人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

マスコミは東京電力前で行われた原発反対のデモをなぜか放送しません。
東京電力に何らかの恩恵を(研究費などの援助)もらっている学識者らは安全です
、大丈夫ですしか言わないですね。少なくとも批判的なことは言わない。

今回の事故で原発は安全じゃない、安全神話は崩れ去ったのですが・・・。
いざ、反対などの発言をするといっせいに「じゃあ、あなたは電気のない昔の生活で
いいんですね!原始生活でもしてろ!などとひどいことを言われます」

今回の事故の処理に(廃炉?閉鎖?)数十年かかる見込みとのことですね。
いったいいくらの費用や電気がかかるのでしょうか?
それでも原発しか選択の道はないのでしょうか?
世界の主要国では、原発を作らない、もしくは見直しが主流ではないのでしょうか?
本当に水力・火力・風力・太陽光・地熱などでは全然足らないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

>「じゃあ、あなたは電気のない昔の生活でいいんですね!原始生活でもしてろ!などとひどいことを言われます」


あのー何がひどいのでしょうか?原発を否定することの意味をそのまま言葉にしただけのように思うのですが。
>いったいいくらの費用や電気がかかるのでしょうか?
まだ全然わかっていません。海外の金融機関は10兆円と試算したらしいですが、○十兆円の桁と思われる程度くらいにしかわからないと思います。
>それでも原発しか選択の道はないのでしょうか?
逆にあるなら聞いてみたいです。世界中を見回して、原発が無い先進国・中流国があるでしょうか?
もしあったらその国はよほどエネルギーに関して特殊な事情にあると思います。
世界中どこの国民も原子力大好きだと思いますか?
そんな夢のようなエネルギーが無いから、(利権関係者以外は)誰もがいやいやながら原発を認めているのです。
他に選択肢がないから使っているのです。
>世界の主要国では、原発を作らない、もしくは見直しが主流ではないのでしょうか?
全然違います。地震前は原発の大増産・大建設ラッシュが始まるというのが世界情勢でした。
今回の災害で色々な議論が起きるでしょうが、現状原発を作らない方針に転換した国はまだ無いと思います。
そもそもそんな簡単に否定できるものなら、原発が世界中に普及したりしないでしょう。
誰だって放射能は好きじゃありません。
>本当に水力・火力・風力・太陽光・地熱などでは全然足らないのでしょうか?
現状水力・風力・太陽光・地熱は発電量の面でお話になりません。
原発の代替になるほど発電量を引き上げる方法も、特に日本の国土を見れば皆無といえます。
火力は現在は発電所の数が足りません。
発電所を増産したとしても、化石燃料はいずれ資源が枯渇します。安定的な輸入先もありません。
限りある資源を日本人が無駄遣いしていいのかも問題です。
温暖化の原因といわれるCO2も増えます。

反対するのはいいですが、もう少し世界の現状・技術の現状を勉強したほうがいいと思います。
100年後の夢と現在や近未来の方策とはどうしても一致しないでしょう。

今回の人災で原発の建設がしばらく止まると思いますが、そのせいでかえって古い原子炉の寿命が延長されるのが怖いです。原子力が嫌だ停電も嫌だと矛盾したことを言ってる人が多数派になると、当然おきるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あなたさまからの回答をお聞きしたら反対などといえないし。
かといって賛成などと軽々しくも言えませんわ。
貝になります、どうもありがとうございました。

お礼日時:2011/04/07 09:15

世界の趨勢としては、中国など新興国の石油・石炭需要の増大と価格上昇、温暖化対策などから、スリーマイルやチェルノブイリの原発事故で停滞していた原発が見直されてきています。

 その矢先に福島原発の事故が発生しました。
フランスやアメリカが福島原発の対応に積極的に協力するのは、事故が深刻化すると、原発推進の障害になると考えているからです。

火力発電は規模的に原発の代替になり得ますが、燃料の石油・石炭・天然ガスの需要が世界的に増大しており、価格の上昇が起こっています。また、二酸化炭素を大量に発生するので、火力発電を増やすことは、温暖化対策において国際的に不利になります。

水力・風力・太陽光などの自然エネルギーは今後もっと増やしていかなければなりませんが、原発の代替になり得ません。 その理由の第一は規模があまりにも違うといくことです。たとえば、羽根の直径が100mもある世界最大級の風力発電機でも、原発の1/300くらいの出力しかなく、年間の総発電量では1/1000以下しかありません。
第二に発電が自然まかせで、必要なときに必要な量を発電できないため、火力などで、適切に補わなければ、電力供給が不安定になります。

もっとも現実的な代替は消費を減らすことです。
東京電力の販売電力量はここ10年間ほとんど増えていません。
日本は人口が減少していますし、経済も停滞しています。電力需要は今後減少すると考えられます。
http://www.tepco.co.jp/ir/data/hanbai-j.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

現実的な回答に感謝です!
ありがとうございました。
勉強になりました。

お礼日時:2011/04/07 09:18

それはまあ、年々大画面化で消費電力が多くなるテレビを見るななんて、マスコミが口が裂けても言うはずはありませんから。

LEDバックライトとかエコポイント対象商品とか言ってましたが、画面を大きくしながらテレビの消費電力を抑えるのは大変なことなのですから。

原発がなかった頃の生活を説明するのが一番説得力があるのではないかと思います。

72年ごろ(福島第1原発稼動開始の直後で、総発電電力量中原発の占める割合が1-2%程度の頃)の水準の生活は、原発なしでも十分できると思われます。ですが、当時はエアコンも電子レンジもそんなに普及しておらず、テレビも消費電力はせいぜい100ワットそこそこ(第一次石油危機の73年には、消費電力63WのテレビCMがヒットしました)で、プラグインハイブリッド車もなく便座も冷たく、今から思えば相当慎ましい生活でした。

ですが、エアコンや冷蔵庫の消費電力は年々下がっており、LED電球などの省エネ家電の発展もあって、テレビ以外の電力消費は概ね低下傾向にあります。火力発電も、ガスタービン+蒸気タービンのコンバインドサイクルの導入などによって、燃料の単位体積当たりの発電電力量は増えております。電車も、ステンレス車体の導入などで軽量化され、インバータ制御が主流になった結果、単位輸送力当たりの消費電力量は低下しております。二度の石油危機を潜り抜けた日本は、世界一エネルギーを大切に使う主要先進国になりました。これら技術革新によりかかるだけでなく、エアコンの設定温度の適正化と大画面テレビへのこだわりを捨てることができるだけでも、日本全体の電力消費を相当量抑えることはできると管見します。

原発を安全に設計する手立てはなくはないのでしょうが、チェルノブイリ事故が人災であったのと同様、今回の原発事故は、平安時代の東日本大震災を無視して「想定外」などと寝ぼけたことを言っている地震学者と、その尻馬に乗って利権のために動いた政治家・官僚と電力会社の責任で起こった人災であることは疑いありません。JCOの臨界事故にしてもそうなのですから、今後、原子力を安全に運用できる保証などあるのかと疑うのは当然であると考えます。ですが、我々はこれまで、自分が使ってきた電力の三分の一が原子力によるものであるということをもっと自覚しなければなりません。エアコン全開の部屋で55インチのテレビを見てる人に原発反対を叫ぶ資格があるのかと問いたいのです。人が変わらないと原発はなくせないと見ます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しくかつ誠実な回答に心より感謝しております。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/07 09:17

日本には資源が無い。

化石燃料は枯渇するし、CO2の問題もある。原発に替わる安価で効率的なエネルギーは他にない、というのが推進される方の主なご意見でしょうか。しかし電力会社の言い分をそのまま鵜呑みする前に、もう少し視野をひろげて欲しいと思うのです。ウラン燃料も海外に依存している地下資源の一つであり、いずれ枯渇するという点では化石燃料と一緒の物ではないでしょうか。
今後世界の電力需要が、仮に原子力で賄われていった場合、日本が安定的に燃料を確保できる保障はどこにもありません。コスト的にも不安があります。日本中に広がっている被害(風評被害を含めて)を東電が賠償しようとした場合、電気料金はいまのままで済むでしょうか。(いち企業が責任を負えるレベルでは、もはやありませんが...)既存の原発も安全対策の不備を指摘されている所が多数あるようですから、その為の費用も料金に上乗せされていく可能性があります。ウランの採掘も放射性物質を含んだ残渣が野積みにされているということが問題になっており、処理費用が単価に上乗せされる事も考えられます。地方にバラ撒かれる多額の交付金も考え合わせると、原発のコストはけして安くないというのは今や常識となっています。
 原発の必要性について、電力会社の言い分もずい分変遷があったと思います。オイルショックのときは「石油が無くなる」、その後なかなか無くならないので「発電コストが安い」に変り、コストの算定方法の矛盾を指摘されると「CO2を出さない」というのが今の売り文句です。必要理由をコロコロ変えるのは大型の公共事業等にありがちな傾向です。共通するのは「つくる」ことが最大の目的になっているという事です。
原発を推進される立場の方も、ウランがいずれ枯渇する海外依存の資源であるいじょう、再生可能エネルギーにシフトする流れに関しては否定なさらないと思います。私も今すぐ全ての原発を無くすなどとは思っていませんが、放射能汚染という、人が責任を負えないような被害の広がりを見せつけられると、これいじょう新たな建設には賛成できません。
 当面大型の発電施設は石炭と天然ガスとして、同時に二酸化炭素を回収させる。(かなり高効率で、三菱重工は既に海外に技術提供している)あとは個人や事業所ごとの小・中規模の発電(ソーラー・燃料電池等)を普及させる。それでどうしても足りなければ節電するしかないでしょう。今やれているんですから出来る筈です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

くわしくかつ誠実な回答に感謝です。
勉強になりました。

お礼日時:2011/04/07 09:16

>水力・火力・風力・太陽光・地熱などでは全然足らないのでしょうか?



酸化してのエネルギーと核分裂のエネルギーは200万倍と余りにも大きな差が有りますので、
代用品がないのです。

先進国も見直しをして、政権が変われば見直しが始まります。
明治 4000万人 大正6000万人 戦中戦後 1億人 現在1億2千5百万人

農地を開拓しても、生きるためだけの食料も自給100%可能かわかりませんが、
最低限度の鉄や石油等の輸入は必要です。

外貨はどうするか、と考えると加工貿易しか考えられません。

私たちは鉄を刀として、農具として。 火を火事として 火を加工や料理に
人類が発明されてから全てのものが諸刃の剣であり、馬鹿とハサミは使いようとして

取り扱いには 注意を払ってきました。例えば電気ならば電気工事士 溶接 車の免許
と言う風に安全に使う為に免許制度も作りました。

原発に於いては 遥かに厳しい免許と取り締まり機関の独立性が必要でした。
これが信じられないほどに、運用されてきたために、今回の事故を予測して
対策を講じるように言われていたのに、しなかった。極めて重たい人災であり

東電 保安院などの責任者を刑事事件で裁いて、罪には罰があるのだとわからせる
事が重要です。
公害の水俣病の経営者から幾多の公害が発生して来ましたが、裁かれていません。

取締役になった時、家族たちから祝福されても、責任も重さを考えることも出来ない
国民を作ってきたのです。

日本最大の黒四ダムで作られる電気の量は33万kw。  原発一基110万kwを比較して考えるときに
いやでも原発を否定することは如何でしょうか。

推進派の私でも悩むのです。

日本は原爆被害の唯一の国家です。放射能の怖さを知らずに被爆して、現在もお元気な友人がおります。
原爆実験で7000発以上が地下で爆発しています。その為の放射能も漏れ、ています。

今回の事故では 政府が東電が国民に真実を伝えずに、政府も原発事故マニュアルを
<絶対に起きない>作っていませんでした。その為にうろたえて、安全と言ったときには水素爆発でした。

学者 知識人 有識者は、権力者に取り込まれ、テレビは報道制限と2chで書かれていましたが、
少なくても学者が絶対に使えない言葉の連続でした。

ただちに健康に影響を及ぼす これは文学用語です。

改善されたものが 納得できるまでは当然反対です。
その為に2  3年は時間が必要に思います。

ただ 反対でなく
自分で学び 質問して 信念が確固たるものになってから、賛成 反対の意見を主張さればと
思います。

そして 賛成ならば放射能のリスク、日本以外の事故も含めて。

そして 反対ならば、テレビ14インチ 冷蔵庫1m 炊飯器500w
クーラー500w 車ガソリン500円 (給料一万円のときにガソリン五十円でした。) 温室野菜は無し。

を受け入れての人生です。

難しい選択だと思います。






 
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

現実的な悲しい回答ありがとうございました。
勉強不足の為、賛成も反対も言えなくなりました。

お礼日時:2011/04/07 09:12

徹底的に省電力化に取り組み、夏は1ヵ月間、夏休にして、電気代も階段式かつペナルティ式に値段を上げて、自然エネルギー発電を各家庭に大推進したり。



やれる限りのことをやってダメだったら、原発に頼ってもいいのではないでしょうか。やりもせずに、できない、では、近頃の新入社員みたいですよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
hieronさんの回答に元気がでました!
やれる限りのことをやってみる!そうですよね。

お礼日時:2011/04/06 16:47

水力・火力・風力・太陽光では足りないです


技術革新されレアメタル問題をクリアし燃料電池を生産できるようになるとか
遺伝子組み換え植物も可能性ありです

とりあえず原発を止めるのならやはり計画停電を甘んじて受け
生活レベルを落とすしかないでしょうけど
計画停電等で輸出ができない日本では原燃問題以前に落とさざるを得ないです

安全神話は崩れ去ったというのも疑問です
もともと完全に安全というものでもないですし
M9レベルの地震で、この程度の被害におさまってるのも驚異的なことかと、
少なくても津波さえカバーできればどうにかなるレベルです

今後は人為的ミスにも対応できるでしょうからより安全になるでしょう
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
少なくとも現在の段階では、おっしゃられていることに賛成できかねます。
あくまでも個人の意見ですが、メルトダウンを起こしこれだけの放射性物質を
空中、海中に垂れ流しているのですからとてもじゃないですが
「この程度の被害におさまっている・・・」などということは言えないですね。
農業・漁業の方々の今後のことを考えるとまた、福島県の20km圏の住民の方がた
のことを考えると、この程度ならなどととても言えません。

お礼日時:2011/04/06 16:45

 別に不安定な状態でも良いのなら自然エネルギーでも。



 普段の生活の中の電気と工業や産業に使われる電気、交通に使われる電気など様々です。これらを円滑に安定して電気を供給できるのが原子力発電になります。発電量が違います。

 原子生活から原始生活へ。ひどい言い方でしょうか? 電気に依存した生活からどれだけ使わない生活に戻れます? 快適な暮らし、清潔な暮らしなどが失われますがどうですか? 一旦便利になったものを不便な状態に戻せる勇気はありますか? 
 社会全体が電気依存から離れると覚悟を決めれば減らせるでしょうね。しかし、それが難しいから困っているのです。
 賛成派と反対派がお互いのデメリットを責めているし、メリットばかり強調するばかりで困ります。今のところ満足できるのが原子力発電所なんですよね。

 マスコミも電気が止まれば放送できないしね。 


 それと学者が信じられないのならご自分で勉強して判断されてはどうでしょうか?

 私は私の持っている知識を総動員して許容範囲と判断しましたが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おっしゃるとおり、賛成派と反対派の論争は水掛け論というか極論、結論がでないですね。
おっしゃるとおりで、スポイルされた学者は信じられないので、東電と無関係な方の
話や意見や書籍を今調査、勉強中です。

お礼日時:2011/04/06 16:39

普通に原発の廃炉で、800億円から、1千億円。


今回は破壊しましたし、メルトダウンもおこしました。

ですから、放射の汚染物質が、あちらこちに。
飛散もしましたので、その保障もしなければならない。

数千億円、かかるのでは?。

地震学者は、もともと、6以上で壊れる事は想定していた。

でも、建築のお墨付も、テレビに出ている地震学者が、
だれが、印鑑を押したのでしょう。ですから、想定
していた、値をこえた、だから、想定外なのだそうです、

また、調べれば、調べるほど福島原発の不備はでてきます。

しかし、自民党、官僚、保安院、東電、通産省だっけ、

この人達の責任を追及しなければ、何千億円も出費して
欲しくないと思います。

本来30年の寿命なのに、40年も使い続けた件。

天下りの役人で、表に出ない人が一名いるそうです。
年種は、1860万円、今度の事がほとぼりが醒めたら、
東電の副社長?になる、密約まであるそうです。

もしこれが、第2次大戦なら、全員、絞首刑では、と
おもうのだが、国に、何百億円もの負債をおさせて、
まだ、普通に給料をもらえる、これは、どういうこと
納得できません。

水力は、ダムが駄目でしょう。風力は、相当お金
をばら撒いていましたが、日本で雷が多いのに、
雷の避雷針をつけないばかりに、壊れいてるものが
多いそうです。

太陽光、これはもっと推進しても良いでしょうけど、
役人は儲からない、各個人たくにつけても、徳が
ないからね、

地熱、も、いまち、パットしないですよね
日本では、火がみえる、活火山は少ないですからね。

やはり、原子力なのでしょうけど、原子力発電で
大事分部分がわかっているひとは、一握りで後は、
役人と、印鑑を押す人ばかりな様です。意味も解らず
書類がまわると、印鑑をおし、高給をとる、役人
だそうです。

ここで、原因追求しなければ、先へは進めないのでは
と私は思います。犯人探ししましょう。人災ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!
yasuto07様の回答にほとんど同意見です。
天災はしかたないとしても人災は
きっちり責任をとってもらいたいと思ってます!

お礼日時:2011/04/06 16:36

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング