最近,科学系のドキュメンタリー番組で「テロメア」のことや「テロメラーゼ」なる酵素の存在があることを知りました。そればかりか20~30年後には細胞分裂の限界をなくし,若返る事さえできるようになる・・などと言う話を聞きました。昨今のクローン問題と同様に,実用化の目途がたったからと言ってすぐに使えるようになるとは思えませんが,人間なら誰でも老いを回避できると聞けば自分も使ってみたい!と思うのではないでしょうか?。
ここではその是非を問うのではなく,もし実用化の目途がたったのなら,最初はどのような用途に使われるのか。そして一般の人間が使う事が出来るのか。
 この2点についての予測をお聞かせください。
 ちなみに私は,そんな薬?が手に入るのでしたら,全財産をつぎ込んででも欲しい!!と思っています。その考え方に対するご批判を含まないもののみのご回答をお願いいたします。確かに「アインシュタインだから永遠に生きても良いのか?」と言うようなテーマは面白いと思いますが,あくまでも一般庶民の手に渡るかどうか・・というところに限定願います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

死なないクラゲのようなものとは、たしか紅クラゲじゃなっかたですかね。



成長ホルモンなら、薬など使わずとも簡単に産出量を増やすことができます。
kokoro7さんのいわれる1万円ぐらいのとは、MLMのラー○メディカルの
ことじゃないですかね。でも、あれは、なんら特殊な成分は入っていません。
はるかに安く同じ成分を手に入れることはいくらでもできます。
テロメラーゼも生殖細胞、がん細胞はつくっているものですから、実は
これを利用することができます。この場では、お話できませんが。

話がそれましたが、テロメラーゼの用途はいろいろ考えられます。最近の研究
では、テロメアを長くしてやると、細胞が機能的にも若返ることが分かってき
ましたので、最初は体全体に使用されるのではなく、移植臓器、病気や怪我で
著しく弱ってしまったところや、老化してしまったところに使用されるのでは
ないでしょうか。寝たきり老人の問題なども解決されると良いと思います。

人間の寿命についてですが、私はもっと長くても良いと思います。進化につい
ても既に最高の地点にまで到達したわけではなく、まだかなりの進化の
余地があると考えられます。それが、今までは自然に任されていたのが、
これからは人間自らの手で進化を推し進めていくのではないかと思います。
このような考えに危惧を抱く方もみえますが、自然に任せておけば、絶対によい
方向に人間はこれからも進化していく、という確証はないのではないでしょうか。
人間が科学文明を捨てても、歴史からわからように問題はいくらでもあります。
しかし、科学を究極にまで発展させていけば、すべての世の不幸、苦しみ、理不尽
が解決する日がくるかもしれません。そのためにも、寿命を延ばし、能力を高める
必要があると思います。また、寿命が延びれば、もっと究極の哲学的謎を誰もが追
求するようにもなるのではないでしょうか。一方、人間が死ななくなったら人口
問題が起きるではないかという意見も当然のことながらあるでしょうが、死後に
もっと良い世界があることなどが発見されたら、逆に人口0になってしまったり
してね(笑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 やはり最初は医療目的の為に使われるという点では意見が一致いたしました。次に一般の人,それも病気ではない普通の健康体の人が使う・・という事にどんな意味,弊害や問題点があるのか。それについて考えようとするとあまりに問題が複雑です。哲学的なテーマも含んでいますからその関係のカテゴリーに登録し直したほうが良いかもしれない・・とさえ思います。
 バイアグラは(違法ですが)医師を通さずに入手できるわけですから,もし不老不死の薬が簡単に服用できるものであったなら,裏で手に入れる人はあとをたたないはずです。また外科的手術も含め,医師の手を借りなければならないようなものであったとしたら,独裁者などはその方法を獲得しようと躍起になるかもしれません。
 あるいは簡単にせよ難しいにせよ,永遠に生きられる・・という事はどのような意味をもつのか。もし自分の身体がそうなったら,死なないようにものすごくおっかなびっくりな生活を始めるのではないか?!,例えば車を運転するのを止めたり,もしかしたらスキーに行くのもやめにしておく。そんな引きこもりのような生活を始めてしまうかもしれませんね。
 
 今回はご回答いただき,ありがとうございました。

お礼日時:2001/04/28 03:34

 実用可能な薬は、もちろん現状ではありません。


 あっても、科学的には実証されておりません。

 
 
    • good
    • 0

そういう製品を知っています。



人には成長ホルモンというものがあって、それが20歳以降年々減っていくそうです。60歳で25歳の時よりも約50%も減るそうです

では どうやって老化を防げばよいのでしょうか?

それを補うほう方法があります

アメリカでは研究している団体があります

女優の中にもそのようなものを注射してる人もいるそうです

一般人には手が届かないですけれど・・・

でもそうゆう商品を知っています。割と安価で効果もあまり変わらないそうです。

ぜんぜん一般人でも手に入る金額です。金額で言えば約1万円ぐらいです

もっと詳しく知りたいと思われましたら、お返事を下さい

具体的にお教えいたします

もっと老化の事についてお話ししたいのですが長くなるのでまたの機会に

お役に立てればと思います
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 その製品については存じております。それもNHKスペシャルで放送していました。たしか70歳以上にもなるご老人がムキムキの筋肉をつけてポーズをつけていましたっけね。本来は小人症の治療に用いるものを正常な人が使っていたようです。私には滑稽に写りました。この質問の意図は,実験段階や効果があるのかないのかはっきりしない段階での事ではなく,医学的な検証がきちっとなされ,誰が使ってもほぼ安全であると立証されるに到った段階にまで到達した療法なり治療なり・・それを一般の人がどのように使えるようになるのか,あるいはならないのか。その点について考察してみたかったのです。副作用や健康を害する恐れが少しでもあるうちは,完全な不老不死の薬(あるいは療法)ではないと解釈していただきたいのです。ですからそのような薬(あるいは療法)は医師の指導によるものか,あるいは薬局で普通に手に入れられる類の物でなければ本物ではない,と思っています。
 

お礼日時:2001/04/21 23:36

早老症という病気があります。


細胞分裂の異常から老化が早く、子供のうちに
老人のようになって死んでしまう病気です。
人間へのテロメラーゼ投与が実現すれば、まず
この病気の治療に限定しての使用になるでしょ
う。

現在、ラットの寿命を2倍にのばすことに成功
していますが、老化の原因は複合的な物であり、
その原因は完全には解明されていません。
(テロメアは主犯の1つですが)
テロメラーゼだけでは「老化を遅らせる」こと
はできても不老不死は実現できません。

一般の人に利用可能になるかについては、将来
必ずそうなるでしょう。
人間の欲には際限がないからです。

この回答への補足

 みなさんにお尋ねしたいのですが,テロメラーゼだけでなく複合的な要素を加味した不老不死の薬なり処置が開発された場合,いったいどのような使われ方をするんでしょうか?。私がアインシュタインと申しましたのは,もしアインシュタインのような偉大な科学者が存命中に,そのような処置が確立したとして(彼が断る可能性もありますが)まず使われるのは(医療目的を除けば)そのような偉大な科学者,発明家や芸術家になるのではないかな・・と思っています。
 さらに人類の発展に貢献してもらえる,と考えられるからでしょう。
 そしてなんの取り柄もない一般人は使う事さえ出来ないのではないか・・と想像します。
 この事柄について何かお考えがありましたら,是非お聞かせください。
 

補足日時:2001/04/21 20:23
    • good
    • 0

1.そのような薬があれば,全財産をつぎ込んでまで入りませんね。

なんでならば、全財産をつぎ込めば,その一錠でいいのか,生きている間ずっと飲まないといけないのか,わかりませんのと、,その日から,食べることを心配しなければならないし,飲んでも病気で生きているならば,全部金をつぎ込むことはできません。その考え方はあなたの自由で良い,悪いはないと思いますが,。
2.その薬を飲んでずっと若いままでしたら,ほしいです。しかし、その時には人口は増えるのでしょうね。食料がなくなって争いが起こり、餓死するものもでるでしょうね。あまりいい事はなさそうに思いますが。
3.ボケ防止で使用すれば、いいのではないでしょうか。  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 たしかにその薬?(あるいは方法)が現実社会にどのような影響をもたらすのかについての考察なしには論じられない部分も確かにあります。
 私が全財産・と申し上げましたのは,一回の服用,あるいは処置によって寿命が無制限,あるいは若返る(ある程度のところで止まってくれないと困りますが)ということを前提としています。誰も彼もが使ったらsearchingboyさんがおっしゃるように深刻な人口問題を抱えるかもしれません。人間は子孫を残す代わりに自分は死ぬわけですから,人口を調節するために不老不死になった者は子供を作ってはいけない,なんて法律が出来るかもしれませんね。

お礼日時:2001/04/21 20:22

 ネズミ実験では、すでにテロメアを復活させることに成功しているはずです。


 でも、これを使ってもちょっと寿命が延びるだけだし、もともと病気持ちだったらそっちの方の原因で死ぬときは死にます。
 テロメアはあくまで細胞単体における「分裂寿命」を決定している、というだけのことで、人間個体の寿命には間接的にしか影響していません。人間の寿命がすべてこの物質だけによって決定されているわけではないのです。

 それにたとえテロメアが復活しても、もともと細胞分裂しない細胞(脳細胞、心筋細胞など)の寿命は延びませんよね(^_^;

 もっとも、テロメアーゼが販売されたら俺だって欲しいけど……でも全財産つぎ込まなきゃいけないのならいらないですね(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 私が見た番組では海の中にすんでいる「クラゲ?」のような生物で,死なない生命体が発見されているそうなんです。もしその生命体の仕組みが人間に応用できれば人間も死なない・・という事態になりますね。その仕組みの完全な解明と応用はまだまだ先のことになるかもしれないと思っていたのですが,私が生きている間に可能かもしれない・・という話を聞くと心が動きます。
 どうもありがとうございました。
 

お礼日時:2001/04/21 20:12

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q病気お見舞いに有効そうな神社を教えて!

病気お見舞いに有効そうな神社を教えて下さい。お見舞いにお守りを持っていきたいので。。。

Aベストアンサー

地域が判りませんので・・・・。


下記のURLが、病気平癒や開運に御利益のある神社のリストです。
http://homepage2.nifty.com/ANGEL-I/shrine.htm

参考URL:http://homepage2.nifty.com/ANGEL-I/shrine.htm

Q「気」は一般人が健康に過ごすための手段になり得るか

約1年ほど前から、時々右手が熱くなり、熱くなったときに触ると、持病の肩こりや首の痛みが軽減します。また脳梗塞で歩けなくなった方が膝が痛いとリハビリをいやがるので、触ってあげると、痛みが軽くなったとリハビリを始めました。「気」とか「伝統医学」関係の本を読みあさっていましたら、レイキと言われているもの(例えば「癒しの手 宇宙エネルギー「レイキ」活用法」http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=19632462)が一番近く、このような能力は誰にでもできるとありました(ただ、その講習会は誰にでも参加できる値段ではありませんでした)。私は南太平洋の電気もガスも水道も道路も何もない島で1ヶ月以上暮らしたことがあり、島の少女が切り株を踏み抜いた傷を器用に舐めたかと思うと海に入り、1時間して出てきたときにはもう治っていたのを見ました。人にはとんでもない能力があるのだとその時は感激しただけですが、今の化学物質で汚染された人間にこそ、誰でも使える能力であってほしいと思います(この少女の例は私の手とは違うかもしれませんが)。多分「気」と呼ばれているものが私が右手に感じているものだと思うのですが、これはどうやって制御し、どうしたらより多くの人が使えるようになるかご教示いただけたらと思います。

約1年ほど前から、時々右手が熱くなり、熱くなったときに触ると、持病の肩こりや首の痛みが軽減します。また脳梗塞で歩けなくなった方が膝が痛いとリハビリをいやがるので、触ってあげると、痛みが軽くなったとリハビリを始めました。「気」とか「伝統医学」関係の本を読みあさっていましたら、レイキと言われているもの(例えば「癒しの手 宇宙エネルギー「レイキ」活用法」http://books.yahoo.co.jp/bin/detail?id=19632462)が一番近く、このような能力は誰にでもできるとありました(ただ、その講習会は誰に...続きを読む

Aベストアンサー

此処で簡単に教えるようなことは、醫學・健康よりも難しいです。

貴君のは私がよく使う言葉としては「不可思議なエネルギー」・・・「気」と言われるものであろうと思われます。

>これはどうやって制御し、
⇒これを、マイナスの気とか、悪霊とか、悪魔とか言われる、これまた不可思議な存在は、其れらが存在するだろう世界から見ると、このエネルギーは明るく見えるらしく、夜の海の魚の様に集まってきます。

そうして、接触したり体内に入り、其のエネルギーを取ろうとしますので(此のエネルギーが、どうやら向こうの世界の唯一のエネルギーらしいです)、まずそうならない様に、対抗できる程度に力を早く強化することです。

貴君の状態は、一寸危うい状態に見えます。上記様に遣られるか、それを回避して力が増加させられるかの処でしょう。
本当は、其処のところで、力のある、其の状態を経験し、見ることが出来る師にめぐり合えれば最高です。

これが、仙道とかヨーガの師の存在です。
これは、そういう運勢があるかどうかによりますし、そういう導きを受けているかどうかにもよります。

其の程度から上は、修行方法は千差万別ですので、個人で行うなら、自分で開発することしかありません。

今の状態が、勝手に出ている状態だとすると、
吸収場所は(吸収できずに出すだけだと、体の具合が醫學では分からないような具合の悪さが発生します)、眼から、尾底骨付近から、足底から、手から等が有ります。
可能ならブッタの言う足底呼吸を行う事です。 私はこれが一番入りやすいです。

で、体中を廻すことです。そうして臍下丹田付近に集めて、更に濃縮して強化して行きます。



>どうしたらより多くの人が使えるようになるかご教示いただけたらと思います。
⇒これはどうでしょう。
奇跡を見せても人は其のときだけです。 
直ぐに疑い始めますから、自分で追求して自分も使えるようになろうとは、<多くの人>は使えるようにはならないでしょう。  其の根底にあるもの・・・なぞそうなのかという事も上記の説明以外にあるのですが・・・・

で、仏教での大乗には小乗で自分のパワーが強まってから、行えばよいのであって、形だけ・・・見た暮れだけ立派でも本物ではありません。 まだまだ誘惑は多く出てきます。 仏陀でさえ最後まで多くの誘惑が出てきたのです(大物だからという見方も出来ますが)。

まあ、その人の分に応じて、誘惑が起きてきて、そういう能力を出させないようにする敵対勢力が来ますから、それには注意が必要です。 注意とは、そういのがあるのだと意識していることです。
相手は、その存在を隠していることが一番の武器ですから。

そうして、自分自身の力を、将来は人のために使うことを前提として、強化してゆくことです。
途中で誘惑に負けて堕落してゆく人が殆どです。

此処で簡単に教えるようなことは、醫學・健康よりも難しいです。

貴君のは私がよく使う言葉としては「不可思議なエネルギー」・・・「気」と言われるものであろうと思われます。

>これはどうやって制御し、
⇒これを、マイナスの気とか、悪霊とか、悪魔とか言われる、これまた不可思議な存在は、其れらが存在するだろう世界から見ると、このエネルギーは明るく見えるらしく、夜の海の魚の様に集まってきます。

そうして、接触したり体内に入り、其のエネルギーを取ろうとしますので(此のエネルギーが、...続きを読む

Q胃の病気で入院している知り合いへのお見舞い

こんばんわ。

明日、胃の病気で入院されている得意先の方のお見舞いに行きます。病名はわからないのですが、月曜日に手術をするそうです。
そこで、お見舞いにどんなものをもっていけばいいかアドバイスをお願いします。予算は、3,000~5,000円です。非常に困っていますのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

やっぱり花でしょうかねぇ。
あまりにもありふれていますが。

お見舞いの品より、
見舞いに行く事が一番大事だと思いますよ。

Q看護師,介護福祉士の喫煙

看護師,介護福祉士の喫煙率が高いと聞きました。
元カノ(介護福祉士)も喫煙者で困っていました。
そして、仕事場の女性のほとんどが吸っているといっていました。
本当に喫煙率が高いのでしょうか??

Aベストアンサー

老人関係の施設で働いています。
看護師は7~8割の方が喫煙者です。
しかも3割くらいは、かなりヘビーです。
介護や事務も半分以上は喫煙者です。
私は非喫煙者なんですが、就職した際、
女性の喫煙者が多いことにかなり驚きました。

最近まで施設内で吸うことができましたが、
現在は外で吸うことになりました。
でも夜勤帯は施設内でまだまだ喫煙できます。
それに、入所の方でも喫煙する方がいらっしゃいます。

Q病気お見舞いの現金は新券か旧券か

病気入院中(かなり重い)の親戚にお見舞いに行こうと思っております。
お見舞いは現金を考えておりますが、新券がよいのか旧券がよいのか迷っております。祝儀は新券、不祝儀は旧券と思いますが、この場合はどちらがよいのでしょうか?

Aベストアンサー

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1057812.html

新札は常識から外れます。
上記サイトをご覧下さい。

Q抗癌剤,手術、ラヂエーション VS etc

先日TVにて「免疫療法」なるものが放映されていました。いわゆる西洋医学のケモセラピー&OP&放射線の逆で「気???」を高め免疫力を高め腫瘍をCRもしくはPRの状態に持っていくそうです。その様な症例が(アポトーシス???)あっても不思議には思いません。

ですが、あるのですか?あるとすればアーリーステージの症例なのでしょうか?不思議です。

Aベストアンサー

今から20年ほど前のことです。
その丁度5年前に胃の噴門部の進行癌で胃全摘術を受けた方を見ました。
手術は非根治術で、医師からは持って1年と言われとそうです。
手術の影響で術後に高熱を伴う膿胸に成り、炎症は治まりましたがドレナージ部が
瘻孔となり、塞がるまで5年間を要しました。
その5年目に見たのですが、全くの正常。手術した先生に報告したら、不思議がっていました。
これは、ガン細胞が高熱で消滅したのか、高度の炎症を克服した免疫機序によるのか。
癌の自然治癒の報告も有りますし。NK細胞と発ガン抑制の研究もありますし、
癌の免疫療法はあり得ます。かえって理想の方法と思います。
免疫機序が働く時点(余りに癌腫が大きく成らない、重要臓器障害を起こす前)迄なら、必ずしもアーリーステージとは限らないでしょう。

Q病気のお見舞い

会社の元上司が病気で入院しました。8年ほど前に血液のガンにかかり、完治したと思っていたのですが再発のようです。大変お世話になった方で、とても心配しています。
すぐにでもお見舞いに行きたいのですが、おそらく大変な検査中で(3ケ月の入院とのこと)、伺うのもはばかられます。
元上司の今の上司が近々病院に行って、お見舞いと様子を伺ってくるそうです。それまでは、個人的にお見舞いに行くな、とのことです。
そんななかで、まずは気持ちの手紙とお見舞いの品を郵送で送りたいと思いますが、それはいかがでしょうか。失礼にあたるような気もしまして・・。
問題なければ、
自宅に送る?病院へ送る?どんな品がよいか、手紙の文面は? 等、アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

やはり、上司の方が様子を伺ってくるのを待つべきでしょう。
実際の病状に応じて、品物や手紙の文面も異なると思います。
そういうことを考慮して、上司の方が、まず代表してお見舞いに行かれるのでしょうから。

個人的なお付き合いがあるのなら、とりあえず、自宅に電話して家族の方に様子を聞くということはあるでしょうが、ただ品物を送るのは、如何なものかと思います。
お見舞いは、早くやればいいというものではありません。相手方の事情を推し量ることが肝要です。

Q潰瘍性大腸炎に,プルーンは効果的?

食事や、体質改善のために、この病気の方が、ミキプル-ンを食べて症状がかいぜんされたときいたことがあります。
便秘にはおすすめだとは思っていたのですが。
普段は、なるべく消化のよいものをとるようにして、服薬はしていますが、
まあ、健常者に近い生活はできています。
プルーンエキス、シロップみたいなのが、ドラッグストアーにありますが
この病気の人が食べていいのでしょうか
教えてください

Aベストアンサー

潰瘍性大腸炎ですね、症状として下痢等は、有りませんか?。
現在、服薬されている薬が何であるか解りませんが、健常者に近い生活は出来ておりますとの事で有れば、プルーンエキス・シロツプは必要では無いのでしょう?。
 大腸内の炎症を止めるには、「日々草」を食べてみてください、炎症は止まります、又、菊の花(シマカンギク)「刺身のツマに付いている、黄色の菊の花」を1ヶ食べてください、炎症は消えます。
 現在、服用の薬とは、時間を空けてください、約1時間位は空けてください。

Q中学生向けの本病気で入院している知り合いの中学一年の男の子のお見舞いに行きます。その際、お見

中学生向けの本


病気で入院している知り合いの中学一年の男の子のお見舞いに行きます。
その際、お見舞いに本を持って行きたいんですが、どんなものが適当かわかりません(>_<)

中学生男子向けのおすすめの本を教えてください!

Aベストアンサー

暇だろうからこれを機会に良作を読めー!!
ってことでしたら、大人視点で読んでほしい本を選べばいいと思います。

普段からそのお子さんがどういった読書をしているかどうか…
にもよりませんか?
普段本を読まないお子さんと、ドストエフスキーまで読破してしまったお子さんでは違うと思います。

ただ、今タイミング的にものすごくいいと思うのは、夏休み前で
各出版社や学習教材社、協会などが「お勧めの本」中学生向けの
100選とか200選や
読書感想文の課題としての図書を出していますので
その中から選ぶのはどうでしょうか。
書店にいくだけでも候補がいっぱい並んでいる時期です。

個人的には「美しい元素」「マンガでわかる118の元素」
特に後者は、元素を擬人化したという新しいシュールな感じで楽しく元素に親しめます。

田中芳樹「アルスラーン戦記」
私が現役のころに高学年~中学生に人気でしたが今ちょうど漫画&アニメ化していますし
入りやすいと思います。
戦記もの、冒険的な要素と社会構成や人について考えられる作品だと思います

「14歳からのお金の話」
池上彰さんがお金、経済についてわかりやすく伝えてくれます

あとは戦国武将ものや三国志にはまる子もいる年頃ですね
でも読書が苦手な子だと読んでくれないかも?
頭に入っていると後々も役に立ちますが。

それから
星新一さんのショートショートはどうですか?
「未来イソップ」ぐらいから入るのがいいと思います。
皮肉がきいていたり、世にも奇妙な的なオチがあったりと
筋で楽しめる短いお話なので、世代を超えて楽しめますし
ちょっと読んでは一休み、としやすいです。

阿刀田高さんの短編ミステリもいいのですが
ちょっとエッチな要素があります(いや中学生ならむしろうれしいのかな)
ので親御さんの考えもありますので、ちょっと地雷感はあります。

暇だろうからこれを機会に良作を読めー!!
ってことでしたら、大人視点で読んでほしい本を選べばいいと思います。

普段からそのお子さんがどういった読書をしているかどうか…
にもよりませんか?
普段本を読まないお子さんと、ドストエフスキーまで読破してしまったお子さんでは違うと思います。

ただ、今タイミング的にものすごくいいと思うのは、夏休み前で
各出版社や学習教材社、協会などが「お勧めの本」中学生向けの
100選とか200選や
読書感想文の課題としての図書を出していますので
その中から選ぶの...続きを読む

Q診療報酬の不正では?

診療報酬の不正では?
知り合いが医療事務を務めている診療所で、下記のようなことが行われているそうですが、これは不正ではないのでしょうか?

月始めにきた患者さんに生活習慣管理料(高血圧700点)を算定します。
その患者さんが同一月の別の日に検査をうけにきたので、前回算定した生活習慣管理料(高血圧700点)を取り消して、特定疾患療養管理料(225点)を前回と今回のそれぞれに算定し、検査料も付加します。

つまり、どういうことかというと、生活習慣管理料(高血圧700点)を算定した場合、同一月内に検査を受けたときの検査料金をとれないため、前回算定した生活習慣管理料(高血圧700点)をとりけしているのです。このようなことがその診療所では日常的に行われているようです。

もちろん、生活習慣管理料(高血圧700点)を取り消した分の差額は患者さんの支払いから差し引いていますが、そのことを患者さんに対して説明しません。

最初から生活習慣管理料(高血圧700点)をとらないのならば問題はないのですが、お医者さんが儲けるためだけに一度算定した点数を取り消すというのは他の診療所や病院でも行われていることなのでしょうか?
また、これは許されることなのでしょうか?

診療報酬の不正では?
知り合いが医療事務を務めている診療所で、下記のようなことが行われているそうですが、これは不正ではないのでしょうか?

月始めにきた患者さんに生活習慣管理料(高血圧700点)を算定します。
その患者さんが同一月の別の日に検査をうけにきたので、前回算定した生活習慣管理料(高血圧700点)を取り消して、特定疾患療養管理料(225点)を前回と今回のそれぞれに算定し、検査料も付加します。

つまり、どういうことかというと、生活習慣管理料(高血圧700点)を算定した場合、同一月内...続きを読む

Aベストアンサー

診療報酬の請求は、1か月毎に行います。

その1か月に行った診療行為をまとめて1枚のレセプトにするわけですが、行った都度点数になる出来高のものもあれば、月に1回しか算定できないものもあるわけです。

外来では、その人が今月もう一度受診するのか、しないのかは確定しないので、月の最初に来た日に「月一回の」ものを算定してしまいます。
月内に再診となり、再診時の診療行為により最初に算定した点数ではなく、他の点数で計算するように変更になった場合は、計算し直して精算します。
最終的にその月のレセプトで正しい点数の算定になっていれば良いのです。

同一の診療行為を行っても、点数が異なるような事になるのは制度上の矛盾ですが、一月の中で点数の算定方法を代えて精算することは違法ではありません。
患者さんに不利になる(自己負担額が多くなる)場合もあれば、自己負担が少なくなるような変更も当然起こりえます。

診療報酬の請求は、1か月毎に行います。医療制度がそのようになっているので、患者さんとの診療契約も1か月毎に点数を計算するということになります。ですから法的にも月内に点数の精算をし直すことは何も問題ありません。

同じ事をしていても点数が異なることがあるのはおかしいのですが、点数の高い方を選択することは医療機関の経営努力でありむしろ推奨されることと考えられます。

これを診療報酬の不正請求だとか、医者が儲けるために、などと言ってほしくはありません。

診療報酬の請求は、1か月毎に行います。

その1か月に行った診療行為をまとめて1枚のレセプトにするわけですが、行った都度点数になる出来高のものもあれば、月に1回しか算定できないものもあるわけです。

外来では、その人が今月もう一度受診するのか、しないのかは確定しないので、月の最初に来た日に「月一回の」ものを算定してしまいます。
月内に再診となり、再診時の診療行為により最初に算定した点数ではなく、他の点数で計算するように変更になった場合は、計算し直して精算します。
最終的にその月...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報