会社で在庫違算・滞留在庫をなくす取組をしておりますが、どういった取組が一番効果的なのでしょうか?経験のある方教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

会社で在庫違算・滞留在庫をなくす取組をしておりますが、どういった取組が一番効果的なのでしょうか?経験のある方教えて下さい。



これは、在庫の移動(入庫、出庫)の再に必ず伝票処理やシステム入力をする習慣をつけることです。
普通はこれが正確に出来れば違算は起こらないのです。 ところが実務担当者はものの出入りの作業を優先する余り、往々にしてデータ処理を後回しにするのです。
一度そうすると段々未処理がたまってきて、そのうちのいくつかは永久に処理されないということが起こります。

これの根本的解決は、在庫の入出庫はシステムの指示以外では出来ない仕組みにすることです。多くのシステムが実作業が終った後でその結果を入力することになっています。

これを逆にして、作業者はシステムの出荷指示がないと出庫はできない、入庫入力データがないと入庫できないというようにすれば殆どの誤差はなくなります。

これは仕組みというよりは社員の教育の問題でもあります。いくら精密な仕組みを作っても担当者がそれを無視すれば結果は変わりません。
マニュアルを絶対に守らせる教育も同時にしないとまずこの仕組みは機能しません。

私は原価計算精度を構築するというプロジェクトでこの在庫データの誤差に非常に苦労したことがあります。
色々調べた結果最後の問題は会社が売上を急ぐ余り、緊急の場合はシステムが処理していなくても出庫をさせてしまう、そのことを工場長や経営者は当然としか考えていない、それをいくらプロジェクトのメンバーが指摘しても直らないことにあるということでした。

貴社にも同様に事情はないでしょうか。

在庫の圧縮は正確な在庫データを確保するのがまず第一です。それがないとどこに不要在庫があり、どこを改善すれば減らせるかが判りません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早々にありがとうございました。参考にさせて頂きます。

お礼日時:2011/04/07 13:08

私の経験からです。


先入,先出方式を取り入れました。庫内も,製品別,入荷月日別,に積み上げます。出荷時は出荷口に出荷分の個数を積み重ねて,出荷表で確認しました。
これでも,類別な製品出荷に間違いが,たまあにあります。立会(出荷立会者)する人の能力によります。
出荷が全て終了したら,在庫確認をしました。そうして出荷先へ確認します。この事で殆ど間違いが無くなりました。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q在庫管理の移動平均法について

お世話になっております。
在庫管理の移動平均法について質問があります。

移動平均法は、期間を区切っていいのでしょうか?
可能な場合は、税務署に申請が必要なのでしょうか?

例えば、「2004/1月から平均を取ったが、2005/1月からは新たな平均を取る」です。
切り替える際の、在庫単価は最終仕入値を使います。

上記の質問理由は、在庫原価が急激に変動して、昔の値を平均値に加えたくがないためです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 移動平均法は棚卸資産を新たに仕入れるごとにそのときに残存していた棚卸資産と新たに仕入れた棚卸資産とについて平均単価の改訂が行われたものとして棚卸資産を評価する方法です。
 棚卸資産の棚卸高はその人が選定している評価方法によらなければならないとなっておりますので、
 期間を区切るとか、最終仕入れ単価法を採用するとかは自由にできません。
 届出が無い場合は最終仕入れ原価法によるとなっていますが。移動平均法を採用していればそれによらなければなりません。

Q滞留在庫と過剰在庫

食品メーカーにつとめて間もないのですが、よく滞留在庫とか過剰在庫
という言葉を耳にするのですが、この二つの在庫の意味はどのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

・滞留在庫=デッドストック
売れ残り品。新品であっても、季節外れ・型落ちなどで適正価格で販売することができず、相当な値引きをしなければ売れないと考えられるもの。保管料などの管理コストもかかる。もっとも、食品メーカーでの滞留は賞味期限切れで廃棄に直結しそうな気がしますが。

・過剰在庫(余剰在庫)=オーバーストック
新品としての価値はあるものの適正在庫数量を上回っている在庫。値引販売の必要は無いとしても、余計な保管料などの管理コストがかかる。また、新製品の発売などでデッドストック化する危険もある。

仮に、一週間分の販売量が適正在庫なのに工場の都合などで数週間分の在庫がたまってしまった場合など、販売の見込みが立つ場合を「過剰」といい、販売の見込みが立たない場合を「滞留」というのが一般的だと思われますが、混同されているケースもありそうです。

Q月別移動平均法と総平均法(月別)の違いは何ですか?

月別移動平均法と総平均法(月別)の違いは何ですか?
ある会社の報告書を読んでいて上記の記述がありました。

Aベストアンサー

月別移動平均法と月別移動平均法は、結果的に計算結果は同じです。

では、なぜ月別移動平均法と月別総平均法があるのかと疑問が生じるかもしれません。
これは原則的な移動平均法と総平均法という棚卸の評価方法という理論からくるものです。
つまり、理論的な入口がちがうのです。

移動平均法は、その名の通り商品を仕入れる毎に商品単価を計算します。
例外として月別も認めているのです。

総平均法の原則は期首と期末の平均で単価を計算します。
例外として月別、半年毎も認めているということです。

上記のとおり、それぞれの例外として認められている月別は
結果的に計算結果は同じになるということです。

よって、報告書の注記に記載されている評価方法は、もともとの
会社として総平均か移動平均を原則にしているかが記載されている
ことになります。

Q会社で保管してる在庫製品が水の塗れて売れなくなってしまいました。

会社で保管してる在庫製品が水の塗れて売れなくなってしまいました。

ある雑貨(製品Aと製品B)を会社で保管しています。
先日、保管場所で水をこぼしてしまい、製品A、Bともに濡れてしまい、変色してしまいました。
このため、もう売り物にはならないため、破棄するしかないと考えてるのですが、仕訳について質問です。

仕訳上ではどのタイミングでどのように仕訳をすればいいのでしょうか?

製品Aは、他社から仕入れた既製品。(仕入時、仕入高で計上)
製品Bは、材料だけ他社から仕入れ、加工は外注に依頼(材料は材料費で計上、加工は外注費で計上)

です。

一般的にどのようにするものなのでしょうか?棚卸しの際に評価して計上するのでしょうか?

Aベストアンサー

>一般的にどのようにするものなのでしょうか?棚卸しの際に評価して計上するのでしょうか?

在庫製品の価値が劣化したために、それらを廃棄する場合であっても、特別の会計処理は行いません。当期末に実地棚卸をすることにより、廃棄された製品は自動的に当期の売上原価に算入されることになります。これが一般的な方法でしょう。


しかし、この方法では売上総利益率が不自然に悪くなるから廃棄した製品は売上原価から除外すべきだという考えもあります。その場合の会計処理を説明します。

劣化製品が発生したタイミングで(水をこぼした日)、
〔借方〕棚卸資産廃棄損☆☆☆☆☆/〔貸方〕他勘定振替高☆☆☆☆☆

※☆☆☆☆☆は、
・製品Aの場合は仕入金額です。
・製品Bの場合は材料費と外注費の合計額です。
※他勘定振替高:売上原価の控除項目です。
※棚卸資産廃棄損:今回廃棄した製品の金額が、毎期、発生する廃棄損の金額と同程度ならば、この棚卸資産廃棄損は営業外費用に計上します。しかし毎期、発生する廃棄損の金額よりも大きい金額ならば、この棚卸資産廃棄損は特別損失に計上します。


劣化製品が発生したら直ちに廃棄すべきですが、廃棄処分が遅れて決算日に残っていた場合は、棚卸では劣化製品を外して下さい。

>一般的にどのようにするものなのでしょうか?棚卸しの際に評価して計上するのでしょうか?

在庫製品の価値が劣化したために、それらを廃棄する場合であっても、特別の会計処理は行いません。当期末に実地棚卸をすることにより、廃棄された製品は自動的に当期の売上原価に算入されることになります。これが一般的な方法でしょう。


しかし、この方法では売上総利益率が不自然に悪くなるから廃棄した製品は売上原価から除外すべきだという考えもあります。その場合の会計処理を説明します。

劣化製品が発生した...続きを読む

Q移動平均法における新単価の再計算のタイミングは?

 移動平均法における払出単価の再計算のタイミングはいつなのでしょうか?
 一般的には材料購入時点といわれていますが、4捨5入の関係で、材料使用時点で単価が微妙に変化する場合もあります。ちなみに、具体的には、次のとおりです。
 問題:6月度の払出価額合計を移動平均法により計算せよ。なお、計算過程において算出される払出単価は円位未満を4捨5入。(第24回建設業経理事務士検定試験2級第3問)

A材料の6月度の受払状況
6/1 前月繰越100kg@250円(残高25,000円)
6/4 払出80kg(△20,000円、新@は残高5,000円÷20kg=250円で変わらず)
6/8 受入120kg@360円(+43,200円、新@は残高48,200円÷140kg=344円)
6/15 払出60kg(△20,640円、新@は残高27,560円÷80kg=4捨5入の関係で345円に変化)
6/20 払出50kg(この場合の@は344円or345円?それによって払出価格が17,200円と17,250円に分かれる)以下略

 なお、主催者からは正解が公表されていません。簿記学校や解説書により正解が57,840円と57,890円に分かれています。
 他の人の意見は、払出時に4捨5入の関係で単価が変化しても、あくまで払出時の単価は受入時(購入時)の単価を適用すべきであり、教科書等でも「新たな材料を購入した都度、~~」と書いてある、というのが主流です。
 私の意見は、確かに通常はそれでよいかもしれないが、実際には受入と払出だけではなく、返品や値引、割戻なども考えられるので、「何かあった都度」再計算すべきではないのか、というものです。
 そもそも問題作成時点でのチェックが甘い「悪問」といってしまえばそれまでですが、出題された以上、愚痴をいっても仕方がありません。どなたか、お知恵を拝借できないでしょうか?よろしくお願いします。

 移動平均法における払出単価の再計算のタイミングはいつなのでしょうか?
 一般的には材料購入時点といわれていますが、4捨5入の関係で、材料使用時点で単価が微妙に変化する場合もあります。ちなみに、具体的には、次のとおりです。
 問題:6月度の払出価額合計を移動平均法により計算せよ。なお、計算過程において算出される払出単価は円位未満を4捨5入。(第24回建設業経理事務士検定試験2級第3問)

A材料の6月度の受払状況
6/1 前月繰越100kg@250円(残高25,000円)
6/4 払出80kg(△20,000円、...続きを読む

Aベストアンサー

 移動平均法や先入先出法等は、払出し単価を求める方法です。
 本問によれば、15日の段階で単価は345円になっていますので、当然20日の払出しは、@345円で行います。
 本問のように端数が生ずる場合は、受入時だけでなく、払出し後においても単価が変動する可能性があるので、単価を算定する必要があります。
(これをやらないと、払出し後の数量、単価、残高の数値に矛盾が生ずることがあるからです。)
 なお、端数が出るのは当たり前なので、私は悪問だとは思いませんよ。

Q青色申告 期首在庫 期末在庫

弥生の青色申告ソフトで、期首在庫金額、期末在庫金額の打ち込みはどうすればいいですか? 
ちなみに
期首商品棚卸高 0   期末商品棚卸高 40824        
         です。

Aベストアンサー

振替伝票入力から次の仕訳を入力します。
借方 商品 40,824 / 貸方 期末商品棚卸高 40,824
これだけです。期首はゼロですから何もする必要はありません。

詳しくは、
ヘルプ(H) → 目次とキーワード(H) → キーワード(N) と進み
キーワード入力欄に「決算」と入力しENTERキー
「決算整理仕訳 棚卸の仕訳の入力」をクリックして、詳細を読む。

Q商品有高帳の移動平均法で

商品の平均単価が小数点(100.3円など)になり
売上があった際、
売上額が小数点を含んだ数字になった時は
扱いはどうするのでしょうか?

四捨五入すればよいのでしょうか?
それだと他の計算に影響が出そうな気がするんですが…

ご存知の方、回答をよろしくお願いします。

Aベストアンサー

簿記の問題ですと割り切れない場合の端数処理の指示がありますが、通常は小数点以下四捨五入の処理をします。

移動平均法は棚卸資産の「払出単価」を計算する手法なので、先に売上原価が決定され、期末に期末商品の金額が決定します。

「他の計算に影響」については、払い出しの都度平均単価を計算しますので、その都度、売上原価の金額に影響してきます。

http://homepage2.nifty.com/NODE/accounting/bookkeeping/jituryoku-3-2-a.htm

参考URL:http://www.yayoi-kk.co.jp/icare/faq/quickbooks/qb3/1/hanbai_03.html

Q実物在庫と帳簿在庫

よろしくおねがいします。
サンプル品などの他勘定振替がある場合、帳簿在庫と実物在庫があわなくなります。その調整法としては商品有高帳に備考欄を設けておいてそこで記入するのでしょうか、あるいは期末に戻し仕訳をするのでしょうか。

Aベストアンサー

商品有高帳の記帳内容は何を記帳するかの考え方次第です。
ご質問の趣旨は、払い出しは売上げしか記帳しないという前提でしょうか。
あるいはこのデータが売上げに連動していて売上げ以外では払い出しがされないということでしょうか。

原則はサンプル品であっても商品を払い出したのならば、払い出しに記帳しないといけないですよね。他勘定振替でも実際に受け入れたり払いだしたりの数量をこの帳簿に記帳すれば在庫は合うはずです。

実際は摘要欄を設けてサンプル払い出しなどと記入するのが普通かなとは思いますが。

なお他勘定振替は払い出しばかりでなくて受入れもあります。ととえば不要になったサンプル品を在庫に戻す処理がこれに当たります。

なお、他の質問の百貨店への払い出しなどでは、在庫の場所が得意先に移動したという意味ですから、この場合は商品有高帳を自社分と百貨店在庫分にわけて記帳すれば常にBSの在庫と一致すると思います。

Q期中の在庫評価方法の変更について

期中で先入先出法から移動平均法に変更する際の考慮点について教えてください。
弊社は4月~3月を1会計年度としています。
この10月より在庫評価方法を先入先出法から移動平均法に変更することを考えております。
移動平均法に変更した場合、変更時点の在庫数と在庫残高をセットして計算することで問題無いでしょうか? 
それとも4月まで遡って移動平均法で計算をし直す必要がありますか?

Aベストアンサー

こんにちは。
貴社が「棚卸資産の評価に関する会計基準」の強制適用法人なのか適用外中小法人なのかは分かりませんが、私としましては法人税法の立場から記させていただきます。


最初に大切な事を確認したいのですが、

>この10月より在庫評価方法を先入先出法から移動平均法に変更することを考えております。

既に棚卸資産の評価方法として「先入先出法(原価法or低価法)」を届けておられる場合において、今事業年度から別の評価方法を適用されたい場合は変更しようとする事業年度開始の日の前日までに変更の承認申請書を出す必要がございます。
現時点ではまだ変更を考えておられる段階にすぎず承認申請書が未提出であられる場合は、今事業年度にかかる申告上は変更は認められないため、仮に決算上で変更処理を行ったとしても申告調整が必要となります。
また、現在採用されておられる評価方法の変更は、採用後3年を経過しないと出来ない事になっております。


>移動平均法に変更した場合、・・・

法人税法が規定しております移動平均法は、いわゆる「その都度移動平均法」といわれるものです。

法人税法施行令 第二十八条1一ホ
 移動平均法
  棚卸資産をその種類等の異なるごとに区別し、その種類等の同じものについて、当初の一単位当たりの取得価額が、再び種類等を同じくする棚卸資産の取得をした場合にはその取得の時において有する当該棚卸資産とその取得をした棚卸資産との数量及び取得価額を基礎として算出した平均単価によつて改定されたものとみなし、以後種類等を同じくする棚卸資産の取得をする都度同様の方法により一単位当たりの取得価額が改定されたものとみなし、当該事業年度終了の時から最も近い時において改定されたものとみなされた一単位当たりの取得価額をその一単位当たりの取得価額とする方法をいう。
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S40/S40SE097.html

この場合において、払出および残高に使われる単価は、取引の都度ではなく1ヶ月毎に区切って計算する月別移動平均法も認められております。(法人税法基本通達5-2-3)

以上から結論付けられますことは、変更自体が期首からというのが前提でございますので、4月からその都度もしくはひと月毎に計算する事になろうかと思います。


http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/hojin/05/05_02_01.htm
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/hojin/05/05_02_02.htm
http://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/tsutatsu/kihon/hojin/05/05_02_04.htm
http://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/hojin/mokuji.htm

これらの点をよく確認し、ご判断下さい。
ご参考にしていただけましたら、幸いです。

こんにちは。
貴社が「棚卸資産の評価に関する会計基準」の強制適用法人なのか適用外中小法人なのかは分かりませんが、私としましては法人税法の立場から記させていただきます。


最初に大切な事を確認したいのですが、

>この10月より在庫評価方法を先入先出法から移動平均法に変更することを考えております。

既に棚卸資産の評価方法として「先入先出法(原価法or低価法)」を届けておられる場合において、今事業年度から別の評価方法を適用されたい場合は変更しようとする事業年度開始の日の前日ま...続きを読む

Q営業在庫を工場在庫と偽ると脱税になりますか?

某メーカの社員です。倉庫在庫について会計上の疑問があります。
1.私の会社は、工場で生産したものを工場在庫として保管し、出荷検査を通った製品を営業倉庫に出荷しています。
しかし、会計年度毎に、製品出荷が計画された出荷数量になった場合は、出荷検査を通った製品があっても、営業倉庫に発送するのを故意に止めて工場在庫として保管し、次の会計年度の出荷に回します。
これは脱税行為になるのでしょうか?

2.工場のスペースが狭く、検査部門の判定待ちをする製品の保管スペースがないため、出荷検査をまたずに営業倉庫に製品を発送し(製品出荷伝票は発行しない)、出荷判定された製品(製品出荷伝票が発行された製品)と同じ営業倉庫に、混在して保管することは、なにか会計上の問題がありますか?
営業倉庫内では、出荷未判定製品(工場在庫)と出荷判定済み製品(営業在庫)は、製品に貼ったシールで明確に区別できます。

Aベストアンサー

倉庫内の製品を区分すると次の3通りになりそうです。
(1)出荷判定待ちのもの→仕掛品
(2)出荷判定済で、出荷伝票未発行のもの→???
(3)出荷判定済で、出荷伝票発行済のもの→売上計上

問題は、(2)出荷判定済で、出荷伝票未発行のものですね。
会社としては、出荷伝票の発行をもって引渡しとする、出荷伝票さえ発行しなければ引渡しとならないし売上に計上する必要はない、とのお考えだと思われますが
場所的には販社に保管されていて、出荷伝票をいつでも発行できる状態なのに故意に発行せず、これはまだ売上ではないとするのはかなり無理があるように思います。
これを直ちに脱税と決めつけることができるかどうか分かりませんが、当局から指摘された場合に合理的な説明ができるか疑問です。
保管中の毀損・滅失などの損害が生産会社、販社側のいずれに帰属するかといったことも判定の要素になるのではないでしょうか。


人気Q&Aランキング