これからの季節に親子でハイキング! >>

CentOSの初心者です。どなたか,解決方法をご存知の方がいらっしゃいましたらお願いします。

CentOS5.5をノートパソコン(東芝Satellite B350/W2FA)にイントストールし、テキストモードで初期設定しました。Xwindowsを使う為、startxを実行すると、画面が真っ暗となりました。しかし、よく見ると、文字やアイコンがうっすら見えており、LCDのバックライトがOFFになっているだけの様に思えます。CentOS上では、FnキーとF7キーで画面を明るくする事ができず困っています。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

No.2です。



Satelliteには、P6100が乗ってるのですね。
内蔵グラフィックスで、Intel HD Graphicsを使ってるようですから、
http://intellinuxgraphics.org/

このサイトから、Intel 2010(hoge) graphics package
をご覧になられてインストール作業を進められるといいと思います。

まずは、xf86-video-intel (foo) release
になるのでしょうか。
解凍すると、READMEとかINSTALL用のテキストがありますから、
これらを一通り読まれないとインストールは難しいかと思います。
hoge,fooはバージョン番号が入ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

情報提供ありがとうございます。Intel 2010にはQ1からQ4まであるのですが、まずはQ1のxf86-video-intel 2.11.0 releaseでやってみる予定です。

お礼日時:2011/04/08 00:45

xrandrでどこまで試行してよいのか私にもわかりかねまずが、



export DISPLAY=(IPアドレス):0.0

のIPアドレスの部分は、暫定的にはローカルのIPアドレスでも構いません。

ping localhost

と打って返ってくるのが、ローカルのIPアドレスです。
恐らく、localhostとして127.0.0.1という結果が返ってきますから、
この値を指定するか、localhostと言う文字列を指定しても構いません。

localhostが127.0.0.1であると言う事自体は、
/etc/hosts
ファイルに記載されています。

しかし、このDISPLAY変数のセットだけでは、上手くいかないかもしれません。
gnomeを起動するとわかるのですが、
gnomeのターミナルから、

env

と入力してDISPLAY変数を確認するとIPアドレスの部分が何もセットされていないためです。
昔は、このDISPLAY変数を参照してX Window System(略してX)を起動していたのですが、
どうやら最近は違うみたいです。
xrandrでは、DISPLAY変数は使えると思いますが、gnomeではそれでは足りない、ないしは必要ないかもしれません。
ちょっと私が古い人間のようです(汗)

とりあえず、Satelliteの情報も時間があれば調べてみようかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

情報提供ありがとうございます。ローカルのIPアドレスの指定は既にやっており、エラーがでたので、IPアドレスの設定を試みたのが実状です。具体的には、xrandを実行すると、can't get address for (127.0.0.1):6000 Temporary Failure in name resolution Can't open Display(127.0.0.1):0.0

お礼日時:2011/04/08 00:45

No.2です。


>Can't Open display
と出てしまうのですね。まず、原因として考えられるのが
DISPLAY変数がきちんと設定されていない可能性があります。

シェルがbashだと思いますから、
export DISPLAY=(パソコンのIPアドレス):0.0

で、設定してxrandrが起動できるかもしれません。

しかし、私が申し上げたxrandrを試す事が選択肢として間違っているような気がしてきました。
と、いいますのもインストール自体をGUIで行ったのですよね?
特別な理由が無い限りGUIでインストールが実行されると思います。

特別な理由とは、質問者様側の理由である場合と、インストール時にインストーラーがGUIでインストールするためのエラーなどでテキストでインストールする事を余儀なくされた場合です。

そもそも、通常問題なくインストールできれば、インストール後の再起動でgdmが起動しグラフィカルログインになるはずです。startxで起動と言うことはインストールの再起動時に何らかの不具合でドライバーなどが適用できずに、gdmが起動できずにテキストログインになってしまったと言う事です。

すなわち、デフォルトのドライバーが質問者様の環境で適用できなかったと言う事です。
ノートPCを使った事はありませんので何ともいえませんが、CentOS起動前のBIOSのPOST画面などで、Fn+F7でディスプレイの輝度を調整できるのでしょうか?

それが出来るのでしたら、ハードウェア的に処理がなされているので、CentOSとかドライバーとかの問題では無いと思います。
それが出来ないのでしたら、キーボードのFn+F7の信号をディスプレイの輝度変更の信号として伝えるための仕組みが上手く働いてない事になります。これは、ドライバーだけで解決できる事もありますし、keymapなどを確認してキーボードの制御信号がきちんとディスプレイ制御に行くようにするにはどうしたらいいか調べていくしかありません。
keymapだけでうまくいくかどうかは私にはわかりません。

場合によっては、自分でドライバーのソースをダウンロードして来てコンパイルしなおすぐらいの事は必要かと思います。ドライバーのソースとして何が必要なのかは、Satelliteに搭載されている制御チップなどの型番がわからないといけませんし、搭載されているチップの型番がわかっても誰かがドライバーを作ってくれているとは限りません。

前述しました、デフォルトのドライバーが上手く適用できなかったという事はそういう事です。

しかし、なんとなく薄っすらと光っているとの事ですからドライバー云々は無しに、設定で解決できるかもしれません。この場合は上記のxrandrの話に戻るでしょう。しかし、xrandrとかいろいろな設定を兎に角試してもダメな場合は結局、上記のドライバーの話に戻って最悪ドライバーが存在しないので使えない可能性もあります。

Linuxはオープンソースであると言う側面がありますから、オープンソースである以上基本、自己責任(自力)で解決する事が基本求められます。
ある程度わかる範囲で皆様のご協力が頂けるかとは思いますが場合によっては、それでも解決できない場合があると言う事をご承知置き頂けますと助かります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧な回答をありがとうございます。結論から先に言いますと、問題解決には時間がかかると思います。どうもLANドライバーにも問題がある様です。回答者様の助言通りにexportコマンドを実施する為に、IPアドレスを手動設定しようとしたのですが、/etc/sysconfig/network-scripts内にifcfg-eth0がありませんでした。しかたなく、ifcfg-eth0を手入力で作成したのですが、エラーがでてだめでした。インストール時にも自動認識がされていなかったみたいです。GUIが使えないだけならコマンドラインで設定する事で回避できるのですが、LANが使えないと、サーバとして使えません。東芝のLinuxのサポートも2003年以降はやっていないみたいで、悩んでいます。どちらにしても、自己責任で解決するしかないので、気長にやってみます。ヒントとなる情報等があればご提供をお願いします。

お礼日時:2011/04/06 23:56

当方、CentOSは使ってますがVirtualBoxで使用してるだけですので、


とりあえずヒントだけです。

まず、xrandrと言うコマンドがあります。
これでどの規格で接続されているか確認するといいと思います。
http://www.lesswatts.org/tips/graphics.php

LVDSとかDPMSとかVESAとか。(ちょっと間違ってるかもしれませんが)

それで、xorg.confのMonitor Sessionに上記規格の追加をするとよいのではないでしょうか。
http://d.hatena.ne.jp/name-3333/20090129/1233233 …
http://nabechan.org/~nabe/diary2/archives/68-unk …

しかし、ノートPCやグラフィックスカードの種類で設定ファイルの場所が違うので、
これはご本人が調べられるか全く同じOSとバージョンとノートPCのモデルを使ってて成功した人がいないと確実な事は言えないと思いますよ。
http://www.thinkwiki.org/wiki/LCD_Brightness

上記のページも参考になると思いますので一通り参照されてはいかがでしょうか?
ちなみに、ファンクションキーとかでバックライトの明るさを調整するには、keymapの設定とかが必要かと思います。

有識者の方がいらっしゃればどんぴしゃな解も得られるかもしれませんが、基本試行錯誤するしかないかと思います。

この回答への補足

丁寧な回答をありがとうございます。xrandrを実行したのですが、"Can't Open display"というエラーがでます。この対処方法等をご存知でしたら、回答をお願いします。

補足日時:2011/04/05 23:51
    • good
    • 0

Windwosと同じキーで調整できませんか?



それとXwindowsなんてものは存在しません。
× Xwindows
○ X Window System
用語は正しく覚えましょうね。

この回答への補足

補足で質問します。Windowsと同じキーでの調整とは、どういう意味でしょうか。その詳細についての回答をお願いします。

補足日時:2011/04/05 01:10
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございました。そして、用語については失礼しました。ところで、Windowsと同じキーでの調整とは、どういう意味でしょうか。その詳細についての回答をお願いします。

お礼日時:2011/04/05 00:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qstartxうまいくいかない。

 こんばんは。
仮想環境でCentOSを使っている者です。
startxを打ってもGUIに行かず困っています。
打つと、下記エラーが出力されます。

xauth: creating new authority file /root/.serverauth.4052

Fatal server error:
Server is already active for display 0
If this server is no longer running, remove /tmp/.X0-lock
and start again.

仮想環境では
CentOS 5.0です。

ホストOSの環境です。
Windows XP SP3
Pentium4 2.66G
RAM 2G

どのようにすれば解決するでしょうか?

Aベストアンサー

> どのようにすれば解決するでしょうか?

解決の前に確認が必要です。

そのエラーは「すでにXサーバーが起動している」ということです。
つまり、すでにGUI環境なのにstartxを実行しているのでGUIに行けない状態です。

次のどちらか(または、どちらも)試してみるとどうなりますか。
1. init 3 と入力してモード変更して startx を試す。
2. テキストモードで起動して startx を試す。

QX Window Systemが起動しない

Debianをインストールしましたが、GUIが起動しません。
ためしに、CUIなのでログインし、「startx」としたところ、、

X.Org X Server 1.4.2
Release Date: 11 June 2008
X Protocol Version 11, Revision 0
Build Operating System: Linux Debian (xorg-server 2:1.4.2-10.lenny3)
Current Operating System: Linux buffalo 2.6.26-2-686 #1 SMP Thu Jan 27 00:28:05 UTC 2011 i686
Build Date: 25 September 2010 12:05:44PM

Before reporting problems, check http://wiki.x.org
to make sure that you have the latest version.
Module Loader present
Markers: (--) probed, (**) from config file, (==) default setting,
(++) from command line, (!!) notice, (II) informational,
(WW) warning, (EE) error, (NI) not implemented, (??) unknown.
(==) Log file: "/var/log/Xorg.0.log", Time: Mon May 2 21:28:57 2011
(==) Using config file: "/etc/X11/xorg.conf"
(II) Module "ramdac" already built-in
(II) Module "ddc" already built-in
(EE) SIS(0): **************************************************
(EE) SIS(0): ERROR:
(EE) SIS(0): Virtual screen too big for memory; 4800K needed, 4096K available
(EE) SIS(0): END OF MESSAGE
(EE) SIS(0): **************************************************
(EE) Screen(s) found, but none have a usable configuration.

Fatal server error:
no screens found
giving up.
xinit: Connection reset by peer (errno 104): unable to connect to X server
xinit: No such process (errno 3): Server error.

とでてきました。
どうすれば起動するのでしょうか?

Debian 5.0.3 lenny
メモリ 256MB
HDD 40GB

一応、VNCをインストールしてWindowsから操作はできるようになっています。
(しかし、タスクバーなどが表示されていません。)

宜しくお願いします。

Debianをインストールしましたが、GUIが起動しません。
ためしに、CUIなのでログインし、「startx」としたところ、、

X.Org X Server 1.4.2
Release Date: 11 June 2008
X Protocol Version 11, Revision 0
Build Operating System: Linux Debian (xorg-server 2:1.4.2-10.lenny3)
Current Operating System: Linux buffalo 2.6.26-2-686 #1 SMP Thu Jan 27 00:28:05 UTC 2011 i686
Build Date: 25 September 2010 12:05:44PM

Before reporting problems, check http://wiki.x.org
to make sure that you have...続きを読む

Aベストアンサー

> これを毎回しないで済む方法を教えてください。
下記を参考にして、/etc/X11/xorg.confを変更することになります。
もしできない場合は、/etc/X11/xorg.confの
Section "Screen"
変更前の内容、変更した内容、を補足願います。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6255379.html

