出産前後の痔にはご注意!

1年間野菜だけ食べてる奴いますか?
1年間魚だけ食ってる奴いますか?
人間なら野菜たべて魚たべて水飲んで外歩きますよね?
間違いなく被曝の上限越えますよね?
しかもそれプラス通常の被曝量が加算されるわけだから間違いなく影響ありますよね。
水銀やアスベストと同じ運命をたどるのが目に見えてます。
10年後20年後に影響出ても因果関係が説明出来ないから政府のやりたい放題ですね。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

チェルノブイリのように、思考能力の低下や、体調不良に陥る人が大勢出る可能性があります。




このような症状と、放射能との因果関係を、立証することは困難です。

人間の体は60%が水なので、水溶性のセシウム137は、体の全体に溶け込みます。

国民の思考能力の低下は、政府の望む所でさえあるのではないでしょうか。
    • good
    • 0

ここだけの話として聞いてくださいね。



「ほんのちょっとでも影響がある、20年後に発病するかもしれない」、という可能性まで考慮した場合、
「東京都の人はみんな避難してください」とかさ、極端に言うと「日本人全員が避難するべきです」
なんでしょうよ。
でも政府がこれを言うことって「現実無理」でしょう。
絶対無理。日本がおしまいになってしまうような発表なんだから。

あとからブーイング覚悟で黙って汚染水を海に流しちゃったのと同じですよ。
どんどん漏れてくる水はそれ以外の選択肢がないからしょうがないんです。
議論してる暇なんてないし、あとで謝るしかないでしょう。

「国民をパニックにしてはいけない。」
すべてはこのキーワードの元に作文されている気がします。
「ただちに健康に影響することはない」 みたいな文章ですね。
矛盾があるとか、おかしいとか言いつつも質問者さんは避難していないでしょ?
誰もが知ってるけど暗黙の了解だと思って黙っていてくださいね。
    • good
    • 0

>10年後20年後に影響出ても因果関係が説明出来ないから政府のやりたい放題ですね。



うむ。

でもそれは農薬だってそうだぜ?
なんで放射線だけそう思うんだ?


それと、水銀とアスベストは因果関係を証明出来てるんだが?

学校行ってるか?勉強してるか?政治ごっこは楽しいか?

この回答への補足

農薬と放射線が同じなんですね(笑)
すごい事知りましたありがとうごさいますm(_ _)m
みんなに広めます。

アスベストと水銀は大丈夫だと言ってて結局ダメだったということが同じになると言っているんです。
上から目線で回答するのは典型的な馬鹿丸出しなのでやめておいた方が良いですよ、惨めです。

補足日時:2011/04/07 17:12
    • good
    • 0

「大丈夫だよという君の言葉が、一番大丈夫じゃない」



誰しも体の中に放射性カリウムその他含めてだいたい1万ベクレル弱くらいはありますから、一瞬ちょっと増えた程度ならそれほど大きな結果にはならないでしょうけど、あぁいう誤魔化し方はいけませんね。

水道水のときも「濃度が下がったから飲んでもOK」というのは単純すぎて、たとえば煮物をしたりすれば煮詰まって濃度は上がるわけですしね。洗濯に使っても良いっていうけど、干して乾燥したあとの洗濯物を赤ちゃんが舐めても大丈夫?とかっていう不安は拭えないでしょう。

海に流しても薄まるから大丈夫・・なんて言ってましたが、お風呂に入浴剤入れたときだって、入れただけではなかなか拡散しないというのは小学生だって知ってますよね?海に捨てても海流に乗ってあまり広がらずに流れていくものだなんていうのは、「常識」の部類だと思いますが、平気でそんなことを言ってしまう。

とにかく、言ってることもやってることもあまりにも荒っぽくて乱暴すぎるんですね。
どうも上は気楽に中国旅行だのでふんぞり返って勝手気ままに自分の保身のための言い訳作りのために、あれをやれ、これはどーなんてんだ!といろいろ言い出すので、現場がパニックに陥っているような感じがします。
うるさいので、あまり考えずに場当たり的に説明する、それを鵜呑みにしたのが記者会見で「毎日食べても・・」なんて言ってしまう。そんなところじゃないでしょうか?

一回全部リセットして、上の人間の首を全とっかえしてやり直したほうが良いような感じですよね。
    • good
    • 0

TVでは1時間あたりの値を言っていたりしています。

それで「レントゲンと同じくらいだから、安心」とか。そういう言い方は違うと思います。

まず24時間をかけないと。あと原発からいつ放射性物質が出なくなるか未知数ですが、仮に1年だとしたら、さらに365日をかけないと。
レントゲン1回と比較して・・・っておかしいと思います。1回と1年では全然違う!と言いたくなります。

さらに水や食べ物のことも考えて、その総量だと思います。それを考えたうえで、どのくらいまでの上限で大丈夫なのかでは?
野菜や魚なども考慮したうえで、わかりやすい計算があったので、参考にHPを載せておきます。

参考URL:http://takedanet.com/2011/04/post_d6e6.html
    • good
    • 0

ただちに影響があるのは


『大量の放射線を浴びて、細胞分裂ができないほどに染色体がズタズタに引き裂かれた時』
だけです。

現在の放射線量はそこまで酷くはありませんし、その影響が出るのは10年以上も後の話です。

チェルノブイリでも広島でも、放射線の影響はないと思われていた地域で(フランスなどでも)、5年後10年後に癌の発症率が異常に高くなりましたが、「ただちに健康に影響はありません」ので安心してください。
政府が因果関係を認めていない事例はたくさんあるので、やはり関係ないのかも知れません。


この先ちょっとずつ外部被爆や内部被爆を繰り返しても,全身が溶けて死ぬような悲惨な死に方だけは致しませんので、安心ください。せいぜいがんになるくらいです。


放射線による人体への影響はまだ研究段階で分からないことも多いので「100mシベールト以下だと絶対に安全」という根拠はどこにもないのですが、「ただち」に健康に影響はないので安心して通常通り生活してください。


生物の食物連鎖において放射性物質は何千倍にも濃縮されていくので、やがていろいろな生物に影響が出てくると思いますが、海は広いのできっと大丈夫です。


アスベスト、水俣、六価クロム、薬害エイズ、c型肝炎…
政府の対応は実に適切で信頼できるものなのでこれからも信用して大丈夫です。
政府は嘘を言いませんので「安心しください」。
    • good
    • 0

実に鋭い指摘だ。



そういう賢い国民を見越して政府は既に次の手を打つ検討に入っている。

http://www.asahi.com/health/news/TKY201104050616 …
    • good
    • 0

それが正しいようです。

 基準値は、見捨てる人数の違いでしょう

その理論の因果関係です。 しかし、国民がそれを簡単に証明できないから困ります。

http://www.ustream.tv/recorded/13373990?lang=ja_JP

なさけないですね。
    • good
    • 0

影響が出るのは確か>100mSvです。


ただ、それはあくまで線量の話で、放射性物質を直接体内に取り込んだ場合の
内部被爆と病気との関連はよくわかっていないと思います。

そしてわからない以上、危ないものと考えて対処するのが無難です。
    • good
    • 0

因果関係を説明できるように、



今日から、食べたもの、移動した場所、すべて、日記につけておけばよいのです。

5年後、10年後に、闘争するための保険として、笑えるけど。

これからは、安全、とか、自分の命を個人で、考えて、生き抜く必要があるでしょう。

被爆の、計算とかも、わらえるけど、やらないと、いけないっしょ。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング