出産前後の痔にはご注意!

ロゴとカタカナを上下に2段組にした商標の使い方についてお尋ねします。
例えば、LOGOというマークの上にロゴというカタカナを5mmの距離を開けて
配置した商標が登録されたとして、この5mm、あるいは上下という位置条件は
遵守事項になるのでしょうか。

仮にLOGOをパッケージの正面に、ロゴを側面に分離して配置したい場合、
上述のLOGO/ロゴ併記の一体商標は、商標の権利を発揮することが
できないのでしょうか。

LOGO(マーク)とロゴ(カタカナの名称)を一体で商標出願すべきか、
別個に出願すべきかで判断に迷っています。
初歩的な質問で恐縮ですが、よろしくご教授下さいますようお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

商標 とは」に関するQ&A: 商標権の譲渡とは?

A 回答 (2件)

弁理士です。



商標権の効力の問題と、50条の不使用取消の対象になるかという問題を分けて考えるといいと思います。

1.商標権の効力
商標権の効力を考えるとき、比較対象は、登録商標と、他社の使用態様です。質問者様がどのような態様で商標を使用しているのかはあまり関係がありません(取引の実情という点で若干考慮される場合もあります)。
他社が二段組の一方を使用した場合に、質問者様の登録商標と類似するかどうかですが、二段のロゴとカタカナがどちらも識別力を有するようなものであれば、その一方のみの使用であっても、登録商標と類似すると判断されて、商標権侵害が認定される可能性が高いと思います。結論は、二段のロゴのそれぞれの内容によって変わり得ます。
ただ、別個に出願しておいた方が権利としては強いので、重要な商標であれば、別個に出願しておいた方がいいと思います。

2.商標の不使用
商標は、継続して3年間不使用であれば、商標法50条の不使用取消審判によって取消される場合があります。そのためには、登録商標と社会通念上同一の商標の使用を継続する必要があります。
「社会通念上同一」の判断基準は、以下の審判便覧に詳しく載っています。
http://www.jpo.go.jp/shiryou/kijun/kijun2/pdf/si …

二段組の場合、上下の商標の観念が同一であれば、社会通念上同一とみなされますが、観念が内容な造語商標の場合、判断は微妙になります。
従って、質問者様のケースの場合、「社会通念上同一」の商標の使用であると判断される可能性が高いと思いますが、微妙な部分もありますので、重要な商標であれば、別個に出願しておいた方がいいと思います。

3.まとめ
重要な商標→別個に出願
費用を抑えたい→二段組で出願
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変解りやすくツボを得たご回答を賜り、誠に有り難うございました。商標の効力、不使用とみなされるリスクなどの考え方も良く理解できました。重ねて御礼申し上げます。

お礼日時:2011/04/06 14:31

基本は使用する態様で出願します。



パッケージの正面に「LOGO」、
側面に「ロゴ」と使用したいのなら
「LOGO」「ロゴ」
2つの商標を使用するということになりますから、
2つとも出願するのが基本です。

登録商標はそのまま使えば
仮に他人の登録商標と類似していても
使用できる権利(専門用語で「使用権」)があります。

対して、
登録商標を一部変更して使えば
他人の登録商標と類似すると
侵害ということになります。

2段併記、3段併記の商標出願は昔はやり(?)ましたが、
最近は減ってきているように思います。

併記する商標が類似の関係にあるのなら、
費用を抑えたい場合にはメインで使う商標1つを、
費用に余裕があるのなら両方、
出願することをお勧めします。

2段併記の商標出願は、
多少リスクを負っても、
他人の類似商標を登録させたくない場合に、
有効です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

他者商標と類似してしまうことも想定し、権利侵害にならないような出願方法の考え方が大変参考になりました。ご丁寧なご教授を頂き、誠に有り難うございました。

お礼日時:2011/04/06 14:40

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q商標を標準文字で登録するメリットは?呼称は誰がきめる?

商標権について勉強中なんですが、標準文字というものの存在理由がいまいち見えてきません。この標準文字を使って登録するメリットはあるんでしょうか?
まだまだ勉強不足なので見落としているかもしれませんが、誰か教えてくれませんか?

それと、同じ呼称の商標を他人が登録できないのは分かりますが、商標登録願には呼称を記載するところってないですよね?では誰がいつ呼称を決定しているんでしょうか?
どちらでもいいですので、分かる方、ご回答お願いします。

Aベストアンサー

特殊な字体で出願した場合、権利範囲はその字体に限られてしまいます(狭くなります)。

標準文字で出願すれば、一般的な文字(ゴシック体や明朝体)をカバーでき、特殊な文字で出願する場合に比べて、権利範囲が広くなります。

昔は「念のため」、ゴシック体・明朝体の両方で2件出願したりしていましたが、標準文字はこのどちらもカバーできるため1件で出せば済むという、出願人・特許庁の双方にとってメリットがあるかと思います。
(特許庁は審査件数を減らせますので)

称呼は、特許庁が付与します。
ただし、どうしてもこう読ませたい、という場合には、出願人が、願書に2段書きする「2段併記」の形をとって、称呼を明確にすることもあります。
(ただし、それでもなお、他の読み方もできる場合には、これまた特許庁が称呼を付与します)

Qよくある名称を一部に使った商標の商標権侵害について

知人に商標権の侵害について悩んでいる人がいて、ここで質問をさせていただけましたら幸いです。

現在、会社を経営してある製品(雑貨)を販売していますが、その製品には商標登録した固有の名前(例えば「ABC」とします。これは登録済み)に、一般的な外来語のカタカナの名称を付けています。(例えば「ブックス」、「ジャズ」、「ギター」、「ロック」など。)

そして、ABC・ブックス、ABC・ジャズ、ABC・ギター、といった製品名になります。(ABCのみを登録で、下の言葉を含めた全体は登録していないです。)

その場合、下の「ブックス」という一般的な名称を同じ雑貨のカテゴリーで取得している商標登録している会社に対して、商標権の侵害になってしまうのでしょうか?

「ブックス」や「ジャズ」、「ギター」はその会社が既にそのカテゴリーで商標登録しているので、その言葉を使うなという請求はされてしまいますでしょうか?下の言葉をすでに同じカテゴリーで登録しているので、製品名の一部であってもその言葉の使用の中止を求められ、返答に困っているとのことです。

請求をしてきている会社の製品とは、ブックス、ジャズ、ギターといった名称ですが、製品は本やレコード、ギターなどではありません。ただ名前のみの使用です。

知り合いの方も、製品は本やレコード、ギターではないですが、こちらは本やレコードやギターのデザインをしています。

素人としては、(1)下の言葉はごく一般的な呼び方であること、(2)下の一般名称を単独使用しておらず、ABCと一体につづけて使用している点、(3)言葉としては一緒だが、その会社に不利益はないと思うこと、から商標権の侵害にはならないのでは、と考えております。

お力をいただけましたら幸いです。

どうぞよろしくお願い申し上げます。

知人に商標権の侵害について悩んでいる人がいて、ここで質問をさせていただけましたら幸いです。

現在、会社を経営してある製品(雑貨)を販売していますが、その製品には商標登録した固有の名前(例えば「ABC」とします。これは登録済み)に、一般的な外来語のカタカナの名称を付けています。(例えば「ブックス」、「ジャズ」、「ギター」、「ロック」など。)

そして、ABC・ブックス、ABC・ジャズ、ABC・ギター、といった製品名になります。(ABCのみを登録で、下の言葉を含めた全体は登録していないです。)...続きを読む

Aベストアンサー

相手方の請求を受け容れられる状態にあるのなら、
もちろん、受け容れた方が安全です。

実際に使用している態様が判らないので
断言はできませんが、
商標として同一ではないので、
相手方も類似するとの確信を持ってはいないと思われます。

「明らかに類似する」とはいえない場合、
「類似しないと判断するがこれからの使用はやめる」
との態度で、
今まで生産した分までは売らせてもらうよう
交渉するのが一般的です。
(つまり新たには作らないが
作ってしまった分は売る)

一般論として、
「A+B」の結合商標は
省略して呼ばれるなら「B」部分が省略される場合が多いので、
商標「A+B」が商標「B」と類似するケースは稀です。

但し、請求を拒絶するにはそれなりの理論武装が必要で、
それができないのなら、受け入れもやむをえないでしょう。
(代理人の力関係で決まる部分もあります)


人気Q&Aランキング