法律上、厳密には、いつから「成年者」と扱われるのでしょう?
「誕生日」の0:00から?
たしか、教育関係の法律では、「誕生日の前の日にひとつ年をとる」のですよね。(だから4月1日の人と4月2日の人の学年がかわるのだと聞いたことがあります)
この法則が他の法律についても使われているのでしょうか? 特に刑法。
どなたか教えてください。

:さっき見ていたテレビドラマで、
:「成年者になる前日に、犯罪を犯しておく」というシーンがあって、
:でも、「誕生日の前日にひとつ年をとる」なら、
:もうこの人(登場人物)は成年者なのではないか? と思ったもので。
:どうなるのでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 あれは前の日に年をとるのではなく、前の日の満了の時(24:00)に年をとるということなのです。

ですから19歳の人で誕生日の前日(24時以前)にはまだ未成年ということになります。
 繰り返しますが、4月1日生まれの人は3月31日の24:00で年を1つとります。4月2日生まれの人は4月1日の24:00で年をとります。3月31日の24:00と4月1日の0:00は異なるのです。ですから学年で違いが出てくるわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってごめんなさい。
>3月31日の24:00と4月1日の0:00は異なるのです。
はぁ~、そういうシステムになっているのですか……、知らなかった。
アドバイスありがとうございます。

お礼日時:2001/05/13 13:17

 下のURLに詳しく解説しています。



参考URL:http://member.nifty.ne.jp/degawa/topics/sozei/sh …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってごめんなさい。
ああ、このURLの内容はわかりやすいですね!
教えてくださってありがとうございます。

お礼日時:2001/05/13 13:21

 補足です。



 真夜中の24:00は、法律では前日に加算され、次の1秒から当日になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってごめんなさい。
>真夜中の24:00は、法律では前日に加算され、次の1秒から当日になります。
……法律って、細かいこと決めてるんですね。(まあ、そうじゃないと法律の意味がないんだろうけど)
アドバイスありがとうございます。

お礼日時:2001/05/13 13:20

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法定追認のひとつ、強制執行について(未成年者の法律行為の追認)

法定追認の要件のひとつ、強制執行について教えてください。

(1)未成年者の法律行為の追認者は、法定代理人または成人した元未成年者です。成人した元未成年者の場合ではなく、法定代理人が強制執行によって法定追認される場合というのは具体的にどういう場合でしょうか?

なお、コンメンタールなどを見ると、法定追認とされるためには債権者として執行することを必要とし、債務者として強制執行を受けることは判例により法定追認には当てはまらないと書いてありました。
また反対に、債務者として強制執行を受けるのも、その前段で訴訟等で債務名義を取得したのだから債務者として強制執行を受けた場合も法定追認とされるという学説もあるようです。

Aベストアンサー

こんにちは

判例では、「強制執行」(125(6))は、強制執行を「受ける」場合を含みません。

ですから、法定代理人が強制執行によって法定追認される場合というのは、法定代理人が強制執行を「行った」場合をいいます。

たとえば、未成年者が売主となった売買契約があった場合、その法定代理人が(未成年者を代理して)代金債権を強制執行によって回収したときは、法定追認となるということです。

このとき、買主側からの強制執行を、元未成年者が受けようが、法定代理人が受けようが、法定追認にはなりません(学説は別でしょうけど)。

Q盗犯等防止法(正当防衛の例外規定)が刑法の改正ではなく刑法とは異なる他の法律として制定されたのはなぜですか?

盗犯等防止法(正当防衛の例外規定)が刑法の改正ではなく刑法とは異なる他の法律として制定されたのはなぜですか?

Aベストアンサー

 改正の趣旨については,ANo.1の方のおっしゃるとおりであると思います。

 では,なぜその改正を刑法本体の改正としないのかですが,刑法本体を改正すると,実質的影響が大きいためと思われます。
 具体的には,
(1)刑法36条を引用する他の法令についてすべて改正を検討する必要がある。
(2)法務省等,政府が出版した文書(刑法36条が掲載されているもの)の修正を行わなければならなくなる。
(3)地方公共団体や民間が出版した文書の修正を同様に行わなければならなくなる。

 そこで,基本原則の特例を設ける法改正の場合には,基本法とは分離して取り扱うことが可能な特別法によることが多いと思われます。

Q一日中さけぶ犬・・・ 法律上は? 公害のひとつでは?

一日中叫ぶ(騒音) これは人間ではない 動物 が吠える場合でも{公害} となるのでしょうか?
 
 一日中 犬が吠えて 他人に迷惑をかけているのは、 違憲では無いでしょうか? 環境権等・・・
 
 一日中吠える犬について どのような対処法があるのですか? 保健所に通報したらどうなるのでしょう? 何か法律に反していますか? 一日中吠える犬を放置する飼い主などに。

Aベストアンサー

> 違憲では無いでしょうか?

いきなり憲法論議とは高いところからはじめますね。
しかしたしかにおっしゃるとおりで、憲法が定める「自由」とか「権利」とは他の人との共存原理に成り立っていて、あくまで「公共の福祉に反しない限り」という条件付なんですね。
ですから権利を主張することによって他の多くの人に迷惑を及ぼす場合はその権利を主張できません。
たとえば土地収用法なんて法律があり、空港建設予定地で立ち退かない人がいたとしましょう。
当然その人には財産を守る権利がありますが、それが結果として空港建設ができないという大勢の人に迷惑がかかる事態となります。
そういう場合は、多くの人が迷惑するので強制的に追い出すという法律です。
このように権利や自由というのは絶対ではありません。

ご質問のケースで言えば、飼い主はペットを飼う自由というのがあります。
しかし、それが結果として多くの人に迷惑を及ぼす場合は、その権利を行使できません。
また、飼い犬の責任は飼い主にあります。

民法
(動物の占有者等の責任)
第718条 動物の占有者は、その動物が他人に加えた損害を賠償する責任を負う。ただし、動物の種類及び性質に従い相当の注意をもってその管理をしたときは、この限りでない。

動物の愛護及び管理に関する法律
第五条 動物の所有者又は占有者は、命あるものである動物の所有者又は占有者としての責任を十分に自覚して、その動物を適正に飼養し、又は保管することにより、動物の健康及び安全を保持するように努めるとともに、動物が人の生命、身体若しくは財産に害を加え、又は人に迷惑を及ぼすことのないように努めなければならない。

ですから、犬がほえる責任は飼い主にあります。
しかし、それを法的に規制するのかどうかというが問題です。
あなたは犬が一日中吠えているとと言いますが、ANo.1氏が指摘しているように一日中吠える犬なんていません。
話がかなり脚色されています。
それを差し引いたとしても、どこからが迷惑なのかというのが問題です。
「公害」という話を持ち出されるなら、騒音防止条例がありますが、犬の声でこの基準を超えることは難しいでしょう。
と、すると直接取り締まる根拠がありません。

後は裁判でその犬の声が受忍限度を超えたのか超えないのか争う以外に無いでしょうね。

> 違憲では無いでしょうか?

いきなり憲法論議とは高いところからはじめますね。
しかしたしかにおっしゃるとおりで、憲法が定める「自由」とか「権利」とは他の人との共存原理に成り立っていて、あくまで「公共の福祉に反しない限り」という条件付なんですね。
ですから権利を主張することによって他の多くの人に迷惑を及ぼす場合はその権利を主張できません。
たとえば土地収用法なんて法律があり、空港建設予定地で立ち退かない人がいたとしましょう。
当然その人には財産を守る権利がありますが、それ...続きを読む

Q親との分籍:二十歳誕生日の前日から可?当日から可?

一体どちらが正しいのでしょうか?

「年齢計算に関する法律」では、
民法143条にある規定の準用により、
加齢は誕生日の「前日」になされます。

誕生日前日の午後24時(当日の午前0時と同期)は、
前日に所属するものと考えられ、
選挙権や国民年金などでは、
二十歳の誕生日前日から資格を取得します。

しかし、分籍については誕生日「当日」を迎えないと、
手続きを行えないと言う人がいます。
分籍については、戸籍法の規定により、
二十歳に「達した」日でないと
行うことができないというのが
その理由のようです。

これは正しいのでしょうか?

二十歳へ「加齢」するのは誕生日前日の午前0時であっても、
二十歳に「達した」状態というのは、
誕生日前日の午後12時(当日の午前0時と同期)に到達して、
誕生日当日を迎えた瞬間以降を指すのでしょうか?

Aベストアンサー

「達する」ということなら前日でいいです.

でないと, 「4月1日生まれの人」がいつ小学校に入学するのかがおかしくなっちゃう (学校教育法 17条を参照のこと).

Q法律   刑法244条

刑法244条 親族間の犯罪に関する特例 で { 同居の親族} の意味を知りたい。
兄弟姉妹は、親族と思いますが 同居していない・・・つまり別居の兄弟姉妹は罪が免除されないのでしょうか?
 専門的な御回答 よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>つまり別居の兄弟姉妹は罪が免除されないのでしょうか?

されません。

基本的な考え方は「家の中にある財物は、その家に住む者全員の共有物で、誰か一人の持ち物ではない」なのです。

「家にある財物は家族全員の共有物なので、勝手に使われたり取られたりしても、窃盗にはなりませんよ」ってのが、刑法244条なのです。

従って「別の家に住む、親族(但し、配偶者、直系血族を除く)」は「財物を共有してない」ので、窃盗や不動産侵奪が成立します。

なお、配偶者、直系血族の場合は、別居、同居を問わず、244条が適用されて罪が免除されます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報