マンガでよめる痔のこと・薬のこと

北海道に住んでるんですが、北海道の節電分は東京電力?に届くんでしょうか?

節電しても、意味があるのかな?と思っちゃって‥‥

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

北海道電力の火力発電所である砂川発電所・奈井江発電所・苫小牧発電所・伊達発電所・苫東厚真発電所・知内発電所の燃料は石炭か重油です。

北海道には天然ガスを燃料とする火力発電所など一つも存在しないのが現実です。ロシアが天然ガス輸出を100倍に増やそうが北海道にはなあーーーも関係ない。

北海道は東京電力への送電がどうとか何の関係もなく節電に努めなければならないということです。

石炭と重油を燃やせば、温室効果ガスを排出し地球温暖化を促進してしまいます。どうやらこの国の総理大臣はすっかり忘れたようだが、日本は世界に対して温室効果ガスの排出削減を約束している立場であることを忘れてはならない。東北電力・東京電力の管轄する原発が停止している以上、必然的に東北・関東で温室効果ガスの排出が増えているのです。だから北海道はその分、節電に協力してもらうしかないのです。
節電だけでも駄目で冬の暖房も節約していただきたい。全く使うなとはいえないが、せめて室温を2度でも3度でも下げてもらえないか。

また石炭と重油を燃やせば、窒素酸化物・硫黄酸化物を発生させて酸性雨の原因となります。酸性雨は農業に脅威となるだけでなく何一つ良いことがない。北海道は非電化路線が長大で、自家用車のガソリン消費も多い。北海道は東北・関東に関係なく、節電・省エネに努めなければならない立場であることを忘れてもらっては困る。

東北の復興事業ではパワーショベルなどの重機が重油を燃料とします。北海道で燃やす重油があるなら、その分を少しでも東北に分けていただきたい。

これでもまだ北海道は節電は必要ないなどと抜け抜けと言い放つつもりですか?
    • good
    • 0

現状オイルシェールの技術の進歩等で、火力発電の主たる燃料である天然ガス供給量は世界的にあがっています。


ロシアもいち早く日本向け供給量を倍にする方針を発表しました。
量の面でも価格の面でもエリア外の節電のもたらす効果はほとんどありません。

ただ冬はこれまでのように本州から北海道に電力供給ができません。
むしろこのまま本州への送電を続けて欲しいです。

北海道の方には今節電してとは言いません。その必要はありません。
ですが冬の節電を今から考えて欲しいです。

オール電化を検討している方は電力が安定供給されるまでIHコンロを控えるとか、暖房関連は電気をさけガスや灯油を使うとかしてくれるとありがたいです。
    • good
    • 0

火力発電所の燃料は石炭・石油・天然ガスです。


石炭・石油・天然ガスには北海道だの東京だの
といった色は付いていません。どこの電力会社も
火力発電所が発電の主力です。

北海道の田植機で遣うガソリンも九州の田植機で
遣うガソリンも同じものです。

パチンコ玉を弾く電気も病院で使う電気も同じものです。

これでもまだ、のうのうと「節電しても、意味があるのかな?」
と言い放つつもりでしょうか。
    • good
    • 0

北海道の節電分は東京電力には届きません。


北海道と本州をつなぐ送電線の能力が60万KWしかなく
現在供給を行っていますが、節電しなくても何ら問題ない電力です。

節電、自粛、など現在見直しが行われています。
震災と関係ない地域が現在のように節電や自粛を行っていると
日本経済事態が衰弱して、結果 お金が被災地に行かないということです。

節電などせずに、北海道電力の売り上げに貢献すれば
間接的に、東京電力や東北電力に貢献できるという考え方もあります。
各電力会社は人や資材、燃料などを東京電力や東北電力に供給しています。
    • good
    • 0

北海道電力の年間最大電力は、暖房需要の真冬です。


夏場は、電力に余力があります。
北海道から東北、関東へは60万kWだけしか融通できません。
したがって、電力として東京に届くわけではありません。
北海道では、個人の自宅で節電しても、あまり効果はありません。

ただ、北海道から九州、沖縄まで全国展開している大規模スーパー(イーオンなど)などでは、全国の店舗で節電を実行しています。
大規模店舗の月額電気料金は数百万円。
照明の一部を節電するだけで、月額数十万円の電気代の節約が出来ます。
この、節約分の電気料金を東北地方の義援金としてプレゼントされる仕組みなのです。
一部のコンビニ(ローソンなど)も同様の節電寄付を行っています。
こちらは店舗規模が小さいため、一店舗あたりの寄付金額は小さいが、全国の店舗数が多いため、なかなか大きな義援金になります。

どうか、よろしくお願い致します。
    • good
    • 0

現在、60万キロワット、青函海底送電線を通じ、東北電力・東京電力へ


友情送電中です(^-^)/

まあ、毎年、暑い夏になり首都圏でナイター見ながらクーラー入れるようになると
東北電力経由で、東京電力へ、電気売っていたけど( ^^) _旦~~
    • good
    • 0

北海道から本州への送電は直流の海底ケーブルを経由するため、それほど


多くの電力は遅れません。多分、北海道電力の余剰分でまかなえるくらい
だと思いますので、直接的にはあまり意味はありません。
しかし、一人が節電することにより全体が節電の雰囲気になり、結果として
火力発電用の重油の相場が下がっていけば東北電力や東京電力が助かります。
節電分が届くという訳ではないですが、何かの助けにはつながります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング