http://www.zamg.ac.at/pict/aktuell/20110406_fuku …

こういうサイトって信じていいんですか?
日本政府の気象庁の発表でも、西日本一体が覆われていたんですが。。
ひょっとして、日本中が放射能でいっぱいなんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (15件中1~10件)

放射性物質ということでしたら既に米国にも到達しています。


ただ、これは「もし、今福島第一原発から放射性物質が放出されるとどのくらい薄まり、広がるか」ということなので、そもそも出てる量がたいした事がなければ、気にすることはありません。現状はとりあえず落ち着いてるようですし、各地の線量測定結果(「モニタリングポスト」で検索すると、地図になっているのが見つかると思います)も徐々に減少している方向のようですから、今のところ、新規の放出分はあまり気にすることはないでしょう。

ただ、今日から窒素を充填するとかで、入れ替わりに放射性物質を含むガスなどが放出される恐れがあります。その他、緊急ベントするなどで大量に放出された恐れがある場合などには、ここの予測などにしたがって拡散していくことが想定されますので、色の濃いエリアにいたら要注意ということになりますね。

使い方としては、出かける前にある程度予想分布をチェックしておいて、自分の行くエリアが濃い領域だったら、ニュースに気をつけて、もし何かあれば屋内などに退避すると共に各地のモニタリングデータ(私設・公設いろいろありますが)をwebでチェック。もし、跳ね上がっていくようであれば、その後に色の濃かったエリアの野菜類や、流れている川などを水源とする水道水にも要注意というところでしょう。

今はとにかくあっちもこっちも混乱状態ですから、あまりお上任せにせずに、できることは自分でやるしかありません。危なそうな兆候が見つかったら念のために避ける方向で行動して、公式発表を待つというということで、こういう情報も正しく意味を理解した上で活用するのは良いことだと思います。
    • good
    • 0

普通にそこらに放射性物質は原発事故がなくてもありますので、そこらに普通に放射能があります。


人間自体おおよそ5000ベクレル前後の放射能体です。


放射能がくる。

ε= (ノ´・ω・`)ノ スタスタ
    • good
    • 0

あまりにも楽観的な意見が多すぎると思われます。


>もともと自然界は放射能がいっぱいあるので気にしなくていいです
って、何を言いたいのでしょうか。
こんな馬鹿げたご意見を投稿するなんて、常識を逸しています。
もしもそんなに楽観できるのであれば、あなたこそが先導となって福島に出向いて危険区域の20km圏内に入ればいいのです。
日本代表の英雄となるべく福島沖の魚介類を食べ、福島沖の海水を飲み、それでもこんなに元気ですというところをYOUTUBEに放映してみれば、あなたの事後経過の測定とともに影響がどうだったかを測定するための人体実験サンプルとして役に立つと思います。
そんな気もないのに、根拠もなく安全だという方々の意見をうのみにする人はいないのです。
みんな、いつ放射能の被害が自分の身に及ぶのかという心配でいっぱいなのです。
    • good
    • 0

日本の気象庁も汚染マップを提示してますが、あくまでも推定値。



風向きや地形のデータはあるが、汚染物質がどのくらいの大きさで、どのくらいの高度まで上がったかは暫定値で算出してる。
しかも、解析に使っているのは地球の環境をシュミレートするコンピュータで、ゴマ粒ほどの日本の一部をシュミュレートするには適さない。

>日本中が放射能でいっぱいなんでしょうか?
ニュースでは関東でも観測されたようですが・・ まあ、その程度。すでに平常値に戻ってる。
    • good
    • 0

日本だけに限らず世界中に広まっています。

    • good
    • 0

もともと自然界は放射能がいっぱいあるので気にしなくていいです。

    • good
    • 0

まず、これらのデータは、風向きから計算した広がりのデータでしかありません。



簡単に言えば、回転ずしをイメージして下さい。
回転寿司のすしが載っているコンベアが、上記の拡散予想データです。

すしが載っていなければ、いくら貴方の席にコンベアが来て、どれくらいの時間で届く、と書かれて居ても、そもそも無いお寿司は届く事は無いのです。

今、原子力発電所から大気中に放射性物質はほとんど放出されて居ません。
放出されて居ない物は、届き様がないと言う事です。

その部分を理解されて居ないと単にパニックになるだけの情報でしかありません。
出てない物は拡散し様がないですからね。
    • good
    • 0

読売新聞に出た図はドイツのシミュレーションだったと思いますが、元のドイツのサイトではドイツ語に加え英語の解説が付いていました。

私はドイツ語は読めませんが英語なら分かるので、当該の図はある量の放射性物質が福島第一の位置で放出された場合、それが拡散する間にどのように薄まるかを示したシミュレーションであることが理解できました。
シミュレーションというものは、その目的と前提条件を正しく理解しないと正確な判断はできません。あの図を見て実際の放射性物質拡散状況と思い込むのは完全な誤解です。読売新聞は誤解しているわけではないと思いますが、説明が不十分でミスリーディングですね。
各地の空間線量率については首相官邸のページで実測値が公開されています。更新頻度も高いので、そちらの方が参考になるでしょう。
ちなみに、気象庁のシミュレーションも実際の拡散状況を示したものではありません。
    • good
    • 0

>こういうサイトって信じていいんですか?



確か、ドイツだかフランスだかの放射能拡散予測のサイトでしょう?
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110404- …

日本国内では国民の不安を煽るからと気象庁が会員に
風向きの予測などを公表しないように要請を出したとか
出さないとかも言われていますが、
http://rightaction.cocolog-nifty.com/blog/2011/0 …
国内で公表される情報をそのまま信用する方が
おめでたいと個人的には思いますね。

今は少なくとも海外のしかるべきところの発表は
信用できると思います。
メディアは嘘八百も含まれていますが。

基本的にチェルノブイリの時も北半球全体に汚染が拡散しましたし、
今回でもそのようです。
風向きも先週だか今週に西向きの風が吹いて
その図のようになることは予測されていましたので、
あながち嘘八百流しているとは思えません。
    • good
    • 0

結論からいえば、まちがっていないです。



諸外国でシミュレートして公表しております。

現に、4/5、宮崎県にも降っています。
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/other/det …

ただ、濃度(色分け)については全く当てにならず(想定していない)、しかも原発から放射能が出続いた場合です。今までは、大して出ていないようでした。

今後、窒素注入で、盛大に出るでしょう。
保安院のズラ男は、「 漏出を完全に否定する事はできない 」と、うれしい事を言っています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング