ちくのう症(蓄膿症)は「菌」が原因!?

またコンピュータで原始中飛車の練習をしましたが、何度やっても勝てません。
いとも簡単に詰まされてしまいます。
今度は何がいけなかったのでしょうか?

手合割:平手
先手:自分
後手:コンピュータ
▲7六歩 △8四歩 ▲6八銀 △3四歩 ▲7七銀 △6二銀
▲6六銀 △4二玉 ▲5六歩 △3二玉 ▲5八飛 △5二金右上
▲4八玉 △8五歩 ▲7八金 △8六歩 ▲同 歩 △同 飛
▲8七歩打 △7六飛 ▲3八玉 △7四飛 ▲2八玉 △3三角
▲3八銀 △2二玉 ▲1六歩 △1二香 ▲5五歩 △1一玉
▲6五銀 △7五飛 ▲5六銀 △7四飛 ▲4五銀 △2二銀
▲5四歩 △8八角成 ▲同 金 △5四歩 ▲同 銀 △5七歩打
▲同 飛 △7九角打 ▲5六飛 △8八角成 ▲5三歩打 △4二金寄
▲8三角打 △7八飛成 ▲6一角成 △5一金 ▲同 馬 △同 銀
▲6三銀成 △4五角打 ▲5九飛 △6三角 ▲5二金打 △4八銀打
▲同 金 △同 龍 ▲5六飛 △3九金打 ▲1七玉 △3八龍
▲4二金 △2七角成 ▲投了
まで68手で後手の勝ち

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ハイ、どうも。

     では、解説します。     15,7八金?・・・・・7七角の方がイイでしょうねェ。     それを除けば、36手目までは問題ナシ。     37,5四歩=[悪手]。     この局面;7七角+7八金の形ならば、(以下)後手;7七角成ー同桂の展開予想=勝負はこれからでしたねェ。     42,5七歩=「後手勝勢」・・・・・コレ以降は、先手;見込みナシ。     ただし、先手の駒組みは悪くありませんヨ。     私はこの数局を解説する過程で、後手;COMの癖を見抜きました。     今から述べるアドバイスを紙にメモ後、対局しながら見れる場所に置く事を、オススメします。    「1、後手の飛車先=7七角。     2、玉は美濃囲い(1六歩)。    3、後手;7七角成(角交換)=先手;同桂(同金=[悪手])。     4、先手;中央突破に必要な戦力=飛車+左銀+左桂(6五ー5三)+持ち角(あれば尚良し)。     [あなたの傾向]=飛車+左銀・・・・・戦力不足ですねェ。     ポイントとしては、いかに左桂を捌くか?・・・・・後手のカウンターが待っています(飛車がいなくなる=左金がタダ?;COM;飛車7筋の場合)。     さあ、あなたはどう指しますか?     私事ですが、本日;am9:01=仕事終了(利確決済)。     ゲーセン「天下一将棋会」PLAYしに行こうかなァ?     では、また。                          
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、飛車と左銀だけだと戦力不足ですか。
今度は左桂も活用して攻めてみます。
しかし、たった数局で癖を見抜くなんて、凄い!!

回答有難うございました。

お礼日時:2011/04/06 18:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング