個人事業主(以下、A事務所)です。
2011年1月にA事務所名+個人名の事業用口座(J銀行)を作り、
個人用(M銀行)と混在しないようにしました。


2011年3月、ある商品を仕入れてZ社売りました。

Z社とは事業用口座(J銀行)の口座を作る前から
お付き合いがありました。
(個人用(M銀行)で取引していました)


今回、Z社に事業用のJ銀行振込で請求書を出そうとしたところ、
Z社にはもともと個人用のM銀行で振込先の登録がされており
振込はM銀行にしたいと言われました。


その場合、下記のパターンどちらかで問題ないでしょうか?

パターン1
・領収証をA事務所発行のZ社宛できる
・請求書は個人名義で立替金として請求(M銀行(個人用)振込として)
 のちにM銀行からJ銀行に振り込み、立替金を精算


パターン2
・個人名義でZ社に請求(M銀行振込で)
 M銀行に振り込まれた後にJ銀行に振り込み


先方が振込先を事業用のJ銀行に再登録してもらえれば問題ないのですが、
手続きに時間がかかるとのことで、M銀行(個人用)で手続きを進めたいそうです。
アドバイスお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>個人用(M銀行)と混在しないようにしました…



個人用って、個人事業である限り事業用口座も個人のものであって、団体のものではありませんけど。
それも言うなら「家事用」。

>Z社にはもともと個人用のM銀行で振込先の登録がされており振込はM銀行にしたいと…

それはそう言うでしょうね。

>その場合、下記のパターンどちらかで問題ないでしょうか…

どちらのパターンも、個人事業の経理のあり方として、根本的に間違っています。

まず、M口座を貸借対照表に載せるか載せないかを、あなた自身が決めます。

『M口座を貸借対照表に載せる場合』
「普通預金 J」と「普通預金 M」とを使い分ければ良いだけで、通常の仕訳。
・Z社から入金
【普通預金 M 1万円/売掛金 1万円】

・家事費の引出
【現金 2万円/普通預金 M 2万円】
【事業主貸 2万円/現金 2万円】

・家事費の振替払い
【事業主貸 5万円/普通預金 M 5万円】

・事業と関係ない入金があったら
【普通預金 M 3万円/事業主借 3万円】

------------------------------------------------------
『M口座を貸借対照表に載せない場合』・・・家事用口座ということ
・請求書や領収書は通常どおり。
・Z社から入金
【事業主貸 1万円/売掛金 1万円】

この 1万円はそのまま家計費にしてしまうなら後は何もなし。

この 1万円を引き出してきて事業用財布に入れる場合、
【現金 1万円/事業主借 1万円】

この 1万円を引き出さずに J口座に振り込む場合、
【普通預金 1万円/事業主借 1万円】
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々のご回答ありがとうございます。

今年より、M口座は「家事用」ようと考えています。
『M口座を貸借対照表に載せない場合』と決めて仕分けを進めたいと思います。

丁寧なご説明ありがとうございます。

勉強になりました。

お礼日時:2011/04/07 21:42

そもそも、これまでの取引自体に問題ありだと思われます。


個人事業主であっても、個人名義口座での取引きは、最悪時、脱税容疑が課されても可笑しくないと思います。
全ての取引きに関して、個人事業名の口座のみで取引きすることが、大大原則です。
大変失礼ながら、取引先も、珍しいことを言われる企業だと痛感致します。
変更に手間が掛かるから、これまでの口座での取引きを継続したいとは。
※顧問税理士などとじっくり相談された上で、これまでの取引き(振込みと支払いに関して)と、これからの取引きと、取引口座に関して、実行されるべきだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。

まだまだ事業を始めて、まもないため
わからないことが多く、無知を痛感致します。

取引相手にも再度相談したいと思います。

ご指摘ありがとうございます。

お礼日時:2011/04/07 21:46

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング