次のケースの場合今回の福島原発程度の大事故を起こせますか。
1.某国の特殊部隊(潜入、原発の専門家あり、生還を期せず)
2.日本の某狂信宗教団体(原発の専門家あり、生還を期せず)
3.単に気がふれただけの小父さん(ピストル所持、生還を期せず)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちは




いずれのケースでも極めて難しいと思われます。

現在の主要な国内の原子力関連施設には、警察の「原子力
関連施設警戒隊」という、核施設防護に特化した専門の警備
部隊が常駐配備されており、まずそれらの重武装の部隊を
無力化する必要があります。

従って、この時点で2,3は事実上あり得ない選択肢、となって
しまいます。

唯一僅かな可能性を見出せるのが 1.のケースですが・・・、
まず、防備側の警察部隊(施設によって常駐人員は異なるか
と思いますが、最低でも1個班<6~7名>、重要拠点となると
1個小隊<20名強>規模程度はいると思われます)を無力化
する必要がありますので、主攻、支援、の各部隊、施設その
ものを破壊する爆破実行部隊、どの部分を破壊するか? 等
核に関する専門的な助言を与える部隊、がそれぞれ必要と
なり、場合によっては総勢40~60名程度の大部隊になってし
まう可能性があります。

このような大部隊でのOperationは、秘匿性の保持が困難で
もはや"特殊作戦"と呼べないような内容となってしまいます
ので、わざわざSOFを投入するメリットがほとんど無くなるで
しょう。むしろ 貴重なSOFの戦力をいたずらに削ってしまう
だけの 文字通りの"無駄死に"となる確率が高いと思います。
    • good
    • 0

ほっほっwww


笑えるような回答が並んでいるが、

4.気がふれてない普通じゃない「私」だったら、ピストル所持なしで今回並みの大事故を起こせ、生還してきますが。

官憲やテロ対策要員の手出し無用。というか、それらの触れるべからざるテロ作戦を我々なら取れる。← ただし、これらは単なる可能性であり、我々がソレをする計画があるとかでは全然無い。

平和ボケした日本人には想像付かない事も色々あって、まぁ、そういう原発テロについて、我々は相当早くから、政府・電力会社・原発団体に直接或いは人づてに警告をしてきたもんだ。
原発にマシンガン所持の警官がつめるようになったり、沖合いを海上保安庁の巡視艇での警戒活動が始まったのも、全て我々の警告のあと。

今度の事故の対応を見ていても、原発関係者・電力会社社員というのはただのバカでと分かるでしょ。
そういうバカ達に原発は任せられない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>今度の事故の対応を見ていても、原発関係者・電力会社社員というのはただのバカでと分かるでしょ。

ハイ 仰せの通り!

お礼日時:2011/04/07 18:18

むしろ原発事故が起きて厳戒態勢を布いていたからこそ、すぐに右翼を逮捕できたのではないか思います。

でも、まぁ、だからといって右翼団体に今回のような事故(事件)を引き起こすだけの能力はないと思います。2と3はあり得ないと思います。

しかしSASのような特殊部隊にはそれを引き起こすだけの能力があると推測します(SASであれば生還を前提に任務を遂行するでしょう)。もっとも、潜在的に能力があったとしても、指揮(命令)権限者からの指示がなければ計画の遂行はできません。因みに軍隊を指揮できるのは、大抵の場合その国の政治主導者です(シビリアン・コントロール)。さて、それでは一国の指導者が果たして福島原発程度の大事故を誘発するような命令を下すでしょうか。。。北朝鮮なら有り得るかも知れませんね!

いずれにせよ、原発敷地内に武装したパトロールがいないとすれば、それは随分とひとのよい話だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/07 18:19

いずれの場合も防げると思う

この回答への補足

補足日時:2011/04/07 12:36
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼日時:2011/04/07 12:47

原発事故後ですら右翼カーが侵入直後に逮捕されたでしょ?



よって2,3はあり得ません。


1は侵入の発見すら出来ない、または警備や警察を殺して侵入することも出来るので可能でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
右翼って自己PRのため、捕まえて欲しくって侵入したのではないでしょうか。

決死の2.3より劣る?

お礼日時:2011/04/07 12:38

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報