AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

特許法46条の2第1項1号に、実用新案登録からの変更可能な期間は出願日から3年とあり、出願変更(46条2項)のようにこの3年に例外規定は記載されていません。
一方、特許法48条の3第2項に、出願審査請求の特例として出願から3年経過後でも、変更の時から30日は出願審査請求が可能とあります。
実用新案登録からの変更は、実用新案の出願日から3年が例外なく決められているのに、出願審査請求の特例を認める必要があるのでしょうか?
どんな場合を想定して48条の3第2項に46条の2を記載しているのかがわかりません。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

変更の日が3年経過の前日であり、審査請求日がそれから30日後ということもあります。

そういう場合でも、審査請求をするために最低30日の猶予期間を設けたものです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング