会社が労働規定・協約などの内容を労働基準監督署に届けていると思いますが、

例えば休日出勤や時間外労働、給料関係で、賃金のおかしな算定あるいは不払いや、
法定を超える長時間労働のさせすぎなどで、届けている事柄と相当な相違がある場合、
これを労働基準監督署に発見されるとどのようなペナルティが会社にまっているのでしょうか?

お教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

労基署が見つけた場合、


是正勧告を出します。
ただし、監督官が違法行為に関して悪質であると判断した場合は、
是正勧告を飛ばして検察送致することがあります。
検察送致されたら、裁判するかどうかを検察が判断し、
裁判した場合で有罪判決を受けたら、違反に見合った罰が下されます(裁判になればまず有罪、証拠揃えて検察に送るので)。
ちなみに会社ではなく代表者や役員などになります、当然、法人は実態がない上に意思決定できる存在ではありませんので。

通常は是正勧告を受けた法人は約1か月以内に是正報告書を提出します。
通常は是正勧告から検察送致になることはまれです、
検察送致される前に是正します。

サービス残業などがあれば、その分2年に遡って(すでに退職した社員にも)支払い摺るように是正勧告が出ます。
36協定に定められた時間以上の勤務の場合は、勤務させないように是正するか労基法の範囲内で36協定を結び直すかします。

立ち入り調査は臨検監督といい、臨検監督には2種類あります、
一つは「定期監督」で、これは労働基準監督署がその年度の行政方針を策定し、それに基づき重点業種や重点ポイントを定めて行われるものです。
毎年必ず来るわけではなく、数年ごとに来たりします。

もう一つは「申告監督」で、労基法104条1項に基づき、労働者が法令違反等の申告を労働基準監督署に行ってから実施されるものです(最近増えているようです)。
    • good
    • 0

1.改善の注意だけ・・・・


2.後で改善を確認のために会社に臨検に来ます。
3.そこで、改善無しと偽証がわかれば、改善書類の提出
4.再度、臨検調査で労働基準法の該当する違反行為を見つければ行政指導
5.行政指導をしても隠蔽・偽装・改ざんをすれば、監督署が書類送検「検察庁」
6.罰金刑を受けますが、会社は影響がないよ・・・

労働基準監督署は裁量権があります。
 1例・・仮に職場で殺人事件が起きても「被害者」は、労災認定をされません。
    • good
    • 0

 発見する状況にもよりますが、基本的には変わりません。


 ペナルティーもありません。

 ただし、労災事故が起きた場合、特に死亡事故があった場合などは、改善命令が出る場合があります。
 もう一つは、労働者からの告発ですね。
  こちらは、調査をして、労基法に違反をしていれば書類送検、行政指導と言うことになる場合があります。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q労働基準監督署

私は6月に勤務する市の労働基準監督署に労働違反を通報しました。労働基準監督署の人が7月に突然何も言わずに職場に調査?にみえました。
私の仕事は地方公務員の仕事です。市役所管轄の福祉施設に臨時職員として働いています。
労働基準監督署の人は何も予告なしに市役所にも言わずに突然職場にみえました。
その日から、施設長からの嫌がらせが始まりました。
労働基準監督署の人は私の名前を市役所の担当部署の課長に言ったそうです。
労働基準監督署の人は個人情報を守ってくれないのでしょうか????
私は休憩無しの7時間労働を強制させられている事の改善をしてもらうために通報しました。
おかげで、勤務時間は休憩無しの6時間労働に変更になりました。
悪い事をしたと思っていませんが、市役所関係内部では、通報者探しがあったとほかより聞きました。
監督署の人はどうして通報者の名前を言ったのでしょうか??
この件に関して、労働基準監督署にこうぎをしても良いと思いますか??
名前を正直に言った私が馬鹿だったのでしょうか??

Aベストアンサー

#1です。追加しておきます。

公益通報者保護法ですが、これは、
近年、事業者内部からの通報(いわゆる内部告発)を契機として、国民生活の安心や安全を損なうような企業不祥事が相次いで明らかになりました。このため、 そうした法令違反行為を労働者が通報した場合、解雇等の不利益な取扱いから保護し、事業者のコンプライアンス(法令遵守)経営を強化するためのものです。

要件ですが、参考URLのとおり、満たしているものと考えられます。

この場合、不利益取扱が禁止されますが、どうやって解決させるか、は労働審判制や裁判をやれ、と書いてあります。法律上は保護する根拠を与えるけど権利を得るには自分で頑張ってね、ということです。

http://www5.cao.go.jp/seikatsu/koueki/tsuho-sodan/faq-tsuho-sodan.html#q14

さて、私の回答のお礼に関してですが、内容を見る限り、監督官に過失があったと言えるかどうか、だと思います。が、少なくともこの内容では監督官に守秘義務違反を問うのは困難でしょう。ちゃんと事前に下調べもせず、安易に調査に行ったことがどうか、というのはありますが・・・

監督署にはもう少し強い態度で言った方がいいと思いますね。守秘義務違反には問えないにしても、監督署の調査の結果貴方の申告が発覚した、というのは代え難い事実です。従って、それで嫌がらせを受けているのであれば、労働基準法第104条2項違反だ!(申告による不利益取扱)と主張して刑事告訴するのも一つの手かもしれません(契約更新拒否時に行う手もありますけど)。労働基準法第104条2項違反は6箇月以下の懲役又は30万円以下の罰金です。

申告内容についての状況は結果はある程度は教えてくれるかもしれませんが、やりとりとかは難しいでしょう。ただ、今回はこういう結果になって、貴方が不利益を受けている訳ですから、監督署の責任を追及してもいいと思います。

http://www.houko.com/00/01/S22/049.HTM#s11

参考URL:http://www5.cao.go.jp/seikatsu/koueki/tsuho-sodan/hitsuyo.html

#1です。追加しておきます。

公益通報者保護法ですが、これは、
近年、事業者内部からの通報(いわゆる内部告発)を契機として、国民生活の安心や安全を損なうような企業不祥事が相次いで明らかになりました。このため、 そうした法令違反行為を労働者が通報した場合、解雇等の不利益な取扱いから保護し、事業者のコンプライアンス(法令遵守)経営を強化するためのものです。

要件ですが、参考URLのとおり、満たしているものと考えられます。

この場合、不利益取扱が禁止されますが、どうやって解...続きを読む

Q労働基準監督署

今度、勤務先(時間外手当などの労働契約)のことで監督署に相談しようと思っています。
なにぶん初めてなので、どういう流れで進むのかわかりません。
相談したら、勤務先に指導、監査など入るのでしょうか?
参考資料としてタイムカードを持っていこうと思っています。労働契約通知書は交付してくれませんでした。就業規則は持出し禁止らしいです。
指導などが入ったら、会社は素直に法に遵守するのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
労働基準法第15条(労働条件の明示)
使用者は、労働契約の締結に際し、労働者に対して賃金、労働時間その他の労働条件を明示しなければならない。
この場合において、賃金及び労働時間に関する事項その他の厚生労働省令で定める事項については、
厚生労働省令で定める方法により明示しなければならない。

労働条件の明示方法は"書面"とすることと規定されていますので、
会社には労働条件通知書を交付する義務があり、これを怠ると罰則が科せられます。

労働条件通知書の交付を拒んだだけでも、
所轄の労働基準監督署へ違反申告が可能です。

「時間外手当などの労働契約」について労働基準監督署に相談される予定とのことですが、
相談だけでは指導、監査が会社に入ることはありません。
違反事実を明確にし、その申告をして、それが受理されてから、
労働基準監督署の監督官が会社に対する調査を行います。
そして違反事実が判明すれば「指導」あるいは「是正勧告」が行われます。

「指導」に従わなくてもそれ自体に罰則が科せられることはありません。
また「是正勧告」に従わなかった場合は、検察庁や裁判所へ送検され、
それぞれの機関の判断によることになります。

多くの会社が労働基準監督署の調査、指導、監督によって不備の改善を行っています。
 
 

 
労働基準法第15条(労働条件の明示)
使用者は、労働契約の締結に際し、労働者に対して賃金、労働時間その他の労働条件を明示しなければならない。
この場合において、賃金及び労働時間に関する事項その他の厚生労働省令で定める事項については、
厚生労働省令で定める方法により明示しなければならない。

労働条件の明示方法は"書面"とすることと規定されていますので、
会社には労働条件通知書を交付する義務があり、これを怠ると罰則が科せられます。

労働条件通知書の交付を拒んだだけでも、
...続きを読む

Q労働福祉事務署と労働基準監督署

パートの未払いの給与を法的効力を使って請求する場合、
労働福祉事務署と労働基準監督署のどちらに
相談すれば良いのでしょうか。
労働福祉事務署と労働基準監督署はどのように役割が
違うのでしょうか。
教えて下さいよろしくお願いします。

Aベストアンサー

賃金の未払いについては労働基準監督署に申告するのが
一番早く解決します。というのは労働基準監督官というのは国家公務員の中では検察官に次ぐ権限を有しており、
事業者へ直接質問、出頭を命令でき、拒否する場合には、勧告書により行政指導を行い、従わない場合には、司法警察職員として直接検察庁へ告訴できます。
特に質問のような賃金の未払い等労働者に著しい不利益を与えている場合には、即対応をしてくれると思われます。
また、労働福祉事務所というのはなく、社会福祉事務所の間違いだとは思うのですが、社会福祉事務所は社会保険等を扱うのみで、このような賃金未払いには応じてくれないと思われます。

参考URL:http://osaka-rodo.go.jp/

Q労働基準監督署の指導って・・・

労働基準監督署の指導って・・・

理不尽な理由で、派遣の契約更新を突然終了されました。
到底納得行くものではなく、法律にも違反している点があるので、
労働基準監督署に相談に行こうと思っているのですが、
相談に行ったところで、労働基準監督署は、会社に対して、どんなことをしてくれるのですか?
指導とは、会社に対して、ただ電話1本するだけですか?
書面を送るのですか?
突然会社に人が出向くのですか?
具体的にどのように対処されるのでしょうか?

また、指導された会社側は、どんなダメージを受けるのですか?
もしくは、人事部なども、「あー、あの辞めた人が言いに行ったんだな。」くらいにしか思わず、
特に何も改善もしなければ、受け流すくらいのものなのでしょうか?

ご存知の方がおられましたら、教えてください。

Aベストアンサー

 労働基準監督署が監督指導を行うのは、労働基準法、労働安全衛生法、最低賃金法等所管する法令に違反しているものが対象です。逆に、これらの法令に違反していない、規定がないものは対象外です。

 「理不尽な理由で、派遣の契約更新を突然終了されました。」とありますが、理不尽かどうかは別として、仮に、これが、解雇理由のことだとしても、労働基準法には「解雇理由」についての条文がなく、また、契約更新についての条文もありません。従って、所管する法令に規定がないので、労働基準監督署では指導する権限を有しません。なので、何も出来ません。(出来ないというよりは、国民がさせていないが正確です。)

 なお、法違反がある場合は、職員が直接行くか、書面で呼び出すかのどちらかです。会社に電話する、指導文書を送るという対応はありません。
 この結果、労働基準法等に違反があると認められた場合は、書面で、その是正を勧告することになります。ダメージは判りませんが、残業代不払が発見され、その遡及払い(最大2年間)を指示されることもあります。

Q労働基準監督署の指導を会社が聞きません。

労働基準監督署の指導を会社が聞きません。

職場の賃金未払や残業代未払について、労働基準監督署に訴えました。

一応、行政指導というものをしてくれたのですが、その指導を会社が無視して、結局賃金は未払のまま。その後も、残業代などの不足が恒常的に続いています。
裁判を起こすにも何かとハードルが高く、時間的にも余裕が無くて実行に移せない状態です。
労働基準監督署の指導を無視しても、「おとがめ無し」なら、労働基準監督署など必要ないのではないかと思ってしまいます。
強制力のない行政指導をしてもらっても、会社が無視するのであれば「動いてくれない」のと結果は同じです。
こんな会社を放置することは気持ち的にがまんできません。
なんとかできないでしょうか?

Aベストアンサー

行政指導には強制力がないので、会社が無視すれば、そのままではおとがめ無しになってしまいます。
そんなときは労働基準監督署に対して、「告訴」をしましょう。
告訴を受けた労基署は、告訴をそのまま放置できません。必ず検察庁に書類送検します。
裁判ではないので、過去の不払い金が戻ってくるわけではありませんが、少なくとも今後の違法行為の抑止としては効果絶大です。

ただ、労基署は簡単には告訴を受理してくれませんので、プロに頼むのが無難です。

私も以前、労働基準監督署に違反を申告して行政指導してもらいましたが、会社が無視したので告訴しました。でも最初、自分で告訴しようとすると、労基署の窓口で何かと言いくるめられて受理してもらえませんでした。そこで、私の場合は行政書士に頼んで告訴してもらいました。

郵送と電話だけで全国対応してくれる行政書士事務所で、社労士の資格も持っている事務所だったので、労働問題や労基署対応は手慣れた感じでした。
↓↓↓
http://century-office.asia/kokuso02.html

このまま泣き寝入りが嫌だったら、メールで相談だけでもしてみたらいかがでしょう?

行政指導には強制力がないので、会社が無視すれば、そのままではおとがめ無しになってしまいます。
そんなときは労働基準監督署に対して、「告訴」をしましょう。
告訴を受けた労基署は、告訴をそのまま放置できません。必ず検察庁に書類送検します。
裁判ではないので、過去の不払い金が戻ってくるわけではありませんが、少なくとも今後の違法行為の抑止としては効果絶大です。

ただ、労基署は簡単には告訴を受理してくれませんので、プロに頼むのが無難です。

私も以前、労働基準監督署に違反を申告し...続きを読む

Q労働基準監督署の動きについて

労働基準監督署が、労働形態において問題のある企業に電話をして意見を求めたりすることはよくあるのでしょうか?
また、労基署が企業に経営理念を提示させるのは、どんな意図があってですか?

Aベストアンサー

事情聴取はしても意見なんか求めないと思います。
経営理念なんてのも関係ないでしょう。合法にやる気があるかどうかというような事なら別ですが。
そもそも本当に労働基準監督署なのでしょうか?
具体性のない質問なので、どんな意図でこのスレを立てたのかも腑に落ちません。

Q会社が労働基準監督署を嫌がるのはなぜですか?

会社が労働基準監督署を嫌がるのはなぜですか?

休業手当の支払いについて、会社側に支払う意思が感じられません。

労働基準監督署に相談したところ、
「まずご自身で再度請求されて、それでも支払わない場合、
内容証明を打つとか、労基署が動くなどの方法がありますが、
いきなり労基署から連絡があると、会社側も立場が無いというか、
気を悪くすることもあるので。」と言われました。

なぜ会社は労働基準監督署を嫌がるのでしょうか?

Aベストアンサー

貴方個人の訴えであれば、会社にとって貴方独りですみます。
労基署が絡むと、全社員に対する待遇を是正しないといけません。
会社の体質によっては、貴方一人なら対応するが、全社員に対してとなると嫌がるといった可能性もあります。

Q労働基準監督署について

上場企業の人事部に所属しています。

新しい案件で、工場を増設して、本稼動に入り、1年弱、その生産部署37名の内、パート社員が約6割弱を占めています。

稼働が、順調でなく、パートさんにも残業を依頼しておりますが、残りの4割強の社員や間接部門への負担で、残業が、月100時間を軽く超えており、内部告発で労基がいきなり、来ました。

それが約5ケ月前、二重帳簿で軽く逃げましたが、是正勧告を置いて帰り、2ケ月前に又、やってきました。

工場長は「定時に一旦タイムカードを打刻させろ」と言っていて、証拠隠滅させていますし、残業代をきちんと支払っているんだから、我慢して欲しいと、そこの社員達に話していました。

労働組合は完全な社内癒着型の御用組合で、見て見ないフリ、36協定なんか締結していません。法定休日(日曜日)も出勤させても代休も与えず、うつ羅患者も出て、更に残業は増加する傾向です。

これが、決定的となり、労基署から執行猶予になりますよ!と言われております。

工場長は、労基署が帰ってから、「誰が労基へタレ込んだ(申告した)!」と魔女狩りの様相です。
恐らく、社員の親御さんだと思いますが、こっちは残業処理で大変ですし、この執行猶予になった場合の行政処分とは、一体、どうなるのでしょうか?

工場長は労基署に対して「大した相手じゃ無い!」「これ以上、社員を増やすことは許されない!」としか言いません。
又、残業代をきちんと支払っている!と、豪語しますが、そういう問題じゃあ無いと思います。

前までの是正勧告時は、私が適当に報告書類を記載しており、労基署へ届出をしており、正直、甘く見ていて、何でも隠し通せば済む、といった思考性が、最近、恐ろしくなってきましたし、無茶苦茶な労働時間に対応する気概さえ、ありません。

残業を無理にさせることや、うつ、これでは社員も浮かばれません。
今になって労基署に、処分を受けるべきだと考えるようにもなりました。
でも、何か、軟弱に感じる労基署に、行政って、こんな程度かと呆れてしまう今日このごろです。

逮捕権を行使できることも知っていますが、労基署って本質的にこんな程度でしょうか?
まだ、残業100時間超え/月は、続いています。
この先も、続くことは、明らかです。

最近も労基署から電話があり、執行猶予の件で、工場長が総務部長に、お前行ってこいで、労基署へ一緒に頭を下げに行ってきました。
工場は、執行猶予を与えられそうです、これも履行しなければ、どうなるのでしょうか?

上場企業の人事部に所属しています。

新しい案件で、工場を増設して、本稼動に入り、1年弱、その生産部署37名の内、パート社員が約6割弱を占めています。

稼働が、順調でなく、パートさんにも残業を依頼しておりますが、残りの4割強の社員や間接部門への負担で、残業が、月100時間を軽く超えており、内部告発で労基がいきなり、来ました。

それが約5ケ月前、二重帳簿で軽く逃げましたが、是正勧告を置いて帰り、2ケ月前に又、やってきました。

工場長は「定時に一旦タイムカードを打刻させろ」と言って...続きを読む

Aベストアンサー

残業100時間超え/月となると、死亡者が出てもおかしくない領域とされてます。
監督署、あっせんが大体相談先のスタートで、次いで労働審判、民事訴訟へと進んでいきます。刑事事件も並行して進めても不思議ではない状態です。

「執行猶予」は、司法事件にされ、そしてその結果の話です。労働事件ではなかなか検察が起訴しないという話です。この分野を普通にこなせる弁護士も少ないし。

Q労働基準監督署。

弟が今回仕事が原因ででヘルニアとなり手術しました。この入院費、手術費用などは労災適応になったのですが休業補償についてはなぜかまだ審査がはっきりとしません。そして先日○○日に労働基準監督署へきて下さい。との通知がきましたがこの場合労働基準監督署へ行き一体何を聞かれるのでしょうか?
きっと今の体の現状などを医師の診断書とくらべて見たりするのでしょうがヘルニアの場合傷口を見る程度しかできませんよね?
もちろん今現在コルセットをしてこのコルセットが11月に取れるのですがそれまでは仕事復帰は無理と医師から診断が出ています。

このような状態で労働基準監督署は一体何の用があるのか分かりません。
このように労働基準監督署へ行かれたことがあるかた何かわかりますか?

Aベストアンサー

指に怪我をして労働基準監督署で一回目の審査の時
後日医師にレントゲンを撮ってもらい写真を
持ってきて欲しいといわれたときがあります
どこか面接室でも連れて行かれるとおもったのですが
担当者の事務室のデスクで立ち話で終わって労災が
認められました
なんか適当な感じでしたが、労災が認められたので
まあいいかとその時は思ったのですが
今回はなにかもってくるよう指示はありませんでしたか
休業補償がでないということは無いと思いますが
でも嫌な感じですね
休業補償についての細かい説明かもしれません

Q労働基準監督署で企業の就業規則の閲覧or謄写

労働基準監督署で企業の就業規則の閲覧or謄写をされた方はいらっしゃるでしょうか?管轄労基署が遠方にあるため、出向くことは難しいのです。直接問い合わせればいいのですが、平日は仕事のためなかなかできません・・・。どうやればよいのか、簡単に見せてくれるものなのか、ご存知の方は教えていただけないでしょうか。

Aベストアンサー

補足拝見いたしました。
>すでに退職した会社の退職金に関する規定を確認したいのですが、直接会社に確認することが難しく、労基署で手に入れたいと思っています。
直接出向けない場合、郵送等で申請できるのかお知りの方はいらっしゃらないでしょうか?

まず無理だと思います。
と、いうのは、労働基準監督署の方では「内部資料」として取り扱っているため、本来はその事業所の社員であっても、外部(監督署職員以外)の人間に見せるべきものではないという扱いをしているそうです。
私の場合は、助成金の資格申請手続にどうしても過去の就業規則が必要だったのですが、勤め先には現存しておらず、労働基準監督署でしか見られない状態だったのですが、それでも色々質問(どうしてないのか、どうして過去のものを見る必要があるのか、どうして事業所に控がないのかなど)されて、ようやく「仮受書を持って、直接こられるなら」ということで了解を得られました。
なぜ直接出向かないとだめなのかという理由としては「こちらでも必要不可欠な資料なので、郵便事故などで紛失されては困る」ということでした。
コピーを渡す(又は送る)というようなことはできないんだそうです。

補足拝見いたしました。
>すでに退職した会社の退職金に関する規定を確認したいのですが、直接会社に確認することが難しく、労基署で手に入れたいと思っています。
直接出向けない場合、郵送等で申請できるのかお知りの方はいらっしゃらないでしょうか?

まず無理だと思います。
と、いうのは、労働基準監督署の方では「内部資料」として取り扱っているため、本来はその事業所の社員であっても、外部(監督署職員以外)の人間に見せるべきものではないという扱いをしているそうです。
私の場合は、助成金...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報