東京が舞台の古い日本映画を観ていたら(昭和30年くらいに製作された作品です)
登場人物が「ちょいと用事があって」とか、「ちょいちょい出掛けるのよ」というセリフを
喋っていました。「ちょいといい男なのよ」とか。
「ちょいと」とは「ちょっと」ということだと思うのですが、
現在放送されているテレビドラマを観ていても「ちょいと」なんてあまり言いませんよね?
でもその映画では若い人も年配の人もみな「ちょいと」「ちょいちょい」と言っているのです。
昔は東京の人は皆「ちょいと」とか「ちょいちょい」と言っていたのか、
それとも日本人はみなそんな風に言っていたのでしょうか?
ちなみに私が観た映画は小津安二郎の作品です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

語源は、「ちと」かと思いますよ。


「ちと」は鎌倉時代以前からあった様で、今でも通用しますね。

「ちょっと」「ちょいと」「ちょこっと」「ちょびっと」等々は、「ちと」から派生した言い換えや方言でしょう。
全て量や時間などが少ないと言う意味で使われます。

ただ「ちょいちょい」は「時々」などの意味で、頻度を表す言葉ですから別ですね。
これは「直々(ちょくちょく)」が変化した言葉かと思います。

言葉は時代と共に変化し、流行ったり廃れたりしますので、当時の文献等で調べなければ何とも言えませんが、「ちょいと」は時代劇などでも使われる言葉(言い回し)で、時代劇などで使用する言葉は、時代考証上の理由や、時代の古さの演出で用いる場合が有ります。

今はもう、やや廃れた言葉でしょうね。
ただ、時代劇とは言え、現代人に通じねば意味は無いので、古さは感じるけど、現代でも通用する言葉と言って良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
古い映画を観ていると、
使われている言葉も違いますが、
会話のテンポがなかり今と違っている気がしますね。

「ちょいと」は現在でもたまにはドラマなどでも
使われているようですが、
何ていうか婀娜な感じがします。

詳しい説明ありがとうございました。
勉強になりました。

お礼日時:2011/04/09 09:44

江戸中期の国語辞書には次のように、当時は一般には「ちゃっと」だが、江戸では「ちょっと」、更に近頃はこの促音を逆に延ばして「ちょいと」などと、その差異に触れています。



「ちやト 急ぐ事を申付る時にいふ、江戸にてはちよツといふ、又今の俗言にチヨイといふ」(太田全斎「俚言集覧」)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ちょっと→ちょいと、でまたちょっとになったんでしょうか?
言葉は生き物って言いますが、
その通りですね。

お礼日時:2011/04/09 09:45

さすがに、今時は「ちょいと」とは言わないと思います。

「ちょっと」でしょうね。
「ちょいちょい」というのは、今でもたまに聞きますね。意味としては「頻繁に」とか「よく」ということですね。
「ちょいちょい出かける」=「よく出かける」「頻繁に出かける」という使い方でしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
「ちょいちょい」は私の住む地域ではほとんど使いません。
使うとしたら「ちょこちょこ」か「ちょくちょく」です。
地域によって違うのかもしれませんね。

お礼日時:2011/04/09 09:37

>それとも日本人はみなそんな風に言っていたのでしょうか?



こちらの方ですね。

「ちょいと一杯のつもりで飲んで・・・」なんて歌もありましたし、古い落語でも「ちょいと寄っていきなさいよ」なんてセリフが出てきます。「フーテンの寅さん」あたりでも「ちょいと」の方が使われていた筈で、そこら辺の年齢で「死語」になった言葉だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
その歌は知ってますけど、
実際に生活の中で「ちょいと」って使われていたのが不思議な感じがします。
寅さんはかなり長きにわたって製作されていたと思うのですが、
シリーズ全部観たら日常で使われている言葉が変わっていくのが
わかるかもしれませんね。

お礼日時:2011/04/09 09:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q2歳〜以降の幼児で、いつまでも かんしゃく を起こしたり お友だちに意地悪や、ぶったり叩いたり、言葉

2歳〜以降の幼児で、いつまでも かんしゃく を起こしたり お友だちに意地悪や、ぶったり叩いたり、言葉遣いが乱暴だったりする子って 何が影響していると思いますか?

Aベストアンサー

まぁでも2歳以降ってそういう時期じゃない?その悪いことを悪いと学ぶ時期じゃないかな?5歳以降で意地悪してたら家庭環境に問題があると思うけど

Q創業30年と創業昭和30年どちらが正しい?

創業30年と創業昭和30年どちらが正しい?

一般的に創業の後に続く文言として、
「創業+(商売を始めてからの年数)」と
「創業+(商売を始めた年号と年)」の
2種類があると思います。
以下の3択が考えられると思いますが、
どれなのでしょうか?

(1)慣例化したが、元々はどちらかが間違い
(2)元々からどちらも正解
(3)その他

理由と合わせてご教示頂けると幸いです。

Aベストアンサー

お礼のお言葉をありがとうございました。

>>>
ただ、欲を言えば「創業*年」は「創業(年号)*年」を内包しているかと思います。
純粋な「創業(数字)年」のみを調べることができればより良いのでしょうが、難しそうですね。。

いえ、簡単なことですよ。

A「創業*年」1280万件
B「創業昭和*年」44万件
C「創業大正*年」13万件
D「創業明治*年」26万件
E「創業*千年」1万件
E「創業*百年」14万件
F「創業*十年」98万件(元号がついているものも含む)

以上がすべてではないですが、ほとんどでしょう。

B+C+D+E+F = たったの200万件

純粋な「創業(数字)年」は、だいたい
A-(B+C+D+E+F) = 1080万件

1080:200 という差は圧倒的な差です。
仮にもっと詳細な検索をしても、両者の比が大幅に縮まる可能性は非常に小さいです。


ちなみに、西暦も試しましたが、
「創業19*年」4件
「創業18*年」4件
「19*年創業」26件
「18*年創業」62件
という結果になりました。


以上、ご参考になりましたら。

お礼のお言葉をありがとうございました。

>>>
ただ、欲を言えば「創業*年」は「創業(年号)*年」を内包しているかと思います。
純粋な「創業(数字)年」のみを調べることができればより良いのでしょうが、難しそうですね。。

いえ、簡単なことですよ。

A「創業*年」1280万件
B「創業昭和*年」44万件
C「創業大正*年」13万件
D「創業明治*年」26万件
E「創業*千年」1万件
E「創業*百年」14万件
F「創業*十年」98万件(元号がついているものも含む)

以上がす...続きを読む

Q「したりげ」はどんな意味ですか。

「したりげなセリフを吐かれる」という言葉の意味が
ちょっと理解しにくいです。手元の辞書に「したり」がないです。
これは何の品詞で、「したりげ」はどんな組み合わせですか。
「したりげなセリフを吐かれる」になると、どんな意味になりますか。
教えてください。

Aベストアンサー

私の辞書には「何気に」という言葉はありません。
「したり」
うまく成功した/やりそこなった
という両面の言い方に使われます。
「したり顔」うまくやったという顔つき。
「してやったり」→「したり」に転じたもの。

「したりげな……」という言葉は、「何気に」を真似た、若者固有の俗語(スラング)だと判断できます。
ただしくは「したり顔に言う」です。
「セリフを吐く」も下品です。知性が感じられませんね。

Q広島を舞台にした文学作品

大学の授業で方言研究をしプレゼンテーションをするのですが、広島弁について分析しようと思っています。
作品中で登場人物が広島弁を話す小説や詩をご存じの方いらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

方言全体としてですが、一つ参考にしてもらいたいことがあります。
現在日本各地で使われている方言の語彙(単語の総体)は、元は京都で使われていた(又は流行した)ものであり、それが伝播して各地に伝わり、今に残り使われていると言うことです。これは、民族学者の柳田國男が提唱した『方言周圏論』によるものでして、「かたつむり」の方言を調べたところ、同じ系統の言いまわしが、京都を中心とした同心円状に分布していたことから、考え出されたものです。これは後に、在阪のある番組企画で実証されています。質問者さんには、それを念頭に置いた上で、広島弁を分析されることをお勧めします。
質問内容についてですが、様々な文学作品を各地の方言で書かれたCD付きの本があります。ここでは、太宰治の『人間失格』が広島弁で収録されているので、一つ参考にしてもらえれば良いなと思います。また、余力があれば、上記の内容が書かれた、柳田國男の『蝸牛考』も読んでおくといいと思います。ただ、かなり読みにくいですけどね。

参考URL:http://www.soshisha.com/book_search/detail/1_1281.html

方言全体としてですが、一つ参考にしてもらいたいことがあります。
現在日本各地で使われている方言の語彙(単語の総体)は、元は京都で使われていた(又は流行した)ものであり、それが伝播して各地に伝わり、今に残り使われていると言うことです。これは、民族学者の柳田國男が提唱した『方言周圏論』によるものでして、「かたつむり」の方言を調べたところ、同じ系統の言いまわしが、京都を中心とした同心円状に分布していたことから、考え出されたものです。これは後に、在阪のある番組企画で実証されていま...続きを読む

Qゆったたり

「ゆったたり」という言葉は存在するのでしょうか?人に聞かれてネットで検索したところ、結構ヒットします。「ゆったたりする」とかで「ゆったりする」の誤りと思うのですが、詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

入力ミスの見落としでしょう。グーグルでは僅かに三十四例しかヒットしませんし。検索の仕方も間違っているのでしょう。ダブル・クオーテーション・マークで括ること、ご存知ですか。

ちなみに「”まったたり”」で検索すると105例ありました。この程度でもやはり間違いと断定できる少なさです。

Q昭和27~28年頃の国語の教科書の作品について

 小生が小学校1~3年生の頃の国語の教科書に出ていたもので、今でも心に懐かしく浮かんで来る作品を知りたいのです。
 断片的にしか思い出せないのですが「とんとんとん」「どなたです」「かぜの・・・です」という文章です。子供心に、夜の風と戸の会話がとても印象的に感じられ、それが今でも懐かしい…。この程度の情報では作品に行き着けないでしょうか?宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

#2です。添付URLの中に「とんとんとん何の音!」「かぜのおと」と言うのがあります。
これかも知れませんね。

参考URL:http://myshop.7andy.jp/myshop/nukumori?shelf_id=08

Qネット用語「しゅたり」っどういう意味ですか?

こんにちは。最近、ツイッターで「しゅたり」という言葉を見かけますが、意味が分かりません。
どこかに移動して着いた後に「しゅたり。大阪駅」みたいに書いていますが・・・。
どなたか分かる方、教えてください。

Aベストアンサー

着地音みたいな感じだと思います。
忍者みたいな。
どこかに着いた、というのをちょっとかわいく表現してます。

Q「読了」に対応するような、何か(映画とか)を観たことを完了した、言葉は

「読了」に対応するような、何か(映画とか)を観たことを完了した、言葉はあるでしょうか?

Aベストアンサー

 「観了」で検索してみてください。勿論造語ですが。

Q明るく元気な人じゃないとたりダメ?

明るく元気じゃない人は嫌われますか?

今度転職を控えている28歳、女です。私は幼い頃から人見知り、口下手で人付き合いが苦手です。
明るく元気な人はどこに行っても好かれると思いますが、私みたいに口下手で暗い人ってやっぱり嫌煙されますよね…。
一応接客業ですが、居酒屋みたいなテンションのお店ではないので、こんな自分でもなんとかやれています。

自分から頑張って話しかけたりするので、最初は人見知りとは思われなかったりする事もあるみたいですが、無理しているので続かず、無口で暗い人だというのはすぐに分かると思います。
そのせいか今まで職場で浮いてしまう事が多く、悪口を言われたり、人間関係が余計不安です。

どこに行っても浮いていたという訳ではなく、それなりに仲良くやれたり、面白い人と言ってもらえる職場もありました。今の職場でも比較的みんなと仲良くやれていて面白いと言ってもらえたりしています。

年上の方が多いと比較的良くしてもらえるのですが、同世代や年下だとなかなか上手くやれずに浮いてしまう事が多かったです。
年上の人には「落ち着いてるね」などと良い方に取ってもらえたりするのですが、若い人からするとテンションが低いと「暗くてつまらない人」になってしまうのもしれません。

今度の転職先も若い人が多そうなんですが、若い人と仲良くやるにはどうしたらいいんでしょうか。特に年下の先輩とどういう風に接すればいいのかも分かりません。

ご意見下さると嬉しいです。

転職先もお店なのですが、やはり居酒屋の様なテンションではなく、静かな空間で落ち着いた接客をする所です。求人には明るく元気な人募集、とは書いていなかったので応募し、採用していただけました。

明るく元気な人募集、とか「あの人は明るいね」とかいう言葉を聞くと本当に自己嫌悪に陥ります。明るく元気じゃない人はいらない、と言われている様で生きづらいです…。

明るく元気じゃない人は嫌われますか?

今度転職を控えている28歳、女です。私は幼い頃から人見知り、口下手で人付き合いが苦手です。
明るく元気な人はどこに行っても好かれると思いますが、私みたいに口下手で暗い人ってやっぱり嫌煙されますよね…。
一応接客業ですが、居酒屋みたいなテンションのお店ではないので、こんな自分でもなんとかやれています。

自分から頑張って話しかけたりするので、最初は人見知りとは思われなかったりする事もあるみたいですが、無理しているので続かず、無口で暗い人だとい...続きを読む

Aベストアンサー

明るく元気な人でも、全く人に嫌われないということは不可能です。人間には相性ってものがありますから、周囲の多くの人間関係の中では、必ず「好き嫌い」が出てきます。

明るく元気な人のテンションがめんどくさくて苦手、という人は結構少なくないです。

大事なことは、全ての人に好かれようと気を張ることではなく、自分と相性の良い人をしっかりと見出し、その関係を強固にすることです。

はっきり言うと運がかなり影響します。

しかし、沢山の人に、常に気楽な気持ちで、意識的に暖かい言葉や行動をかけてあげれば、必ず何人かはあなたのことを好きになります。

ときどき暗くて元気がなくても、そんなことは関係ありません。自分のことを褒めてくれたり、認めてくれたりする人間を、人はおいそれと嫌いにはなれないものです。

若い人に対しては特にそうですが、広い心を持って、ひとりひとりの小さな美点を見つけてあげることが大事です。それをさりげなく口に出せば、あなたの好感度はうっすらと上昇し続けます。

もちろん、冒頭に書いたように根本的な「相性」というのはありますから、たとえ褒めても、その人独自の思考回路から、あなたのことを嫌いになる人も出てくる可能性はあります。そういうのは、そもそもの初めから、何をやっても仲良くなれない人です。気にしなければ良いだけです。

無口で暗いと言ったって、別に人に対して悪意を持っているわけではないですよね。それなのに、そのことをあげつらって悪口を言うような人は、そもそも性格が歪んでいる人ですから、無視に限ります。

広い心を持って、広い心を持った人と出会う。そんな関係を意識して目指せば、自然体の自分のままでも、充分に幸せな社会生活を送ることができると思いますよ。

明るく元気な人でも、全く人に嫌われないということは不可能です。人間には相性ってものがありますから、周囲の多くの人間関係の中では、必ず「好き嫌い」が出てきます。

明るく元気な人のテンションがめんどくさくて苦手、という人は結構少なくないです。

大事なことは、全ての人に好かれようと気を張ることではなく、自分と相性の良い人をしっかりと見出し、その関係を強固にすることです。

はっきり言うと運がかなり影響します。

しかし、沢山の人に、常に気楽な気持ちで、意識的に暖かい言葉や行動をかけ...続きを読む

Q昭和30年代の促音の表記方法

昭和37年に書かれた文章中、促音が小文字でなく、全て普通の大きさの文字で表記されているものを見つけました。前後に書かれた本でも同様の表記方法をとっているものがあります。
例えば、「ちょっと」を「ちよつと」、「・・・であった」を「・・・であつた」と表記する類です。
このような表記方法は当時一般的だったのでしょうか?このように書く人の比率はどの位だったのでしょうか? 
国語関係の審議会か何かで促音は小文字で書くことが打ち出されたのはいつ頃でしょうか?

Aベストアンサー

『現代かなづかい』(和21年11月16日 内閣告示第33号)は改正され、
『現代仮名遣い』(昭和61年7月1日 内閣告示第1号)が出ていますが、
ここでも「なるべく」にとどまっています。

>第1(原則に基づくきまり)
>2 拗音
>  〔注意〕 拗音に用いる「や,ゆ,よ」は,なるべく小書きにする。
>4 促音
|  〔注意〕 促音に用いる「つ」は,なるべく小書きにする。

昭和21年の「現代かなづかい」以降、新聞記事や学校教科書その他の公用文はこれに則っているはずです。

ちなみに、法令の条文については、戦後もずっと旧来の慣習を踏襲していましたが、平成元年1月以降に制定された法令は小書きに変わりました。下記はその通知文書です。通知文書の本文そのものは小書きになっていなかったりします。
→ http://www5d.biglobe.ne.jp/~Jusl/Bunsyo/yayuyotu.html
『法令における拗音及び促音に用いる「や・ゆ・よ・つ」の表記について(通知)』
   (昭和63年7月20日 内閣法制局総発第125号)

そのほか、公用文でも拗音や促音を小書しない慣習が残っている場合があるようです。
たとえば、ネット上に公開されている自治情報センター(総務省所管の財団法人)の『地方公共団体コード住所一覧』は、ごく最近まで市区町村名のふりがなの拗音・促音が小書きになっていませんでした。現在は、わざわざ「ふりがな小書」と明記されています。
→ http://www.lasdec.nippon-net.ne.jp/com/addr/kaku_ken/hokkaido.htm
  現在「さっぽろしちゅうおうく」
  以前「さつぽろしちゆうおうく」 …など。


現行版の「現代仮名遣い」は、「現代の国語を書き表すためのよりどころを示すもの」であり、「科学、技術、芸術その他の各種専門分野や個々人の表記にまで及ぼそうとするものではない」と、前書きに明記されています。たとえば作家の丸谷才一氏の文章は、歴史的仮名遣いで書かれています。当然ながら拗音や促音は全て小書きではありません。(漢字は新字体を使用)

質問者さんがお読みになった船会社の社報の文章も、その社長個人の信条や社報の編集方針として旧仮名遣いを使用しているものと思われます。印刷所は、発行者・出版元の編集方針にもとづき原稿通り忠実に組版・印刷することが使命です。歴史的仮名遣いを使用する方針で書かれた原稿に間違って拗音や促音が小書きされていれば、校正できちんとチェックが入ることでしょう。校正者や組版担当者が無断で文章を変更することはありません。

『現代かなづかい』(和21年11月16日 内閣告示第33号)は改正され、
『現代仮名遣い』(昭和61年7月1日 内閣告示第1号)が出ていますが、
ここでも「なるべく」にとどまっています。

>第1(原則に基づくきまり)
>2 拗音
>  〔注意〕 拗音に用いる「や,ゆ,よ」は,なるべく小書きにする。
>4 促音
|  〔注意〕 促音に用いる「つ」は,なるべく小書きにする。

昭和21年の「現代かなづかい」以降、新聞記事や学校教科書その他の公用文はこれに則っているはずです。

ちなみに、法令の...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報