QLinuxで輝度を下げる方法を教えて下さい

centOS6をノートパソコンにインストール後、画面が明る過ぎて辛く作業ができません。

xgamma -gamma 0.6
を実行しましたが全く変化がありません。
キーボードから明るさ調整ボタンを押したのですがこれまた全く動作してくれません。
epelよりxbacklightというものをインストールしたのですがダメでした。
システム->設定->ディスプレイを開くと、"モニタ:不明"と出ています。

メーリングリストにて教えてもらったbrightnessというのを探そうとしたのですが、見当たりません。


自分のcentOS6には/proc/acpi/video自体がありません。
http://www.linuxscrew.com/2007/10/25/ajust-lcd-brightness-from-command-line-works-at-dell-1501/

http://d.hatena.ne.jp/namako2007/20071226/1198617630
などで見るに、
/proc/acpi/video/VGA/LCD/brightnessとかに存在するようですが、自分のcentOS6には/proc/acpi/video自体がありません。

ls -l /proc/acpi/

dr-xr-xr-x. 3 root root 0 9月 1 21:19 2011 ac_adapter
dr-xr-xr-x. 3 root root 0 9月 1 21:19 2011 battery
dr-xr-xr-x. 4 root root 0 9月 1 21:19 2011 button
-r--------. 1 root root 0 9月 1 21:19 2011 dsdt
dr-xr-xr-x. 3 root root 0 9月 1 21:19 2011 embedded_controller
-r--------. 1 root root 0 9月 1 21:15 2011 event
-r--------. 1 root root 0 9月 1 21:19 2011 fadt
dr-xr-xr-x. 2 root root 0 9月 1 21:19 2011 fan
-r--r--r--. 1 root root 0 9月 1 21:19 2011 info
dr-xr-xr-x. 2 root root 0 9月 1 21:19 2011 power_resource
dr-xr-xr-x. 6 root root 0 9月 1 21:19 2011 processor
-rw-r--r--. 1 root root 0 9月 1 21:19 2011 sleep
dr-xr-xr-x. 3 root root 0 9月 1 21:19 2011 thermal_zone
-rw-r--r--. 1 root root 0 9月 1 21:19 2011 wakeup

デスクトップなどで外部モニターで使っていれば問題は無いのでしょうが、ノートパソコンで使用する場合、どのようにしてモニターの輝度を変えればいいのでしょうか?

OS:centOS6
PC:HP Pavilion dv7 6100

centOS6をノートパソコンにインストール後、画面が明る過ぎて辛く作業ができません。

xgamma -gamma 0.6
を実行しましたが全く変化がありません。
キーボードから明るさ調整ボタンを押したのですがこれまた全く動作してくれません。
epelよりxbacklightというものをインストールしたのですがダメでした。
システム->設定->ディスプレイを開くと、"モニタ:不明"と出ています。

メーリングリストにて教えてもらったbrightnessというのを探そうとしたのですが、見当たりません。


自分のcentOS6には/proc/acpi/vid...続きを読む

Aベストアンサー

電源管理で画面の明るさ設定が消えているという事はその機能自体も消えている可能性があるのですが、
1. gconf-editor で設定する方法。
/apps/gnome-power-manager/backlight/britness_ac の設定値を小さくしてみる。
2. (上または下の)パネルを右クリックして明るさ調整アプレットで調整する方法。
3. xbacklight を使う方法。
を見つけました。

再起動しても設定が保存されていたのは 1. だったと思います。

Qモニターの適切な解像度の設定は

Linax系OSについてはまったく知識がない初心者ですが、
今回Ubuntu-ja-10.10 ISOファイルをダウンロードして
手持ちPCにクリーンインストールしました。

ところがモニターの適切な解像度が選択できず早速足踏み
状態です。

使用PCは : 日立 Prius770B
モニターは : 日立 DT5154B(15型 Dvi)
適切解像度は : 1024×768(これ以外は拡大表示)

現在の不具合状況は画面が拡大表示され、特に水平方向の
画面はみ出しは大変支障があります。

モニター設定画面を見ると
モニターは : 「不明」と表示されている
モニターの解像度は : 800×600(4:3)が表示されている
*プルダウンメニューの中では800×600が最大解像度で
適切な解像度の1024×768は選択できない状況です
モニター検出は : クリックしても何ら変化なし

WindowsOSでは問題なく解像度1024×768で使用出来て
いるのでモニター自体に問題はないと思います。
Windowsでいうデバイスマネージャーに相当するものはどう
なっているのかと?

