OCN光で最大124,800円おトク!

某参考書の文章でこんなものがありました。

初期のコンピュータのCPUは、複数のチップから構成されていましたが、技能の進歩に伴い、1つのチップに集積されるようになりました。このように1つのチップで構成されるCPUを「マイクロプロセッサ」と呼びます。パソコンのCPUは1つのチップで構成されているので、マイクロプロセッサともいわれます。

(一字一句そのまま抜粋しました)

で、後半の2文についてなのですが

・このように1つのチップで構成されるCPUを「マイクロプロセッサ」と呼びます。

・パソコンのCPUは1つのチップで構成されているので、マイクロプロセッサともいわれます。


これって

上の文はCPUのことをマイクロプロセッサと言うという意味で
下の文はパソコン自体をマイクロプロセッサとも言うということなのでしょうか?

教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

1つのチップで構成されるCPUを「マイクロプロセッサ」と呼ぶ。


パソコンのCPUも1つのチップで構成されている。
だから、パソコンのCPUも「マイクロプロセッサ」という。
    • good
    • 0

Uが抜けた・・・



CPU≒マイクロプロセッサ(MPU)

ですorz
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆さん回答ありがとうございます。

2文は結局同じ事を2回繰り返してるんですね。
通常の文章だと同じ事を2回言うのは意味不明なので
こういう本の文章では使わないと思っていたので
意味が分からなくなっていたのですが、この本は2回同じ事を繰り返していたんですね。

スッキリしました。

お礼日時:2011/04/06 17:12

CP≒マイクロプロセッサ


と考えて、現状は差し支えありません。
    • good
    • 0

下の分もCPUのことをマイクロプロセッサと書いてあるのですが?


「パソコンは」ではなく「パソコンのCPUは」です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング