現在派遣で働いています。

交通費扱いの分については非課税になるので、
時給1200円のうちの200円分を交通費という扱いで契約しています。
一日の就業時間が5時間なので
時給は1000円*5=5000
交通費は200*5=1000円
合計6000円ということになります。

これは5時間はたらいた場合はいつもかわりませんが、
たとえば残業で5時間以上働いた場合は、そこから時給が1000円になると言われました。
これは交通費が一日1000円という契約になっているからだそうです。

私としては、あくまでも税金上の対策で、時給に非課税分と
そうでない部分の区切りをつけた契約にしてもらいたかったのです。
なので5時間以上働いた場合は、交通費との区分なしの
1200円の時給でつけられるとかでもいいのですが。
本当はもらえる時給は1200円なのに何か損した気分です。

たしかに、早退した場合でも交通費の1000円は支払われるというのが派遣会社の言い分なのですが、そういったケースは健康でふつうに勤務していればほとんどありません。

こうなってくると有給の場合も実際は会社にきていないということで、
交通費分1000円は除いた時給分のみの支給といわれました。
現在10日いただいてるので、年間にすると10000円少なくもらっていることになります。

これってどうにかならないのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>私としては、あくまでも税金上の対策で、時給に非課税分とそうでない部分の区切りを


>つけた契約にしてもらいたかったのです。

 元々、時給1,200円交通費込みだったのをご自身の希望で変更されたのではないでしょうか?変更を決めたときに色々なケースについて確認されなかったご自身のミスでしょう。契約更新時に本来の契約に戻してもらえばいいんじゃないですか?少しでも多くもらいたいという気持ちは理解できますけど、ご自身でスキルを身につけてもっと高いお給料のお仕事に転職された方が早いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

契約時にこういったケースでいった場合上記のようになると
説明され私もそのこと自体は確認済みです。

それでもやはりもともと交通費が別ならばこんなことも考えなかったのですが、
もらえる金額が減るというのはなんだか納得がいかなくて、
これはうちの派遣会社だけなのか、他の会社ではどうなんだろうかと疑問に
思ったので派遣社員の立場の方に回答がえられたらなあと思い質問しました。

スキルアップの努力はしておりますので、、ただ今やっている仕事において、
やった分だけはどんな仕事でもいただく権利があると思っています。

お礼日時:2011/04/07 22:11

ここに質問しても何の意味もなし。


派遣元に相談すべし。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q立替交通費支払い時の勘定科目、源泉徴収(報酬)について質問です!

立替交通費支払い時の勘定科目、源泉徴収(報酬)について質問です!
法人経理担当をしています。個人デザイナーより海外ホテル代他立替交通費、請求書に対して支払いをします。勘定科目、源泉徴収金額について確認です。
 ・国内交通費(旅費交通費課税)¥3000
 ・国外ホテル代(旅費交通費非課税)¥10089
 ・国外交通費(旅費交通費非課税)¥3357
合計¥16446 その内、源泉徴収金額は¥1644でよろしいでしょうか?

Aベストアンサー

質問者さんの補足にもお書きのとおりですが、源泉徴収金額は¥1644が正解です。

所得税法基本通達204-4↓にあるように、源泉徴収しなくてもよいのは、「当該報酬又は料金の支払をする者から交通機関、ホテル、旅館等に直接支払われ、かつ、その金額がその費用として通常必要であると認められる範囲内のもの」に限られます。

http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/shotoku/36/01.htm

勘定科目のお尋ねは、デザインの報酬としての科目又は旅費交通費のいずれが適切かという趣旨かと思います。デザイナーさんは独立自営業者ですから、業務に必要な費用はすべて自己負担が原則であり、実費相当額と称して発注者がこれを負担するのは契約料金の上乗せにすぎないと考えられるので、デザインの報酬の方が適切だと思います。

Q派遣の交通費非課税

過去の質問も見たのですが1年以上前のものだったので内容は重なりますが質問させてください。
近々2万弱交通費がかかるところに派遣される予定です。
正直やりたい仕事なので課税になろうが非課税になろうがやめるつもりはないのですが、ダメもとで確定申告をしたいと思ってます。
しかし、派遣会社に連絡したところ時給に交通費が含まれているのではなく、交通費は支給しないという考え方だと言われました。徒歩で通うのと一緒だと・・・
そうきたか・・・と思いました。
含まれてると言えば分けてくれと言われるから含んでるのではなく支給しないのだと・・・

とりあえず、やるだけやってみようかなとは思ってるのですが、JRの領収書だけじゃやっぱりやるだけ無駄でしょうか?

Aベストアンサー

交通費非課税の確定申告を試みたことがありますが、税務署からしっかり戻されました('_')
雇用契約ごとに交通費の明細書を作成し、派遣会社各社から捺印を取得して申告したのですが、派遣社員の交通費は非課税にはならないという、予想通りの回答が返ってきました。
派遣組合で非課税として認めさせようという運動があり、そこでフォーマットの見本も公開してはいるのですが、おそらくどちらの税務署でも認めてはいないと思われます。

一時、派遣社員に交通費を支給するよう法改正されるという噂もあったのですが、結局立ち消えになりました。
交通費の一部を支給していた派遣会社、案件も、この不況で殆どなくなったようです。

Q法人 謝金と交通費の仕訳について

経理初心者です。
仕訳について教えてください。

法人で講演の謝金と交通費を受け取りました。
講演後に講演料〇〇〇〇円と交通費△△△△円を振込で受け取りました。
会場へ行く交通費は当法人立て替えております。

その場合の仕訳はどのようになるのでしょうか?

1)預金/売上高   講演料
  預金/旅費交通費   交通費
2)預金/売上高   講演料・交通費

講演料と交通費を別々にした方が良いのか、合算にした方が良いのかどちらなのでしょうか。
それともどちらとも違いますか?

以上 よろしくお願いします。

Aベストアンサー

法人が建物ごと移動して、建物が講演をすることはできないので、誰か人間が講演したわけです。
その報酬として、講演先から「法人の口座に入金」がされてるのでしょう。
いくつかのケースが考えられます。
講演者への謝金支払い方法として、
1、直接、講師への支払い
2、一度、法人口座に支払ってもらって、法人が「受領代理人」として受領して、そのまま講師に現金あるいは振り込みで支払う。
3、講師が法人組織の人間であって、別途講師には法人から給与あるいは報酬を支払う。
 

2の場合には、振り込みがあった金額を、そのまま講師に支払いするだけです。支払い者からの支払い明細等が発行されてるならば、それも講師に渡します。

3(おそらく、ご質問のケース)
 全額法人の売り上げにします。
 実際の交通費と、相手方から支払いされる交通費の差額を考える必要はありません。
 交通費を「立て替えてる」と考えると、複雑化してしまいます。

 法人組織の講師の、講演会場までの交通費が実際いくらかかったかは、どうでも良いのです。
 講演費用を請求する際の「講義報酬」「交通費」を記載するさいに交通費を公共機関の実費を記載する場合もありますが、端数を切り上げて千円単位にしてしまうケースもあります。
 差額があろうとなかろうと「法人が出費する交通費」として処理します。

ここで「差額が出るんだけど、どう考える」です。
差額がプラスなら法人の益金です。儲けですね。
マイナスなら損金です。「損こいた」です。

決算で一年間の合計をして総額で判断しますので、個別に仕訳で「儲けた」「損こいた」を算出しなくても良いです。
別途台帳を作って「ここの仕事は交通費を余分にもらえる」「ここは交通費を削ってくる」という資料とするのは、自由です。

法人が建物ごと移動して、建物が講演をすることはできないので、誰か人間が講演したわけです。
その報酬として、講演先から「法人の口座に入金」がされてるのでしょう。
いくつかのケースが考えられます。
講演者への謝金支払い方法として、
1、直接、講師への支払い
2、一度、法人口座に支払ってもらって、法人が「受領代理人」として受領して、そのまま講師に現金あるいは振り込みで支払う。
3、講師が法人組織の人間であって、別途講師には法人から給与あるいは報酬を支払う。
 

2の場合には、振り込みが...続きを読む

Qコールセンターで時給、千二百円交通費別で働いてますが、応募が二百人もき

コールセンターで時給、千二百円交通費別で働いてますが、応募が二百人もきたらしいですが、実際採用になった人は歳もかなり上の女性もいて、派遣の一般事務はなかなか見つかりにくいみたいなので、若いある程度、会社経験のある女性も流れて来ているのかと思ったら意外にそんなことはないです。
派遣の営業アシスタント等は会社を選ばなければあるということですか?それともコールセンターはしゃべるのが仕事だから、向かない人は事務がないからといってこなせるわけではないからですか?採用の基準もOLや社会経験よりもコールセンターの経験や接客の経験等基準が違うんでしょうか?事務や社員の経験が豊富でわかくても、基準が違い落とされている可能性もありますか?中には男性で文字入力も慣れていない人も千二百円で働いていてこの不況それほど雇用はシビアではないのかと疑問です。確かに電話が一日中なりっぱなしで、大変ですが堪えられないほどではないですし、もしかしたら、多くの人は嫌がる仕事で仕事がきついから、仕事がなくてもやりたがらないんですか?また、夜の部もあり学生も今はコールセンターでバイトする時代なんでしょうか?

コールセンターで時給、千二百円交通費別で働いてますが、応募が二百人もきたらしいですが、実際採用になった人は歳もかなり上の女性もいて、派遣の一般事務はなかなか見つかりにくいみたいなので、若いある程度、会社経験のある女性も流れて来ているのかと思ったら意外にそんなことはないです。
派遣の営業アシスタント等は会社を選ばなければあるということですか?それともコールセンターはしゃべるのが仕事だから、向かない人は事務がないからといってこなせるわけではないからですか?採用の基準もOLや社会...続きを読む

Aベストアンサー

若い方だと逆にコルセンの仕事は紹介されないように思います。
理不尽なクレーム対応もあるので若い女の子のかわいい声だとなめられるというか、ドスのきいたおばさん声が出せる高齢女性のほうが向いているのではないでしょうか。

なので若い子とおばさんが応募してきたらおばさんのほうが採用されるのかなー、と・・。想像です。
私も希望してもいないのに単に年をとっているからという理由だけでコルセンの仕事の紹介が来るわ来るわ・・・。

Q交通費込みのバイト代は全額103万の壁の対象になるのか

給与明細に「交通費」の記載が無く「交通費込みで時給850円」のバイトをしている場合、交通費を自分で記録しておけばそれを引いた分が103万の壁の対象になるのでしょうか。

例えば、1年間にもらったお給料(交通費込み)が104万で、交通費が2万円かかったとしたら、給与明細に「交通費」としての記載が無くても2万円を交通費として引いて年収102万だから103万の壁に引っかからないと考えて良いのでしょうか。

もしだめだとしたら、交通費込みのバイトをするのは損ですよね…。


もしかしたら当たり前のことなのかも知れませんが、不安になったので質問させていただきました!よろしくお願いします。

Aベストアンサー

・給与+通勤交通費の様に支給されると、103万は給与だけで計算される(通勤交通費は入らない)
 (給与とは別に支給される、通勤交通費は税金がかからないので、103万には入らない)
・給与(通勤交通費込み)の様に支給されると、103万は給与だけで計算される(通勤交通費も入ってしまう)
 (通勤交通費も給与の中に入っているので、本来の通勤交通費は無いものとして、103万の中に入る)
>交通費込みのバイトをするのは損ですよね…
 ・かかる交通費の分、実際の時給が安くなると言うことだから・・そうなりますね

Q派遣の交通費の課税について

これから派遣で職を探そうとしているものです。
交通費は非課税というのは調べてわかったのですが、
求人サイトをみていたら、「交通費なし (所得税法上の交通費非課税扱い(交通費実費分を所得税法上非課税扱いする事により、所得税の軽減が図られ、時給換算で20円程度お得になります)) 」と書いてあったのですが、これは、時給に交通費は含まれるけど、非課税になる手続きは派遣会社でしてくれる・・・ということなのでしょうか?ちょっと頭が悪くてこの言葉の意味がわかりませんでした。そうすると別途交通費支給の会社と同じようなものなんですよね?

Aベストアンサー

派遣会社に質問をした方が確実な答えを得られます

ただ交通費別途支給と込みで非課税になるのとはまったく違うものだと思います
交通費別途支給なら私の経験では給与とは別途支給なので非課税
交通費込みで非課税になって課税されないにしても損したことに変わりはないので
基本的に派遣社員は自腹だと思った方がいいです

Q交通費は支給してもしなくても良いのですか?

今までの会社は交通費全額支給だったのですが、今度勤める会社は交通費も込みでの給料になっています。
この場合、交通費分は確定申告で取り戻せるのでしょうか?
また、交通費の支給・不支給は会社の自由なのでしょうか?

Aベストアンサー

交通費が給料込みですと、いわゆる生活給的な考えになりますね。交通費分だけ給料が多いと考え、課税対象になります。交通費として給料とは別に一定限度までなら、非課税の対象です。
確定申告で給料込み交通費の還付される制度はなく、還付は医療費と災害的損失などを受けた場合の雑損控除と指定団体への寄付金控除ぐらいでしょう。

Q派遣とアルバイト どっちがいいのでしょうか? コンビニで時給750ほどで 働くのと 派遣会社を

派遣とアルバイト どっちがいいのでしょうか?


コンビニで時給750ほどで 働くのと
派遣会社を通して 時給1000円で働くのは
どっちがいいのでしょうか?

コンビニも夜勤に入れば時給1000円くらいは
ありますが 私は 夜母親とスナックをやって
いるので 夜勤は できません なので
働ける時間的に コンビニだと 午前中です


派遣を通す メリットデメリットを教えて下さい!!

今回 たまたま見つけた求人をみて 悩んでます!!

Aベストアンサー

仕事も色々ありますが、コンビニ縛りでしょうか?
コンビニに派遣でいくか、アルバイトで行くか悩んでおられるのでしたら、
勤務先と時給で判断すれば良いと思いますよー。

派遣で働くか働かないかで悩んでおられる場合は1つ、メリットを言います。

派遣の仕事をする、しないに関わらず、まずは派遣会社に登録しなければなりません。
派遣会社に登録すると、あなたに担当がつきます。

担当がつきますと、今見ている求人情報以外にも色々と仕事を紹介してくれるので
良い仕事が見つかる可能性が高くなります。
希望の職種があれば、それを伝えておくと希望に近い職種を紹介してくれたりします。

非正規雇用だ!と叩かれることが多いですが、使い方次第で良い経験ができると思います。

Q交通費の仕訳と勘定科目

株式会社A の業務代行をしており、その業務にかかる交通費はいったん弊社株式会社B で立て替え、1ヵ月分をまとめて、代行料金+交通費実費として請求しております。

この場合、交通費は弊社ですべて旅費交通費として計上し、実費交通費を含む代行料金を売上として計上するという処理で問題ないでしょうか。

例)

5月1日交通費1000円かけて業務を代行

旅費交通費   現金
1000円  / 1000円

5月31日代行料金50000円と交通費1000円を請求

売掛金      売上高
51000円 / 51000円

6月30日に株式会社A より51000円入金

普通預金    売掛金
51000円 / 51000円

Aベストアンサー

どちらにしても所得は同じですから問題ではありません。

消費税も、交通費も売上でも課税取引ですから合算でしても別にしても端数処理の誤差しかないですね。

従って実務上の影響はどちらでも同じということです。お好きな方法でどうぞということですね。

Q派遣で悔しい思いした方いますか?シングルマザーでずっと派遣で働いていて、現在3社目です。どこも悔

派遣で悔しい思いした方いますか?
シングルマザーでずっと派遣で働いていて、現在3社目です。
どこも悔しい思いばっかりでした(;_;)
みなさんの体験談をお聞きしたいです。

Aベストアンサー

派遣なんて絶対に間違っています。会社も、そこで働いている貴方もです。
貴方の貰うべき給料を30%もピンハネしているのですよ、しかも3年で職場から消える人です。会社員からすれば人間関係なんて考える必要はありません。スキルアップも愛社精神も期待されていません。すぐに派遣を止めて下さい。日本全国の労働者が派遣を止めれば日本は素晴らしい国になります。


人気Q&Aランキング