献血後に送られてくる血液検査の項目の中で、”A/G”の数値が 基準値よりも高いことが多いのですが 何処か悪いのでしょうか?
その他の項目は 何とか基準値におさまっています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

アルブミンとグロブリンという血液中の蛋白質の量の比率です。

この数値で特定の病気が示唆されることはまずないです。全身の栄養状態を反映していると考えていいかと思います。数値が高いということは、アルブミンがグロブリンに比べて相対的に多いということで、絶対値としてのそれぞれのタンパク量がわからないとなんとも言えないでしょう。グロブリンは主として感染に対する抵抗力を示します。それぞれのタンパク名で検索されるいいかと思います。
    • good
    • 0

肝機能障害の場合数値に異常が出ることがあるようです。

腎臓の障害で出る場合もあるようですが、この数値だけでどこが悪いか限定することはできないようです。
数回にわたり以上が出るようでしたら、病院で検査をしてもらった方が良いと思います。

参考URL:http://kenketu-4.com/kenketu/note6.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング