ここ数ヶ月の話ですが健康の為にグラス半分程のワインを飲んで寝るようにしています。

ところが、頭が起きてしまい、眠れないことが時々あります。

ワインを飲んで寝床に入る、眠れないからデパスを飲む、というのは良くないのでしょうか。

ワインを飲んで眠れないのはなぜ?

A 回答 (1件)

 人間は1日8時間の睡眠を必要としています。


 体が疲れてくると睡眠が必要になってきます。
 睡眠をとることで体がエネルギーを補給します。
 しかし、疲れすぎると体にエネルギーの補給ができなくなります。
 その時、頭にあるエネルギーを使ってしまいます。
 あたまは、疲れたことを感じられずに、いろいろと考えてしまいます。
 適量のアルコールは、気分を高揚させますので、さらに、疲れを感じなくなって寝ることができなくなります。
 眠れないから頓服を服用することは、逆効果です。

 まず、一切のアルコールを止めること、1週間は食事と排泄、朝6頃に起きて、朝日をいっぱいに浴びること。そして夜9時にはねること。ともかく寝ることをやってみてください。

この回答への補足

昨日は頑張って10時半に寝床に入りましたがなかなか入眠できずぎんぎんに目が覚めていました。
なぜ!

小さいまめ電灯は家族全員が揃うまでつけています。(これが原因?)

揃ったのは12時少し前。

たぶん眠りに入れたのは12時だと思います。

6時半には起きないと会社なので。

どうしたら良いですか。

補足日時:2011/04/08 07:17
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わかりました。

やめます、アルコール。

つらいけれど、ちょうどワインがなくなってしまったので買わない。

アルコールをやめるのは買わないだけ。

8時間睡眠、理想です。

頑張ります。

お礼日時:2011/04/07 20:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qワインにあうおつまみ

ワイン(特に赤ワイン)が好きなのですが、簡単に作れるおつまみ教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

普通のプロセスチーズで出来るお手軽おつまみなんですが、リンゴの薄切りにチーズをはさむだけ!です。
これって、けっこう美味しいんですよ。

他にはカマンベールチーズを切って、レンジでチーン!
薄切りバケットにつけて食べると、トローッとしてて美味です。

一度、お試しあれ!

Q心拍数を上げる為の飲酒はだめでしょうか。

先日、飲み会の後にエアロバイクに乗っていたところ、心拍数が楽に120~130になっておりました。
普段は心拍数が低いのか脂肪燃焼のための120にするのもかなりの速さでこがないと上がらないので長時間なんて無理であきらめていたのですが、飲酒すれば心拍数が自然に上がるので脂肪燃焼するのではないかと思いました。
ただ飲酒後の運動は良くないとよく見るのでやはり良くないのでしょうか。

あと、普段無飲酒時何事もやる気が出ないのも心拍数が低いせいだとも思いました。飲酒以外で上げる方法などないでしょうか。

Aベストアンサー

飲酒をすると血圧を下がり、心拍数が速くなります。
アルコールの作用で血管が拡張し血圧が下がり、心臓の血液を全身に送る作用が弱くなります。
しかし、運動により筋肉はいつもより多くの血液を必要とします。それに応えようとするので、普段より大きな負担が心臓にかかります。

それにより、脳貧血、不整脈、心臓発作などが起こる可能性が出てきます。

又、アルコールは胃腸から吸収された後、大脳に作用し、知覚や運動、記憶を司る中枢神経の自己の行動を制御を低下させ、判断力低下や反応・バランス力の悪化などを引き起こします。
ですのでトレーニング中の突然の発作や、重りを持った状態での転倒などといった重大な事故に繋がる危険性があります

Q意外に合うワインのおつまみ(料理)は?

タイトル通りです。
意外に合うワインのおつまみ、もしくは料理を教えてください。

私は、意外ではないかもしれませんが
天津甘栗と白ワインが絶妙でした。

Aベストアンサー

赤ワインにせんべいです。

意外に合います。

Qサプリメント服用に代わるお金がかからない健康法

サプリメントってお金がかかりますよね?

サプリメントに代わる安価で手軽な栄養補給法をご存知の方教えてください。

特にマルチビタミン・マルチミネラルに興味があります。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

意外と思われるかもしれませんが、緑茶には言わずと
知れたカテキンのほか、各種ミネラルが豊富に含まれています。http://www.yamekandoucha.com/sabu1-6.html 一番手軽な健康法といえると思います。

他に、ミネラル系は海藻類、きのこ、大豆製品、乳製品等に多く含まれます。

その他、ビタミンを多く含む食品の例です。
http://homepage3.nifty.com/takakis2/vitamin.htm
野菜だけがビタミンというものでもなく、納豆や
豆腐などの大豆製品、牛乳等の乳製品でもかなり
カバーできるのが分かると思います。野菜では
ほうれん草が、生のまま食べれてビタミンの損失が
少ないから良いと思います。

アミノ酸についても言及しますと、これは人の体内で
合成できない必須アミノ酸を摂取すればいいわけですが、ご飯と納豆の組み合わせが良いらしいです。
また、アミノ酸スコア100の卵もとると効果的でしょう。
http://www2.health.ne.jp/library/0300/w0301029.html
サプリメントとは、本来食事から摂れるものを凝縮
しただけです。余分にとっても、必要量以上は吸収
されません。ですから、サプリメントの意義はあくまで、食事の偏りによる不足を補うというだけです。
逆に言えば、菓子類などの栄養がなくカロリーだけ
あるようなものを控え、バランスよく食事を摂っていればサプリメントは特に必要ないと思います。
なお、食べ合わせについても参考までに。
http://www.tabeawase.sakura.ne.jp/index.html

意外と思われるかもしれませんが、緑茶には言わずと
知れたカテキンのほか、各種ミネラルが豊富に含まれています。http://www.yamekandoucha.com/sabu1-6.html 一番手軽な健康法といえると思います。

他に、ミネラル系は海藻類、きのこ、大豆製品、乳製品等に多く含まれます。

その他、ビタミンを多く含む食品の例です。
http://homepage3.nifty.com/takakis2/vitamin.htm
野菜だけがビタミンというものでもなく、納豆や
豆腐などの大豆製品、牛乳等の乳製品でもかなり
カバーできるのが分かると思い...続きを読む

Q赤ワインに合うおつまみとは?

赤ワインのおつまみで、おすすめの物があったら教えてください。
手軽に作れる料理でも、作らなくてもすぐに食べられる物、どちらでも構いません。

Aベストアンサー

赤ワインにもよりますが・・・
手軽なものではチーズが好きです。ナチュラルチーズで、数種類そろえられれば良いのですが、残念ながら保存が難しかったりするのでせいぜい2種類位になってしまいますけど。

Qドクター新谷の健康法で、牛乳がだめな理由は

病気にならない生き方の2を読みましたが、その前の著書に牛乳や乳製品の事を詳しく書いていらっしゃるそうです。しかし、育児中と図書館にも行けない事情などから出来ましたら、ご存知の方に教えていただきたいと思いました。自分で著書を読み納得できればいちばんなのですが、それがかなわない状況で育児中でもあり、乳製品の弊害について知っておきたいと思いましたので何卒よろしくお願いします。

Aベストアンサー

本に書かれていたことです。
子供のアトピーや喘息などの引き金になるという事らしいです。

牛乳の何が駄目かというと牛乳を生産する過程で
たくさんの牛の乳を1つのタンクに入れて濃さなどを均一に
するためにホモゲナイズといってかき混ぜるそうです。
その際に空気に触れる為に牛乳に含まれる脂肪が
酸化してしまうそうです。この本では錆びた油といってます。
これがアレルギー源になってしまうそうです。

この本では基本的にすべての乳製品(バター、チーズ、ヨーグルト)
を摂らない方が良いと言っています。
学校で毎日出される牛乳も悪しき習慣だと言っています。

Qワインに合う、おススメのおつまみには何がありますでしょうか?

ワインに合う、おススメのおつまみには何がありますでしょうか?
11月18日にボジョレーヌーボーが解禁されますが、その日には友人が遠方から久し振りに家にやって来ます。
30代後半の男女ですが、どのようなおつまみを出せば喜ばれるでしょうか?
楽天からのお取り寄せをしようと思います。

ちなみに私は硬目のフランスパンにパテ(牛や鳥の肝臓)を塗って食べるのが好きです。

ぜひ教えくださいませ。

Aベストアンサー

どうしても、個人の好みが入ってしまいますが…

>ちなみに私は硬目のフランスパンにパテ(牛や鳥の肝臓)を塗って食べるのが好きです。

正直、これ↑がベストだと思います。あるいは、パンだけでも。
あとはベタですけど、生ハムとか、クロワッサンとか。

食事にワインを合わせる場合と、
ワインを楽しむために食べ物を用意する場合とでは
自ずと選択は変わってくるはずです。
私見ですが、チーズを楽しむにはワインがいいのかもしれないけど、
ワインを楽しむためのつまみにはチーズはちと強すぎるかなと…
モッツァレラとか、香りの強くないカマンベール系とか、
あるいは日本に昔からあるプロセスチーズならまだしもですが。

ボージョレヌーボーは例えフルボディタイプであっても
一般的に軽めのものが多いですから、強いチーズ
(ブルーチーズやパルミジャーノ・レッジャーノ、
ウォッシュタイプ等)を持ってくるとワインが負けそうです。

パンだけじゃちょっと…ということであれば、
例えば、アボカドのディップ
(アボカド・ニンニク・玉葱・お好みでトマト)とか、
豆とカッテージチーズのサラダ(ミックスビーンズ・
カッテージチーズ・玉葱・塩こしょう・レモン)とか、
そういったものを準備されてはいかがでしょう。
彩りもきれいですし。

どうしても、個人の好みが入ってしまいますが…

>ちなみに私は硬目のフランスパンにパテ(牛や鳥の肝臓)を塗って食べるのが好きです。

正直、これ↑がベストだと思います。あるいは、パンだけでも。
あとはベタですけど、生ハムとか、クロワッサンとか。

食事にワインを合わせる場合と、
ワインを楽しむために食べ物を用意する場合とでは
自ずと選択は変わってくるはずです。
私見ですが、チーズを楽しむにはワインがいいのかもしれないけど、
ワインを楽しむためのつまみにはチーズはちと強すぎるかなと…
モッ...続きを読む

Q健康に関する本を探しています。「食品を電子レンジ加熱はだめ。他」

確か、先月頃の日経新聞の本の広告で見たと思うのですが、確かアメリカの医者が書いた本で、「電子レンジ加熱は健康に良くない・・」とかの内容でした。ネットで調べたのですが書名がわかりません。新谷さんの「病気にならない生き方」に似た書名だった気がします。

Aベストアンサー

「病気にならない人は知っている」
ケヴィン・トルドー著/黒田眞知訳
出版社/幻冬舎

だと思います。。

http://item.rakuten.co.jp/book/4172987/

参考URL:http://www.gentosha.co.jp/search/book.php?ID=101620

Q白ワインに合う肉料理・おつまみを教えてください。

先日、ドイツのピロートという白ワインを購入し、本日飲もうと思っております。パスタを一品とサラダを作る予定ですが、あと一皿肉系の料理が欲しいです。
簡単かつ白ワインにあう肉料理を教えてください。
あと、おすすめのおつまみ等ありましたらお願いいたします。

Aベストアンサー

白ワインには白ワインを使った料理を合わせることが多いです。

鶏モモ肉のソテーオレンジソースなどはどうですか。

鶏モモ肉に塩・胡椒・(あればローズマリー)し白ワインに漬けておく。
オリーブオイルでにんにくを炒め、香りが出たら肉をソテーする。
オレンジの絞り汁(100%ジュースでも可)に白ワインを入れて煮詰める。
酸味が強ければ蜂蜜を入れて調整し、仕上げに発酵バターを入れてコクを出す。
皿に盛り、ローズマリーとオレンジの皮の細切りを添えてソースをかける。

安い割りに見栄えがいいですよ。
レモンソースでもいけます。
また、味にパンチが欲しい向きは、ソテー時にパプリカの粉をまぶして焼くといいと思います。

Q週末にお酒を飲む機会があるのですが、飲酒の前に服用しておくと良いものっ

週末にお酒を飲む機会があるのですが、飲酒の前に服用しておくと良いものって何があるでしょうか?
悪酔いに効果がありそうなものを教えていただきたいです。

Aベストアンサー

基本的にはNO5の方が言っているものです。

みなさん感覚的に回答されていますが、医学的見地からお答えします。

アルコールは摂取すると3時間後にはアセトアルデヒドという猛毒になります。
これが、悪酔いの原因なのです。ムカムカ、吐き気、頭痛、体のだるさ
などを引き起こします。

肝臓は何はともあれ人体に危険な猛毒の処理(炭酸ガスと水、もっと言えば、呼気と汗や尿)に
追われることになります。
傷ついている肝臓の修復はもちろん、ほかの臓器のメンテナンスまで手が回りません。

アルコールと一緒に摂った食事も、腸から送られてくるブドウ糖の処理が出来ないので、
とりあえず肥満細胞にそのまま送り込みます。だから太ります。

アセトアルデヒドの処理が追いつかず、次の日まで持ち越している状態が
二日酔いです。

黒ゴマに含まれるセサミンは、肝臓につながっている門脈から肝臓に入り込み、
肝臓の働きをサポートしてくれます。
すりゴマのほうが消化、吸収は早いです。
食事と一緒に摂りましょう
ただし、大さじ2杯までにしてください。

アルコールは水分を吸収するのをご存知ですか?
濃度100%のアルコール100CCと水100CCを加えると、
200CCではなく、180CCになります。

それとアルコールには利尿作用がありますから、
体は脱水状態になります。
十分に水分を補給するとともに、すりゴマのセサミンでがんばってください。

過ぎたるは及ばざるがごときですから、
自分の適量以上に飲まなければ、苦しむことはありませんよ?

基本的にはNO5の方が言っているものです。

みなさん感覚的に回答されていますが、医学的見地からお答えします。

アルコールは摂取すると3時間後にはアセトアルデヒドという猛毒になります。
これが、悪酔いの原因なのです。ムカムカ、吐き気、頭痛、体のだるさ
などを引き起こします。

肝臓は何はともあれ人体に危険な猛毒の処理(炭酸ガスと水、もっと言えば、呼気と汗や尿)に
追われることになります。
傷ついている肝臓の修復はもちろん、ほかの臓器のメンテナンスまで手が回りません。

アルコールと一緒...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報