一年前私は、仕事先である言葉を噛んでしまい、それが恥ずかしくて、以来その言葉がうまく言えなくなってしまいました。 

このトラウマをずっと解決できずに悩んでいます。 
仕事先でもそれが気になって、昔から人見知りでしたがより一層、人の目を気にしたり、人と話すのが嫌になったり、コミュニケーションのとり方がぎこちなくなってしまったと思います。

それでも、話かけられたらなるべく明るく接しようとしているのですが、それも自分に合っていないのかストレスに感じます。 

最初に述べたトラウマが無くなれば、すべてが前向きに考えられる気がして、いろんなことを自分に言い聞かせたりしましたが、結局、その言葉が言えません。
すごく長くなってしまいましたが、トラウマの解決法など、何かアドバイスがあればお聞かせ願いたいです。早くこの悩みから解放さるたいです。。。お願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

怪我 意味」に関するQ&A: 小指の怪我の意味

A 回答 (2件)

トラウマ、という抱え方が。

感じ方が。
単に1年前の一つのアクシデントを。
いつまでも自然の風化に「逆らう」ように貴方の中にビビットに根付かせて。
貴方を停滞させ続けてしまうんだよね、実は。
確かに恥ずかしい経験だった。
でも、大きな喪失経験でもなければ、その後の貴方の足元を揺さぶる経験では無いんだよ。
先ずその「当たり前」の整理から始める。
ハッキリ言えば。
貴方がその言葉を言い間違った事を。
今でも鮮明に覚えていて。
貴方を見れば、その言葉をも思い出すような人は「いない」んだよ。
そこまで貴方は注目されていない。
アクシデントはその時の、その瞬間の出来事だから。
時間が経てば整理されている。
当人は引きずっていても。周りは気にすらしてない。
他に気にしなくてはいけない事が沢山ある。
自分の事で、目の前の事で精一杯。
言い間違えなんて「誰にでも」ある事だから。
そういう周りの目線から自分を捉えないと。
貴方は周りの目線を気にしているけど。
その周りの目線は。
実は周りの目線を借りた「貴方自身」の目線なんだよ。
自分にとっては顔から火が出るような失敗だったと。
だから周りは当然そういう目で自分を見続けているかもしれないと。
そしてその時の相手にだけ感じるならまだしも。
貴方は全然ゆかりの無い人、関係ない人と向き合っている時でも。
その時の感覚をわざわざ持ち込んで。
自分を苦しく苦しくしているんだよね。
貴方がその言葉を言い淀んでも。
周りは貴方の過去も知らなければ、懊悩も知らない。
「線」として捉えていないんだよ、全然。
だからこそ。
貴方もその経験を「線」として引きずらない。
あくまで「点」の経験。
印象心象が「線」として今も続いているだけで。
実際には既に切れている。
それが1年という月日なんだよね。
もっと自分を楽にしてあげないと。
それこそ貴方はその経験以前からコミュニケーションが不得手。
元々周りの目線や考え方にナーバスになりやすい人。
でも、周りは貴方にそこまで注目もしていなければ、
一挙手一投足を気にしている訳じゃない。
貴方は多くの中の一人なんだよ。ワンオブゼム。
それを忘れない事。
自分の意識が。
あたかも凄く負荷の掛かったシチュエーションを創り出してしまいがちだけど。
そこまで貴方は特別な何かを求められてない。
貴方は貴方でしょ?
今出来る事を丁寧にやっていけば良いんだよ。
トラウマトラウマという言葉を使わない。
一つの経験、一つの過去のアクシデント。
もっと自分を身軽にしてあげる。
1年前も今も。
貴方の印象は何も変わっていないんだからね。
貴方は貴方で良いんだから☆
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました! 

なんだか心に染みました。思い切って打ち明けてみてよかったです。本当に感謝です。
明るく生きていけるようなきがします。

また何かあってもこのことを思い出しますね。

お礼日時:2011/04/09 18:40

誰でもそのようなことはあります。

その時は確かに恥ずかしい思いをしますが,それが言葉の勉強なのです。最初から上手に言葉を話せる人はいません。

トラウマとは傷や怪我の意味なのです。別名精神的外傷と言います。だから自分が直そうと努力すれば直るのです。失敗は成功の元の積もりで,多少言葉を噛んでも,その時は再度言い直すのです。

僕はどもりで,どうしても云えない言葉があります。その時は別の言葉を探し選んで言い直します。最初は笑われて恥ずかしい思いをしたが,相手が僕はどもり,と知ってしまえば案外気楽です。

負けたら仕事は他の人に取られてしまいます。僕のように何度も繰り返し努力してみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます!
投稿するのは初めてで、こんなに早く回答してくださるなんて驚きました! 

仰ってくださったことを心に留め、自分で努力することを怠らず、乗り越えたいと思います。 

お礼日時:2011/04/07 08:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング