリ散らかした政治の尻ぬぐいばかりだな。
ますます子供を産みたくなくなるかも。

http://www8.cao.go.jp/kourei/whitepaper/w-2012/zenbun/s1_1_1_02.html

そんな単純なモノでもなさそうですね。
30年では足りないかな?

2060年頃は、人口が 2/3 になる割には、60歳以上の人口がさほど変わっていません。
つまり、60歳までの人口が 2/3 になる感じに予想されていますね。

人口が減っていく中で何もしなければ、出生率が上がることはあまり考えられないです。
景気が良くなる理由が無い中で、子供を作る余裕が無くなっていったり、子供に苦労させてまで・・・と思う人も増えたりと、ネガテ...続きを読む

Qアメリカの経済でなぜ日本経済がおかしくなるの?

質問です。
アメリカの経済が毎日ニュースでされてるのを見て、
どうしてアメリカのことが日本の経済に悪い事なのかよく分かりません。
先生に聞いても、いまいちピンとしませんでした。
どなたか教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

今日は。
他の回答は少し難しそうなので簡単に書きますね。
日本の産業形態は。
材料(鉄鉱石、石油など)を外国から買います(輸入)、それを日本国
内で加工し製品(車、電気製品など)にします。
それを今度は外国に売ります(輸出)。
その売り先がアメリカなどの国なのです。
だから、アメリカにお金がなくなれば、日本の製品を買ってくれません
そうすると当然、日本の会社も作っても売れないので困る訳です。

Qなんで、経済大国アメリカと、勝てる見込みがないのに、戦争したんですか詳しい方、お願いします。

なんで、経済大国アメリカと、勝てる見込みがないのに、戦争したんですか詳しい方、お願いします。

Aベストアンサー

当時の米国は、1930年に続く大不況の真っ只中でした。
GDPは1/2に、株価は1/10に落ち、国民の1/4が
失業し、あちこちで暴動が発生していました。
ルーズベルトは、ニューデールなどの政策を打ちましたが効果は
はっきりしません。
それでどうしても戦争をやる必要があったのです。
戦争は最大の公共事業ですから。その証拠に戦後、米国
経済は見事な復活を遂げています。

これは私の偏見ではありません。
米国歴史学の権威チャールズ・A・ビーアド元コロンビア大教授は
公文書を調べて、ルーズベルトが巧妙に日本を戦争に引きづり込んだ
過程を明らかにした本を出版しましたが、これは事実上の発禁処分
にされてしまいました。

31代米国大統領のフーバーが、ルーズベルトを、
日本を無理矢理戦争に
引きづり込んだ狂気の男、と評した書見を残しています。
彼は、ルーズベルトは真珠湾を知っていた、とも書き残しています。

マッカーサーは戦後、あの戦争は日本の自衛戦争であったと
米国議会で証言しています。

ハルノートのハルは、真珠湾攻撃を耳にして躍り上がって
喜んだ、という側近の証言が残っています。
「これで戦争ができる」
また、パル判事は、あのような要求を突きつけられたら
モナコのような小国でも銃を持って立ち上がっただろう
と述べています。


●では、日本が米国に屈してハルノートを受け入れれば、
戦争を避けられたでしょうか。

私はそうは思いません。イラク戦争を見て下さい。
ありもしない大量破壊兵器を口実に戦争を始めたのは
米国です。
その後、英国BBCは、911以前から米国はイラク、
アフガン戦争を計画していたことを暴露しました。

米国は何か罠を仕掛けて、戦争に持って行ったと思います。

1898年 2/15 ハバナ湾で、米国戦艦メイン号が謎の爆発沈没しました。
これで米兵266名が死亡し、スペインの仕業だ、
ということになり、あの米西戦争が始まっています。
後になって米国政府は、事故だと発表していますが
陰謀ではないか、という説が強いです。

ベトナム戦争では有名なトンキン湾事件が発生しています。
1964年8月、北ベトナムのトンキン湾で北ベトナム軍の
哨戒艇がアメリカ海軍の駆逐艦に2発の魚雷を発射した
とされる事件です。
これをきっかけにアメリカは本格的にベトナム戦争に介入しましたが、
その後、ニューヨークタイムズが、米国のやらせであることを暴露し
真実が明らかにされました。

湾岸戦争 1990年 では
アメリカの駐イラク特命全権大使のエイプリル・グラスピーが
イラクのクエート攻撃に対して
「介入するつもりはない」と発言しており
これを信じたフセインがクエートを侵略しましたが、
米国軍等により撃退されています。
米国は約束の存在を否定していますが、当の大使は、それ以後、公式の場には
一切姿を見せなくなりました。

その他にも怪しいのはいくらでもあります。
以上が、日本が戦争を拒んでも、ダメだったろうと思われる理由です。

当時の米国は、1930年に続く大不況の真っ只中でした。
GDPは1/2に、株価は1/10に落ち、国民の1/4が
失業し、あちこちで暴動が発生していました。
ルーズベルトは、ニューデールなどの政策を打ちましたが効果は
はっきりしません。
それでどうしても戦争をやる必要があったのです。
戦争は最大の公共事業ですから。その証拠に戦後、米国
経済は見事な復活を遂げています。

これは私の偏見ではありません。
米国歴史学の権威チャールズ・A・ビーアド元コロンビア大教授は
公文書を調べて、ルーズ...続きを読む

Q今後東京化が進む地域について 今後、地方活性化によって東京化(というか東京と変わらない位都会化)が

今後東京化が進む地域について

今後、地方活性化によって東京化(というか東京と変わらない位都会化)が進む県はどこだと思いますか?実際に今自分の地元に活気がでている!移住者が増えてる!とかの実感でも構いません。今後の移住先検討として参考にしたいので教えてください^^

Aベストアンサー

東京化とは
1.高層ビルおよび、下駄ビル化のこと
※下駄ビルとは1Fが店舗のビルのこと。

田舎では高さ規定があるのでまずそれがあるかないかで違います。

2.地下鉄と環状鉄があること
3.新幹線が通ってること
4.高速道路のジャンクションが近くにあること
5.卸売市場と青果市場と魚市場があること


人気Q&Aランキング

おすすめ情報