不具合の解消に役立つコメントが頂ければ大変助かります。

Linax系OSについてはまったく知識がない初心者ですが、
今回Ubuntu-ja-10.10 ISOファイルをダウンロードして
手持ちPCにクリーンインストールしました。

ところがモニターの適切な解像度が選択できず早速足踏み
状態です。

使用PCは : 日立 Prius770B
モニターは : 日立 DT5154B(15型 Dvi)
適切解像度は : 1024×768(これ以外は拡大表示)

現在の不具合状況は画面が拡大表示され、特に水平方向の
画面はみ出しは大変支障があります。

モニター設定...続きを読む

Aベストアンサー

今迄の回答に疑問点もありますので、補足します。

まず、ドライバについてはほぼ正しいですが、正しいドライバが使えていても自動設定できない事は少なくありません。
というのは、自動設定に使っているデータが正しく取得できない場合も多いからです。
※VideoBIOSやモニタ制御ROMに書かれている値を使うので。要するに、X11のVideoドライバはモニタにどんなモードが使えるか問い合わせたりパソコン・ビデオカードにどんなモードが使えるか問い合わせたりします。
ですから、例えばBIOSを更新する事で正しい値が取得できるように変わり、自動設定がうまくいく様になる事もあります。
※Windowsのドライバは、ドライバソフトと手動で設定している設定データを組み合わせて供給している場合があります。つまり、ハードウェアの仕様を知っているメーカが人手で調整した設定データを配布しているわけです。Linuxでも利用者やディストリビュータがデータを作ったり自身で調整する事は知識さえ持っていれば可能です。(ハードウェアの仕様は公開されない事も多いので、ある程度作り出す必要のある事も。また、WindowsのソフトでX11で使える値[設定値]を取り出せるソフトをつかう方法もあります)
正しい設定値が自動で取得できるよう調整されたパソコンだと問題なく動く場合もありますが、そうでない場合はうまくいく場合、うまく行かない場合あります。
ただし、X11の画面が表示されているのは対応しているドライバは使われている事を意味していますので、調整してやれば動かせるはずです。
※ドライバが対応してない場合は全く画面がでないかCUI画面(コンソール表示)になります。

ハードウェアから得ているデータはX11のログ(例えば下記ファイル[違う場所に書かれている場合もある])やddcprobeコマンド、xrandrコマンドなどで確認できる場合があります。

/var/log/Xorg.0.log


http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/notepc/1266044349/76

上記に『Vaio PではLVDSのEDIDがddcprobeでも取得できません』と書かれていますが、同様に取得できないパソコンはありますし、そういう場合には利用者が調整してやる必要があります。

※ハードから得られる値は間違ってハードの未対応な値を設定しハードウェアを痛める事から保護する意味でも使った方が良いと思います。X11の設定で無視させ自由に設定する事もできますが、モニタを壊す危険も伴いますのでしっかり調べて設定してください。
※昔と比べて保護回路がしっかりしている(高すぎる信号周波数だと範囲外を検出して画面出力しない・以上音やメッセージなどで知らせる)ので壊れる事は少なそうにも思いますが、明確に大丈夫といえるわけでもありません。

X11サーバ側もある程度の設定値は持っており条件によっては使うので、同じパソコンでもディストリビューションに依って希望の表示がされたりされなかったりという場合もあります。
※ソース差分見て、必要な組み込み設定値を反映させると動いたりはします。(サーバ作り直すより設定値を手動調整する方が手軽だけど)

今迄の回答に疑問点もありますので、補足します。

まず、ドライバについてはほぼ正しいですが、正しいドライバが使えていても自動設定できない事は少なくありません。
というのは、自動設定に使っているデータが正しく取得できない場合も多いからです。
※VideoBIOSやモニタ制御ROMに書かれている値を使うので。要するに、X11のVideoドライバはモニタにどんなモードが使えるか問い合わせたりパソコン・ビデオカードにどんなモードが使えるか問い合わせたりします。
ですから、例えばBIOSを更新する事で正しい値が...続きを読む


人気Q&Aランキング